中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は27日、救急外来で受診した軽症患者からの特別料金徴収について、2010年度の診療報酬改定では導入を見送ることを決めた。
 特別料金徴収は、勤務医の負担軽減策として導入が検討されていたが、医療保険の支払い側委員から「料金を払えば受診しても良いということにもなりかねない。まず啓発活動をすべきだ」といった異論が出され、医師ら診療側も了承した。 

【関連ニュース】
山本病院元理事長を保釈=診療報酬不正受給
病院と診療所の再診料、格差是正へ=10年度診療報酬改定で骨子
山本病院元理事長に実刑=診療報酬不正受給
景気重視、為替発言に不安も=予算で藤井氏と二人三脚
独法・公益法人に照準=来春着手、財源効果は不透明

2千数百万詐取容疑で追送検=近未来通信元専務ら-警視庁(時事通信)
「政治とカネ」2月集中審議へ…与野党合意(読売新聞)
清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
<鳩山首相>参院選にらみ地方行脚開始 栃木で農園など視察(毎日新聞)
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)
AD