衆院予算委員会は25日午後、09年度第2次補正予算案を与党と公明、みんなの両党の賛成多数で可決する。同日午後の衆院本会議で可決され、参院に送付される見通し。公明党が厳しい経済情勢を理由に同予算案に賛成することで、通常国会冒頭から自民党と対応が分かれる。

 予算委に先立ち同日午前に開かれた理事会で、野党側は10年度予算案の審議入り前に「政治とカネ」の問題で集中審議を行うよう要求し、与野党が対立。民主、自民、公明3党の国対委員長会談で、党首討論を2月中旬、集中審議を2月中に行うことで合意したが、午前9時から予定されていた2次補正予算案の締めくくり総括質疑は午後にずれ込んだ。

 総額7兆2000億円の同予算案は雇用、環境、景気が柱。従業員を解雇しない企業に対する雇用調整助成金の対象要件緩和や、エコカー補助制度の延長などを盛り込んでいる。26日に参院で審議入りし、28日に成立する見通し。【野原大輔】

【関連ニュース】
マニフェスト:着手7割に 調整・修正は26項目に増加
10年度予算案:国会提出 官房長官「円滑な審議を」
2次補正予算案:自民は反対方針
通常国会:菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁
補正予算案:25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会

接種後死亡症例で初の「関連あり」報告―新型ワクチンで厚労省(医療介護CBニュース)
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
インプラント再使用疑惑の歯科、立ち入り検査(読売新聞)
社民党首、重野幹事長の続投固める=一部が反発、調整難航も(時事通信)
<喜多方市長選>山口信也氏が初当選(毎日新聞)
AD