鳩山由紀夫首相は28日午前の参院予算委員会で、昨年11月の日米首脳会談でオバマ大統領に「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と語ったことについて、「私を信頼してほしいという意味だが、先方がどのようにとらえたか。若干の誤解を与えたかもしれない」と述べた。自民党の山本一太氏への答弁。
 首脳会談では、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、オバマ大統領が日米合意の早期履行を要求。米側は、首相の発言について「現行計画を容認した」と受け取ったとされ、首相が移設先を再検討していることに失望感が広がっている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~石川議員、小沢氏に収支概要報告~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~

検察に“圧力”、報道を批判…民主の言動過熱(読売新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)
小沢幹事長の続投支持=鳩山首相(時事通信)
<南極観測隊>同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
ネット商取引で業者を提訴(産経新聞)
AD