富士通は、指名委員会の提案を受けて山本正己執行役員常務の社長昇格を内定した。4月1日付けで正式に就任する。間塚道義会長兼社長は代表権を持つ会長となる。

山本氏は、これを前に1月22日付けで副社長に昇格した。

山本氏は1976年に富士通に入社、主にパーソナルビジネス本部を歩んできた。2005年に経営執行役、2007年に経営執行役常務に就任、2008年からはシステムプロダクトビジネスグループ長を兼務している。56歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
三菱商事、小林常務の社長昇格を内定
【新聞ウォッチ】春闘10…日産、富士重はベア要求、トヨタ、ホンダは見送り
富士通 特別編集

進次郎氏、美人すぎる藤川市議に猛アタック!「心強い」…自民党大会(スポーツ報知)
原発放射線管理区域内に吸い殻…原電と関電(読売新聞)
囲碁十段戦、挑戦者に山下棋聖(産経新聞)
<信者暴行容疑>韓国籍の61歳牧師を逮捕 茨城県警(毎日新聞)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)
AD