宮城県塩釜市で古来製塩法にのっとって作られている「塩竈(しおがま)の藻塩」の結晶を、アクリル樹脂に閉じ込めた携帯ストラップやネックレスが誕生した。その名も「藻塩の雫(しずく)」。

 藻塩を生産する街おこし会社「顔晴(がんば)れ塩竈」の伊藤栄明代表(48)らが、塩作りの過程で偶然に生まれるピラミッド形の結晶を生かそうと考案した新商品だ。

 同じ形の結晶は二つとなく、「オンリーワン」商品であることも魅力。愛らしい姿だが、塩はおはらいやお清めに欠かせないだけに厳粛な気分になりそう。土俵内外の素行が問題の横綱も身に着けた方がいいかも。【渡辺豊】

【関連ニュース】
携帯ストラップ:回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出
石見神楽ストラップ:本物志向、好評 道の駅「ゆうひパーク浜田」限定 /島根
富山大和:「ごうかく」祈って五角形 受験生に、はしやストラップ人気 /富山

八ッ場ダム、国交相と住民が24日に初対話(読売新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
小沢氏のタンス預金「あり得ない」(産経新聞)
土地購入前日、8億円を集約=陸山会など複数口座から-資金洗浄意図か・小沢氏団体(時事通信)
AD