小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」による土地取引をめぐる事件で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された元私設秘書池田光智容疑者(32)が、東京地検特捜部の調べに対し、土地取引から約2年半後に小沢氏へ4億円を返済した理由について、「秘書寮の建築代金の支払いを終え、資金に余裕ができたためだった」と話していることが22日、関係者の話で分かった。
 秘書寮建築は小沢氏の意向で行われ、土地の選定にも同氏が深く関与したとされる。特捜部は、23日に小沢氏を事情聴取し、土地購入から返済までの資金の流れへのかかわりについて、詳しい説明を求める。
 小沢氏側の関係者によると、小沢氏は事情聴取終了後、報道機関にコメントを出す予定で、記者会見は予定していないという。
 関係者によると、陸山会は2004年10月、同会の口座に入金された4億円の資金で東京都世田谷区の土地を購入。購入した土地には05年5月と07年4月、秘書寮2棟が計約5500万円で建てられた。
 池田容疑者は07年5月ごろ、陸山会から4億円を引き出し、現金で小沢氏宅に運んだ。同容疑者は調べに対し、「2棟の建築代の支払いが完了し、陸山会の資金需要が落ち着いたため、04年に小沢先生から借りていた4億円を返した」と供述しているという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

<元看護師殺人未遂>時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪(毎日新聞)
<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
<7歳児虐待死>「ごめんなさい」の泣き声 背中、腕にあざ(毎日新聞)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
小沢氏聴取、関与否定=虚偽記載「把握せず」-「裏献金は事実無根」・東京地検(時事通信)
AD