厚生労働省は29日、新型インフルエンザのワクチン接種を受けた新潟県内の80代女性が急死し、主治医から「接種との因果関係あり」との報告があったと発表した。ワクチン接種後の死亡は27日までに117件確認されているが、他はすべて「因果関係なし」か「評価不能」で、「関係あり」の報告は初めて。厚労省は専門家に検証を依頼している。

 厚労省によると、女性は26日ワクチン接種を受け、副作用が出ないことを確認して30分後に医療機関を出発。約10分後、路上で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は不明。女性には高血圧や心臓の弁の働きが弱い持病があった。

 主治医は報告の中で、注射で血圧低下などの過敏反応を起こす「アナフィラキシー・ショック」と、突然の不整脈や肺塞栓(そくせん)などの可能性が同程度考えられると説明している。厚労省は「接種から数時間で急死したケースはこれまでもあり、因果関係は即断できない」としている。【清水健二】

【関連ニュース】
新型インフル:輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
始業式:都内の小中学校で 新型インフルの影響も
新型インフル:「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認
9月号

「小沢氏もう持たない?」民主内に懸念強まる(読売新聞)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
【健康】携帯で健康チェック(産経新聞)
国際児童文学館 資料搬出始まる(産経新聞)
AD