民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、逮捕された元私設秘書で衆院議員、石川知裕容疑者(36)の同期議員13人が結成し、「不当逮捕だ」などと訴えていた「逮捕を考える会」が民主党上層部の批判を受け、事実上の活動停止状態にあることが22日、分かった。

 「不当逮捕」との訴えが政治圧力に当たるという批判を回避するのが目的とみられ、メンバーの一人は「平野(博文)官房長官から横やりが入った。情けない」と嘆いている。

 メンバーによると、同会は、福田昭夫衆院議員らが呼びかけ、18日に発足。不当逮捕との見解で一致し、捜査の問題点などを究明する予定だった。

 だが、平野官房長官から自粛要請があり、“分裂状態”に。初会合で配布された設立趣意書にあった「小沢氏の説明責任も求める」などの活動方針も分裂の一因とみられるという。

 メンバーによると、現在は「逮捕」の議論は中止し、石川容疑者への差し入れなどを検討しているが、「党幹部の批判を恐れる議員もいて、それすらままならない状態だ」と話す。

【関連記事】
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
本当に会ったことない? 石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収
小沢氏問題で民主に「暗闘の予兆」 世論調査結果に動揺
内閣府政務官が石川容疑者ら逮捕を「検察の勇み足」と批判
特捜に仰天“隠し玉”!? 立件視野に白熱の直接対決へ

民主 陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)
龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
山手線、新大久保駅の人身事故で運転見合わせ(読売新聞)
中3男子、飛び降り自殺か=マンション踊り場に靴-愛知(時事通信)
AD