長崎・五島列島沖で「第2山田丸」(113トン、不明乗組員10人)が沈没した事故で、「日本サルヴェージ」(本社・東京)が24日、船体引き揚げに向けた調査を現場海域で開始した。現地調査は3~4日間行われる予定。

 今後、▽現場の潮流測定▽船体の着底状況や船首の向きを三次元で測量▽ソナーで海底底質、漁網など障害物の散乱状況を測定▽小型水中カメラで船体損傷の程度などを画像で確認--などをする。

 第2山田丸の沈没地点は水深が約150メートル。現場海域は季節的に荒天になる可能性も高く、調査期間はずれ込む恐れもあるという。

電車内でスカート切る=男を逮捕「半年前から30件」-奈良県警(時事通信)
民家火災で3人死亡=小学生の長女らか-神戸(時事通信)
<3カ月予報>2~4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表(毎日新聞)
<衆院予算委>首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
<宮崎市長選>元旧佐土原町長の戸敷正氏が初当選(毎日新聞)
AD