昨年、58歳で亡くなったロック歌手、忌野清志郎さんのスケッチや愛用の品を集めた「個展 忌野清志郎の世界」が27日、大阪市北区のHEPHALL(ヘップホール)で始まった。

 小学生のころから絵を描きため、高校時代には美術室に出入りするなどしていた忌野さんが、生前「個展をやりたいなぁ」と言い出して企画されていた展覧会が、その死後に実現した。個展のタイトル文字も自筆のもの。会場には独特のカラフルな色彩で描かれた絵画作品から愛用の自転車「オレンジ号」まで100点以上が展示された。開場の午前11時にはさっそくファンが訪れ、忌野さん独特の世界観を楽しんでいた。

 また、近くのタワーレコード梅田NU茶屋町店では、個展と連動して「忌野清志郎 トリビュート展」も開催。約30坪のコーナーを作り、CDや書籍をそろえ、写真パネル展示も行っている。

【関連記事】
清志郎さん“復活”、「イマジン」歌った!
清志郎さんにFMラジオが恩返し 53局で特別番組
清志郎さんアルバム、オリコン初登場7位!
井上陽水、15年ぶり武道館公演で1万人魅了
泉谷、清志郎さんの魂が「目の前ウロウロ」

秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)
全国議長会「参政権で地方の意見聴くべき」(産経新聞)
水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
【風】未成年喫煙 安価に問題あり(産経新聞)
<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)
AD