愛媛県立新居浜病院(同県新居浜市)は24日、胸水貯留による呼吸困難の症状で入院していた80歳代男性患者に別の患者の薬を投与する医療事故があったと発表した。男性患者は死亡した。酒井堅病院長は「薬の名称の確認を怠ったことが事故原因で、誤投与がなければ死にいたることはなかった」とミスを認め、「おわび申し上げます」と謝罪した。

 通報を受けた県警は、司法解剖し、誤投与と死亡の因果関係を調べる。

 病院によると、男性患者とは別の患者の血圧を下げる降圧剤を、看護師が勘違いして今月21日、22日に2回投与。22日午後2時ごろ、男性患者は胸の痛みを訴え、血圧が急激に降下した。23日午後0時45分に死亡が確認された。

 誤投与された降圧剤は、別の患者に対しほかの病院で処方された。この患者が県立新居浜病院に入院し、家族が看護師に薬を手渡したところ、看護師が死亡した男性患者の薬と誤って投与したという。

【関連記事】
筋弛緩剤誤投与で死亡、内科医を起訴猶予 徳島地検「示談成立」
サリドマイドを誤投与 国立病院機構仙台医療センター
医療ADRってご存じ? トラブル解決スピードアップ
抗鬱薬服用で攻撃的反応 5年で42件 厚労省が副作用調査へ
「医療版事故調」議論再開のメド立たず 厚労省案VS民主党案VS医療界の事情

<文化財防火デー>本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)
陸山会事件、石川議員らの拘置延長へ(読売新聞)
空自次期輸送機の初飛行試験=機体不具合で大幅遅れ-川重(時事通信)
がん治療用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬品工業(医療介護CBニュース)
AD