GMは26日、暫定的にCEOを務めてきたウィッテーカー会長が、正式にCEOに就任したと発表した。

ウィッテーカー会長は2009年夏、経営破たん後の新生GMのトップにヘッドハンティング。2009年12月には、ヘンダーソンCEOの辞任を受け、暫定的にCEOを兼務していた。

今回、ウィッテーカー会長がGMのCEOに正式就任。これはGMの取締役会からの要請で実現したもので、ヘンダーソン前CEOの後任として、ふさわしい人材が見つからなかったのが理由である。

ウィッテーカー会長は、CEO正式就任の記者会見において、「6月までに米国とカナダ両政府からの公的資金を返済する目処がついた」と語り、新生GMの再建が順調に進んでいることをアピールしている。

《レスポンス 森脇稔》

【関連記事】
GMヘンダーソン社長兼CEOが辞任
サーブ売却、交渉は最終局面へ
GM 特別編集

自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
<長崎漁船沈没>第2山田丸の船名を再確認 水中カメラで(毎日新聞)
中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
日教組教研集会 文科政務官が58年ぶり出席(産経新聞)
「1億円を4パック」石川容疑者、不自然な供述(産経新聞)
AD