□夫の減給に我が更年期 笑い飛ばしちゃえ!!

 日本一短い手紙のコンクールとして知られる福井県坂井市丸岡町の「新一筆啓上賞」の入賞作191点が28日、発表された。暗い世相を吹き飛ばそうと、今回は「笑(わらい)」がテーマ。国内外から3万3843点が寄せられた。

 大賞5点のうち、兵庫県尼崎市、伊賀美和さん(43)の作品は自分にあてた「子供の受験に親の介護、夫の減給に我が更年期!!今こそ笑え笑え!笑い飛ばしちゃえ!!」。勢いあふれる文面から、明るく頑張る笑顔が伝わった。

 同賞は戦国武将、本多作左衛門重次の手紙「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」を刻んだ石碑があることにちなみ、同町が平成5年に「一筆啓上賞」として創設、15年から「新一筆啓上賞」にリニューアルした。

 ほかの大賞は次の通り。

 福井県坂井市、小学3年、山崎柊君(8)の「(ほけんの先生へ)ぼく30キロ、弟16キロ、妹13キロ、わらい声が一番大きいのは妹」

 同市、小学3年、大久保緒人君(8)の「(きょうりゅうたちへ)ケラケラケラ、トリケラトプスも、わらっていたかな。」

 金沢市、大学3年、渡邊明日香さん(21)の「(5年前の私へ)世界は あなたを笑ってなんかいない。」

 北海道余市町、佐藤弘子さん(43)の「(お母さんへ)イナイ、イナイ、バァ!酸素マスク外し、三才の孫を笑わせたね。母の最期の笑顔だった」

【関連記事】
公用車のガソリン盗み停職 福井県職員
原子力機構、もんじゅ起動前点検を公開
関電元社長、吉村清三氏のお別れの会 大阪
もんじゅ再開前、最後の保安検査始まる 福井・敦賀市
原子力立地対策交付金「見直し」を歓迎 福井・敦賀で意見交換会

小沢氏ほころぶ主張 3年前の会見検証「原資は寄付金」「土地相続できず」(産経新聞)
<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
小沢氏「(陸山会の)代表者としての責任はある」(産経新聞)
2月を「情報セキュリティー月間」(時事通信)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
AD