部下の20歳代の女性巡査にセクハラ行為をしたなどとして、兵庫県警は22日、県内の警察署の男性巡査部長(50)を停職3か月の懲戒処分にした。

 別の男性警官が署の朝礼で、「こんな人にはなりたくない」とセクハラを取り上げてスピーチし、発覚した。

 発表によると、巡査部長は2008年春、体を触らせるよう求めるメールを巡査に送信。昨年2月の署の送別会旅行では、寝ていた巡査の部屋に忍び込み、顔などを触ったという。

 巡査部長は「悪ふざけのつもりだった。体は触っていない」と釈明しているという。和田順一・県警監察官室長は「警官としてあるまじき行為。厳正に処分した」としている。

教員免許更新講習 受講者9割「よい」(産経新聞)
「自民なら即刻退陣」 小泉元首相、民主を痛烈批判(産経新聞)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑-2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
<寒立馬>地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
<小沢幹事長>地検の事情聴取終わる(毎日新聞)
AD