鳩山由紀夫首相は25日夜、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)受け入れ反対派の候補が当選したことを受けた移設先の検討作業について「ゼロベースなので、あらゆる可能性がまだ含まれている」と述べ、名護市辺野古に移設する現行計画も除外しない考えを明言した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
移設は危機、日米関係悪化=米主要紙が論評
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相

青森県で震度4(時事通信)
全校生の口座番号などデータ入りパソコン紛失 大阪・河内長野の中学(産経新聞)
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”(産経新聞)
<訃報>町田裕碩さん98歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」-鳩山首相(時事通信)
AD