自殺問題を担当する福島瑞穂消費者・少子化担当相は26日夜、閣議後の記者会見で、来週中にも閣僚級の「自殺総合対策会議」(会長・平野博文官房長官)を開き、自殺防止対策を強化する方針を明らかにした。2009年の自殺者数が12年連続で3万人を超え、深刻な状況が続いていることを受けた措置。
 同会議には、平野、福島両氏や長妻昭厚生労働相ら関係閣僚が参加。自殺の理由などを地域ごとに分析し、実態に応じた対策を検討する。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

戦没者遺骨収集シンポに1000人 「国が動かぬなら国民運動を」(産経新聞)
別の患者の薬を誤投与=入院の80代男性死亡-愛媛(時事通信)
「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)
衆院予算委 首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)
AD