チンパンジーの脳波を観察したところ、自分の名前をほかの情報とは区別して処理していることが分かった。東京大や林原類人猿研究センター(岡山県玉野市)などの共同研究チームが22日、発表した。
 人間は自分の名前に対し、脳内処理のレベルでもほかの音より強い注意を向けるとの研究結果が存在するが、チンパンジーでも同様の結果が得られたことになる。名前は、人間の赤ちゃんが自己を認識していく過程でも重要と考えられており、今回の研究には、人が持つさまざまな認知能力の進化の背景を探る狙いがあるという。
 滋賀県立大の上野有理准教授(当時東大研究員)らは、同研究センターで飼育されている雌のチンパンジー「ミズキ」(当時9歳)の頭に電極を付け、(1)自分の名前(2)群れのほかの個体の名前(ツバキ)(3)知らない名前(アスカ)(4)自分の名前に似た非音声-を聞かせたところ、自分の名前の時だけ特異な波形が観察されたという。 

【関連ニュース】
大翔くん、陽菜ちゃんが1位=今年生まれた赤ちゃん
懲りない原因は脳内物質?=セロトニン不足、学習効果低く
1位は「大翔」と「凛」=今年の赤ちゃん命名
脂質高い人、脳卒中リスク低い=4万8000人データ分析

<花巻市長選>大石満雄氏が再選(毎日新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)
普天間移設「法的措置も」 官房長官(産経新聞)
琵琶法師の永田法順氏死去(時事通信)
AD