インターネット上で男児の裸の写真などを公開したとして、警視庁少年育成課と愛宕署は、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)の疑いで、滋賀県高島市に住む専門学校生の男(20)を逮捕した。同課によると、男は「趣味で集めた画像を、他の愛好家にも見てもらいたいと思った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、平成20年5月3日から10月20日にかけ、ネット上の掲示板に、3~8歳ぐらいの児童の裸の写真4点を掲載し、不特定多数の人が閲覧できるようにしたとしている。

 同課によると、男は同年4月ごろに掲示板を開設し、児童ポルノ画像計66点を掲載していた。

【関連記事】
一斉摘発は見せしめか ファイル共有ソフト「カボス」って何?
全裸ブログ男性、中継告知もしていた 閲覧仲間が告発
“大人の交流”に警視庁が「待った!」 アダルトライブチャットの赤裸々実態
「裸の写真売ります」女子高生の羞恥心ない小遣い稼ぎ…群がるネット売人
【日本の議論】あの超有名写真集もアウト? 児童ポルノ禁止法改正の行方

小泉ジュニアや「美人市議」も登壇…自民党大会(読売新聞)
「国と地方の協議機関」で政府が骨子案提示(産経新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
AD