愛媛県立新居浜病院(新居浜市)は24日、入院していた同県四国中央市の80代の男性に、別の患者の降圧剤などを誤って投与し、この男性が死亡したと発表した。酒井堅院長は記者会見で「深くおわび申し上げます」と謝罪した。今後、誤投与と死亡の因果関係の有無を確認する。
 同病院によると、男性は21日、胸に水がたまる症状の検査のため入院した。
 看護師が別の患者の家族から預かった血圧を下げる降圧剤と、血液を固まりにくくする薬を男性のものと思い込み、同日午後6時ごろと翌22日午前8時ごろの2回投与。男性は22日午後2時ごろから血圧が急に下がり、手当てをしたが、23日午後零時45分ごろ死亡した。 

都議補選は自民・三宅氏が当選確実(産経新聞)
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”(産経新聞)
<寛仁さま>退院 宮内庁発表(毎日新聞)
<花粉>飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測(毎日新聞)
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)
AD