民主、自民、公明の3党は25日午前、国会対策委員長会談を国会内で開き、「政治とカネ」の問題に関する衆院予算委員会での集中審議を2月半ばに、政権交代後初の党首討論を2月中にそれぞれ開催することを決めた。

 野党が求める参院決算委員会での総括質疑を開催するかどうかは、27日に改めて協議する。

 与野党の懸案となっていた集中審議の開催時期にメドがたったことで、衆院予算委はこの後、鳩山首相と全閣僚が出席して2009年度第2次補正予算案の締めくくり質疑と採決を行う。補正予算案は25日中に衆院本会議で与党などの賛成多数で可決され、参院に送られる見通しだ。

 自民党は補正予算案に反対する。公明党は25日午前の常任役員会で、補正予算案には賛成する方針を確認した。厳しい景気や雇用情勢をにらみ、新たな経済対策を盛り込んだ補正の早期成立が不可欠と判断した。

 集中審議などの日程協議は、野党が25日朝の予算委理事会で求めた。与党側は当初、難色を示し、午前9時から予定していた締めくくり質疑は開始が遅れた。

峰崎財務副大臣が引退へ=参院選、後継に新人擁立-民主道連(時事通信)
初の意見交換は平行線…国交相と八ッ場ダム住民(読売新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)
福島氏「国民に真摯な説明を」=小沢氏聴取の行方注視-与野党(時事通信)
AD