hi !

it's me.


テーマ:

デヴォン青木がめずらしく日本のバラエティに出ていた。
シン・シティのプロモーションで来日してたらしい。

ちなみに根本はるみが英語ぺらぺらだった。オーストラリアに3年住んでたらしい。TVで英語しゃべるの初めてって言ってたけど、ほんと、そんなイメージないよね。ちょっと好感度アップ。


devon devon 2

デヴォンちゃん、けっこう好きです。

いつだったか、なにかの雑誌で、「私のそばかすをコンシーラーで隠そうとするメイクさんもいるけれど、これが私だから隠さないでって言うの」、なんて言っていた。
そういうのを見たからか、お父さんもいわずと知れたベニハナ・チェーンの人でお金持ちで、部屋にはブランド品のみならず米ドル紙幣が無造作に散らばっている、なんて聞いてもなぜか好感もてちゃう。

今回のバラエティでも、真っ赤な鶏刺しを「え、お魚じゃなくてチキン?赤いけど?・・ほんとにチキン??」なんて戸惑いながらも、がんばって食べてみたりして、可愛かった。

そういや私、ルーシー・リュウもけっこう好き。
こういう顔すきなのかな。そばかすが好きなのか?

Lucy
© Internet Movie Database Inc.
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

それは月曜の夜。
そろそろ寝ようとしていたところに、NHKのスペシャル番組が。

clock江戸時代に作られたという万年時計を復元して「愛・地球博」 で展示しようというプロジェクトを紹介してたんだけど、その万年時計なる代物、これがすごいの!


田中久重って人がほぼひとりで作り上げたらしいんだけど、まず、この時計、1度ゼンマイを巻くと1年間自動で動くんだそうです。昭和50年代に「長時間作動」が売りだったゼンマイ式時計が30日なのに対して、江戸時代に1年、ですよ。電池もないこの時代に!

でもってこの時計、7つの機能があって、まず、上のドームが天球儀。

sphere1 sphere2

正確な日本地図の上を太陽と月が動くんだけど、京都から見たその季節・その時間の傾きがこれまた正確に再現されてるんですって。まわりながら毎日ちょっとずつ傾いてって、ちゃんと夏は一番高く、冬は低くなるの!

そして天球儀の下が6面になっていて、それぞれの側面にひとつずつ、合計6個の時計がついてるんだけど、そのうちのひとつ、和時計。

これがもう、すごいの!!!

clock和時計って私初めて知ったんですが、江戸時代当時、日本では、日の入りや日の出っていう太陽の動きを基準にして時間が考えられていて(丑三つ時とかっていうあれです)、なので季節によって1時間の長さが違ったわけです。この「不定時法」に対応した日本独自の時計、それが「和時計」。

で、この田中久重の和時計、まず、針が1本てっぺんに固定されていて、文字盤が回って時計を知らせます。それはいいんですが、その文字盤についてる数字がですね、毎日少~しずつ動いていって、この季節によって長さが変わる不定時法に対応してるのです!


なんて言葉で説明しても全然伝わらないと思うんだけど、
文字盤は文字盤で正確に回りながら、その上の数字がお互いの間隔を広げたり狭くしたりして、ちゃんと夏は昼が長く、冬は短く、なってくわけです!もちろん、自動で!!
さらに、その動きをコンピュータで調べたところ、ほぼずれがなく、完璧だったんですって!

clock3 すごいよ久重!!
ってこんな文章じゃほんとに「なんのこっちゃ」だと思うんだけど、映像見たらもう絶対びっくりします!あぁ自分の文才のなさがもどかしい・・!

あとは、洋時計(今でいう普通のアナログ時計)、24節季の月日を知らせる時計(ごめんなさい、これは意味がわかりませんでした;)、曜日を知らせる時計、干支を知らせる時計(当時は1日ごとに干支があった)、月齢を知らせる時計(月齢を示す文字盤と、真ん中には月をかたどった球があってそれもちゃんと満ち欠けしていく)があって、さらに洋時計を他の時計の動きに連動させてるらしい。あと時を知らせる鐘も鳴ってました。もちろん自動。(というか正式名称は「万年自鳴鐘」)

もうね、久重すごすぎ。ほんとに感動しました。
なんでこの人がお札になってないのってくらい。
(私が知らないだけでなってたのかな)

でも、解体・復元にあたったおじさんたち、もとい工学博士など現代のエキスパートたちも「こんな歯車はじめて見た」「この発想がすごい!」って驚きいたく感動してたんだけど、でもそれって、江戸時代の英知や技術が受け継がれてないってことかしら?久重は後継者を育てなかったのかな?それとも後継者がその後すたれちゃったのかな。それが残念。

でも、その工学博士や技術者の方々(ほんとにみんな白髪混じりのおじさんなんだけど)、目をきらきらさせてすっごく楽しそうでした。うらやましい!


万年時計復活プロジェクト -TOSHIBA SPIRIT
久重が東京に作った工場が、後に今の東芝になったんですって。

職人さんとかエキスパートってあこがれ。どの分野でもね。「職人」は私にとって褒め言葉です。
こういう、知恵を集結させて、とか各分野のすごい人たちが集まって問題を解決したり、新しいものを生み出したり、ってほんとに素晴らしい。

私もなにか、これだけは!ってものが欲しい。。
たとえそれがちっぽけなものでも。


情報が間違えてたらごめんなさい。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。