MY PRECIOUS。。。

フリーランスキャリアアドバイザー / Hiroko Saitoh の日記

Welcome to my page.
This is a diary of Freelance Career Adviser, Hiroko Saitoh.
Please feel free to take your time as you like.

お立ち寄り頂きありがとうございます♪

世の中には自分にとってかけがいのないものが溢れてる。

大事なモノ、大好きなコト、素敵なお店、インスピレーションを感じた曲、等々。

日々を過ごす中で、そういうもの達が流れていってしまうってすっごく勿体ないんじゃないか。

そんな想いで、思い立ってこのブログを作ってみた。

だから、このブログは【my precious】なものでちりばめたい。

通りすがりの人が、何かひとつでも持ち帰ってhappyになってくれたら嬉しい。

そして後から見返した時に

私のとっておきの宝箱みたいになってたらステキ。(January 12, 2011)



気付けばブログを初めて2年程が経過。

フリーになり、発信してゆきたい想いもだんだんと増え、形が変わってきました。

お仕事や日々を通じての気づきも、大切な夢への軌跡。少しずつ書き足していこうと思います♬

日本の未来を担う子供達が、もっと自己肯定感と希望をもち生きられる世の中を創りたい。

その一方でそっと困っている人々に寄り添い、心からの笑顔で過ごせるキャリアを

共に模索できるキャリアアドバイザーでいたい。(November 11, 2012)

█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█▓▒░▒▓█

フリーランスキャリアアドバイザー / Hiroko Saitoh の日記
(米国CCE,inc.認定 GCDF-Japan Career Counselor /就トモCafe専属アドバイザー /Teach For Japan/Newvery)

テーマ:
なんだかこちらのブログは久々の更新。
今年入ってからは、tumblrをひっそり活用中。

『LIFE』
で、公開前から気になっていた映画。公開日に駆け込みで観てきた。
なんともキレイな映画で、見終えた後ほっこりするような後味が良い作品だった。

会社にいた時に観たら、
またちょっと違う感想になるのだろうなぁと思いながら、
展開を眺めてた。

思い返せば、人生は奇想天外、予期せぬ珍事ばかりだし、
特に「生きてる」という実感を強く感じるようになってからは、
現実なんだろうかと思うような事にもしばしば遭遇する。
フリーになってからというもの、まさに毎日がADVENTUREー。
そういう意味で、映画が描いている人生よりも、
リアルな今の生活の方が、私はよっぽどワクワク出来てる気がした。

そんな今がある、というのは、とっても幸せなことで。
冒険みたいな毎日を、一日一日もっと噛み締めて大事に生きようということ。
自分の行動次第でどんどん人生は動くということ。

ここからは考え方が分かれるところだろうけど、
私自身は迷ったらGOだ。
迷いながらも進むことに、人生の醍醐味があるって思う。

これからもそんな生き方でいい。いや、そんな生き方がいい。

答えが最初から出ている人生なんて私にはつまらないから。
進む中で揺れ動く心の変化と、その先に見える世界を楽しみながら。
分からないから面白いって思える出来事に
沢山遭遇しながらその都度揺らめいていたい。
そういう揺らぎが私にとって充実感と密接に繋がるものだから。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
昨年末のブログを見返しつつ、2013年振り返り!

生きるので精一杯だった2012年。
そこからの【深化】を目標に生きてきた2013年。
結び目が少しずつ目に見える活動に繋がっていった感があり、
だいぶ大晦日に見える人生の景色が
昨年末とは変わってきたなぁと感じます。

私には畏れ多いなと感じるお仕事から、本当に多くを学ばせて頂いた1年。

◎NEWVERYのフェローとなる
◎フリーランス2年目に突入
◎講演、セミナー、イベント司会などで人前で話す機会が増加
◎芸術系大学の支援開始
◎おとな大学も2回ほど担当
◎フィンランド報告会、第二弾開催
◎ETIC Drive トークライブ
◎日経WOMANに掲載いただく
◎ご縁を頂きHubberとなる
◎1年間ずっと温めてきた、チェルシーハウスついに解禁
◎Nadeshiko Venture Summit
◎昨年より活動領域の的を絞ることが出来た

列挙してみると、本当にいろいろあったなぁ~。
不甲斐ない思いも沢山しました。

一方で活動がメディアを通じて知られるようになると、
疎遠だった方々からも応援や興味のメッセージを頂いたり、全く知らないところで
記事を読み、地方から連絡をくれる方までいらっしゃって驚く時も。

来年はいよいよ3年目。年明け早々チェルシーハウスオープンに加え、
大学非常勤講師として2コマの授業を担当させて頂く予定。
さらに、もう一つ温めてきた構想を現実化させたいので盛り沢山!

まだまだ、本当に目指す社会の実現に向けて、新しいチャレンジが続きます☆
大きな視点を持ちつつも、足元をしっかりじっくり固めて
来年の仕事を熟成させていきたい。

あれもこれも、全て周りあってこその活動。一人では到底成し得なかった。
フリーランスとはいえ、チームを意識して仕事をする機会が圧倒的に増えたので、
幾度となく仲間に支えられてここまでこれました。
頻繁には会えない遠くにいる友人含め、支えて頂いてることを感じる日々。

心から感謝でいっぱいです!!!

*****

それと、今年は正直、想定以上に本当に苦しい1年でした。
こんなに恵まれてお仕事を頂きつつも、昨年に増して悩みもがき続けた1年だったから。

不安、絶望、自信喪失、そういうものを飲み込んで
必死に年末に辿り着いた感じ。本当にいつも温かい友人達がいなかったら、
次々と舞い込み重なる試練に、私潰されていたと思う。

でも確実に、そういう沢山の壁があって良かったなぁと思うんです。

沢山の涙を流した分だけ、相当深く自分と向き合った1年。
それは薄暗い暗闇を歩いているようでいて、トンネルには必ず出口があって。

こんな葛藤を携えつつ、泥臭く生きるのが、
やっぱり私なんだなーと改めて実感しています。

どんなに立場が変わっていっても、周りが変化することがあっても、
不器用な自分は変わらないだろうから。
不器用なりに、等身大で、自分を育てて、仕事も育てて、
もっともっと納得感のある生き方が出来る人達を増やしていきたい。
そうやって、今年1年たっぷり支えて頂いた御恩を
社会に還元していけますように。。。

と、書いているうちに年が明けてしまった!

今まで以上に強く感じたのは、ココロとカラダが本当に連動していること。
そこを度外視してお仕事は出来ない。
今年はかなり無茶しまくって身体を労れなかった1年だったので、
来年はそこもかなり意識して生活したいと思います。

本当に皆様とってもお世話になりました。

まだまだ未熟な私ですが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
目の前にある事、どんなに困難に思えてもこれだけはしたくない。
これでいっか、という成果物をどうしても出したくない。
やるんなら納得いくまで向き合いって、これがいい、という成果物で勝負したい。

期限があるものでも
期限がきたからこれでいい、じゃやっぱり違うんだと思う。

こんな諦め悪い性格だから最近悔しくて寝れない。

こんなんじゃ全然満足出来てないからだ。
何を差し置いても自分が、こんなところで満足したくないからだ。

今は脇目も振らずに、この新しい事業に向き合いたいーーー。




そんな風に思うと、もっとよりよい解があるはず、
という想いで頭がいっぱいになる。

寝る時間さえ惜しい。もっともっっと頭捻らないと。。
そういう気持ちだけが絡まって、うまく進めないのは困るけど。。
なんとか、この気持ちを原動力にして、
どこからみても最高だって胸張れるもんを創りたい。
自信ないヤツが出てきてできなかったらとかどうしよだとか
考えている時間が心底無駄すぎる。

多くの人からの「面白そう」とか「いいね」とかではなくて、
ちゃんとお客さんが「本当によかった」と後から言ってくれるものが創りたいんだ。

この試行錯誤の先の未来が、そんなでありますように。

もーまだまだまだだ。
でもでもでも妥協なんて、してやるもんか。

そんな真夜中の決意表明。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3,4年ぐらい前から考えてることですが、
これ、やってみたいことの一つなんです。

例えば、今個人的にハマっているリアルタイムシンガーソングライターの高橋優さん。
彼の紡ぐナンバーに幾度支えられてるか分からず。
あまりに好きすぎて何年ぶりかでCDまで買ってしまったのですが。

この曲のパワーが凄い。
特にサビ部分の歌詞が心に響きすぎて涙出そうになるぐらい感情がゆさぶられる。


”明日がそっぽ向いてても 今日がやるせなくても
この手伸ばして 一歩踏み出して「これだ!」って腹括って決めた
道無き道をどこまでも行こう 何度つまづいても
夢は叶うよ さぁ歩み続けよう やがて時は満ちてく”

まぁこの曲が響く人もいれば、響かない人もいるでしょう。

・・・・・
ただ、音楽に限らず、芸術のもつパワーというのは絶大で。
時として単なる「言葉」として伝えるよりも、鮮烈に脳に焼き付くことも多い。

今週末のフジロックなんてのも、
みんなの投稿見てると音楽に浸るだけであんなに多くの人が幸せ全開モードになってる。

その人のその時・その状況・その心境にしっくりくる、思わず
『あの曲聴いたらスイッチ入るかな』とか
『この曲聴いてほしいな』と思うこともある。

通常「言葉」を通じて行うキャリアカウンセリングですが、
言葉を投げかけるのと同じように、ごく自然に「音楽」を投げかけるカウンセリングが
あってもいいんじゃないかなと。

ずっとそんなこと考えてます。

受けたい人、とかいるかしらん?
私なりの一曲をその受けてくれた人にプレゼントしてみたい。
それか幾つか流して、これいいっ!という曲から
会話を広げてキャリアを紐解く。

そんなキャリアカウンセリング。
ずっとやってみたいんだよなぁ~~。

その人に音楽がしっくりこなければ他の芸術だっていい。
その人に一番響く方法で何かを伝えるって
とっても自然なコミュニケーションだと思いませんか??

私がもしクライアントだったら、そしてドンピシャな一曲がもらえたら
結構グッとくるし、一生残るような強烈な経験になる気がするんです。

どうだろう~?

色んな意見を聞いてみたい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この言葉、とても好きです。

なんだか挫けそうなときも元気がないときも
手をさしのべてくれる誰かがいて、
助けられて生きていられる、こうして立っていられる。

そんな事を実感してるときに思い浮かぶ言葉。

似てるようでgive&takeじゃない。
ニュアンスが少し違う。

giveとかtakeって方向性がはっきり一方向なんだけれど
『モチツモタレツ』というのは双方向が同時に起こっている。

これが大事。

この、感謝の心が通い合う温かい関係性に、いつもいつも救われてます。

あぁーただただ、ありがとう。



誰かに頼っている時って、感謝しつつも
『自分ばっかり助けてもらって申し訳ないなぁ。。』とつい思ってしまうんですが
逆に誰かに頼られた時にも、じつは純粋に感謝で。
『頼ってもらって嬉しい。少しは役に立てたかな。』と思う訳です。

つまり、それが『モチツモタレツ』の関係。
実はどちらの立場だってありがたい。

だから
頼られた時も自分が頼ってる時を思い出す。
逆の時も頼られた時を思い出してみる。

それで、いいんじゃないかなぁ?

『迷惑かけてばっかだ。。』と凹む人がいる。私も昔そればっかりだった。
『私なんて。。』と卑屈だった。
でもそんな凹む必要はなかったのかも。そう最近になって感じます。

人との関係性は常に『モチツモタレツ』の輪。

よく喩えられる『人』という漢字のように、相互作用で立っている、生きている。
そんな日常への感謝を忘れない。

なんだか挫けそうなときも元気がないときも
『モチツモタレツ』を思い出すと、挫けてられないし元気でてくる。




その輪を、最近は近しい人達だけでなく、
この社会全体に波及する大きい輪にしていきたいなと思う。

そうすれば世の中悪い方向になんか進む訳ない。

自分達だけのことを考えてる人達が増えれば増えるほど、
『モチツモタレツ』の輪がどんどん薄れていって、
気がつくと、世の中が悪い方向へ動いていってしまってる。

そこをみんなで立て直せる社会にしたいなぁ。

ねぇ、みんな。そう思いませんか?
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんな、インスパイアされた映画は今までないかも。。

落ち込んでる人、先が見えない人、独立している人、そんな人に
心からオススメしたい映画でした。

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』



心に沁み渡るドキュメンタリー。
何故ビルの人生がドキュメンタリー化されたか、とても良く分かる。

フリーの友人から聞いて気になって、ふらっと観に行った。
観終えた後、悲しいでもなく嬉しいでもない涙が何故だか止まらなかった。
頭はすっきりとしているのに、涙ってこういう時にも流れるんだと
びっくりした。
感銘を受けすぎて、言葉では処理できない感情が脳から溢れ出る感じ。。
新鮮な味の涙でした。



実は映画が始まる前に、私はこれからの事を考えつつ
なんだか暗澹たる気持ちを少し抱えて、悶々としていました。

ところが。

この映画の途中、突如、自分の方向性が頭に降ってきて衝撃を受けた。
そういう意味で本当に忘れられない映画なのだけれど。

脳裏に鮮明に焼き付いて離れないのは、
喜々として無我夢中に写真を撮る彼の笑顔。そして共感しっぱなしだった彼を形作る哲学達。

好奇心いっぱいで、未知の世界の発見に勤しむ一途な姿。

自分がそういう表情をしている時ってなんだろう?と思ったら自然と
進むべき道が見えてきた。

『あ、これだ。』『こんなふうに生きたい。』
これから10年ぐらいかけて、この映画にプレゼントしてもらったアイデアを実現する、
そんな生き方をしようと思います♪

100回ぐらい何度も何度も
擦り切れて台詞なんかも全部覚えてしまうぐらい反芻したい映画。

またキャリアを考える上でも、凄く大切なメッセージが詰まった作品だなと思う。

マイ・バイブル。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
髪をこんだけ切ったのも前髪作ったのも初めて。。
写真アップの声が多すぎるので、こっそりと。あーお目汚し御免。><

$MY PRECIOUS。。。

本当ステキすぎるスタイリストさんなので、ご希望の方には幾らでも紹介します☆
この方にも、冒険しなければ出会わなかった。

あまりに雰囲気が変化した自分の顔を鏡越しに眺めながら、
昔はこんな勇気、到底なかったなぁーと思う。
いつから、ひょいっと自分の先入観とバリアと恐怖心を飛び越えることが出来るように
なったのかなぁ?とつらつら思いを巡らす。

・・・・・

踏み出すのって最初は誰しも
「恐い、でもやってみたい、けどうまくいかなかったらどうしよう」が
つきまとう。

以前の私は
いつもいつも新しい事には臆病でへっぴり腰でした。
何度やりたいこと考えたって、
きっと失敗するか実現できない自分しか想像できなかったから。
何をするにも恐る恐る、
周囲の様子を窺いつつビクビク生きていた。

・・・・・

人間って無意識に経験則に則って生きていて、
過去に引っ張られるもの。

経験則で新しい事に対して、
図1のように感じていると踏み出す勇気は出てこない。

図1MY PRECIOUS。。。-fun>fear


一方、図2のように感じていると踏み出す勇気は自然と生まれる。

図2MY PRECIOUS。。。-fear>fun

踏み出す勇気を出すには、新しい事に対峙した際に
それまでの経験で『挑戦して楽しかった』『挑戦してよかった』と思える経験の絶対値が
『挑戦して失敗した』『痛い目にあった』という経験の絶対値より多くなければいけない。

つまり、そうなるまでには、
図2の状態でも『恐いけど新しい事に挑戦してみる』という経験を
必ず経る必要がある。


・・・・・

振り返ると、そういう『恐いけど新しい事に挑戦してみる』経験をすることが
いつのまにか多くなって、
そのうちにfunの経験値が上がってくる過程で
本当にちょっとずつちょっとずつ、踏み出す勇気が大きくなってゆくようなイメージ。



そんな人間なので、なかなか踏み出せないでいる人の気持ちが
もう痛い程よく分かるんです。過去の自分と凄く重なる。

仕事の中でも、
踏み出す勇気を失ってしまった人、踏み出す勇気を出したいけど出ない人によく会う。
そんな時に常に考えているのは、
自然と踏み出す勇気を持ってもらえるようなアプローチ。
それには頭ごなしに外部から『諦めなければ失敗じゃないんだよ』とか『きっと大丈夫』とか
『とにかくチャレンジ・アクションなんだよ』とか言っても駄目。

その人のfearをその人にとってのfunに変えてゆくプロセスが
とっても重要なんだろうなと思います。

そこがキャリアアドバイザーとしての腕の見せ所だと思ってる。

燻っている踏み出す勇気を引き出せる人になろう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
これはキャリア論とかでは全くなく
完全なる主観なんですが。
最近の充実度がもの凄く高い理由はこれだ!とハタと気付いた。

その充実のワケは、仕事でもプライベートでも
「憧れる生き方」をする人達と日々会って話せているから。

ライフスタイルとかの話ではありません。

どちらかというとスタンスのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずばり私の憧れる生き方は、下も上も横も広い人。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し噛み砕くと、
ちょっとした年齢だとか金だとか優劣だとか出身だとかいう、ちっぽけな事で
上ばかり見てる人でもなく、下ばかり見てる人でもなく、、

どんな人とも同じように接し、どんな人からも吸収することが出来る人。

各分野で憧れる人は山程いるんだけれど、
分野を超えて見えてくる共通点はやっぱりここだなと。
これが全てだと思う。



そんな生き方に日々憧れています。

そんな人と話せた日は、もう特別な事がなくたって
心が満たされて幸せな気持ちになる。
決まって、そんな人達との時間は心地よいひと時が流れる。
そんな経験則が私にはある。

そんな人達が紡ぎ出す言葉には
とても味があって、何度話しても飽きがこないし世界が広がる。

一方で憧れにはまだ遠いなーと日々感じるのですが。。

ずっと追いかけてます。



俗に云う『器』のことですね。

何もかもを受け入れてくれる海のように深く広い『器』の
安心感と奥行きといったら限りない。
何故か昔から、この『器』を結構意識しています。

追いつこうとするも終わりなんて存在もしない。なぜならどんどん広がり続けるから。

そのスケールのデカさに
触れた時の感動は、私の脳に焼き付いていて
常に心を離さない。

そんなわけで私のリスペクトは、生き方が海のような人。
きっと一生追いかけ続けます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の中で音楽と記憶はとても連動してる。

だから懐かしい音楽が流れてきた時なんかは、一瞬にして
思考ストップしてタイムスリップ状態になる。

たまたまバンド時代に大好きだったtunesを聞いてると、既に気分は
大学の友人とキャンパスにいる。

しょーもないことに笑い転げたこととか、
友人からもらった心温まった手紙のこととか、
ライブステージのはじまる直前の瞬間とか、
普段は記憶の海の底に沈んでいたものがフラッシュバックする。

ちゃんと自分の中にそういう記憶が残ってるんだなと、その度に思う。

その蓄積が『今』。



そんなことを想い起こさせてくれるもの。
それが、きっと私にとって音楽なんだなぁ~。音譜

ほのぼの。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
$MY PRECIOUS。。。


今年の目標の一つでもあった大学でのキャリアセミナーが
昨日無事終了!!朝から夕方までの一日中がっつりコースのセミナー。

芸術系大学というのは通常の大学とは違って
少し特殊な領域だけに、かなりヒアリングとプログラム構築には時間をかけた。
ご協力頂いた業界の方々には本当感謝!

大学生に限らず、
最近強く感じる【環境】ゆえの視野の狭さ。
その環境に慣れれば慣れるほど、自覚のない情報の偏りは
意識しないとどんどん進行する。

世の中は境界のないボーダレス時代と言われるけれど、あちこちに
見えない囲いがあるように私には見える。

そういうところへ外から飛び込んで、
その枠をぎゅぎゅっと広げる仕事はとってもやりがいあるなぁと思う。

まだ道半ばですが。

本当にスケジュール的には大変だったけれど、
小さい頭から絞り出した3月のお仕事がしっかり4月以降へと
繋がっていきそうな予感で
楽しみでたまらない小春日和です~♬

やっと、気持ち的に落ち着いて春です。嬉しいな。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。