1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Mon, May 30, 2005 09:00:00

Solaris10失敗記

テーマ:Solaris10

これからSolaris10を始めようとする人はよく読んで置いてください。

とにかくLinuxとは違うんだということがしみじみわかったということです。


とりあえず、やる気のある人にはこんな本も薦めておきます。

著者: 一条 博
タイトル: Solaris 10インストールと環境構築


”やりたかったこと”
→Solaris10インストールして、PHP4入れて、Wikiを立ち上げる

失敗した理由は
1)Apacheインストールされているもんだと思っていた
  Solarisは何もインストールされていないと思った方がいいです。
  Cコンパイラもインストールする羽目に陥りました。
2)PHPインストールなんてお茶の子さいさいと思っていた
  これはソースからコンパイルしなくてはならないとは知らなくて、
  ここで挫折したといっても過言じゃないです。

一応、挫折に至る過程ですが・・・
・Apacheはここ でインストールしたところ成功
・PHPインストールでSolarisFreeWare というサイトからダウンロード
 (死ぬほど時間かかりました。このサイトは腐ってます)
・Gunzipで展開してそのフォルダにアクセス
・マニュアルなどによれば最初にconfigureというツールを使って
 makefileを作る必要があるとの事。どういうオプションを選択しなければ
 いけないのか調べるのがかなりつらい
・configureを試しに実行するとCコンパイラがないことが判明
 上記サイトからgccをダウンロードしてpkgadd -dでインストールした
・再度configureすると今度はgccへのパスが通ってないので
 PATH=・・・と書いてexportコマンドしてパスを設定
・これで再度実行したらやっとmakefileできたけど、これで
 makeしたらいくつか存在しないモジュールがあったらしく(mysqlとかも)
 上記サイトからダウンロードしてひたすらpkgadd -dコマンドした
・努力もむなしくこんなエラー

# /usr/ccs/bin/make
/bin/sh /opt/src/php-4.3.11/libtool --silent --preserve-dup-deps --mode=compile gcc -I/opt/src/php-4.3.11/ext/gd/libgd -DHAVE_LIBPNG -DHAVE_LIBJPEG -Iext/gd/ -I/opt/src/php-4.3.11/ext/gd/ -DPHP_ATOM_INC -I/opt/src/php-4.3.11/include -I/opt/src/php-4.3.11/main -I/opt/src/php-4.3.11 -I/usr/local/include -I/include -I/opt/src/php-4.3.11/ext/mbstring/mbregex -I/opt/src/php-4.3.11/ext/mbstring/libmbfl -I/opt/src/php-4.3.11/ext/mbstring/libmbfl/mbfl -I/opt/src/php-4.3.11/ext/xml/expat -I/opt/src/php-4.3.11/TSRM -I/opt/src/php-4.3.11/Zend  -D_POSIX_PTHREAD_SEMANTICS  -g -O2   -c /opt/src/php-4.3.11/ext/gd/gd.c -o ext/gd/gd.lo
/opt/src/php-4.3.11/libtool: od: 見つかりません。
/opt/src/php-4.3.11/libtool: rm: not found
/opt/src/php-4.3.11/libtool: rm: not found
In file included from /usr/include/sys/wait.h:24,
                 from /opt/src/php-4.3.11/ext/gd/gd.c:41:
/usr/include/sys/siginfo.h:259: error: parse error before "ctid_t"
/usr/include/sys/siginfo.h:292: error: parse error before '}' token
/usr/include/sys/siginfo.h:294: error: parse error before '}' token
/usr/include/sys/siginfo.h:390: error: parse error before "ctid_t"
/usr/include/sys/siginfo.h:392: error: conflicting types for `__proc'
/usr/include/sys/siginfo.h:261: error: previous declaration of `__proc'
/usr/include/sys/siginfo.h:398: error: conflicting types for `__fault'
/usr/include/sys/siginfo.h:267: error: previous declaration of `__fault'
/usr/include/sys/siginfo.h:404: error: conflicting types for `__file'
/usr/include/sys/siginfo.h:273: error: previous declaration of `__file'
/usr/include/sys/siginfo.h:420: error: conflicting types for `__prof'
/usr/include/sys/siginfo.h:287: error: previous declaration of `__prof'
/usr/include/sys/siginfo.h:424: error: conflicting types for `__rctl'
/usr/include/sys/siginfo.h:291: error: previous declaration of `__rctl'
/usr/include/sys/siginfo.h:426: error: parse error before '}' token
/usr/include/sys/siginfo.h:428: error: parse error before '}' token
/usr/include/sys/siginfo.h:432: error: parse error before "k_siginfo_t"
/usr/include/sys/siginfo.h:437: error: parse error before '}' token
In file included from /usr/include/sys/procset.h:24,
                 from /usr/include/sys/wait.h:25,
                 from /opt/src/php-4.3.11/ext/gd/gd.c:41:
/usr/include/sys/signal.h:85: error: parse error before "siginfo_t"
In file included from /opt/src/php-4.3.11/ext/gd/gd.c:41:
/usr/include/sys/wait.h:86: error: parse error before "siginfo_t"
/opt/src/php-4.3.11/libtool: rm: not found
*** Error code 1
make: Fatal error: Command failed for target `ext/gd/gd.lo'

何が足りないのかこのエラーからはわかりません。
どっかの掲示板に聞く力も残ってないのでここで断念。

まとめますが、Solarisは本当に不親切です。
情熱ある人かIAサーバで最初からインストールされているものを
使う以外は勧められません。。。


といいつつ後からUNIX User5月号のの「オープンソースの常識」

を読んでわかったことですけど、もしかしたら

・automake

・autoconf

・libtool

が入っていればもっと楽チンだったかも。


ともあれ、アー時間損した。まあ、勉強になったけど。

そんなわけでFedraCoreに浮気しちゃいます。

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Mon, May 16, 2005 10:42:46

Apacheを立ち上げる

テーマ:Solaris10

チーム内掲示板を立ち上げようとしている。


Apache日本語サイト


まずはApacheを起動することが必須。

http://www9.ocn.ne.jp/~pcvolu/pcnet/solapage15.htm

ここを見ながら起動しました。

要約すると

1)httpd.confをExampleからコピー
# cd /etc/apache2
# cp httpd.conf-example httpd.conf

2)httpd.confの文法チェック

# /usr/apache2/bin/apachectl configtest

3)なぜか必要?動作用フォルダ作成

# mkdir /var/run/apache2

4)起動

# /usr/apache2/bin/apachectl start

ちなみに停止はstop。

 

起動後画面

SolarisってLinuxに慣れていると完全に癖が違うので

やり方がすごく難しい。

先人の知恵は本当にすばらしく、なんとか次のステップへ・・・

Sun, May 01, 2005 20:35:27

インストール完了 ~ 総括

テーマ:Solaris10

solaris10  インストール完了して再起動すると

こんな画面になる。はず。自分の場合はディスプレイドライバのエラーらしきものが出て

ダメだったがおおむね成功と思われる。


しょうがないのでrootでログインしてuseraddで自分のアカウントを作成した。

> useradd ore

> passwd ore

(password入力)

自分のPCからTELNETでつないだら、イケてるじゃないですか。

もちろんrootアカウントでつなげないので、oreアカウントでつないで

suコマンドでrootになるんだけどね。


ま、サーバ本体を操作することはそんなにないからいいか。


      solaris10-image


さて、総括だが

そもそもLinuxじゃなくてなんでSolarisなのか。

以前、Sunの石原さんという有名なエバンジェリストと飲み会の席で

話をすることがあって興味はあったのである。


彼によればLinuxと比較するのは意味が無いらしく、

Solarisの安定度や性能を出すためにはLinuxサーバ2台必要なんだとか。

そういう根本的な差があって出ている自信なのだ。

歴史が商用UNIXと学術的に生み出されてボランティアの力だけで

育ってきたUNIXでは違うということなんだろう。


それが今回バージョンの10になってオープンソース化されて

より身近になったのだ。じゃあ、試さない手は無いでしょ。


一般的にパフォーマンスの高さはLinux

システムの安定度はSolaris

といわれている。

どのくらい差があるのか、今度確かめるのでそのときに

またレポートします。

Sun, May 01, 2005 20:21:23

CD入れ替え

テーマ:Solaris10

インストールが進むと次のメディアを要求されます。

CD/DVDを選んで「次へ」を押します。


次のCD


そうすると、CDのドライブが開くのでここでCD挿入します。


CD挿入後


上のような画面が出るのでインストール開始を押下する。


こんな作業をインストールディスク1~4と

Multi-Language CD, Companion CD

の時に繰り返します。というと6回ぐらいやるわけで。


・・・・・・・・


続く

Sun, May 01, 2005 18:18:22

インストール準備完了

テーマ:Solaris10

インストール準備の確認


ここでインストール内容を確認したら

「完了」ボタン。


インストール開始


あとは待っていればOK。結構面倒。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>