1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
Thu, November 25, 2010 11:33:35

StartupWeekend - 3rd day

テーマ:ブログ
#startupbattle #swtokyo

3日目の朝はついに遅刻してしまいました。15分くらいだけど。
9時は早い。だけどそれだけ時間がないから、チャンと来ないと。

WPにいて思いますが、朝ちゃんと来て、みんなをまとめて同じ方向を
向いて仕事させるというのはものすごい大事で社会人としては当然なこと
ができない人は多いと思います。だからこそそこをしっかり握って
プロジェクトを成功に導くというのがリーダーの資質かと。

とか言いながら私も含めて4人も遅刻。まずいな・・・

開発は熱を帯びて佳境に向かいますが、後から聞いたら既に土曜日には
PC側の開発は終わっていてデザイン待ちだったとか。
デザイン作れるのはボスだけなのですが、来ないので自分がやろうと
思った次第です。でもPCにDreamWeaverとか入れるだけで1時間近くかかると
なって焦りました。しかも人物画像の背景削除とか素材の仕込みも
やらなくてはいけないので、と思ったらボスが来てあっさり解決。
デザインはお任せすることに。画像処理は自分で担当。
Android版はZakiさんが作ってくれていていい感じで進んでいました。
昼くらいにとりあえず版を見たらあまりにいい感じだったので
驚きの声をあげてしまいました。
昼に来たAkiraさんはビジネスプランをまとめてくれています。
シミュレーションは楽観予測と悲観予測をならべてみんなで吟味。
表にしてくれたのでわかりやすい。

ボスはデザインに続いてプレゼン資料を作成。

夕方の4時がタイムリミットでしたが直前にリハーサルしまして
大丈夫か不安があったけど形にはなりそうという感じ。

さて、17時からプレゼン本番開始。

皆それぞれに工夫を凝らしたプレゼンテーション。ためになる。
中にはプチコントもあってかなり笑えました。

我々は9案中の6番目。

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

かなり上々のプレゼンでした。ボスはじめデモやってくれたDaisukeさんとZakiさん。
一緒にサポートしてくれたAkiraさん。

しばらくして優秀者発表に。ZyngaJapanのRobertがさんざんもったいつけて
発表したサービスが何と「Kachop」!ウソのような瞬間でした。

その様子がこちら

皆から凄い祝福を受けました。チームのおかげ、それしか言えない。私のやったことは
素材探しとちょっと通訳しただけ。でも最後は祈る思いでした。

プレゼンはきっかり1分で伝えきれていない部分もありました。
それでもその内容で勝てました。あとから審査員のAkkyさんにも聞きましたが
わかりやすさがポイントだったようです。しかも動くモックをPCとAndroidで
用意したことも良かったみたい。これって自分の今後にもかならず生きてくる。

終わってからもまだまだ続きます。だって世界大会StartupBattleに向けて90秒の
プロモーションビデオを用意する必要があります。早速ボスが作成してくれました。
こちらをご覧ください。

勝てそうじゃないですか!世界大会への参加が正式に決まったらシリコンバレーに
乗り込んできます。

この3日でものすごく学びがあったけどここには書ききれないです。
同じメンバーでまた何かやりたい。終わった後にメンバーと話をしたけど
皆アツい想いを持ちつつここに参加している。そういう人たちと仕事が出来たことが
自分の誇り。やりたいことってこれだったってだんだんわかってきた。

そんな経験が出来たこと。それがStartupWeekendです。

次に参加する人がいたら伝えていきたいです。

最後にこの場を提供するために頑張ってくれたJohnnyとLeeに感謝しています。
日本人じゃないのにここまで盛り上げてくれたことはどれだけお礼をしても
しきれないと思いました。そういう人たちの支えがあってベンチャーって出来ている。

また続きがあれば書きます。ではでは。

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Wed, November 24, 2010 15:33:09

StartupWeekend - 2nd day

テーマ:自己啓発
#startupbattle #swtokyo

昨日は11時まで残っていたので非常に辛かったですが
この日は9時から出社?!

$HardReggaeCafe@Ameblo.jp

チームのメンバーは6人のはずが朝いたのは何と4人。
ボスはいないし・・・ということで朝飯をとりながら
今いるメンバーでオリジナルのプランに対してどうするか
議論を開始しました。ボスのいないところで話を進めちゃって
大丈夫かなと心配になりましたが仲間のDaisukeさんが
いないなりにこちらで決めていきましょうとぐいぐい進めて
くれます。

このDaisukeさん。聞けば京都でハイテクベンチャーの取締役を
やっているらしくVCの考え方とかビジネスに対する儲け方に
関して明確に意見を持っていました。Googleのユーザグループ
GTUGの日本での取りまとめ役もやっていて活動的な人でも
あります。

他にもHackerthonに参加して開発スキルの高いZakiさんや
社会人経験は少ないけど開発も含めてビジネスの作り方に
強く関心を持っているAkiraさん。ボスと同じフィリピン出身で
日本の某ITで働くバイリンガルのWallieと多彩なタレントが
ウチのチームを構成しています。

ここで決めるのは
・どういう問題があるのか
・どう解決するのか
・ビジネスモデル
・マーケティングプラン
なのですが、ペース的には午前中くらいまでに作り上げないと
いけないのですがボスが昼になるまで来ないので、他のメンバーで
ひたすらトーク。しょっちゅう脱線。

お昼に彼女が来たところで再度すり合わせてBasicPlanを決めていきます。

その一方でStartupVentureには欠かせないインフラ、サーバと課金の
システムに関してAmazonとPaypalからそれぞれ紹介がありました。
AWSとPaypalに関してこれだけじっくり教えてもらう機会はないので
こういう場を提供してくれたJohnnyとLeeに感謝。もちろんAmazonの
エヴァンジェリストKenさんとPaypalのAmanoさんにも感謝。
ちなみにAmanoさんは当社WeddingParkの海外ウエディング版Felicita
作っていただいた方で久しぶりの再会でした。

AWSはWEBサーバとDBサーバそれぞれインスタンスを立ち上げるところまで
教わることができ、タダ同然で使えるということがわかったし、Paypalも
支払いに関していろんな方法があって、たとえば物販をやった場合でも
自分とアフィリエイターに同時に支払いを行うメソッドもあるというのが
わかっただけでもいろんな可能性を感じさせます。

さて、作っているサービスの話に戻りますが、昼からジョインした
Engさんとの話で「Kachop」というサービスになることに決定しました。

人物と風景の画像をそれぞれ検索して出してきたらそれらを合成。
あたかもその場に居合わせたような画像に返信するというサービス。
画像の保管期間やポストカードなどの付加サービスでマネタイズするという
モデルに着地するまで夜までかかりました。
この話の過程でVCが投資するということはどういうことで、
ユーザが何に価値を感じて使うのかというところと集め方もハラオチ
したのでやっとスタートできる。

もう時間がない!作らなきゃ!

ということでこの日も11時まで黙々サービス開発。

ここで思ったのだけど役割分担ってすごく大事。何ができるのかということも
そうだけど不足している役割があったら、自分が最適な人材じゃなくても
とりあえずやってみるという姿勢がないと前に進められない。

これってすごい気付き。ずーっと企業に属していると役割は上から与えられる
からそういうことを真剣に考えない。しかもなりたい自分とできる・頼まれる仕事
のギャップがあるから転職とかそういうことになりがち。
ものすごくエネルギーも必要だし、いろんな人との軋轢もあるから
そこで萎えてしまいがちだけど結局自分に返ってくることだから
ちゃんと考えないといけない。

ひとまず3日しかないところで考える時間はないから、やることを短時間に
パッと決める力も当然必要になってきます。

それで話合って、自分はデモのための素材集めと仕込みをやることにしました。
大量に集めてプレゼンした時のインパクトにしないといけないからこれはこれで
重要な仕事。

あっという間に11時。続きは明日。

↓20時にはRedBullガールが応援に来ました!盛り上がるぅ
photo:01



↓アイスランドでもStartUpWeekendやっていてSkypeで応援合戦。
photo:02



※何というかタダの場所がしイベントじゃなくていろんな刺激を受けながら
楽しくチャレンジするというのが起業の本質なんだというスゴイ学びがありました。
Tue, November 23, 2010 11:32:26

StartupWeekend - 1st day

テーマ:自己啓発
photo:01



#swtokyo Startupweekend参加しました。いやもう内容の濃い3日間だったけど
あっという間で何か仕事したという感覚とは違った充実感がありました。

そんな3日間の1日目は19日の夜19時に恵比寿のデジタルガレージから
始まります。希望者に1分間のエレベータピッチの時間が与えられるので
ネタをじっくり考えましたがチャンスは1回なので熟慮の末1案に絞りました。

そのネタはどこかで使うかもなのでここでは伏せますが、
それぞれ23組がピッチでバトルした結果9案に絞られました。

正直ここに残れなかったのは悔しい。反省点はいくつかあるけど
・英語のスピーチをするべきだった
・投票前にA4一枚の紙で全員にPRする時間があったのに紙を作るのに
 時間をかけすぎて皆と話す時間がなかった
・自分の案に声掛けてくれた人もいたのにふたを開ければ3票
 しか獲得できず申し訳なかった
・躊躇しないでいろんな人に話しかければよかった
などなど。自分の案をもっと掘り下げたり立ち上げに3日間しかないことを
最初に考慮できればなお良かったのですが甘さがあったのかも。
他の人の案を見て完全に自分の案が負けているとは思わなかったのですが
細かいところで出遅れているなと実感しました。

絞られた9案の中から自分が参加するプロジェクトを
選ぶのですがこれもすごく悩みました。
正直これがいちばんキテルというのはなかったので・・・
・日本人しか参加していないチームは却下
・優勝しそうな勢いのあるところ
・どうしても賛同できないアイデアには乗らない
という基準で考えたところ
「Around The World」
というフォトに自分の写真を合成して世界中を旅するという
アイデアにジョインすることにしました。

リーダーのengさんは女性ですが、控えめながらすごいパワーを
持った人。フィリピンから来ていて、今奈良で仕事をしているということ
ですが基本は英語しか話せないのでコミュニケーションはすべて英語。

さてさてどうなることやら・・・楽しみ♪

(上の写真はアイデアの板書。二日目に制作)
Fri, November 19, 2010 10:07:30

”下品”という言葉の意味

テーマ:ブログ
「品がない」という言葉を極稀に耳にしますが、人によっては
使い方が違うなという気がします。

恐らく多くはシモネタみたいなものに対して使うケースが
多いのだろうけど、自分の解釈はというか正しいのは
「欲求に対するストレートな表現」
を指しているのでは?ということです。
(WikiPediaなどで調べたわけではないので間違ったらスミマセン)

その中で、性欲の部分がクローズアップされがちだけど
金欲、食欲なんかもこういった対象になるんだろうな、と。

日本人は品性を失うような事をすると「恥」という概念に
繋がって、やがては信用にさえ影響するという論理構造を
持っていると思います。これは無意識にそうなっているものかな。

ビジネスも同じ論理は適用されて、アダルトみたいな分野は
技術の発展も目覚しいし実際儲かるのだろうけど、積極的に
取り組む人は少ない。アフィリエイトもそうだけど短期に
お金を得るのであればアリだけど、長期でビジネスを作ろうと
思ったら、もっと高尚なビジョンがなければ周りはついていけません。
かくいう私も自分で何か商売するならそうでなくては人生を
捧げる意味が無いと考えています。

今日からStart Up Weekendに参加する予定です。
最初はエレベーターピッチなのですが、何を言おうか考え中です。

この話はまたおいおいします。
Thu, November 18, 2010 12:33:05

CAのDNA

テーマ:ブログ
昨日は協力会社の営業さんの送別会。
という名のネットワーキングパーティー。

聞けば中国で会社を立ち上げるとか。
その会社の社長も来ていてなんと二十代と言ってました。
CA子会社取締役の生井沢さんと同級生だそうでこんなところでつながっているんだと
思ったトコです。

ここで久しぶりにビヨンド一谷さんにも遭遇。
私のAmeba事業部時代の同志。一年ボウズでしたが、
行動力から感度までどれをとっても優秀な
彼はつい一年ほど前に独立して起業しました。

元気そうで活躍しているみたい。イイことです。

先日、同じく所縁のある武石さんもCAを巣立って行きました。
独立するみたい。

世間からみたら無謀な挑戦かもですが
挑戦することで新しい価値が生まれる可能性もある訳で。
そういうところを応援したい気持ちです。

会社的には辞められてしまうのは重大な損失だけど、
サイバーの遺伝子が拡散して行くのは悪いことではないのかなと思います。

私にも確実に伝わっているこのDNA。
誇りを持ってさらに取り組んでいきたいと思います。

iPhoneからの投稿
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /