Mon, December 29, 2008 23:09:05

大停電の夜に

テーマ:ブログ
もしかすると今年最後の日記かも知れませんが、
そんな今日「大停電の夜に」を見ました。

オムニバス形式の話で、さまざまな人間模様が
あるところで一つにつながっていくというもの。
クリスマスを迎えたある日隕石の影響で東京中が停電となってしまいます。

出てくる人はみなそれぞれに何かを抱えた人たち。

不倫の影響で左遷となってしまったサラリーマン。
またその愛人。遠距離恋愛の中国人のホテルのベルボーイ。
定年退職した会社役員とその妻(わけあり)。
6年ぶりに娑婆に出てきた男と待てなかった女。
病院の屋上に物憂げにたたずむ謎の少女。
そして主役のトヨエツは昔プロのJazzベーシストだったという
バーのマスター。 まさにトヨエツのための役柄と言えます。

大停電という非日常がそれぞれの想いをやさしく包み込みます。
それぞれがつながっていて微妙に交錯するシーンに大人でなければ
わからない特別な感情がこみあげてきます。

実はこれ先週クリスマスに見ようと思って借りてきたのだけど、
機会がなくてやっと今日見ることができたというDVD。
昼に見たから感動も半分くらいでしたが、夜だったらトヨエツのバーの
蝋燭の灯りにかなりウットリしたかも。

個人的な感想としては「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の方が
まだ面白かったかなという印象です。

このDVDの予告編に土田世紀のマンガ「同じ月を見ている」の映画版
のDVDの紹介をやっていてちょっとビックリしました。このマンガも
人生考えさせられる深い話でかなり泣けます。
キャスティングもすごいということにも気付きました。
あの窪塚クン、黒木メイサ、そして台湾のアイドルでエッチ写真が
流出して問題になり芸能界引退したエディソン・チャンが主役という
かなり不思議な組み合わせです。
今度こちらも見てみるかな~
最近の画像つき記事
 もっと見る >>