1 | 2 次ページ >> ▼ /
Sun, March 18, 2007 12:02:39

クリエイティビティは高く、おごらない人と仕事がしたい

テーマ:ブログ

そう思っているのは自分だけではないはず。


こういうことを書くと最近何かあったのかと勘繰られそうですが
そうではないのです。


この3月で今の会社に入ってまる2年が経ちました。


皆さん恐ろしいほどいろんなことを知っていて、クリエイティビティ
も高い。出来上がったプログラムもFLASHも何もかも良く考えられていて
つくづく感心させられます。

そしてWEBの新サービスを立ち上げる時にも「信念」というものが
こもっていないものは絶対ブレークしないと教えてくれたのも
彼らです。


彼らって誰?って思うかもしれませんが、CAでは新サービスを立ち上げる
専門の部隊がいます。ただし、SIerのような「言われたものをただ作る」
ということはしない。それこそが「クリエイター魂」なんでしょう。


ここまで話を聞くと、すごいなー、面白そうな職場だなあと感じる
かもしれませんが、その分クリエイターと仕事をするのは大変です。


なぜならこだわりを持った職人であり、完全にコントロールするなんて
考えていたらうまくやっていけないからです。同様にこちらのレベルが
低くてはとてもコラボレーションは産み出せません。


そんな人たちがこっそり立ち上げたPupeeGirlというサイトを
ご存知ですか?
http://pupe.jp


pupee girl


ファッションデータベースをソーシャルネットを利用して作る
というコンセプト。


今少しずつ会員を増やしているのですが、皆なかなかオシャレ。


コンセプトを形にしていく過程は、常に不安との葛藤だとは思うのですが
これを作った人たち(Nさん、Yさん、Sさん)にはそういうところは
一切ない気がします。

今後の展開が楽しみです。皆さんも(本当はたぶん女性限定(^^;)
是非試してみてください。

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Thu, March 15, 2007 16:48:17

はてなにRichard Chenが取締役就任とか

テーマ:IT関連ニュース

さすが技術力でいえば日本のインターネット企業で一番か二番
と言われるだけあってすごいですなあ。

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenapress/20070315/1173915658


あ、RichardChenを知らない?


Google日本法人を立ち上げた人でAdsenseとかいろんなサービスに
かかわった人。


梅田望夫氏も大層なヨロコビ。
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070314/p1

次のはてなの手は何を打ってくるか楽しみです。


また、上場したりとかハデなことをしないことで有名な
この会社がどう変わるかも見ものですね。

Tue, March 13, 2007 11:17:04

月に負け犬

テーマ:ブログ

ふと社会人になってから現在までの生涯賃金を計算してみた。


ざっと片手ぐらい・・・。


昔スピリッツに載っていた漫画で自分の生涯賃金は定年まで働くと

3億なのでそれと同等の金額を要求する誘拐犯?があった気がします。

ただ、働かされて報酬をもらうだけの会社から出てきて

何か変わったか、ときどき考えてしまいます。


あ、このタイトルは椎名林檎の曲でしたね。

Sun, March 11, 2007 18:26:11

クチコミ信頼性について考える

テーマ:勝手にバイラルマーケティング

最近はCGM(時にUGMとか)の台頭でどのサイトにもクチコミ情報が
いろんな形で出ていることが多くなってきました。


今まで売り手である企業からの一方的な情報しか入ってこなかった
市場原理に買い手である消費者同士の情報交流という防衛手段?が
加わった形になってきたということでしょう。


使い古されたBuzzWordですが、

AIDMA = マーケティングで顧客の購買行動を分析する枠組み
 Attention → Interest → Desire → Memory → Action
 (注意)     (関心)   (欲する)  (記憶)   (購入)

から、CGMコンセプト導入によって

AISAS = ネットでの購買行動のモデル
 Attention → Interest → Search → Action → Share
 (注意)     (関心) (検索)  (購入)   (共有)
に購買行動は変化してきているという話。


それを更に進化させて
AISCEAS = ネットでの購買行動のモデル(宣伝会議)
 Attention → Interest → Search → Comparison → Examination → Action → Share
                   (比較)    (検討)
というのが今の主流のようです。アンヴィコミュニケーションという
ところの発案で「宣伝会議」に出ていたみたいですけど。


この「比較」「検討」のところでよく悩む
このクチコミや書き込みは正しいのか?という疑問、すなわち
「信憑性」について今日は調べた結果を述べてみます。


今担当している「WeddingPark」でも結婚式に「参列」「下見」「申し込んだ」
「結婚式した」という方からの多数のクチコミが寄せられるのですが
中には悪質な誹謗中傷、事実の歪曲、会場関係者からのなりすましが
あとを絶ちません。

判断基準は社内には一応ガイドラインとして存在するのですが
なかなか一筋縄には行かず、最終的には事業判断となることもあります。

自分なりにAmazonや他のCGMサイトを見て、その考察を書いてみます。
・「参考になった」クチコミは具体的だが長すぎない
・同様に「良かった点」「悪かった点」がきちっと書かれている

ちなみに「参考になった」というのは「買わない」という消費行動にも
つながっているのでこのコンセプト自体を評価するのは難しいです。

・いろいろクチコミでああでもない、こうでもないと書いているけど
 評価をポイントにすると高得点にしているケースも多い
 (まさに消費者の微妙な心理を反映)
・ベストレビュアーが書いたクチコミだからと言って「参考になった」
 数が特別多いとも限らない

このように多種多様で一口にクチコミの信頼性について法則性を
見出そうとしても難しいといえます。

やらせという点では最近は善意の第三者を装って投稿する
「ステルス・マーケティング」というのも結構問題になってきてます。

これがカリスマブロガーや「権威」といわれる先生が書くことで
宣伝効果は絶大で、企業から依頼されて書いた場合のツケとなる
「炎上」もよくある光景です。


さて、信憑性をどのように図ろうかという本題に戻りますが、
これはもう勝手な想定でトライ&エラーで行くしかない。


GoogleやYahoo!が検索エンジン仕様を公開しないのと同様
(とはいえ小出しに謎は解明されているっぽいけど)
当社も極秘でいくつかの仮説を立てながらそれをポイントにして
高い順にクチコミ信頼度を設定するような感じです。


被リンク数とか実際に行った人しかわからないシークレットキーワードを
用意してそれに対する言及数とかそういう仮説です。


この辺また進展あったら書いてみます。良い評価法があったら是非
教えてください。

Thu, March 08, 2007 12:16:29

デブサミ回顧録・WindowsでPlagger体験「それPla」

テーマ:IT関連ニュース

DevSummiで一番面白かったトピック。
それはサイボウズラボの竹迫さんが講演した
「PlaggerによるRSS/ATOMフィードのマッシュアップ」


最近は更新コンテンツをRSSなどのフィードにしているサイトが
多くて、自分もいろいろ購読しているのですが、その量が半端じゃないので
読まないままになっているものが山積みになってます。


整理分類して勝手にメールしてくれれば楽なんだけどなー

「それPlaggerでできるよ!」
と天の声。


そうなんです。Plaggerを使えばいろんなことが解決できるのです。


Plaggerの基本的な仕組みは
「購読」「カスタムフィード」
 ↓
「変換」
 ↓
「出力」「通知」
となっています。


つまり入力→加工→出力というアプリケーションのアタリマエの流れなのですが
これが柔軟にいろいろ変えられるところに面白さがあるわけです。


竹迫さんの事例で言うと…
腹減ったと検索するとピザやら寿司の出前をオーダーしてくれる
などということも出来るようです。


さて、そんな便利なPlaggerはLinux,Windows,Mac OSなどあらゆる
プラットフォームで稼働するという優れもの。


早速Windowsでのインストールですが

1.ActiveStateのサイトからActivePerl5.8.7を取得
 (バージョンが違うだけで全くインストールできないので注意!)

2.ppm プロンプトからTcoolのリポジトリをPPMに追加
> rep add tcool http://ppm.tcool.org/server/ppmserver.cgi?urn:PPMServer
> rep up tcool
> search Plagger

3.ppm プロンプトからPlaggerのインストール
> install Plagger
(基本全部Enterで大丈夫)

4.SSLパッケージを入れ替え
 1)theoryx5のリポジトリ追加
  rep add theoryx5 http://theoryx5.uwinnipeg.ca/cgi-bin/ppmserver?urn:/PPMServer58
 2)SSLeayのパッケージ検索
  rep up theoryx5(2回やると最上位に)
  search SSLeay
 3)インストール
  install -force 1

5.Plaggerの3大罠の一つ「assetsの罠」を回避するためPlaggerのソース
 からassetsを持ってきて入れ替えする
 入れ替える先はC:\Perl\bin
 Plagger-0.7.9.tar


と結構初心者には高いハードル。


わからなくなったら調べて、直して、というアプリ開発の健全なサイクル
が確立されて文化的な貢献が云々と話していた気がします。


で、起動する前にやらせたいことをYAMLというコンフィグファイルに
記載しておきます。


最初に書いたやつはこんな感じ。

---------------------

c:\perl\bin\config.yaml

---------------------

plugins:
- module: Subscription::Config
config:
feed:
- http://blog.bulknews.net/mt/index.rdf
- http://phpspot.org/blog/atom.xml
- http://www.pheedo.jp/f/JapaneseTechCrunch
- http://blog.japan.cnet.com/kenn/index.rdf
- http://www.asks.jp/users/hiro/data/rss
- http://www.socialnetworking.jp/index.rdf

- module: Filter::Rule
rule:
expression: $args->{entry}->body =~ m/WEB2.0|SNS|PHP|microsoft|JAVA/

- module: Filter::Rule
rule:
module: Deduped

- module: Publish::Gmail
config:
mailto:
- oresama@dot.com
mailfrom: hardreggaecafe@gmail.com
mailroute:
via: smtp_tls
host: smtp.gmail.com:587
username: hardreggaecafe@gmail.com
password: password


何も言わずこれを書いてみてください。ちなみにYAMLはタブではなく
インデントはすべてスペースです。
修正が必要なのはアグリゲートするRSSのところと、引っかける
キーワードとメールを送るSMTPサーバにGmailを使っているのでそこの
設定のところです。

賢明な皆様でしたら書いてある内容は何となくお分かりかと。


この辺のドキュメント
http://plagger.org/trac/wiki/
やインターネット上にいろいろな情報が流れているので
是非ググって見てください。


Plaggerはもちろんオープンソース。コミュニティのコミッタも
40人ほどいるとかで今最もアツいと思います。


プラグインも続々有志によって開発されており、Mixi情報もゲット
できたりするようです。


- module: CustomFeed::Mixi
config:
email: hardreggaecafe@gmail.com
password: password
fetch_body: 1
show_icon: 1
feed_type:
- RecentComment
- FriendDiary
- Message


こんなものを書いておけばアグリゲートするみたい。


あとは、環境変数のPATHにc:\perl\bin(Plaggerが入っているとこ)を
確認してコマンドプロンプトから

Plagger

と入力するだけです。


どうです?何やらメールで飛んできませんか?


キーワードに合致したエントリが続々送られてくるかと。

- module: Filter::Rule
rule:
module: Deduped

この設定がされていると、次から重複エントリは送信されません。


ということで、スタートメニューから
「アクセサリ」→「システムツール」→「タスク」
を立ち上げて定期的にバッチ起動させれば、あとは時間が到来すれば
自動でアグリゲートして送付という構図が出来上がります。


RSSみたいに必ずしもフィード化されているものでなくても
サイトの情報から必要な項目だけ切りだして送ったりとか、Excelに吐きだす
とかも出来るみたいです。


この辺 に詳しいこと載ってます。

そもそもの開発者Six Apartの宮川さんも多く文献を残しています。
それがhttp://pllager.org のwikiに集約されています。


サイボウズラボの社員でありながらShibuya Perl Mongers(Perlのユーザコミュ)
として積極的に広めようといろんな仕掛けを見せてくれる
竹迫さんはさながらPlaggerのエヴァンジェリストってところでしょうか。


当日は羽織袴で登場し、Wiiリモコンでプレゼン資料を次々めくる。

会場にいた人は完全にクギづけでしたよ(w

1 | 2 次ページ >> ▼ /