1 | 2 次ページ >> ▼ /
Tue, March 21, 2006 16:48:57

おめでとう!日本代表

テーマ:ブログ

(メール投稿したがうまくいきませんでしたので・・・)


最後は大塚が一点取られましたが
見事に逃げ切って悲願の世界一。
本当にすごい選手たちです。韓国・キューバよりもアメリカ
に大和魂を見せ付けることが
できたのがうれしい。

店内にはWE ARE THE CHAMPION
が流れました。感動がこみあげます。

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Tue, March 21, 2006 10:31:03

WBC でわざわざTVに出てみるテスト

テーマ:勝手にバイラルマーケティング


先日の韓国戦でNHKに出ていたという恵比寿の
スポーツバーFooTNikにいってきます。

http://www.footnik.net/

応援の様子はこれから投稿します!

Tue, March 21, 2006 01:48:19

梅田望夫流ウェブ応援歌「ウェブ進化論」

テーマ:勝手にバイラルマーケティング

話題のウェブ進化論を読んでみた。

梅田 望夫
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

自分はIT業界にいるのでWeb2.0やロングテール、オープンソースなど
当然知っている内容ばかりである。こういった話題を中心にした
ほとんど専門書といっても過言でない書籍が売れまくっているという
センセーショナルな事実。買う人は何を求めて買っていくのか。


Amazonのこの本に関するレビューを見るに、IT業界に知見を持つ人は
梅田氏の独特の整理「あちら側」「こちら側」という視点に斬新さを
感じるようだ。そうでない人はGoogleやYahoo!、楽天といった実在の
登場人物のストーリーを一種のドキュメンタリーとして楽しみつつも
上記のキーワードについて何であるかを理解できる本という点で評価
されている。


では私にとってはどうだったのか。


実は両方であった。もちろん重要なキーワード(Web2.0など)は
当然理解はしているが、再三にわたって述べられる「あちら側」
すなわちGoogleのようなデータセンター側に置かれたサーバ群で
ありとあらゆる情報を整理しつくす検索機能やGmailのような
メール機能の集中管理といった手法が、「こちら側」代表
であるMictosoft(OSやブラウザを押さえ込んでいるという点で)
を凌駕しつつあるというのはこれもIT産業のひとつのパラダイムシフト
という点では非常に面白い。いや、この考え方そのものが面白すぎる。


オープンソースやWikiPediaに対する「性善説」の捕らえ方も
きちんと解説されていて、初めてこの言葉に触れた人には目から
鱗かもしれない。実はWikiPediaに関しては別の書籍で良質の
コミュニティを形成するためのウラの努力を知っているので
ここに語られていることが若干短絡的で楽観的な見方である
ことは承知しているが、少なくとも旧来の価値観でインターネットを
括りたがる輩に対するあてつけであることは間違いない。


インターネットを題材にした新旧の価値観の対立という点では
ロングテール理論も取り上げられていた。

Amazonが書籍の全文検索を導入しようとする話(日本でも
「なか見!検索」というタイトルで取り組みが行われている)
の中でロングテールの首に当たる部分、つまり売れ筋商品にとっては
販売数を押し下げる死活問題につながりかねないと考える連中
に対して、しっぽすなわち売れ筋以下の商品に関しては再評価を
与えるチャンスというアプローチでプッシュするアマゾン。


こんな問題ひとつとっても、守旧派(エスタブリッシュメント)
が若者のモチベーションを押さえ込んでしまっているという話は
自分も経験があるだけにただただ頷くしかない。


そんな人たちを応援してサポートしたいという思いが、
この本全体に伝わるテーマとして湧き出ており、それこそが
この本の出版へと結びつけた動機であると著者は述べている。


単に現在のWebの潮流を学びたい人にとっても、なんちゃって
プロフェッショナルにも、梅田望夫のファンという(笑)人に
とっても納得できる本。


梅田氏のコラムはCNETとかでもやっていたが新しいのは
社外取締役やっているはてなでの
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/
が新しいようです。シリコンバレーエンジニア目指す人は
必見ですな。

Mon, March 20, 2006 01:48:21

Google Earth で桜を見に行こう!

テーマ:HRC Hacks

GoogleMapよりどぎつい航空写真が見られるGoogleEarth。


ここ からダウンロード&インストールして誰もが最初に見るのは

自宅の写真でしょう。PlayTourボタンでボケーっと世界一周するもよし。


この時期ならではの楽しみ方はやっぱり桜でしょう。

Sakura Mapping をローカルにダウンロード(デスクトップにおくと駄目みたい

なのでC:\の直下に置いてみて)してこれをダブルクリックすると

各所の桜の写真が見られて楽しい。


Google Earth


これで花見酒なんてどうっすか?


via kengo さん

Fri, March 10, 2006 14:06:01

WBCでカナダがまさかの脱落

テーマ:ブログ

WBC


今日は朝っぱらからワールドベースボールクラシックで
勝負の怖さを目の当たりにしました。


カナダ 対 メキシコ


カナダの先発は去年大リーグで新人王候補だったという
Jeff Francis。初回2アウト取ったまでは
良かったが、メキシコの3番は大リーグでも苦手の相手
とのことで気の迷いかデッドボール。

ここでメキシコの主砲 Vinny Castilla が2ベース+エラーで2アウト3塁。
ここから怒涛の4連打であっというまに4点謙譲。


2回にもJorge Cantu の特大2ランが2階席のレストランにトドメを指す。


一方のメキシコの先発 Esteban Loaiza は5回を投げて3安打無失点。

完全に試合を壊してしまった感があるが中盤以降はカナダも相手に点を
それほど与えておらず、前半の失点が悔やまれる展開となった。
放送局のESPNも2回以降はアメリカの監督を放送室に呼んで談笑ムードと
こうなってくると何でもありでんな。


結果9-1とワンサイドゲームの示す意味は明日のアメリカ-南アフリカ
でアメリカが普通にやればアメリカ、メキシコが2次リーグ進出という
タナボタ(昨日カナダに敗れたアメリカがトップで勝ち抜け)的な勝負の
アヤである。


いやはや・・・個人的にはご都合主義のアメリカに一泡吹かせて
こういう真剣勝負の場に本物のスタープレーヤを出させるきっかけを
作れたらと思ったりするわけである。どんなビジネスでも殿様商売と
なったところで客は敏感に離れていくものなんで・・・

1 | 2 次ページ >> ▼ /