アロマ心理カウンセラー Rosemary のブログ

ヒーリングルーム ローズマリー は 女性のためのカウンセリングルーム。
  アロマ心理カウンセラーがあなたのこころとお話をします。
  自分らしく輝く人生のために、心の整理をしてみませんか。


Healing Room ROSEMARY

では、
精油の香りにつつまれたお部屋で
カウンセリングをしています。


身近な人には話せないこと
自分では整理のつかない心の混乱
アロマ心理カウンセラーと一緒に
こころをすっきりさせましょう。

$Healing Room ROSEMARY-rogo




テーマ:
先月の事ですが、友だちのM美さんと横浜の洋館巡りをしました。

久々の横浜でしたので、中華街もずいぶん様子が変わり、小綺麗な街になっていました。
私はどちらかといえば、香港や台北のような、以前のごちゃっとしていて喧騒の街の様子が好きなのですが。


{2570D268-3F3D-4DDA-B456-DD19B1B09329}

順路に従い、坂道を上ったり下ったりしながらの洋館巡り。

殆どが大正から昭和初期の建物です。
そして重厚な家具や調度品は落ち着いた気品のあるインテリアを演出しています。

{9E0865CF-89B1-4501-A243-7949073C501A}

{C982A421-A105-4555-8646-FEAC23601750}

{0A04CC09-FEA8-4B6A-B989-E2ED3B8476B7}

私好みのインテリア。
どんなご家族が、此処でどんな生活をしていたのでしょう。

暖炉のあるお部屋、使用人のためのお部屋などがあり、裕福なかたの家だったことがわかります。

{AC21E2F5-E29E-4E4D-BB06-C210C58328B0}

しばし違う文化の時代にタイムスリップしたような感覚になりました。


{12BE8B87-3290-410C-8C99-3157D3BC4362}


やはり横浜は独特な雰囲気。
異人さんの似合う街ですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

介護施設でお世話になっている母が10月から急に食欲がなくなり、体重も激減。

でも、どこも痛くはないと言います。

 

そのうち回復するかと様子見していましたが、全く状態が良くならないので1か月ほどして受診したところ、大腸がんの疑いありでそのまま検査入院。

 

 

検査の結果、やはり大腸に悪性腫瘍があるということで、体力の回復を待って(口から食べられないので高濃度輸液による)開腹手術をすることになりました。

 

群馬で勤務医をしている姪もかけつけてくれ、一緒に担当医師の説明を聞きました。

しろうとの私に理解しづらいところは、姪がわかりやすく解説をしてくれましたので、たいへんありがたかったです。

 

その際、医師から

 

お母様に癌であることを告知しますか?

私の立場からは告知をお勧めしますが、患者さんのこれまでの生活や考え方などは私にはわかりませんので、一概に告知が良いとも言い切れません。

ご家族で決めていただければそれに従います。

 

と言われました。

 

 

さあ、どうしましょう。

 

もしも私だったら・・・

 

 会いたい人に会っておきたい

 行きたい場所にも行っておきたい

 身辺整理もしたい

 娘に託すものをきちんとしておきたい

 

などなど、もしも余命が短いのであれば、片づけなければならないことが山のようにあるので、きちんと告知して欲しい。

そう思います。

 

でも、これはあくまで「私だったら」ということ。

私と母は違う人間であり、現在の母は13年前の病気の後遺症で、援助がなければ自分の身支度もままならないし、移動もできない。

 

住んでいた家は3年ほど前に売却し、始末してしまったので家財道具は何もありません。

身の回り品が施設の自室にあるだけです。

誰かに会いたいといえば、こちらからは出向けないので相手にお越しいただくしかない。

母は、介護施設で日々を平穏に、淡々と過ごしているのです。

 

11年前にがんで亡くなった父の時は、父自身が医師から直接「がん」であると告げられ、私たち家族は父自身の口からそれを聞かされ、たいへん驚いたものです。

 

病院によってもその対応は違うのでしょうか。

 

そして、父の場合を今から思い返してみても、告知したことが本当に良かったとは言えないような出来事も多々ありましたので、これは本当に難しい問題だと思うのです。

 

兄と相談した結果、

自分のことができている人であれば告知したほうが良いかもしれないけれど、母のように身体が不自由であって、この頃は認知機能も徐々に低下してしまっている状態で、そんな時にいきなり「がん」と聞かされては、生きる望みを失くしてしまうおそれがある。

また、父の時に本人が直接医師から告知されたことを知って母がショックを受けていた、という経緯もあるから、今すぐに告知することが良いとも言えないだろう。

という結論になりました。

 

手術が終わってから「お腹をあけてみたらがんだったのよ」と話すことになるかもしれませんが、とりあえず今はやめておこう、ということになったのです。

 

 

 

現在、日本人の二人に一人は、一生のうちになんらかのがんに罹ると言われているくらい、がんは身近な病気になりつつあります。

 

がんの出来た部位や発見の時期、その腫瘍の性質などによって、命取りになる場合もあれば、生存し続けることができる場合もあります。

母の場合はまだ余命がどのくらいとか、生存率がどのくらいとか、そういうこともきちんと知らされていません。

 

いずれにしても、私たち家族は母のために、現在できることを精いっぱいする。

あとは天に委ねる。

それしかないのかな、と思っています。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

混雑している電車で立っていると、隣の隣にマタニティマークをつけた女性が立っていました。

 

マタニティマークとは、妊婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が配慮を示しやすくするもの。

 

特に妊娠初期は、とても大切な時期なのにもかかわらず、外見からは見分けがつかないため、このようなマークをつけることによって、周囲の人に妊婦さんとわかりやすくするのですね。

 

 

私が座っていれば席を譲ることができるのですが、自分も立っているため、どうすることもできません。

 

では、その女性の前に座っている人に「譲ってあげてください。」とお願いすればよいのかというと、それもできません。

 

なぜなら、その人を外見からでは「健康」であるかどうかを判断できないからです。

 

杖を携えていたり、手や足を包帯巻きにしていたり、外から見て何かハンディがあると判断できる場合は良いのですが、それらがないからと言って、「健康」であるとは言い切れないのです。

 

心臓が悪いとか、杖はないけれど歩行困難な人とか、体調が悪くて通院中の人とか、外からでは判断できない人はたくさんいると思います。

ですから不用意に「譲ってあげて」とは言えないのですよね。

 

 

そして最近では、「ヘルプマーク」というものもあるようです。

 

 

これは義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見では分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、それを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークです。

 

でもまだ知名度が低く浸透しているとはいい難いので、必要な方がこのマークを付けているとは限りませんし、このマークの意味を知らない人であれば、援助するに至りません。

 

自閉症への理解

 

また、最近ではマタニティマークを付けていると、心無い人から嫌がらせを受けたり、危険な目に遭ったり、ということも報告されています。

 

「私は妊婦です。」

「私は障がいや持病があります。」

 

そう声に出して言えないからこそ、こういうマークは良いアイディアだと思った私でしたので、危険な目に遭ったり嫌がらせを受けたりという事実があることを知り、たいへん悲しい気持ちになりました。

 

また、人にはそれぞれ事情があって、譲りたくても譲れない時もあります。

ですから、せめて私自身が体調が良くて席を譲れる時には、そういう方が目の前にいらしたら、進んで席を譲りたいな、と思っています。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

実の親が子供を虐待する、命を奪う、再婚相手の子供の命を奪う。

そのような痛ましい事件があとを絶ちません。

 

こうなると、血のつながりがあるとか無いとか、そういうことも含めて、親子ってなんだろう?と考えてしまいます。

 

生みの親より育ての親、という言葉もありますが、そうとばかりも言えません。

 

時折、私は小学校の友だちのHさんのことを思い出し、胸が痛みます。

 

 

 

目がクリクリと大きくてかわいらしいHさん。

Hさんの家に遊びに行くと、お母さんがいつも嬉しそうに私たちを迎えてくれ、手作りのおやつでもてなしてくださいました。

 

お父さんが家にいらっしゃるときは、一緒にゲームなどをして遊んでくださいました。

 

お父さんもお母さんも、Hさんのことが可愛くてたまらない、という様子がとても伝わってくる、そんなご家庭でした。

 

運動会や遠足の時、Hさんはいつも、色鮮やかで美味しそうな、食べきれないほどの3段重ねのお弁当を持たされ、私は羨ましい気持ちでそのお弁当を眺めていました。

 

 

私の母はお弁当作りが苦手というか大キライで、お弁当はいつも、卵焼きとウィンナーと唐揚げとおにぎり、と決まっていました。

私が3年生になった頃には、「女の子なんだからお弁当くらい自分で作りなさい。」

自分が作らないのは娘のためだ、と言わんばかりでした。

 

なので私は、家にある材料とにらめっこして、自分で粗末なお弁当を作っていましたので、Hさんのことが羨ましくてたまりませんでした。

 

ある日、学校でHさんから「私のいとこのMちゃんよ。」と、2学年下の女の子を紹介されました。

その子はHさんにそっくりで、私は「わ~、よく似てるね!!」とビックリして言いました。

 

あとで別のお友だちから「HさんとMちゃんは、本当はきょうだいなんだよ。Hさんは子どものいない伯父さんの養女なの。HさんもMちゃんも、そのことは知らないんだけどね。」

 

そうなんだ・・・。

私は子ども心にも、これは絶対に人には話してはいけない事なんだ、と認識したのです。

 

 

小学校を卒業して10年以上経って、クラス会がありました。

 

遅れて入ってきた女性を見て、みんなビックリ。

あれは、誰?

一瞬わからなかったのですが、私は「あ、Hさんだ!」と気づきました。

 

彼女の髪はリーゼント、あのクリクリした大きな目はギョロギョロっとして、ちょっとコワイ形相をしていました。

可愛かったHさんの面影はどこにもありません。

 

近況報告の時の彼女の話を聞いて、クラス会はしんみりとしたものになりました。

 

その内容というのは、、、

 

高校受験のあと、学校に提出する戸籍謄本を前に、オッサン(とHさんは言いました)から話を聞いて、お父さんと思っていたオッサンは本当は伯父で、いとこと思っていたMちゃんは妹だと知った。

叔父さん、叔母さんと思っていた人が私の本当の親だった。

私は長いこと皆に騙されていたとわかり、ショックで自殺未遂をした。

だから高校もろくに行っていない。

今は生みの親の所に戻って一緒に住んでいる。

オッサンもババアも、私をずっと騙していた。裏切られた。絶対に許せない。

 

そう話してビールを一気に飲み干すと、Hさんはこれから仕事があるから、と退席。

 

その後、担任の先生も「ずいぶん様子が変わって、誰なのか全くわからなかった。」と戸惑いながらおっしゃいました。

 

Hさんにしてみたら、自殺したくなるほどの衝撃。

皆から裏切られた被害者だ、という気持ちになったのも無理はありません。

これまで実の両親と信じて疑わなかった事が覆されてしまったのですから。

けれど私は、育ててくださった、あのお父さんとお母さんのことを思うと、胸が締め付けられるようでした。

あんなに大切にHさんを育てていたのに。

お二人は、どんな思いでHさんを生みの親に戻したのだろう。

そして、今はどんな思いをして暮らしているのだろう、と。

 

 

あれから何十年。

小学校のクラス会もそれが最後で、Hさんのその後を知る由もありません。

彼女は結婚して子どもを育てたのでしょうか。

 

今でも時々、Hさんのことを思い出しては、やり場のない思いが波のように押し寄せてきます。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
我が家のチワポメちゃんは、私が仕事で出かける間はお留守番です。

この頃は私が出かける仕度をしていると、自らケージに入るようになりました。

{78BC6584-3680-4836-831B-7A76F71480DC}


これは、却って後ろ髪を引かれます。

行かないで〜〜と、キャンキャン鳴かれるよりは、ずっと心にキュンキュンきますね。


恋人とデートした後のお別れの時間のようです。

{E5B32009-DCEA-41AB-A8B0-E4A33D482FBA}



さて、あなたがもし、パートナーから別れ話を切り出された時、どのようなリアクションをするタイプでしょうか。

わめき散らす?
泣きわめく?
静かに受け止める?

思い出した時に胸にグッとくるのはどんな別れかなぁ…などと、今更ながらに考えてしまいました。


我が家のチワポメちゃん、その辺りを心得ていて一歩ウワテなのかも!
 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)