アロマ心理カウンセラー Rosemary のブログ

ヒーリングルーム ローズマリー は 女性のためのカウンセリングルーム。
  アロマ心理カウンセラーがあなたのこころとお話をします。
  自分らしく輝く人生のために、心の整理をしてみませんか。


Healing Room ROSEMARY

では、
精油の香りにつつまれたお部屋で
カウンセリングをしています。


身近な人には話せないこと
自分では整理のつかない心の混乱
アロマ心理カウンセラーと一緒に
こころをすっきりさせましょう。

$Healing Room ROSEMARY-rogo




テーマ:

クライアントのTさん(60代前半:女性)とのお話の中に、とても素晴らしいと思えることがありましたので書かせていただきます。

 

自閉症への理解

 

東京にご家族で住みフルタイムで働くTさんは、高齢のお母様の面倒を地方に住む弟さんの家族にお任せをしていました。

 

専業主婦の義妹さん(弟の奥さん)はイヤな顔はせず、淡々と面倒をみてくれていたそうです。

 

これまで、Tさんがお母様の様子を見に出かけて行った時に、義妹さんは食事の提供はしてくれても、ご飯とお味噌汁は作るものの、いつもスーパーで調達してきたお惣菜がテーブルに並び、ちょっと味気無さを感じていました。

 

  お料理ができないのかしら?

  お料理が嫌いなのかしら?

 

Tさんは、お母様の面倒を見てくれているだけでもありがたく思い、もちろん義妹さんにお料理のことを尋ねることはしませんでした。

 

ある日、弟さんからTさんに電話が入りました。

 

ヨメさんが、ベッドから簡易トイレや車いすへの移乗が困難になってきたお母さんの面倒を見るのが精神的にも身体的にも辛くなってしまった。

それで、お母さんを施設に入れてほしいと言っているので、了承して欲しい。

 

Tさんが、それは申し訳なかったね、施設は見つかるの?と尋ねたところ、目星はついているとのことだったので、お任せすることにしました。

 

高齢者

 

その後、施設に入居できたのでTさんは早速、お母様の様子を見に出かけました。

 

施設には弟さんと義妹さんが来ていました。

義妹さんが

「おねえさん、遠いところお疲れでしょう。お昼の用意をしてあるから、うちに寄って行ってくださいね。」

と言ってくれたので、(あぁ、またスーパーのお惣菜ね。)と苦笑しながら弟さんの家に行きました。

 

すると、義妹さんの作ったお料理が用意されていて、しかも初めて口にした彼女のお料理はとても美味しかったのだそうです。

 

image

 

その時にTさんは、

あぁ、今まで母のことがとっても負担になっていて、

義妹はお料理をする気になれなかったんだなあ。

申し訳なかったなあ。

これからは少し自由になるから、好きなことをしてほしいな。

 

そう思ったのだそうです。

 

 

ここで、私たちの多くが思い浮かべるセリフというのは

 

 あら、母がいるときは手料理なんてしなかったのに、

母がいなくなった途端に自分たちの好きなものを作って食べているのかしら?

 

というものではないでしょうか。

 

義妹さんのことを悪く考えようとすればいくらでもできます。

でも、義妹さんに対して思いやりの気持ちを持ち、感謝し、陳謝するTさんの姿を、私たちは見習わなければならないな、そう思います。

 

こんなに優しい心をもったTさんですから、現在抱え込んでいる心のモヤモヤも、きっと少しずつ手放していくことができることでしょう。

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年11月に癌が見つかって入院・手術した母が、今日はその病院を出て療養型病院に転院しました。

 

病院へ行くたびに感じることですが、医療関係のお仕事は昼夜問わず、平日祝日問わず。

輸液の交換や口腔ケア、排泄物の処理、食事の配膳、薬の管理、リハビリなどなど。

本当にたいへんなお仕事だなぁ、と私は感心するばかりで「私にはできない。」そう思います。

 

これまでの病院でも、転院先でも、看護師さんはみなテキパキと処置をし、家族への説明も丁寧できめ細やかな心遣いをしていただき、たいへん頭が下がります。

 

車椅子

 

さて、母は現在82歳ですが69歳の時にくも膜下出血を発症して以来、半身不随で車いす生活です。

後遺症で言語機能が少し不自由ですが、会話(意思の疎通)には問題はありません。

 

亡き父の方針で必ず朝刊を購読していましたので、時事問題やスポーツの話題にも詳しく、私よりも世の中の動向をキャッチしていました。

 

 

ところがこの2か月の入院生活で新聞購読は中断。

そしてほぼ寝たままの生活だったせいもあり、認知機能に少々難が出てきました。

 

ある日突然、怒ったようにこう言いました。

 

「お父さんたら、自分が独身にでもなった気になって。毎日いったい何をしているんだろう!」

 

見舞いにも来ない父に腹を立てているようです。

 

お父さんは死んじゃったでしょ、もう11年も前に。

 

そう言うと母はとても驚いて、え?そうなの?私しらない・・・。

 

 

また、一昨日、「明後日は別の病院に移るのよ。」と言うと、

 

違うの。病院へは行かないの。

T(兄の名前)から電話が来てね、5日間だけお試しでTの家で一緒に暮らしてみるんだって。

迎えに来てくれるから、一緒に行こうって言ってもらって、私すごく嬉しかった。

 

あぁ、もうこれは夢と現実の区別がついていないのでしょうね。

兄は11月に一度来たきり。あとは私から送るメールで様子を知るばかり。

それが寂しくて「来てほしい」という願望から空想が始まり、まるで「現実」のように頭の中で交錯してしまったのでしょうか。

 

 

手術をする前に姪(兄の娘)が私に、

 

高齢で入院や手術をするとせん妄が起こったり、認知症が進むことがあるから気を付けてね。

なるべく刺激を与えて。

テレビをつけたり、カレンダーや写真、時計を見せながら会話をしてあげて。

 

と、アドバイスをしてくれました。

 

姪は群馬の総合病院で呼吸器内科の医師をしています。

今回の母の入院の際、その姪には色々と助けられました。

 

 

そして私は姪のアドバイスに従って、病室に行くたびにスマホで犬や娘や風景の写真を見せながら会話し、テレビカードを入れてテレビを見せ、時計を指しながら今何時?と質問し、脳に刺激を与えてきたつもりでした。

 

それでも、急激に認知機能が衰えていく母。

一時的なものなのか、それともこのまま進行してしまうのか・・・?

高齢だから仕方がないのか・・・?

 

何とも言えない寂しさや失望。

いつか自分もそうなるのだろうかという漠然とした不安感にも襲われます。

 

けれど、それらを順次受け容れなくてはならないし、日々を淡々とやり過ごしていくしかない。

そんなふうに、自分自身に言い聞かせながら過ごす毎日なのです。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

2017年1月1日の東京は、とてもよく晴れて暖かく、穏やかな1日でした。

 

このような平和で穏やかな日々が続きますように。

 

自宅近くには大きな神社があるのですが、例年とても多くの参拝客でにぎわいます。

お詣りするまでには1時間以上列を作ることもあるため、私は少し日をずらして行くようにしています。

 

今年1年が皆様にとりまして良い年でありますように。

ご健康とご活躍を心より祈念申しあげます。

 

そして、今年も ヒーリングルーム ローズマリー をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もあと3日。


皆さまにはたいへんお世話になり、ありがとうございました。

 
母が入院中のため、まだ大掃除が完了していません。
お掃除は少しずつ、なんとなくしてきたのでそれほど気にならないのですが、むしろ気にかかるのは、机や引き出しに無造作に積み上げられている 書類の山
 
それと、パソコンのデータの管理とバックアップ
 
明日からはこれらの整理に取り掛からねば。
私の場合、こういったことが雑然としていると、こころの整理も進んでいきません。
 
さて、本日はこれから府中サロンでカウンセリングのご予約をいただいておりまして、これが今年の仕事納めになります。
 
{365D35E2-6238-4F11-B88F-113FE74BE588}
 
来年のカウンセリングは、1月4日からご予約を承っております。
 
心配事や不安を抱えて新年を迎えなければならない方もいらっしゃるかと思います。
 
来年はどんな年になるのか、何が起こるのか。
それは 神のみぞ知る。
誰にもわかりませんよね。
 
今日できること、今できること。
それを積み重ねていくしかないのかな、と思います。

年末年始に不安が大きくなり、
誰かに聞いてほしい!

そんな方はどうぞ メールカウンセリングをご利用くださいね。

メールカウンセリングは年中無休で対応しております。

 
それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。
 
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

来春の娘の結婚式に向けて、私は髪を伸ばしています。

 
先日、ハンドベルの練習時に、隣でベルを振っていたメンバーが突然、
「髪、伸びたわね〜!」と叫びました。
 
その日の朝、私自身も鏡を見ながら、あら、いつの間にこんなに伸びた!
と驚いたばかりでした。
 
髪が伸びたと喜んでばかりもいられません。
この年齢で髪を伸ばすと、たいへんなことが多いですね。
 
ロングヘアーならヘアサロンにそう度々行かなくてもいい
 
・・・というのは若い時の話で、グレーが目立つととても気になるので、カラーリングをサボるわけにはいきません。
 
 
そして、若い頃と違い、悲しいことに今は髪にツヤがない。
だからオイルをつけたりブロー用のヘアケア製品を使ったり。
それなりに気も遣うしお金も使う。
 
さて、ここ何年か、私はお気に入りのヘアサロンが定まらず ヘアサロン難民 となっています。
 
若い頃から私は、お気に入りのヘアサロンが見つかり定着してやれやれ、という頃に何故か引越しがあったり職場が変わったりして、行きたいけど行かれない、という事態になってしまうのです。
 
そして、お気に入りが見つかるまでは何度も何度もお店を変えているのです。
 
   カットは良いけど店内の雰囲気が落ち着かない。
   シャンプーは最高だけどカットがねぇ…。
   あまり話しかけてこないでほしいなぁ。
   カットはうまいけどシャンプーが雑。
 
うるさいお客でごめんなさいね~ショボーン
 
 
でもね、多忙で気持ちに余裕のない生活をしている中、癒しを求め、美を求め(?)。
やっとの思いで時間を作りお金を払って(しかも、最近はどこも料金は決して安くはありません)、自分に投資するわけですから、やはりそれなりの満足感を味わいたいもの。
 
今日お世話になったサロンはここ1年くらい通っているけれど、やはりいつも何かが満たされない。
それは技術的なものもあるけれど、やはりスタイリストさんとの相性でしょうか。
 
ちょっと遠いけれど、2年前まで通っていたサロンに戻ろうか、それともまた新規開拓してみようか・・・。
実を言うと、悩み中なのです。
 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)