アロマ心理カウンセラー Rosemary のブログ

ヒーリングルーム ローズマリー は 女性のためのカウンセリングルーム。
  アロマ心理カウンセラーがあなたのこころとお話をします。
  自分らしく輝く人生のために、心の整理をしてみませんか。


Healing Room ROSEMARY

では、
精油の香りにつつまれたお部屋で
カウンセリングをしています。


身近な人には話せないこと
自分では整理のつかない心の混乱
アロマ心理カウンセラーと一緒に
こころをすっきりさせましょう。

$Healing Room ROSEMARY-rogo




テーマ:

 

{0E4EF394-4BC5-4E10-9F2A-31BB31C12263}

 

 

ある出来事がきっかけとなって、やましたひでこさんの「捨てる勇気!」を読みました。

 

 

 

それは・・・

 

2週間ほど前に仕事の関係で、ある方と少しお話をする機会があったのですが、その1週間後、その方が急逝されたと知りました。

 

なんだかとてもやりきれない気持ちでした。

突然、これまで普通に存在していた人が目の前から消えてしまい、もう姿を現すことはないという現実。

 

明日の事どころか、数秒先のこともわからないということを、またもや思い知らされたのでした。

 

いつ「その時」が来ても良いように、やはり身の回りの整理をしなくては。

断捨離しなくては。

そんな思いでこの本を手に取りました。

 

 

 

その中で、断捨離とはモノだけではなく、ココロも同じなんだと興味のわく一文がありましたのでご紹介します。

 

溜め込み屋さんは過去と未来に生きている

 

 

そう、ほとんどの人が、既に過ぎ去り、変えることのできない過去に執着し、そしてまだ来ぬ未来を憂え、「今」を生きていないのですね。

 

だから捨てられない「モノ」があり、決着できない「ココロ」があるのです。

 

モノを始末するということは、過去を手放すことにもつながります。

 

それを捨てたら、もう2度と手に入らないかもしれない。

だから捨てられない。

 

でも、よくよく考えてみると、モノは再び手に入れることは不可能ではありません。

コストや労力はかかるかもしれませんが。

 

ところがそれがモノではなく「過去の想い」であったらどうでしょうか。

手放そうが執着しようが、どちらにせよ、もう2度と手に入れることはできないのです。

 

自動思考

 

その「過去の想い」に固執しているがために、「今」が苦しかったり悲しかったりするのであれば、思い切って手放してしまったほうが「苦しい今」に決着がつけられるのではないのかしら。

 

それは過去を否定することではなく、過去は過去として自分のココロにけじめをつけるだけのこと。

 

大切なことは「今」を生きることなんですよね。

 

そのためには、変えられない過去を手放すこと。まだ来ぬ未来に憂えることなく今を心地よく過ごすこと、なのですね。

 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

眠れなくなっちゃった、と電話をかけてきたMさん。

 

健康だと思っていたのに病気をしたため、気づかないところで不安感が増してしまったようにも思います。

不安感におそわれると、人は食欲が失せたりまたは逆に食欲が亢進したりします。
そして、入眠までに時間がかかったり、夜中に何度も目が覚めたりする睡眠障害になる場合があります。
ひどい場合には中には昼夜逆転してしまう人も。
質の良い睡眠をとるために、私がMさんにアドバイスしたこととは・・・。



サーカディアンリズムを整える。

人間に元々備えられている体内時計__サーカディアン・リズム(概日リズム)。


これが乱れるとセロトニン(脳内の幸せ物質)が減少し、不安感や憂うつな気持ちが増してしまいます。
質の良い睡眠のためには、このサーカディアンリズムを整えるとよいですね。


規則正しい食事

 

規則正しい食事は毎日のリズムをととのえ、その結果、体調がよくなっていきます。
体調が不安定ですと心も不安定になりますから、食事と食事の間の時間が開きすぎないように、また、食事量が極端に増減しないように心がけましょう。


音楽を聴く

 

好きな音楽を聴くのは良いのですが、激しいリズムの音楽は脳が興奮してしまいますので避けましょう。
ゲームセンターやパチンコ店で賑やかな音楽がかかっているのは、人の脳を興奮状態にさせて、闘争心を煽るためです。


心を落ち着かせるにはゆったりとした静かな音楽を聴きましょう。


眠る前にはパソコンやスマートフォン、携帯電話などの電子機器を触れることは避け、音楽を聴きながらこころを落ち着かせると、心地よい眠りにはいることができます。

 

深呼吸をする

脳が興奮すると、交感神経が優位になり呼吸は浅くなっています。
呼吸を深くすることによって交感神経よりも副交感神経を優位にします。
吐く息を細ーくながーくすると、たくさんの酸素を吸うことができます。

 

アロマテラピー

イライラや不安感を解消してリラックスするためには、アロマテラピー(芳香療法)も有効です。
私は、好きな香りをかぐだけで幸せな気分になります。 

 


デュフューザーで香りを拡散させてもよいですし、ティッシュに1~2滴たらしたものを枕元に置くだけでも良いのです。


また、入浴の際にバスタブに5滴以下の精油を落とし、良くかき混ぜて入ります。
緊張をときほぐして気持ちを解放させ、明るい気分になるとセロトニンの分泌も高まります。

 

 

 

Mさんにも、睡眠のために良いと言われる精油はサイプレスやラベンダーだけれど、何より自分が良い香りと感じたものを使ってね、とアドバイスしました。

 

実際にMさんが選んだ精油はゼラニウムだそうです。


ゼラニウムはローズの代用にも使われる、女性のための精油です。
不安定な気持ちを和らげて、明るく前向きにし、バランスを整えてくれる作用があります。
ですから生理中や更年期の女性にはとても強い味方となる精油なのです。


選んだ精油から、その人の状態が読み取れるというのもアロマテラピーの不思議なところなのですね。

 

前の記事はこちら

 

  読者登録してね

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


休日の早朝に、友人Mさんから電話がありました。
電話からは何やら悲壮感が漂い、この時間まで待ちに待ってかけてきた様子が伺えます。


どうしたの?
何かあったの?


この間の入院以来、たまに痛みが出ちゃって。
でもそれはそれほど辛くないんだけど、夜眠れなくなっちゃって・・・。


そうなんだ。
眠れないのはつらいね。


病院で入眠剤をもらったけど、なるべく薬は飲みたくないんだよね。
昨夜は2時くらいになっても全然眠れなかったから、仕方なく飲んだけど、
2時間くらいするとパっと目が覚めちゃって、そうなるとまた眠れないの。


お薬を飲みたくない気持ちもわかるけど、飲んで睡眠時間を確保する方が心身のためには大切だと思うよ。
毎晩眠れないの?


眠れる時もあるの。
でも、3~4時間するとやっぱりパっと覚めちゃう。


眠っている間は、どんな感じ?
熟睡している感じ?それともなんとなくウトウトしている?


深く眠っていると思う。
でも、7時間は寝ないとダメなんでしょう?


そんなことないと思うよ。
5時間、6時間、ただウトウトしているだけより、1回でも深い眠りができたらその方が良いと思うよ。


そうなの?
睡眠時間として短いんじゃない?


時間の長さより、睡眠の質の方が大事だから、大丈夫よ。

 


こんなやりとりのあと1度電話を切り、その後の電話では、

大丈夫って言われて気持ちが楽になった!
ありがとう!
これからダンナとお出かけしてくるね。
ハーブティやアロマオイルも見てくるね。

と、早朝の悲壮感はなくなって、いつものMさんらしい明るい声に戻っていました。

 

悩む女性


心配事があったり、悲しい出来事があったり、または翌日ワクワクすることが待っていて興奮していたりすると、


眠らなくちゃ!

と思い、そう思えば思うほど眠れなくなる時があります。

 

うつ病などの精神的な病気の時も不眠症になります。

毎晩眠れない、と辛い思いをするよりは、処方薬で睡眠時間を確保する方が心身には良いのですが、できればお薬に頼りたくない、そう思う人は多いと思います。



睡眠時間が確保できていないと日中に突然睡魔が襲って来たり(特に電車で座っている時が危険!)、頭が回らなくて、やらなくてはならないことを忘れたりします。

 

 


そもそも人間には「サーカディアン・リズム(概日リズム)」という体内時計が備わっています。

 

このおかけで私たちは通常、一定の時刻がくると自然に眠たくなり、そして一定時間眠ると自然に目が覚めるという「睡眠―覚醒」のサイクルをもっています。


これが狂ってしまうと昼夜逆転し、身体と脳がバラバラでコントロール不能のような感じになってしまいます。

 

 

サーカディアン・リズムが乱れると、脳内の幸せ物質であるセロトニンが減少して不安や憂鬱な気持ちが増すために、食欲を刺激して過食することにもつながります。

 

このサーカディアン・リズムの整え方はまた次回に。

 

読者登録してね

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

自己主張とは、自分の考えや欲求、意見を他人に伝えることをいいます。
日本人はこの自己主張が苦手な人が多いと言われていますね。
一方で、自己主張なんてしない方が人間関係がうまくいくのに、と思っている人もいます。

 

人の意見に合わせたり、相手を立て、同調するほうが波風を立てずに済む

というわけですね。

 

たしかに、あまりに自己主張が強い人は「目立ちたがり屋」とか「わがまま」「一方的」とマイナスなイメージを抱かせることも少なくありません。

 

 

その反面、自己主張ができないばかりに、

  自分の意思に反したことに従わざるを得ない

  本当はこんなはずではなかった

・・・と心の中に不満をためるばかりでそのことを口にも出せず、ますます不満がつのり、

ついに爆発・・・!!

なんてことも。

 

爆発する前になぜ言ってくれなかったの?ということになるのですが、当の本人にしてみたら、「はじめから言えたらこんな苦労はしない。」というわけです。

 

ところが、この自己主張自己表現という言葉に置き換えると、ちょっと違ってきます。

 

自己表現とは

自分の内にある感情、思考などを、形のあるものにして外に表現すること。

それは言葉であったり芸術作品であったりもします。

 

自分を大切に

より良い人間関係を築くためには自己主張をするのではなく、自分自身も相手のことも大切にする「アサーション」という自己表現法を身につけるとよいでしょう。

 

この自己表現法(アサーション)には3つのタイプがあります。

 

攻撃的自己表現(アグレッシブな自己表現)

これは、相手のことを配慮しない自己表現法で、先ほどの「自己主張」と同じような感覚です。

 

何かを失敗をしたこどもに対して親が理由も聞かずに頭ごなしに叱ったりするような態度ですね。
相手を支配したり、自分が優位に立とうとする態度でもあります。

 

非主張的自己表現(ノン・アサーティブな自己表現)

相手を立てて自分を大切にしない自己表現です。

 

一見、相手に配慮しているため良さそうな表現法にみえますが、相手に対して率直ではありませんし、何より自分に対して正直ではありません。

言いたいことを我慢して心の中で不平を言うような態度です。

徐々に不満(ストレス)が溜まり、ある日とつぜん爆発!ということになりかねません。

 

アサーティブな自己表現

自分自身も相手をも大切にした自己表現です。

 

笑顔

 

そのためには人の話をきちんと聴き、その上で自分の考えを伝える必要がありますし、その「伝え方」もとても大切です。

 

これまで「ノー」と言えずに自分を抑えてきた人は、アサーション・トレーニングを受けてアサーティブな自己表現法を学ぶと、新しい気づきを得て、生きやすい自分に出会えるかもしれません。

 

 

読者登録してね

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昔、同じ職場にいたMさん。

難関と言われる国家資格を取得しました。
 
この結果に、職場の人たちはたいへん驚いたのです。
 おとなしくて目立たない。
 仕事がデキる人なのかどうかもよくわからない。
 …というより、デキる人だと思っている人は誰もいない。
 
業務上のコンタクトを取っても、いつも少し的外れなリアクション。
上司からはいつも同じ事で注意をされ、同じ誤りをしても涼しい顔。
馬耳東風なんですね。
 
彼の後に処理をする担当者には、
  「速やかに処理してください。」
とだけ言い残してファイルを渡して行く。
 
何年も一緒に仕事をしていると、
  「彼はそういう人」
というプロファイルができあがるので、思う所はあっても、みな黙って仕事を引き受けていました。
 
 
さて、コミュニケーション能力とは、どうやって身につくかと言いますと、やはり幼少期からの環境が大きく関わります。
 
養育者や周囲の人からの影響を受けながら、その能力は培われていきます。
 
でも、大人になってからでもこの能力を伸ばすことは可能なんです。
 
コミュニケーションも技術のひとつですから、練習してスキルアップすれば良いのですね。
 
ただ、その前に大事なことは…
 
自分のコミュニケーション能力を向上させたいとか、した方が良い、という事に本人が気付いて取り組む事なんですよね。
 
何も完璧な、誰もが賞賛するようなレベルでなくても良いですが、
例えば上記の例で言えば、
 
  お忙しいところ申し訳ないのですが、○○日の△△時ごろまでに処理していただけると助かります。
  もし、調整がつかなければご相談ください。
 
…のように相手への気配りや、具体的な期限を伝える、というだけでも印象が変わりますよね。
 
そして、終わったら感謝の気持ちを伝えるという事も忘れてはなりません。
 
Mさんは難関試験を突破したのですから、次はコミュニケーションスキルにも取り組めたら、職場での立ち位置が変わり、もっと仕事がしやすくなるのになあ、と。
 
コミュニケーションスキルをアップして、お互いにより良い対人関係を作り上げていく事の大切さを改めて感じています。
 

 

読者登録してね

 

 

 

女性のための
アロマ心理カウンセリングルーム
ヒーリングルーム ローズマリー
あなたの心の整理をおてつだい
HPはこちら

いいね!した人  |  リブログ(0)