解散について

テーマ:

かずなです。



解散について皆さまにご報告してから、


まいこさんが泣けるブログを更新してから、


ずいぶん時間がたってしまいました。


すみません。



今改めて、頭の中で色々整理して、


解散について、法薬女子大学について、


書かせて頂きます。




今回解散と言う結論に至ったのは、結婚出産という色っぽい理由ではなく、


自分達の中で、芸人としての未来が描けなくなったから、です。


結成した当初、事務所に入った当初、


自分達は絶対売れると信じて疑わなかったし、


自分達のネタに自信があったし、

何より2人でお笑いをやる事が楽しくて仕方なかったです。



でも、その思いに陰りが出て来ました。



昨年あたりから、お互い何かしら今後について考えながら


「相方は、今後の活動について悩み始めている!」とお互い感じながら、


活動してきました。



そんな中でも、応援して下さった皆様すみません、そしてありがとうございました。



そして、この3月どちらかともなく解散という結論に至りました。


解散を決めた時、不思議と涙もなく、笑顔で今後の話をしました。



まいこさんは、もうこの世界から引退するとの事でした。


「7年間やってきて、今更なんだけど、私は表に出るより、


ライブの手伝いやったり、裏方の仕事の方があってるような気がする」


と言ったのにはぶったまげました。


ホンマに「もっとはよ気付けよ!」ってなもんです。


でも、それがまいこさんです。


最後の最後まで天然でデッカイ発言をしてくれました笑。



私は、24時間365日ずっと笑いの事を考えているような人間でした。


売れる為には、恋愛等私生活を犠牲にしてもいいと思う様な人間でした。


だから、同じような事を相方に強いるような所があり、


まいこさんは正直すごく大変だったと思います。


口に出さずとも、


「私がこんなに必死にやっているんやから、


あんたもこれぐらい全てを犠牲にしてやれ」


という無言のプレッシャーを常に掛けていた様な気がします。


そのくせ、自分に甘く人に厳しい面倒くさい私。


そんな私とコンビを7年間もやってくれた相方に感謝です。


コンビを解散し、

私は、今後芸人としてやっていくという事も考えましたが、


法薬女子大学として以外のお笑いの形は考えられないので、


芸人を引退する事にしました。


そして、実は芸人と同じぐらい憧れの職業であった放送作家になる事に決めました。



二人で芸人をはじめました。


一から二人ではじめました。


二人とも出会っていなかったら、芸人にはなっていなかったかもしれません。


二人だから、はじめられたんだと思います。


二人だからここまで続けられたんだと思います。


二人で売れたかった。


二人で売れる未来が描けないなら、芸人を辞めよう。


それが結論です。



笑いに対する思いはそんなもんか!


お前らの仲良しごっこにつきあってられるか!


と今迄応援して下さった方は思うかもしれません。


理解してくれとは言いません。


でもそれが我々コンビの形です。



今まで応援してくださったみなさま、


支えてくださったみなさま、


皆様のおかげで今まで活動を続けられることができました。



本当にありがとうございました。



多くの方々のおかげでここまでこれたことを感謝し


今後二人はそれぞれの道で頑張っていきます。



あたたかく見守って頂ければ幸いです。



本当に今までありがとうございました。



法薬女大学 古川かずな































AD

感謝

テーマ:
どうも、まいこです。

先日ご報告させていただいた通り、
2007年にコンビを結成して以来、
7年間活動してきた法薬女子大学の活動に終止符を打つ事を決めました。
お互いの将来を見据えた上での結論です。


私は芸人を引退し、普通の薬剤師に戻ります。
薬剤師としてしっかり勉強し直し、出直したいと思います。


この7年間本当に色々な経験をすることができました。

夜通し漫才の稽古をしたり、
蓮舫になったり、
法律と薬のショートコントを作ったり
夢中で、楽しくて、怖いものなしに突っ走ってきました。

最近では薬剤師会のイベントに
参加させていただくことも多くなり
とても充実した時間を送ることができました。

しかし、徐々に自分の心と現実とのギャップに
耐えられなくなってきている自分がいました。
中途半端な自分に嫌気を感じるようになってしまって。

この1年は、特に色々考えました。


お笑いをやりたくて、薬剤師の資格をとって
家族に内緒で飛び込んだこの世界。

家族はじめ、周りの方々に助けられ、
たくさん応援してもらって、ここまでやってこれました。

芸人の先輩方、事務所の方々、現場でお世話になったスタッフの方々
たくさんの支えがあったからこそ、ここまでやってこれました。

そして何より、相方が古川かずなさんだったからこそ、
7年間も頑張る事ができました。

私は、何も出来ない人間です。
わがままばかり、迷惑ばかりかける人間です。
数えきれない程、彼女を悩ませ、困らせてきました。

かずなさんは、すごい人間です。
物の見方や考え方が鋭く、スマートで研究熱心。
決して妥協はしない。
こんな人に出会った事はありません。
今後も、出会えないと思います。

彼女が大きな心で見守ってくれたからこそ
ここまで芸人を続ける事が出来ました。

これ以上の相方はいないです。
素晴らしい人間です。
最後の最後まで、感心させられ、笑わせてもらいました。


彼女の目指す道を、心から応援しています。
必ずや、活躍してくれると信じています。
っていうか、すでに見えた!!



今まで法薬女子大学を応援して下さったみなさん。
本当に、本当にありがとうございました!!



法薬女子大学
中村まいこ



AD

ご報告

テーマ:

皆様にご報告があります。


我々、法薬女子大学はこのたび解散する事となりました。


2007年コンビ結成以来、多くの方々に応援支援ご協力をして頂き


ありがとうございました。


今後は、二人とも芸人を引退します。


本当に今までありがとうございました。


法薬女子大学 古川かずな

中村まいこ



追伸:7年間の思いは勿論この6行におさまるはずもなく、それぞれの思いを整理した上で

またこのブログにてご挨拶させて頂きます。

AD