サカモトリュウ~今夜は泡風呂ぐ~

クズ男の哀愁と綻びを織り交ぜた
スパイシーなブログ。


テーマ:


どうも、ニンジンが大嫌い
サカモトリュウです!!



6/14に行われた
クリープハイプ×KANA-BOONの
ツーマンを見てきました!


クリープハイプと
KANA-BOONの長尺ライブが
見れるなんて、
僕にとったら寿司と焼肉が
同時に食べれるような夢のような
感覚なんです。ええ。


にしても
KANA-BOON先輩のライブは
いつぶりだろう。

思い出せない。。

思い出せないくらい、ここ数年
僕も必死やったんやな。



(とでも言ったらかっこいいかな?)



ハウアンが何かと節目に当たる時に
(全国流通とか、最近だと活動休止の事とか)
こまめに近況報告したりしてました。


久しぶりにゆっくり会って話せました。
倉坂さんも含めて3人で。


途中、サカモトリュウがただの
KANA-BOONのファンと化して
『新曲めちゃいいですね!』とか
『もうあの曲しないんですか?』とか
質問攻めしてしまいました。
30個くらい質問したと思う。
いっけねー。


ウザそうでした。鮪君。許して。



相変わらず僕の中では
1番カッコよくて1番輝いてる先輩。


昔、もうすぐKANA-BOONが上京するって頃、
しばらく最後やなぁって事で
みんなで集まってワイワイした。
2013年の春頃?かな。

人生ゲームをして、鮪君は最後の方までボロ負けしてたんやけど、もう修復不可能なくらいボロ負けしてたんやけど、笑
最後のお宝カードみたいなやつで
一発逆転して1位であがったのを覚えてる。


やっぱ、この人スゲェって思ったよ。
これがメジャーバンドかああ!って。




気づけばKANA-BOONとは
もう10年以上のお付き合い。


あれだけお世話になって、
応援もしてくれて、
ラジオにも出させてもらって、
活動休止。
なにしてんだかなー。


でも鮪君は、リュウ君が音楽続けるなら
それで良いと思うよ!的な、
前向きな言葉をかけてくれて
気持ちが引き締まった。


頑張ろう、と思った。



ここでやっと本題ですが笑
プロのライブというやつを
目に焼き付けて己を奮い立たせるため、
なんばHatchへ!




結晶星が胸に響いたな。
まるで俺のためだけに歌ってくれてるような気がした。
おこがましいけども。


未来をどうにか変えていこう、
強く思った。


ハウアンでバンド人生を注いだ
5年間は決して無駄ではない。
と思いたい。
色んな経験をした。
それが結果として結晶になればいい。


待ってろ!!音楽シーン!!




ってか、鮪君歌上手いなぁ。。笑



クリープハイプは、やっぱり
尾崎さんのカリスマ性みたいものが
どんどん増していってる気がした。


数年前のオリックス劇場であった
ワンマンを見た時よりも
色気みたいなものが確実に
増してたよな。


なんですかね、あの色気。
色気が増すサプリとか飲んでるんかな。


売ってたら俺も買お。





終わってから楽屋へ挨拶させて頂きましたー!!!

{E420A84F-9592-4061-9B89-3F8014C0F91D}

じゃーーーーーん!!
KANA-BOONと写真撮るなんて、
何年ぶりだろう。


見てください。
KANA-BOONの4人方。
すごく小さいんですよ。


(ごめんなさい)


これ特別俺がデカイって訳じゃないですよ。
176cmですからね。俺。



鮪君と俺の身長差、
カップルなら最高ですよね。



ステージではあんなに大きく
輝いてみえるもんだから、
やっぱスゲェや。KANA-BOON。


俺はKANA-BOONが大好きです。




まとめると、
プロのライブを見て、
やっぱりカッコ良いなと思った。


俺も売れたい!と思った。


24ですよ、俺。
秋には25です。
そんでバンドが一旦休止して、
1からです。今。


仮に100人の大人に聞かせたら
70人くらいが、もう諦めて
違う道も視野にいれたら?的な
素敵なアドバイスをくれると思います。

素敵ですね、ありがとうございます。
結婚してください。




まぁね、そんな70人が黙るくらいの
曲を書きますから。


売れたいという気持ちを
提示していかないといけない。

例えば平日の
スッカスカのライブハウスでも、
売れたい!ってちゃんと
言えるバンドが俺は好き。


もちろん、売れたいだけじゃ
どうもならんけどね。
行動と曲も伴ってないとね。





あ、こんな文章書いてるけど
まだ最後にハウアンの
ライブ残ってるよ。笑


6/26 南堀江knave


しっかりお客さんの顔見て歌おう。
待ってます。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


楽曲解説なるものをしようと
思います。


以前にメッセージ性がどうたらってゆう
記事を書きました。
書いたからには
きちんと曲に込めたメッセージを
責任持って書く必要があるなぁと
思いましたので、書きます。



なにぶんバンドが
活動休止してしまうもんで、
今更感がありますが
最後だからこそ、種明かし!みたいな
感覚ですかね。


活動休止についてのあれこれは、
また近日書こうかなと思ってます。



ではまず、1月にリリースした
初の全国流通盤ミニアルバム
HOWLING BEAT BOXから。



・ONEGAI STEP(オネガイステップ)


これ、そのまま読んだら
ワンガイステップになりますよね〜わかります。僕も自分の曲じゃなかったら
ワンガイと読みますね。あちゃー。

いや、タイトルを付けた当初は
いけるっしょ!と思ってたんです。
だっていきなり

おねがい〜♫ってメロディが始まるからね!

それでも尚ワンガイと読む人は
恐らく居ないだろう!!そう思ってました。

でもその読みが甘くて(うまい)
ワンガイ報告が何件か見受けられました。ごめん!


曲は、サビメロが好きです。

歌詞はどうしようもない感じですね。
歌詞以上の意味は特にありません。笑

『お願い今夜だけは君の顔見て眠りたいな』

この刹那的な感情を永遠に歌う感じが好きなんです。どうしても。
曲中に成長したくないんです。
最初のAメロから最後のサビまで、
お前、なんも変わっとらんやんけ!!
と、そんな歌が好きです。

カラオケにも入ってるよ!


・エコー


それは一体どこにあるんだ?
と冒頭から暗中模索のように
主人公(俺)が投げかける『それ』は
ズバリ『栄光』の事です。

エコーと栄光をかけてますね。
かけているというか、
栄光なんてドストレートな単語を
タイトルにしたくない
ひねくれタイプなので、
暗喩としてエコーというワードを拝借しました。

でもサビのイェイイェイイェー!という
連呼がエコーのように聞こなくもなくない?よくなくなくなくない?



・ツイスター


体感としてはライブで500回くらいやった感じの曲ですね。
もう解説する事は何もない、とゆう勢いですが大好きな曲ですよ。

サビが来て、もう一回違うメロディの
サビが来るって嬉しくないですか?


コース料理でてっきりもう終わりだと
思ったら最後にゴマ団子が来た喜びと
同じです。ちょうど同じです。



・誰かのせいにしたい


ふと思ったんですが楽曲解説て
前にもしたことある?笑
ある.....な。笑

まぁいっか!
この曲は構成が珍しい曲です。

Aメロ
Bメロ
サビ
Aメロ
サビ
Cメロ

で終わり!というね。
変な曲。
Cメロで終わる曲。



・三月のボーイミーツガール



これはお客さんのみならず
業界関係者からの評判も良い曲。


なにかと四つ打ちと呼ばれるビートを
多用する僕たちですが
この曲は王道エイトビートですね。


歌詞はね、頑張って学生の頃を思い出しながら書きました。

小中高と、
僕はすべて楽しかった記憶がある。
楽しかったからこそ、三月は苦手でした。
寂しいもん。


でもうどうせまた、
夏頃には楽しくなるんだろうなっていう
儚くもどこか楽観的で、そしてやっぱり切ない、十代の春というめんどくせーやつを
一貫してメロディに出せたかな、と思います。

それだけが僕のボーイミーツガール!




・メイビーメイビー


アルバムのラストを飾るに相応しい
切なポップナンバー!

あのー、単刀直入に言うと
この曲が一番お気に入りです。
もちろん、我が子はどれも可愛いのですが

いきなり『ところで』から始まる歌詞って、ハッとさせられませんか?

日常会話でも
ところでさ、って言われたら
なぜか身構えちゃいますよね。


これ、仮にベイビーベイビーだったら
なんというかもう、出尽くしてる訳じゃないですか。
ベイビーベイビーておい、みたいなね。
どれだけのアーティストが
歌ってきたんやと。


メイビー maybe 
和訳→多分

という近い単語を使うことによって
王道を避けるというか、
自分にとっての恥ずかしさを上手く
昇華出来た時はガッツポーズですね。


つまりこれは、

恋しくはないのさ!
(多分多分多分)

という具合に、
必死に自分に言い聞かせている
お得意の未練タラタラソングです。




HOWLING BEAT BOX以前の
楽曲についても近々書きますね。では。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


どうも。

サカモトリュウです。

オフだったので予定も立てず
親の仇のように寝てしまってね。
もう、健全な方との生活リズムの
差異がえらいことになってるんですよ。

8.5ゲーム差くらいあります。

追いつくにはかなりの気合が必要です。

早急に助っ人外国人を!


ただ、無理やりこの状況を
ポジティブに捉えるとするならば、
夜中はブログがすいすい書ける。
という事ですね。

1人で色々と考えるんですよ。
宇宙はどうなってるんだろう?とか
死んだ後はどうなるんだ?とかね。
ベタやなオイ。

でもどうせならその思考を
文字にして皆さんと共有出来るなら
効率がいいのでは?と思いますね。




今日は何の話をしましょう。

本屋とか行ったら
『嫌われる勇気』や
『良い人をやめる』系の自己啓発書が
割と平積みされていたりしませんか?


結構売れるんですね。
ああゆうタイプの本。



読んでもない癖に
あーだこーだ言うのは自分的にも
好ましくないのですが、
本の『内容』じゃなくて、
『そーゆー本が売れているという事実』に
対して少しばかり思う事があるんです。



あのー、【本当の事】を言ったら
基本的にダメじゃないですか。
特に日本。


『つまらない物ですが』って言って
手土産を渡す文化ですよ。

つまらんと思わなかったから
渡すんですよ。バカか!



でも、それでよくない?っていう話。


同僚の新しい髪型が似合ってなくても
良い感じっすねぇ!って言うし、
全然遊びたい気分じゃないのに、
誘いを断ったらもう誘われない気がして
結局遊びに参加したり、
友達のバンドのライブが良くなかったとしても良かった!って言ってしまう時がある。

本当の事を言うのって実は
めちゃくちゃ難易度高いんですよね。



で、これが何かしらのストレスに
なって自分の人生の中でネックに
なっているから、嫌われてもいいから
本当の事を言いたいとか、
良い人をやめようという
回路に辿り着くと思うんです。


いや、分かる。分かるよ。
分かるけどさ。


実際いてるもんなぁ。
本当の事を言うタイプの人で
嫌われてるやつ。

30人に1人くらいの割合で
バッサバッサ自分が思った事を
言う人っているじゃないですか。

臆する事なく何事も
バッサリ言う派ですけど?
みたいな。
まぁ、悲しいかな大体そうゆう人って
嫌われるんですよ。やっぱり。




でも、たまーーーにね、
嫌われることなく
それが自分の芸になっていて
許される人がいるんです。

芸能人で言ったら
有吉とマツコデラックスですね。


いわゆる毒舌?といつやつか。
毒舌って、毒でもなんでもない。
ズバリ【本当の事】でしょ。


本当の事を言っても『許される人』
っているんですよ。
でもそれってかなりの才能がいる。
主にワード選びの。

本当の事を言ってたとしても、
相手の傷付きを最小限に抑えられて
さらに笑いに変えれる人。

これはムズイよ。

これを真似してるつもりで
でも出来ていなくて(本人無自覚)
案の定嫌われている人いないですか?



だからそんな人が
増えて欲しく無いんですよ僕は。

なんかこう、
【嫌われる勇気運動】
【言いたい事を言え運動】が
これ以上拡大して欲しくないんですよ。


Twitterでも最近よく
見るんすよねぇー。
こうゆう促進運動。

浅はかだなぁーと思う。


みんながみんな
そうなったら僕は
外に出たくなくなってしまうよ。

髪を切るのでさえビクビクするし、
こっちから遊びの誘いとか出来なくなるかも。

まぁ、本人が本当に嫌われる勇気を持ってその通りに嫌われて
それで平気なら良いんですけど、

人って根源的に嫌われる勇気なんて
持ち合わせていないと思う。




PS


こんなブログを書いてしまったら
僕が会話の中で
何かに対して良い!と言っても
こいつ嫌われたくないから
無理やり言ってるんやな、って
思われるかも知れませんが
ほとんどの割合で純真な
気持ちで『良い』と言っています。笑

悪しからず!






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。