• 24 Jul
    • 東京・五反田 デビルクラフト

      ひと月半ぶりの現場訪問は、デビルクラフト五反田店 神田店は2回ほど行ったことがありますが、五反田店は初めて。   醸造所は品川区内の別の場所にあるのであまり現場感はありませんでしたが ビルの9階にあって、窓が大きく開放感のある店内。 15時オープンの5分後に着いたら、すでに何組ものお客さんがいました。   デビルクラフトのオリジナルは8種類。 メニュー順にまずは4種類。 右から、エアルームアンバー、エンジェルクラッシュ(ブロンドIPA)、ロポモフォロブストポーター、 クリスピーデビルJPA(ジャパニーズペールエール) どれもそのスタイルの味がしっかりして、さすが美味しい。     デビルクラフトの名物料理と言えば、シカゴピザ。 具沢山で美味しいけど、2人ではスモールサイズでも大きすぎる~         残りの5種類、右から ザ・デビルインジョンズブラウン(アメリカンブラウンエール)、ウェストフォール(セッションエール)、 レッドリベンジ(レッドIPA)、ペールフェイスデビル(アメリカンペールエール)   結構酔っぱらってきたので、時間掛けてゆるゆると飲みきりました。 ほんとそれぞれ味がしっかりしているので、飲み飽きるということがないですね。 次回はバッファローウィングとか他の料理も食べてみたいです。            

      テーマ:
  • 07 Jun
    • 東京・新宿 VECTOR BEER FACTORY

      東京の現場巡り、最後の3軒目は 新宿御苑前駅から歩いて数分のところにある VECTOR BEER FACTORY 昨年4月に醸造を開始したブルーパブです。   店内にある醸造所、新宿ビアブルーイングのビールは3種類つながっていました。 ローラルセッション、メーデー、ベクターペールエール         お通しのパンプキンポタージュと、ペペロナータ       鴨スモークと、シャルキトリー(肉前菜)盛り合わせ。 盛り合わせを最初から頼めばよかったです。  サラミとかハムとかいろいろな種類がのっていて食べ出がありました。       店内に入ってすぐのところに醸造所がありました。 タップは工具のハンドルでお洒落。       半地下のあるビルの1階でした。 窓が大きいので昼飲みによさそう・・・だけど、17時オープン。              

      テーマ:
  • 02 Jun
    • 東京駅 barBar 東京

      都内の現場巡り、2軒目に行く予定だったお店の最寄り駅に着いたところで確認の電話をしたら、 貸切営業とのこと・・・ で、急遽、東京駅に向かいました。 東京駅地下街の黒塀横町にある barBar東京 相当久しぶりの訪問です。1人ででしか行ったことなかったな。 今年1月にオリジナルビールの醸造を開始してからは、もちろん初。   オリジナルエールと、自然栽培みかんエールの2種類ありました。 醸造所である暁ブルワリーは世田谷区経堂にあるそうです。 オリジナルエールは常設っぽいですね。  みかんエール、しっかりみかんで爽やかで美味しかったです。   つまみに、いぶりがっこクリームチーズ。       さくっと飲みに最適なお店ですね。           

      テーマ:
  • 31 May
    • 東京・銀座 BREWIN'BAR MONDE -主水-

      先週末は、都内の現場巡り。   1軒目は、銀座にある BREWIN'BAR MONDE -主水- もともと老舗のバーだったのが、昨年末ブリューパブにリニューアルしたというお店です。   こちらで醸造されているオリジナルビールは5種類つながっていました。 左から、オートミールスタウト、シュバルツヴァイス(メニューと違います)、ベルジャンホワイト、ライエール、 アイリッシュレッドエール   ライエールは「かなりクセがあります」と言われた通り、スモーキーなような独特のライの香りが強く、 好みではないけどここまでクセが強いのは面白い、と思わされるビールでした。 一番好みだったのは、深いコクのあるアイリッシュレッドエール。   シュバルツヴァイスはまだ若い?らしく、あとにつながれたIPAを試飲させてくれました。 全体にクラシックなスタイルのビール作りをされているそうで、IPAもどっしり苦い感じでした。       タコとアボカドのサラダと、子羊のラザニア。 美味。       店内はさすがに落ち着いた雰囲気。 こういう現場は初めてかも?       お店の奥のパーティルームを醸造所に改装したのだそうです。 『銀座』という文字が輝いて見えた(笑)   ビルの地下1階にあって、一瞬ちょっと入りにくい・・・と思うけど、お店の方が気さくにいろいろ 話してくださって、楽しかったです。              

      テーマ:
  • 14 May
    • 埼玉・小川町 麦雑穀工房マイクロブルワリー (23回目)

      ちょっと前になりますが、GW後半に 雑穀さん に行ってきました。   最初は、ベリーマッチ(Berry Much) と ヴァンダンジュ(Vendange) ベリーの酸味が爽やかなベリーマッチ、ブドウの香りが良いヴァンダンジュ。 雑穀さんのフルーツ使ったビールは、やっぱり美味しくて好きです。   ザルチック2016は残念ながら打ち抜かれていたので、この日は5種類。 必ず頼む野菜プレート。       どんぐりスタウトと 彩(いろどり)セゾン どんぐりスタウトは香ばしいコク、彩セゾンはいろいろな雑穀が使われていて色んな複雑な味がしました。 おつまみにピクルス       定番の雑穀ヴァイツエンと、ビアシュタイゲン       彩セゾンをお代わりして終了。   常連さんが多く来店していてずっとほぼ満席で賑やかでした。 また次回、定番も新しいビールも楽しみにしています。          

      テーマ:
  • 19 Apr
    • 東京・青梅 呑み歩き

      先週末、青梅線沢井駅近くにある 小澤酒造 の 澤乃井園 へ。 多摩川のほとりにある庭園の『天国酒場(by パリッコさん)』です。           まずは、さわびー。 昼間から澤井あたりで飲むビール、の略。 中身は西国立ビールのアンバーエールとクリームエール。       天気がよく、日差しが暑いくらいだったけど、熱燗で。  山桜の一種らしい桜が綺麗に咲いていました。 いやー、気持ちがいいです。         お腹も満たされたところで、庭園に隣接する建物の中にあるきき酒処に移動。 以前来たときに持って帰ったお猪口を持参したので、最初から100円引き。       13番のさわねと、14番の朝がけの酒、それから1番の凰(こう)と、2番の芳醸参拾伍 それぞれどっちがどっちだか、すぐに分からなくなりました(笑)           +++++++++++++++       続いて、小澤酒造の並びにある 福島屋酒店 へ。 東京の最西端の角打ちです。       店内の一角に立ち呑みスペースがあります。       ずらりと並ぶ澤乃井。 おつまみも乾き物や缶詰などもそろっています。 店主がとても気さくな方で、お店の歴史などいろいろお話ししてくださいました。 澤乃井園は17時には閉まるので、そのあと飲みにくるお客さんが多いのだそうです。       店主おすすめの季節限定の辛口にごり酒。 ん~、美味しい! 電子レンジも置かれていたので、熱燗にすることもできるのですね。 申し訳ないくらい安く飲めてしまいました。           +++++++++++++++       青梅駅まで戻り、駅から歩いてすぐの居酒屋 おきな 青梅で100年以上続くお店です。 立川にあるbar i.oのマスターつながりで知り合った女性がこちらの娘さんということで知りました。 昨年10月以来、2回目の訪問です。 今回はちょうどその女性がお店にいて、うれしい偶然♪   ウーロンハイと、のらぼう菜のおひたし。       ノビル、ウド、クレソンのおひたし。 澤乃井を熱燗で。       ボリュームある串焼き、山菜いろいろを天ぷらで。 前回もそうだったのですが、地のもののお料理をいろいろ出してくれて、それが美味しいんですよ~       前回もいた常連のおとうさんとお話ししたり、楽しかったです。                  

      テーマ:
  • 14 Apr
    • 神奈川・久地 Brimmer Beer Station + 大衆酒場「美好」

      十日市場から続いて向かったのは、Brimmer Brewing の直営店 Brimmer Beer Station南武線久地駅の改札を出て、道路を挟んだすぐ目の前のビルの2階にありました。(2015年まで青山にあった直営店 Brimmer Beer Box は2013年5月に訪問) つながっていたビールは5種類。定番のゴールデンエール、ペールエール、ポーター、限定のソービンウィートとレッドエールソービンはホップの名前だそう。ブリマーさんのビールは普段ビアバーでも飲む機会がありますが、それよりももっとフレッシュで、どれも美味しかったです。 つまみにタンドリーチキン。 結構辛くて美味しくてビールがすすむ。    チーズ盛り合わせと、お代わりはペールエールとゴールデンエール。    スタッフの方と、ビールのことだけじゃなくいろいろお話しできて楽しかったです。  工場が歩いて10分もかからないところにあると教えて頂いたので、行ってみることに。さすが、かなり大きそうな工場です。瓶が買えたので、ペールエールとゴールデンエールをその場でいただきました。ちょうど工場から出てきた醸造長のスコット・ブリマーさんのお顔を拝見しました。      +++++++++++++++  続いて線路の反対側まで歩き、大衆酒場の 美好 へ。昭和48年に今の場所に移転(その前はいつからやっているのか不明)したそうで、外観も中も落ち着く雰囲気。    ウーロンハイとお通し。 名物の煮込みはトマト入り。 トマトの甘みと酸味で洋風な感じもして美味。    ちょっと緊張していましたが、店主のおとうさんが「類さんはそこに座ったんですよ」ととても気さくに話してくれました。番組で気になっていたラビオリ素揚げ。 サクサクで塩気がいいですね。串はイカのくちばし。コリッコリ。    熱燗に変えて、寒サバ塩焼き。かなり年季の入った焼き機で焼かれ、脂がのっていて美味しかったです。   長く続いている酒場はそれだけの理由があるわけで、やっぱりいいですね。 こちらのお店で終了。       

      テーマ:
  • 12 Apr
    • 神奈川・十日市場 TDM 1874 Brewery

      先週末はちょこっと足をのばして2軒の現場に行ってきました。 1軒目は TDM 1874 Brewery 創業明治7年の酒屋さんで、今年2月に醸造を開始した現場です。TDM はTen Days Market なのだそうで。なるほど(笑)つながっていたのは4種類。浜梨ゴーゼ、ペールエール、IPA、ブラウンポーターペールエールやiPAは苦すぎず、ポーターは少しゆるめだけど、それぞれ味がしっかりしていて美味しい~特に気に入ったのは、浜梨ゴーゼ。 地元産の浜梨というナシが使われていて、あとから香りがほんのり。ブルワーさんがいらして、話しかけてくれました。イギリス産の大麦を使っているのがこだわりなのだとか。お忙しそうだったけど、少しでもお話しできてうれしい。 お店を入って左に醸造所とパブスペース、右は日本酒、ワインなどなど美味しそうなお酒がずらっと並んでいました。 ビールもあまり見ない所の瓶が置いてありました。    左手のガラス越しに醸造タンク。 ブリティッシュビターも定番なのかな。 今度飲んでみたい。    地元野菜のグリルと、ガーリックシュリンプ    スーパードライは、モコモコ固い泡のY式とトロトロクリーミーのS式、注ぎ方が2種類ありました。久しぶりにこうやって飲むと美味しいわ。 ソーセージのスライスをつまみに。    近所の方がうらやましい現場であり酒屋さんでした。      2軒目につづく。        

      テーマ:
  • 07 Apr
    • 京都 京都醸造

      関西ビール旅、最終日の3日目。   大阪で飲んで、京都に移動。 13時前に 京都醸造 に到着。 約2年前に醸造を開始したこちらのビールは都内でも飲めるお店が多くあり、 いつも美味しいなぁと思っていたので、行くのが楽しみだった現場です。   限定の、素朴な一時(セッションIPA)と、週休6日(ベルジャン・セッション・ペールエール)   最初外で飲んでいたけど肌寒くなってきたので、工場内の試飲スペースに入る。               ガラス越しに見える醸造所はかなり大きかったです。   定番のなごり雪(ウィートエール)と、限定の深雪(ストロング・ウィートエール) 定番の一期一会(セゾン)と、夜の帳(インペリアルスタウト)       途中でつながったうしとらとのコラボビール 栃木の秘技(グリセット)       続々とお客さんが来ていて、さすが人気のブルワリーですね。 どれも美味しかったです。       +++++++++++++++     最後の1軒は、京都駅から歩いてすぐの 天空の立ち呑み とさか ビルの4階にあり、窓から路地裏の街並みが見下ろせて、なるほど天空。       激安ではないけれど、立ち呑みっぽくないお洒落な料理がリーズナブルに食べられました。 オムレツと、料理名忘れたけど魚も美味しかった。     ばくだんと金魚 「ばくだん」とは、赤玉ポートワインを炭酸で割った京都のご当地カクテルなのですね。         2017春の関西ビール旅、これで終わり。              

      テーマ:
  • 04 Apr
    • 大阪 呑み歩き 【2~3日目】

      関西ビール旅、2日目。   朝食をかねて、朝9時に動物園前駅近くのホテルから歩いて向かったのは いわたや食堂 さほど広くない店内はほぼ満席。 そしてみなさん当然のように飲んでいる。     ちょっと緊張したけど、お店のおかあさんが優しくて、ほっ。 名物のマグロのすきみ。 結構な量で270円。          しばらくすると、台湾人観光客の20代っぽい女の子2人が来店。 こういうシブいお店も海外で紹介されているのですね。 相席のおじさまが英語で会話していました。 グローバル。   ネギ入り玉子焼きと、豚汁。 お腹が温まったところで次へ。         +++++++++++++++     明石→三ノ宮→大阪に戻って土佐堀から動物園前に戻り、立ち呑みの 足立酒店   ドラマ半沢直樹に出てきたお店なのですね。  壁一面にお酒や阪神のポスターが貼られていて、それがいい雰囲気。       こちらの店主のおとうさんがまた優しくて、「オネエサンは、遠くから?」とかいろいろ気遣って 話しかけてくれました。 お隣で先に飲んでた方とも少しお話し。    ショーケースに並んでいたカレイの煮付け、タコとキュウリ。  生卵とハムがお皿にのってて、頼むと焼いてくれるハムエッグ。         +++++++++++++++     このあともう1軒ビールの現場に行く予定でしたが、急遽休業と分かり、歩いて向かったのは 酒処みふね ジャンジャン横丁から少し入った路地にあります。 店主は80代のおねえさんお二人。 写真撮影は断られたので、外観だけ。 ネット上に写真載っていますが、聞かずに撮ったのか、おねえさんの気分によって違うのかは分かりません。 かなり年季を感じる店内でいただいたのは、ビール大瓶と粕汁と湯どうふ。 優しいお味でした。     +++++++++++++++     続いて、みふねから歩いて少しのところにある 奴ずし 名物の湯どうふ。 土瓶蒸しのようで、ハモも入っています。 これまた出汁がきいた優しいお味。 ひと口に湯どうふと言っても、お店によって違っておもしろいですね。   奈良漬と、梅シソ巻きも頂きました。         +++++++++++++++     あべのハルカスの麓まで歩き、あべのウォークにある 明治屋 こちらは事前に撮影禁止と聞いていたので、写真は外観だけ。 元は違う場所にあったのが再開発でここへ移転して、でも店構えも内装もほぼ以前のままで、 常連さんは思わず涙した・・・とか。 ちょうどカウンターが空いていました。 店員のおねえさんたちがチャキチャキしていて、数人で来ているお客さんが多く、活気ある店内。 頂いたのは、日本酒熱燗、きずし、シマアジ刺し。  もう一品食べた気がするけど、忘れました。     次に同じあべのウォークにある正宗屋に行こうとしたけど、いっぱいで入れず。 2日目は計8軒で終了。         +++++++++++++++       3日目の朝。   2日目の朝に行ったいわたや食堂のすぐとなりにある、立ち呑みの 岩田屋酒店  ・・・へ行くも、やっていない! 昨日は開いていたのに、まさかのお休み。   昨日、先に立ち呑みに行っていればよかった。 涙。      +++++++++++++++     食堂に2日連続もねぇ・・・と途方に暮れながら、ジャンジャン横丁に行ってお店を物色。 魚料理がメインの 絆 に入ってみました。 立ち飲み処と書いてあるけどイス有りでした。   ホタルイカと、ハゼの天ぷらはさばきたてで身がホワホワ。       牛すじポン酢と、週末限定というあら汁。 お店の方の応対が気持ちよく、なかなかいいお店でした。         つづく。          

      テーマ:
  • 31 Mar
    • 大阪・土佐堀 BEER BELLY

      三ノ宮から大阪に戻り、次に向かったのは BEER BELLY 昨年のゴールデンウィークに訪問して以来です。 (その時の記事→ ☆ ) 昨年の秋に店舗内で醸造を開始されたので、そのビールを飲むのがとっても楽しみでした。   「ビアベリーブルーイング」でつながっていたのは2種類 MASAJIゴールデンエールと、TACCHAN(ブラウンエール)   この日4軒目、ちょっと飲み疲れていたけど、目の覚める美味しさ! さすがです!   あと2種類はなくなってしまっていて残念。 好きな前菜3点盛りをつまみに。       昨年も見た醸造タンク、ここが稼動しているのですねぇ       お代わりは、箕面ビールのペールエールとピルスナー 昨年とほぼ同じ時刻に出たらしく、またビール配達の車がお店の前に停まっていた(笑)       今回も店長のハチオさんといろいろ楽しくお話しできました。 ありがとうございました。 ここもまた必ず行きたいお店です。     つづく。          

      テーマ:
  • 30 Mar
    • 兵庫・神戸 IN THA DOOR BREWING

      明石から三ノ宮に移動し、駅から歩いて向かったのは IN THA DOOR BREWING 昨年5月にお店の前まで行くも、営業時間を間違えていたためやっていなかった・・・ので、 リベンジ訪問です。   つながっていたのは5種類。 左から、二宮FUNK ALE、Shiroinon(しろいのん)、THA☆ALE(ザ・エール)、黒汁(くろじる)、WHITE IPA それぞれの味の違いがしっかりあって、美味しかったです。         ふろふき大根と、菊芋とクレソンのガーリックソテー。 料理メニューも結構充実していましたが、このお店もある二宮商店街内のほかのお店の食べ物は 持ち込みOKなのだそうです。       カウンターの向こうに醸造タンクが見えていました。         さて、次へ。 つづく。            

      テーマ:
  • 29 Mar
    • 兵庫・明石 明石麦酒工房 時(とき)

      関西ビール旅、2日目。   朝9時から朝食代わりに飲み(後述)、明石駅まで移動し歩いて向かったのは 明石麦酒工房 時 今年2月に醸造を開始したブルーパブです。   こちらで作っているビールは2種類つながっていました。 GENTENとHOP。 このお値段はうれしいですね。       ダンナの知り合いで今神戸にお住まいのビール好きの方とご一緒させてもらいました。 GENTENが第一弾、HOPが第二弾のビールだそうです。 これからいろいろな種類を作られていくんだろうし、お近くの方は楽しみでしょうね。   アンチョビポテトとカレー春巻きをつまみに。           2日目もまだまだ先は長いので、HOPを一杯だけお代わりして次に移動しました。 つづく。          

      テーマ:
  • 26 Mar
    • 大阪 呑み歩き 【初日】

      関西ビール旅の初日。   谷町のテタールヴァレのあと地下鉄日本橋駅から数分の 正宗屋 へ。 昼から飲めるお店で、15時半に入るとほぼ満席でしたが、カウンターに座れました。 名物の「カステラ」と、どて焼き。 あえて前情報を得ずに行ったので、は?カステラ!? おそるおそる食べてみたら、おぉ、美味しい。 下は鯛の卵を固めたもの、上はカニ味噌。  日本酒に合いそうだけど、初日から飛ばすとキケンなのでガマン。               やさしい味の出汁とおぼろ昆布がのった湯どうふと、さごし(小さいサワラ)のきずし       いかぬた。 どれも安い。そして美味しい。 お店の方の応対もやわらかくて良かったです。           +++++++++++++++     続いて歩いて向かったのは、しみず   食堂なので、食事だけしている人と飲んでいる人が半々くらい。 入ってすぐのショーケースに小鉢がずらっとならんでいて、好きなものを取れるようになっています。       汁物が欲しくなって、玉赤。 「たまあか」と注文したけど「ぎょくあか」と読むようです。       静かに落ち着いて飲む雰囲気もなかなか良いなぁ。  と思ったのですが、この3月いっぱいで閉店してしまうのだそうです。 残念がるお客さんもきっと多いのではないでしょうか。       +++++++++++++++     前記事のGULPとQuiに行ったあと、初日の締めは串かつのお店 二色   1949年創業だそうでなかなか味のある店内でしたが、お客さんが多く写真はあまり撮れず。       エビとキス、ふわふわで美味。 それから鶏湯どうふ。 これも美味しかった(と思う。あまり覚えていない。もったいない)           計6軒で初日は終了。 2日目につづく。          

      テーマ:
  • 24 Mar
    • 大阪・難波 Craft Beer GULP

      谷町から移動して、居酒屋さんなど数軒行ったのち(後述) この日一番行きたかったお店 Craft Beer GULP   2012年8月と2013年4月は中百舌鳥にあるエニブリュで、 2014年5月と2016年5月は京町堀の dig beer baR でお会いした自見さん。 dig が昨年末閉店し、そこの店長だった自見さんが今年2月に始められたビアバーです。 ほぼお会いする度に変わられてますね(笑)とお話ししながら、 一杯目、マルカのベルジャンホワイトと志賀高原のDPAでカンパイ!   dig beer baR と店内のレイアウトはほぼ同じで、雰囲気はもっとシックな感じ。 カウンターの中の厨房はdigの改良点を全て落とし込んで作ったのだそうです。   お料理もとっても美味しかったです~ ブリのカルパッチョと、お肉系の盛り合わせ。       2杯目はタッチダウン・デュンケルと、呉ビール・ヴァイツェン 3杯目は呉ビール・ピルスナーと、カウンシルブリューイングのタート・セゾン(サワー系)         シェフの河村さん、店主の自見さん。 いつもながらのとても気持ちの良い接客で、とっても楽しく飲めました。 ありがとうございました! 1年後か2年後か、、、になってしまうと思いますが、また必ず伺います。           自見さんのお兄さんがやっているお店がすぐ近くにあると教えてもらったので、行ってみることに。 プチ呑み酒場 Oui (ウィ) その名の通り、立ち呑みでおつまみ無しで特にメニューもなく、好きな酒を数杯飲むのに最適なお店でした。       ご兄弟で一緒に何かをやる計画があるそうです。 今度行った時には、また何か変わっているのかも~?   つづく。          

      テーマ:
  • 22 Mar
    • 大阪・谷町 Brewpub Tetard Vallee (テタールヴァレ)

      先週末の連休とからめて、関西へビール旅してきました。 昨年のGW以来です。   初日、昼過ぎに新大阪に到着しまず向かったのは、ブリューパブ テタールヴァレ 昨年9月に醸造を開始したブリューパブ。 大阪府庁からほど近いところにあります。     つながっていたビールは4種類。 定番のセゾンドホップ、ロブストポーター、アンバーエール、限定のスケープゴーター 先は長いのでUKパイントはやめておき、中サイズのジョッキで。 それぞれの特徴が感じられるしっかりした味でした。   ランチメニューから、つまみにもなりそうなキッシュプレートを。       奥のカウンターのガラス越しに醸造タンクがちらっと見えます。 なぜガラスにテープを貼ってしまっているんだろう? あえてあまり見えないようにしてるのですね。         つづく。          

      テーマ:
  • 03 Mar
    • 神田 呑み歩き ~みますや ほか

      先週末は神田へ。1軒目はクラフトビールのお店(後述)、2軒目は東京で一番古い居酒屋 みますや創業は明治38年(1905年)、建物は昭和3年に建てられたものだそうです。 右は開店5分前の列。    お店の奥側、厨房前の大テーブルに通されました。最初は瓶ビール、あなご煮。 出てくるのが早いです。    お店の真ん中にある机に座っている、司令塔である店主のおとうさん。小さい時に通ってた小児科のお医者さんを思い出した(笑)撮影いいか聞くと、「欠けた皿とお客さんの顔は撮らないでね」とのことでした。趣きある店内、隅々まで撮りたかったけどガマン・・・ 顔写っちゃったのでモザイクかけましたm(_ _ )m        店内を眺めまわしていると、ダンナが「あ、太田さん!」と。尊敬する太田和彦さんがいらしていました! めちゃめちゃ感激(涙)あの優しい笑顔で店主に挨拶をし、奥の座敷席へ行かれました。  頼んだお料理をざざっと。 熱燗と、さくら刺しの赤身    こはだ酢と、どぜう丸煮(食べ慣れないので骨が気になった)    肉豆腐と、ぬた    あー、行ってよかったです。 いろいろ大満足。     +++++++++++++++  1軒目に行ったのは、クラフトビールとネパール料理のお店 ヒマラヤテーブル昨年10月に鬼伝説ビールのイベント(→過去記事)で伺って以来、2回目です。 イベントや限定ビール狙いだけでお店に行くのはイヤなので、普段の時に伺わないと・・・とずっと思っていたのでした。 ビルの2階にあって窓が大きく明るくて、昼飲みに最適。    鬼伝説・青鬼ピルスナーと、京都醸造・冬の気まぐれチキン・チリ・ビギナーは、カトマンズの飲み屋の定番おつまみだそう。     箕面インペリアルスタウトと、志賀高原The FAR EAST うーん濃厚。ツォエラはチキンをスパイスとトマトで和えたもの。 イベントの時も思ったけど、やっぱりお料理どちらも美味しかったです。 また伺いたいなぁ。        

      テーマ:
  • 22 Feb
    • 埼玉・小川町 麦雑穀工房マイクロブルワリー (22回目)

      先週末は 雑穀さん へ。 今年初訪問。   茜レッドエールと、雑穀ヴァイツェン いつもながら美味しいです。   この日つながっていたのは5種類。 パンセットと       野菜プレートを頂いていると、ビア友さんご夫婦がご来店~ うれしい偶然♪ 次はシトラスヴァイスとザルチック。 シトラスは香りも味もとっても爽やか。 珍しいスタイルのザルチックも美味。       おがわポーターと、アーチャンのソーセージ       ピクルスを頼んで、お代わりタイムに入りザルチック。       アーチャンの生ハムとシトラスヴァイスを飲んで、締めは雑穀ヴァイツェン。       食べて飲んでお話しして、今年初の雑穀さんも楽しかったです。 ごちそうさまでした。     +++++++++++++++   小川町ゴールデンコース2軒目の 太田ホルモン へ、ビア友さんたちと移動。       いつも頼む煮込みと鶏半身揚げと、普段2人では絶対頼めないメガオムレツはすっごく具沢山       ここでの締めは焼き飯           太田ホルモンを出て、雑穀さんでいつも頂いている デリカテッセン アーチャン ビア友さんたちにくっついて、初めて行きました。  レバーパテとかいろいろ買ってきたので、この週末食べるのが楽しみ。 そして帰りの電車の中でも乾杯。 ボックス席だからいいのだ。           +++++++++++++++   3軒目は、小作にある BEER BAR WILDZ タップのビールを頂いたあと瓶で2種類、そして山盛りのポップコーンをボリボリ。 ここまで付き合ってくれたビア友さんご夫婦、 ありがとう~ また呑みましょう~                  

      テーマ:
  • 08 Feb
    • 中目黒 呑み歩き ~藤八ほか

      先週末、中目黒へ。 1軒目は立ち呑み(後述)、2軒目は 大衆割烹 藤八 。初訪問です。       入ってすぐのカウンターとテーブル席はほぼ満席だったので、奥の座敷に通されました。 ホッピー焼酎多め。 ずらりと並ぶお品書きがいいわー       いろいろ食べてみたくなるけれど、初めてなのでまずは藤八名物の4品。  ふわふわの自家製はんぺんと、味が濃くてつまみにぴったりな腸詰。       写真じゃ何だかよく分かりませんが、肉じゃがコロッケとイカのかき揚げ。  お酒が足りなくなってきたので瓶ビールを。       するとつまみが足りなくなってきたので、しじみ(でか過ぎる!)の酒蒸しと、生のりわさび。 今度はお酒が足りなくなってきて・・・という酒呑み無限ループに入るのをなんとか堪えました。       良い雰囲気。  今年は東京の良い大衆酒場も、もっといろいろ行きたいものです。     +++++++++++++++     順番が逆になりましたが、1軒目は のどぐろ屋 牡蠣右衛門 つい最近テレビで観て気になったお店。  立ち呑みで、リーズナブルにのどぐろが食べられるところに惹かれました。 開店と同時にみるみる席がうまっていく。 若者が多かった。 お通しは、カキの昆布焼き。       カキ料理ももちろんたくさんあるけど、食べたいのはのどぐろなのです。 のどぐろのしゃぶしゃぶ。   塩煮と煮付け。 小ぶりだけど美味しい~       日本酒はサーバー方式。       サーバー楽しいけど冷やはキケンなので熱燗に切り替え。 締めはのどぐろの棒鮨              

      テーマ:
  • 14 Jan
    • 東京・北千住 さかづきBrewing

      先週末、東東京にある実家に帰ったとき、そこから近い北千住の現場 さかづきBrewing を訪問しました。北千住駅の東口から歩いて数分、オープン直後に入りカウンター席に座りました。 つながっていたビールは7種類 (プラス大手1種類)まず4種類左から、風月ペールエール、夕映えブラウン、月の杯(さかづき)、熱帯驟雨(しゅうう)IPAヴァイツエンの月の杯と、アメリカンIPAの熱帯驟雨が好みでした。     タコとアボカドのタルタルと、季節野菜のグラタン。料理メニューも充実していて、料理専任のスタッフの方がいて、どれも美味しそうでした。   入店直後は私たちだけだったけど、すぐに常連さんらしきお客さんが次々と入ってきていました。ビールは現場ならではの価格だし、料理も美味しいし、人気店なのも分かります。 宵月夜(よいづきよ)スタウト、冬の黄昏、桜花爛漫スタウトはすっきりめ。 ベルジャンダークストロングエールの冬の黄昏はかなり濃厚!桜花爛漫はサワービールのようで爽やか。 3種のオイルサーディン。ガラスに映りこんじゃって見えないけど、店内から醸造タンクが見えます。    ふと、聞き覚えのある声が?と思ったら、こちらの常連でもあるビア友さんご夫婦が来店。まさかここで会えるなんてー♪ しばしご一緒させていただく。ビア友さんが頼んだピクルスとエスカルゴ。 また改めて飲みましょう!       2軒目は、北千住駅反対の西口にある びあマ クラフトビール専門の角打ちのお店。 角打ちと言ってもめちゃめちゃお洒落なお店でビックリ。入ってすぐのカウンターで、樽生をいただきました。BREWDOG Electoric India と Paradox Islay、COUNCIL Three Berry Tart Sedon と STONE Ripper        お店奥の冷蔵庫にはボトルビールがずらーーーっと並んでいて、見ていてワクワクします。近くに住んでいたら通うだろうな。  +++++++++++++++  帰路は長いので飲みすぎる前にお店を出て、途中の国分寺で 立瓶 に寄ってから帰りました。      

      テーマ:
AD
*お店の撮影、人物の掲載は許可をいただいております。

プロフィール

るり

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都

読者になる

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。