Pray 4 Japan

テーマ:
$バスケット挑戦記@中国+美国

久しぶりの更新。

ブログを書いてない間に日本では東北地方太平洋沖地震という日本観測史上最大、また世界史上でも4番目に大きな地震が起こりました。

本当にたくさんの方が命を落とされ、まだ多くの行方不明者がいるとゆう状態でブログを更新する気にもならなかったです。

幸い自分の周りの人間には命を落とされた方はいなかったですが、それでも被災された家族などを持ってる友人などをメールなどで知ると本当に人ごとではないです。

自分にできる事は義援金を送ったり祈る事くらいしかできないですが、やらんよりはましやと思うし自分ができる事をこれからもこつこつやっていこうと思います。

アメリカでは『pray for japan』などのTシャツを着ている方や、自分が日本人だと分かると家族の安否を心配してくれる人、LADY GAGAみたいな有名人によるチャリティー活動をしてそれを義援金として日本をhelpしてくれてる方、世界中からたくさんのhelpを受け本当にありがたいです。

今回の地震がきっかけで世界中がもっと1つになって戦争や核兵器などが少しでも減り、いつかはそーいう無意味なものが無くなり本当に平和な世界になる事を心から祈ります。

今回の地震で亡くなられた方々、またその家族に心よりお悔やみ申し上げます。

バスケット挑戦記@中国+美国
AD

社会の中で

テーマ:

今年入っての初めての更新!!


会社に入ってからは、仕事内容は変われど、毎日のライフスタイルは常に一定なわけで、日々淡々と過ごして


るんやけど、この生活がええかど~かなんてホンマ価値観次第で変わってくる。


会社では学べる事も多く、人間関係も悪くない、せやけど何かちゃう。


会社には文句1つないけど、仕事に完全集中できてへん自分がおるわけで、それは何でかってゆ~たらやっ


ぱり、まだバスケで完全燃焼してないから。


やっぱこのままでは一生後悔するやろうし、そろそろ一歩踏み出そ。


周りにど~思われようがやらなアカンってゆ~か、やりたい事ってあるんやな。


人生は一回きり!!

AD

就職

テーマ:

中国に戻るまで後2週間ちょっと、今回の日本は旅行も行けたし、やらなアカン事もできたわけやけどGYMに通ってないせいもあって体が衰えてきてる。。。


中国戻ったらもう1回本気で体作らへんとな。。。


話は変わって今回の日本に帰国の目的はいつものバイトとかではなくて『就活』。


一ヶ月半ってゆう短い期間で結果を出さないといけないってことやったけど、就活は色んな人の助けもありすぐに内定をもらうことができたんやけど、正直内定をもらった今が1番悩んでる。


内定をもらった会社は世間でゆう大手会社、やっぱり大手だけあり環境や給与面など凄い魅力的な部分もあるけど、自分がしたい語学を使っての仕事とはかなりかけ離れてる。


台湾に支社はあるけど、そこを大きくするつもりは今はないらしく、そこに行かせてくれる可能性も凄い低いとのこと、あ~正直めちゃめちゃ悩む。


でもどこに行っても、どんな環境でも自分次第ってゆう信念は持ち続けていこうと思ってます。


就職したらバスケは正直ほとんどできひんようになってしまうと思う、そやけど諦め切れんもんがやっぱりあるんで、1回チャレンジしてみようと思う。


今はまだ言えんけど、その時になったらまた報告します!!


AD

『気持ちの弱さ』

テーマ:


今回は日本からの発信です!!

日本は飯も美味いし接客態度もええし、中国と比べてどの面でもやっぱり上をいってる感じです。

でも中国の方が刺激があるし、本間に毎日毎日が大切な時間ってことを実感させられるような、そんな気なんて全然せ~へんような感じです^^


前置きはこん位にして今回はタイトル通りの『気持ちの弱さ』を書きたいと思います。

『気持ちの強さ』って書かんと『弱さ』って書くこと自体が弱い。


最近、本間に自分の『気持ちの弱さ』を感じることが多々あって、バスケの面でもそう、恋愛の面でもそうです。

周りの友達や知り合いの方は自分のことを『本間に気持ちの強い奴やな~』とか『本間にいつでもPositiveな考え方やな~』って良く言われるけど、最近の自分は全然そんなことないってよく感じるし、むしろ自分の弱いとこの方が目立ってるような気がします。。。


毎日を強く生きれる人って本間に凄いと思うけど、人間である以上毎日を完璧に生きることは難しいと思う。

でもNYの松井選手も言ってたように『毎回、100%を目指す気持ち』これが1番大事なんやと思いました。

でもこの『毎回目指す』ってゆうこの『毎回』も慣れや誘惑で自然と忘れてしまうしこれも難しい。

そうゆう時にBLOGって本間にええもんやな~って思います。


自分のその時に思った感情をなんらかの形で記録に残すってことは、あとで振り返ってみた時に、またあの頃の感情を思い出させてくれる力を持ってるし、元気も与えてくれる。

だからどんな事があってもこれからもBLOGは書き続けていきたいです。


なんかタイトルから大分ズレた話になったけど、まぁこれはこれで記録やしいっか。

いい記録だけ存在することなんてないんやし!!


PS 昨日、留学を遊学に変えてはいけないと言ってくれたshaoさん本間にありがとう。

しっかり自分のこの目で、この足で自分の道を探していきます!!

頑張れ自分、頑張れ自分、頑張れ自分!!!!!


  



噴雪花

テーマ:

『雪柳』


光が吹き上がっていた。命が吹き上がっていた。咲きほとばしると言うべきか、抑えても抑えても、抑え切れない春のエネルギーが真っ白な光の噴水となって、勢いよく噴き出していた。

雪柳は雪であり花だった。冬であり春だった。


青春は苦しい。悩みばかりだ。

しかし、悩みがあるから、心は育つ。あなたには自分が一番不幸だと思ったことはありますか?うんと悩んだ日々こそ、一番不幸だと思った日こそ、後からかけがえのない日々だったとわかるものだ。だから、苦しみから逃げず、苦しみの真ん中を突っ切っていくことだ。それが森を抜ける近道だ。


寂しければ、その寂しさを大事にすることだ。寂しさや悲しさを遊びなんかでごまかすな。使い捨てるな。耐えて耐えて、自分を育てる『こやし』にしていけ。逃げたくなることもある。でも雪柳は動かない。雨の日も、寒風の日も、じっと自分の場所で根を張って頑張っている。頑張りぬいたから、皆のほうから『きれいだねぇ。』と来てくれる。人間も、魂の根を張ったところが、『自分の故郷』になる。完全燃焼したところが、心が安らぐ『自分の居場所』になる。


君達が生まれるとき、どんなにお母さんが大変だったか。あなたが大きくなるために、両親はどんなに疲れても、眠れなくても、大事に面倒を見てくれた。苦しい仕事にも耐えて働いてくれた。あなたが初めて声立てて笑ったとき、初めて歩いたとき、どんなに両親は幸せで一杯になったか。病気になったとき、どんなにおろおろ心配したか。感謝できる人は幸せな人だ。太陽は、いつも惜しみなく光を注いでくれた。いつも、ありのままの自分をそのまま受け止め、光で包んでくれた。だから今、雪柳は『太陽への恩返し』のように、明るく周囲を照らしている。


人間だって、花と同じように水がいる。自分で自分を励ましたり、喜ばせたり心を生き生きさせないと心は枯れてしまう。自分で自分を励ませる人は、すてきな人だ。人のつらさも分かる人だ。自分で自分を喜ばせる言葉を、強さを、賢さを!落ち込んだ心を、よいしょと自分で持ち上げて!自分で自分を好きになれないと、人だって愛せない。


今だれもが個性、個性と簡単に言う。『自分らしく生きる。』と言う。でも、本当はそれは茨の道である。みんなと同じようにしているほうが楽だからだ。そう、自分の道を歩み抜いた人は誰でも英雄だ。『みんなが一等賞』なのだ。宝冠の人なのだ。だから『自分にできないこと』ばかり考えて落ち込んだり、文句言っているなんて愚かだ。自分にも今できることが何かある。必ずある。それを、やり抜く人が偉いのだ。その人が最後は必ず勝つ。


運命は外からやってくるんじゃない。君の心の中で毎日育っているのだ。毎日がつまらない時。それは自分がつまらない人間になっているかもしれない。人生を空しく感じるとき。それは自分が空っぽの人間になっているからかもしれない。人間は結局、自分自身にふさわしい人生しか生きられない。だから、成績は中の上くらいでいい。人間が大であればいい。頭がいいとか悪いとか、成績だけで分かるものじゃないし、生きる上で大したことではない。ただ、自分が『不思議だ』と思う疑問を大事に追及することだ。そのことを考えて、考え抜くことだ。そして!いざという時、真理と正義のためなら、自分を犠牲にできる人になれ。そんな人が一人でも増えた分だけ、この世は美しくなる。


世界のどこかに、君にしかできない使命が、君の来る日を待っている。指折り数えて待っている。待たれている君は、あなたは、生きなければ!めぐりあう、その日のために!輝くためには燃えなければならない。燃えるためには、悩みの薪がなければならない。青春の悩みは即、光なのだ。雪柳も冬の間に積もった冷たい『雪』たちを、枝から染み込ませて、今『花』に変えて噴きだしているのだろうか。中国では、その名も『噴雪花(ふんせつか)』という・・・。


この文章には本間に助けてもらいました!!

これを送ってくれた兄貴!!それとこの作者に感謝!!

開幕

テーマ:

图文-[NBA]骑士114-106魔术弗朗西斯战斧灌篮

またまた久しぶりの更新!!

今回北京に来てから自分の部屋にまだネット回線が通ってないこと、試験が近くて勉強に追われていること、書くような大きな記事がないこと、こんな色んな要因が重なってまた更新できてませんでした。


このブログを書き始めてちょうど1年が経ち最初は毎日じゃなくても一週間に一度は書いて行こうと思って書き始めたんやけど、今回は更新すんのに1ヶ月も経ってしまってました…


でもブログを通じて色んな人と知り合って意見をもらい、その意見によって自分も励まされたり考えさせられたり、確かに顔も知らなければその人の事も全然分からんねやけれども、そんなブログをしなければ出会わんかった人達に少なからずとも影響を受けたりしてるっておもしろい事ですよねー。


確かにネット上だけの出会いかも知らんけど、それでもこれからも色んな人と出会いそれによって自分ももっと色んな考え方が持てたら最高やなーって思ってます。


話変わってNBA、BJリーグ開幕しましたねー!!

NBAの開幕はいつも通りに楽しみにしてたんやけど、それより田臥さんがロスターに残れるかが1番の注目でした。

今回は開幕ロスターには残られへんかったけど、田臥さん自身のHPでも書かれているように、悔いや後悔などは全くないって事やから絶対また次につなげてくれると信じてます。


今回はNBDLでプレーするってこともあって、まだシーズン中にコールアップがかかればNBAのコートにまた上がれる可能性かって残ってるんで最後まで田臥さんに注目していきたいです!!


もう1つの注目はBJリーグ!!このBJリーグってゆうのは自分もまだ全然どうゆう組織なんかは分かってないけど、でもこの組織によって日本のバスケ熱を上昇する大きいチャンスやと思うんでこのBJリーグが成功することを自分も中国から祈っていきたいです!!

環境

テーマ:


スポーツにおいて環境ってどの位、選手、成績に影響を与えるもんなんやろ??って今日自分が通ってる大学のバスケ部の練習を見てるときに、ふと思いました。


前の自分が所属してた清華大学のバスケ部は、アリーナ位のでかい体育館でバスケ部専属の物ではないけど、毎日そのアリーナ並の体育館で練習してました。

けど、今自分が通ってる大学のバスケ部は体育館すらなく、毎日外のストリートのバスケ部専用コートで練習してます。


今日練習見ていた時もチームにあまり覇気がないし、本間にバスケ部かって思う位のチームです。

彼等は今、北京で4位の位置につけてるんですけど、そんな風格も一切なし。


これはその環境の悪さからきてるもんなんか、自分達の元のモチベーションが低いからなんかは分からへんけど、とにかく外から見てると選手達に笑顔もないし、声もないし、まずバスケを全然楽しんでないように見えた。


どんな環境においても心からおもろいって思ってバスケをしたらもっと上手くなれるんやろなー。





NBA

テーマ:


今日はNBAの事について書きます!!

ってゆうか本間は昨日8割方書き終えて載せようとした時にPCが急にSHUTDOUN、中国のネットカフェでは結構日常茶飯事の事なんで、怒るよりこの国の適当さ加減にまいってます!!


話変わってこの写真の通り自分はJ-WILLのファンです!!ミーハーって思われるかも知らんけどJ-WILLのプレーはミーハーとかの粋をと通りこして見てる観客をも騙してしまうあのトリッキーな動きが好きです!!

 

確かにAND1などのプレーもトリッキーで見ている観客を楽しましてくれるんやけど、やっぱりあのNBAの舞台での、あのJ-WILLのプレーがやっぱり最高ですね。


キングスーメンフィスーそして来期からのヒート。シャック、ウェイドとのプレーには本間期待してますし、またエルボーパスみたいな新しい事をしてくれることに期待です。

来期のヒートにはかなり注目です!!


が、今になってGペイトンの獲得。確かにGペイトンはベテランガードで経験もあるし、あのしつこいDFも良いと思うんですが、こんなにもタレントを集める事はないんちゃうかってちょっと思います。

タレントをあまりに集めすぎたら勝てないってゆう自分のイメージではちょっと怖いです…


でもJ-WILLに持ってないものをGペイトンは持ってますし、お互い違うタイプのプレーヤーなんでお互い良い刺激になってヒートをもっと良いチームにしていってくれる事を信じてます。


皆さんは来期のヒートどう思いますか??


田臥 勇太

テーマ:

今頃書くんかいってつっこまれそうやけど、今頃書きます。

何をって??もちろん田臥さんのLos Angeles Clippers との誓約のこと!!


この誓約された日に日本からのメールで知らされました、聞いた時は周りに日本人もいて皆で興奮してました!!


誓約したってゆっても田臥さんの本人のHPでも言ってるようにギャランティーされた誓約じゃなく、今はスタートラインに立ったような状態なので、まだなんとも言えない状態ですねー!!


でも田臥さんやったら最後にはしっかりロスターに入ってスタートの座を勝ち取ってくれると信じてます!!

HPで田臥さんが「どこでどんなチャンスが訪れるかわからない。だからその時その時を全力でプレーする」って書いてあるように、ほんとにチャンスはどこに転がっているか分からないので、バスケにおいても日常生活においても何でも全力でやって行こうと改めて思いました。


絶対もう1度NBAに返り咲いてジャパニーズバスケを世界中の人に見せつけて欲しいかぎりです!!

頑張れ田臥さん!!


いつかは自分も中国の舞台でジャパニーズバスケを見せつけてやりたいです!!

Never Too Late

テーマ:

rod


やっと昨日北京に到着したー。

日本の生活があまりに楽やったんと楽しかったってゆうのがあって、飛行機に乗る前は正直ここに残りたいって思ったし、なんやかんや言ういても母国が1番ええな~って思いました。


でも中国の大学を卒業するって決めたからには絶対卒業せなアカンし、言ったことはしっかりとやり遂げてこようと思いながらの出発でした。


で、その飛行機の中で読んでた本が、あのバスケの名門能代工業を卒業してハワイに留学し、一度はNBAの舞台にも立った田臥勇太選手が書いた『Never Too Late』の本でした。

hじゅ  


前から読みたいって思ってたけど読む機会がなくやっと読むことができました。

これは能代工業を卒業してハワイの大学BYUHでの留学体験の話なんやけど、あまり語るってゆうイメージがない田臥さんの全ての思いを書いてるって感じの本でした。


この本の題名の通り、何に挑戦するにも今からでも遅くはないってゆうことを田臥さんの実体験を交えならの内容で、人の考え方をポジティブに向けてくれる力の持った本やなと感じました。


この本を読むまで自分の中の田臥勇太ってゆう1人のバスケット選手のイメージでは、日本のバスケットプレーヤーの中でも1人だけ特に抜け出てて、どんな時にも冷静で、いつも強気な気持ちを持っている人やと思っていました。


でもこの本の中に書かれてる田臥勇太は、本間にバスケのスパースターってゆう感じが全くなく、1人の留学生として感じたことを素直に書いてあり、バスケの面でも自分の弱さや感じた事をそのまま書いており、田臥選手も普通の選手と全く変わりはないように感じました。


この本を読んで田臥さんをより身近な人に感じることができ、ぜひもう一回NBAの舞台に立ってほしいって改めて感じた一冊でした。