HC

テーマ:


バスケット挑戦記@中国+美国


前のブログでも書いたんやけど、HC(ヘッドコーチ)が替わりました。


ってゆっても前のコーチはACで今もいてます。


新しいHCはヨーロッパの各地で15年ほどplayし、その後もヨーロッパに残り5年ほどスカウティングとコーチをしていたらしくヨーロッパでは選手としてはかなり有名みたいです。


最初のこのHCの印象はファンダメンタル=基礎練がホンマに好きでとにかく走らせます。


アジア人の自分に対しても凄い良くしてくれて、アメリカ人と同じ目で自分を見てくれている気がします。


最初はHCが替わったら全てがまた振り出しかとネガティブな気持ちになってたけど、もう1回気持ちを入れ直して新たにスタートさせれるエエ機会やと今は思ってできてるし、何より自分は実力も経験もチームで1番ないしホンマに『play hard』するしかないんで、1試合、1練習全てをぶつけるつもりでplayします。


前から書いてるよーに今は中国とのプロチームとのscrimmaging中でブログを書いてない間にも何試合かしたので合計で5試合位しました。


HCが替わってから3試合ほどしたんですけどplaytimeが15分位もらえる時もあれば昨日のscrimmagingでは6分位しかもらえなかったです。


今感じてる事は全てが自分次第やとゆーこと。


playtimeが長い時ってゆーのは自分のplayがしっかりできてる時で短い時はその逆です。


監督の采配が悪いとかそんなんは正直糞位でそのレベルには自分はまだまだいってないです、エエplayしてる時は嫌でも出し続けるやろうし悪い時はすぐに代えたくなるそれは当たり前の話。


自分がやらなアカン事はHCからも嫌なほどゆわれてるし自分自身もそれを理解してる。


短い時間で結果を出すのは難しい事かもしらんけど、そこで結果を出せない=試合には出れない。


じゃー結果を出すしかない。チームメートからゆわれた言葉は『お前はチーム練習でのplayは今の何倍もええからもっとリラックスしてplayしろ』との事でした。


やっぱり結果結果と考えてたら自然と力んでしまってるんやろな。


HCがいつもゆーよーに『this is just ball, have fun u guys 』そーこれはバスケやし何よりも楽しんでなんぼの世界。


1番大事な事をまた忘れてた。


あとは一昨日Y氏に飯食ってる時にゆわれたよーに『3Pもハンドリングも下手糞』ほんまゆわれてむかつくけどその通り。


その2つだけじゃないけど自分はホンマ一般人で身体能力も高くなければセンスもない。


じゃー何ができるかってゆったら努力だけ。


LAではS氏の様にめちゃめちゃ努力してる奴を知ってるし、自分が知ってる彼の努力なんてほんのほんの一部にすぎひんし、自分が想像している以上に努力してると思う。


正直めちゃめちゃ刺激を受けます。


去年彼のトライアウト合格の吉報を聞いた時、プロの試合を見に行った時、今も上に向かって挑戦してる状況など色んな刺激を彼からもらってます。


正直自分で挑戦してなかったら分からんつらさってあるし、周りからは簡単にゆわれる事でも実際には簡単にできひん事っていっぱいある。


せやからこそ周りをだまらせるような選手になりたい。


自分の吉報を彼に伝えて少しでも彼に刺激を与えたいです。


努力ってゆっても好きな事をしてるからこれは努力って呼ばんかもしらんけど、何よりもおもっきりやったります。


Life Is P@rty !!!

AD

Practice

テーマ:

昨日、一昨日とチーム練習がありました。


チーム練習といってもポジションごとに分かれてのものでゲーム形式のものは一切なし。


一昨日は自分のポジションの選手が自分ともう1人だけだったので、ミドルレンジからのシュート練習、NBAラインからの3P、3か所からの1ドリブル、2ドリブル、3ドリブルでの1on1でした。


相手は前のブログで書いた選手でした。


初めて1on1をやったんですけど結構ってゆーか、かなりボコボコにされました。


自分より身長が低いにも関わらず、ボディーコンタクトからのシュート、身体の使い方、タイミングのずらし方などがホンマにうまく、めちゃめちゃDFしずらかったです。


黒人独特のリズムは今でもまだ掴めない時があるし苦手やけどホンマええ練習になる。


練習が終わってからその選手と話してたんやけど、彼は前から今のチームにおる選手やと思ってたけど、Vegas出身ではなくChicago出身の選手で大学もまた違う州にいたとか、大学を卒業してからはプエルトリコのプロチームと契約を交わして1seasonそこでplayしてたみたいです。


やっぱりアメリカ人で海外でplayできる選手はホンマに相当な選手やと思うし、なんか他の選手と違うものを持ってるからこそ、海外にいけるんやと思います。


アメリカはホンマに能力の高い選手がプロでなくてもそのへんにゴロゴロおるし、その中で人と違った事をできるってゆーのは日本とはまた全然違った次元のような気がします。


昨日の練習はとゆーと、自分のポジションではさっき話したその選手以外は皆来れたので今回は3人でした。


昨日はホンマに1on1でほとんど練習時間を使ったんちゃうかな。


最初は軽いシュート練習があったけど、それからはずっと怒涛の1on1。


こんだけ長い時間の1on1は多分今までのバスケ人生の中では初めて位やりまくりました。


黒人選手はホンマに1on1が好きやし、練習中でも試合と同じようにあつくなってplayするんが自分はホンマに彼らの好きなとこです。


10point先取でOFでシュート成功させてDFを止めたら1pointでそれを3人でひたすら回すんやけど、人は少ないし1回1回本気でplayするのでホンマにしんどかったです。


それを7本して終了。


自分は2本は取れたけどあとの5本は完全にやられた。


こんだけ1on1だけして要領のええ練習かってゆわれらそれは分からんけど、バスケ自体5on5のスポーツやけど、根底は1on1から始まってそれが5on5になるだけやと思うし、まずはその1on1で勝たんとはじまれへん世界やからこれはこれでええと自分は思った。


1on1やったら勝敗がはっきり分かるし勝ったら自分の実力、負けたら自分だけの責任、これだけはっきりしてるもんはバスケの中ではないと思うし、1番あつくなるとゆーよりはあつくなってしまうもの。


なんにせよ自分にとったら全ての練習がええ経験。


自分は能力のある選手でもなかったら、センスのある選手でもないし、ホンマ一般人。


それでも努力はできるし、負けたくない精神も持ってるからまだバスケを本気でやってると思う。


社会人辞めて、もう一回本気でバスケできるってゆーのはホンマに恵まれてると思うんで後悔だけは絶対せんようにガムシャラにもっとplayしていかなアカン。


シーズン開幕1ヶ月ちょい前になって今さらHCの交代。。。


明日はそのHCと初顔合わせの練習。今までやってきた事が水の泡になるかもしれんし、もっと評価してもらえるかもしれんし全ては自分次第。


明日も全力ぶつけてきます。


Life Is P@rty !!!

AD

China Game 2nd

テーマ:

昨日も水曜日にscrimmagingをした、中国のプロチームとでした。



前回は20点差位はなしての勝利やったけど、今回は出だしから11対3の劣勢。。。



相手のピック&ロールからの3Pがおもしろいようにはいるわ、こっちのシュートは全部リングに嫌われるわで出だしをくじかれました。



水曜日の試合では良いプレーができたんやけど、またしても前半はプレー時間をもらえずまたまた我慢の時間。



2Qからは自分達の2番手のPGが出て一気に流れを変えました。



彼は170cm位の身長で身体の線も細いですが、それでもディビジョンⅠの大学でplayしてた選手だけあってバスケと自分の身体の大きさを知ってる選手で見てても本当に勉強になります。



この身長でもリングにアタックできるし、外からのシュートもあり、しかもダンクもできます。



試合が始まる前に2人でハンドリングの練習をしてたんですけど、自分もハンドリングは全然うまくないですが、この選手は自分以上にハンドリングが下手くそです。



それでも試合になると観客を沸かすようなmoveをしたり、トリッキーなハンドリングで相手を抜きます。


ホンマ、黒人の選手とゆーかアメリカの選手は練習よりも遊びや試合の中でそーゆうスキルを身につけてるんやろなーって改めて感じました。



2Q終わった時点でこっちがリードまでもってきました。



今の現段階でPGは自分を合わせて4人。



シーズン開始までにまだ何人かカットするので間違いなくPGからは最低1人はカットされる。



今の自分の状態は3番手か4番手のどっちか。



水曜日の試合はplaytimeを15分位もらえたけど、今回は3Q終わりからの10分だけでした。


水曜の試合が終わった後にコーチからメールで『If u want to go and get some more points, , that’s cool』ってゆわれたので今回は試合前にしたフォーメーションを使いながら、すきがあればどんどんリングにアタックしていきました。


リングにアタックした結果ターンオーバーになる場面もあったけど、アタックする事によってアシストも自分の得点も伸ばすことができました。


コーチもだいぶ今回のplayは評価してくれてる感じやったので良かったですけど、評価してくれるならもっとplaytimeを欲しいし何より前半から出して欲しいのが本音です。


まー次の時に期待しとこ。


試合はとゆーと後半は完全にこっちのペースで元NBA選手が審判に暴言吐きまくって、ちょっと荒れたけど今回も良い感じで試合を終えれました。


その元NBA選手ももしかしたら一緒のチームでplayするかもしれないとの事でした。


明日もチーム練習があるので、アメリカでバスケできる時間は限られてるし1日1日をおもっきり楽しんでバスケしていきます。


Life Is P@rty !!!


AD

China Game 1st

テーマ:

昨日は中国プロチーム山西中宇猛龍との試合でした。


scrimmagingって事なので点数は表示されてなく、NBAルールで時間も10minのstopを4Qでした。


さすがに中国はでかくて2M越えが5人位はいてたかな。


PGは190位の選手が2人ほど。SG/SFの選手もほぼ2mでした。


試合はとゆーと正直そこまで自分が想像していたインパクトがあるチームじゃなかったです。


確かに相手には外国人枠の選手(Stephon Marbury選手など)がいなくて全て中国人でした。


でも流石に中国人選手のシュート力は圧巻でフリーの状態や、スクリーンからの3Pはほぼ外してなかったです。


でも正直PGの選手があんまりパッとしなくて、自分みたいな小さい選手にタイトにつかれるとミスが多くて、そこから流れが完全にこっちになり前半が終わった時点で点差は開き始めてました。


自分はとゆーと前半は出場機会は与えてもらえず、正直我慢の時間で後半早々に出してもらい、DFとリムにアタックしてから外のフリーのプレーヤーに3Pを打たせるのを評価してもらい後半だけで15分位は出場できました。


SGの選手のシュートタッチが凄い良くて、打てば決めてくれるみたいな状態だったのでPGとしてはめちゃめちゃやりやすかったです。


今シーズンから中国でプレーする元NBA選手2人も同じコートでplayして初めてNBA選手と同じコートに立てて良い経験になりました。


1人は7ftある選手でTVでも何度も見た事ある選手やけど名前が全然思いだされへんくて、また明日試合があるのでその時にでも聞いときます。


そしてもう1人は白人のSGの選手で全くみたことない選手だったので分からんかったです。


さすがに7ftの選手はその身長にも関わらず3Pもミドルレンジからのシュートもうまかったですけど、白人選手はホンマにNBAでplayしてたんかなって思うほどでした。


明日も同じチームと試合があるので『play hard』していきます!!


Life Is P@rty !!!



2weeks

テーマ:

ベガスに来て3日目ですけど知り合いがいないベガスは結構きついです。。。


って友達作りに来てるわけやないからえーけど、そんなんほっといてバスケに集中、集中。


ラストトライアウトが終わってホンマは2週間で結果を通知するといわれたんやけど、1週間ちょいが経って連絡がなかったんで正直アカンかったかもなと思って次挑戦する場所を決めようと思ってた矢先にコーチからの連絡がありました。


コーチ:『明後日チーム練習があってその次の日はチームミーティングがあるからベガスにすぐ来れる??』


自分 :『用意とかあるんでそんな急には。。。』


コーチ:『中国のCBAのチームと国際試合があるから、もしそれに出たいならチャンスをあげるから最低ミーティングからは来て欲しい。んで今回は2週間は滞在して欲しい。』


自分 :『じゃーできるだけの事はやります。』


もっと英語をしゃべれたら色んな事聞きたかったけど、いかんせん電話やからなかなか難しい。。。


もっと英語も勉強せなアカンわ。


ってな具合な感じでベガスに来ました。


既にロスターに入ってるならすぐに引っ越ししてもいいと思ったんですけど、コーチに後から聞いたところ、まだロスターは決まってなくこの中国との試合が終わってから何人かまたカットしてロスターを決めるみたいです。


正直、国際試合じゃなかったら今はベガスにまで色んな事を犠牲にして来てなかったと思うし、ましてやその相手が中国CBAやったからです。



自分と中国はホンマ色んな縁があるなと感じたし、どーしてもCBAの選手相手にplayしてみたかったんでここまで来ました。


中国CBAは子供の時からバスケのために教育されて来た選手がほとんどで、大学を卒業してCBAでプレーできる選手もほとんどいないような状態です。


自分が中国に行って最初に入った大学は中国全土でもBEST4には入る大学だったので、その時のチームメートは知ってるだけで2人がCBAでplayしてます。


この2人は間違いなくあの世代の大学界では能力トップの選手やったのでCBAに入れたんですけど、CBAのひと昔前は大学卒業からの選手はほぼ入れないようなシステムが築かれてたみたいで、今になってやっと大学界からの選手を受け入れるようになったみたいな、ちょっとややこしいシステムです。


もちろん外人枠ではいってる選手はほとんどが元NBA選手、Dリーグ選手なのでレベルは相当高いです。


最近、Stephon Marburyが中国のCBAのチームと契約して先シーズンplayしたり、IversonがCBAで来シーズンplayするかもしれないなど話題を集めてるリーグです。


どこのチームが来るかは全然分からへんけど、もし元チームメートと再会できる可能性もあるんで ホンマ今日の夕方が楽しみです。


昨日、一昨日のチーム練習はホンマに調子良くてアピールできたと思うんで、今日はどれくらいplaytimeがもらえるか分からんけど、自分がしなアカン事をしつつアグレッシブにトライしていきます!!


では結果はまたブログで。


Life Is P@rty !!

Last Tryout

テーマ:

『Last Tryout』が終わってから2週間が経ちました。


この間もY氏による『Jump Attack Training 』やアジア人リーグなど色々あったんやけど、Last Tryoutが終わってからの1週間はバスケをほとんどしないよーにしてました。


正直、この2ヶ月間LAとVegasの往復で気がはってたためか、相当身体が疲れてたんでたまにはこんな週があってもええと思ったので久しぶりの長い休みにしてました。


Tryoutはとゆーと今までのものと全く違ったものでした。


今回の『Last Tryout』に参加した選手もしかり、Tryoutの内容も今までと違ってました。


今回のTryoutは今までカットされなかった選手だけでするものやと思ってましたが、最後の最後で何人かの招待選手が来るわ、最後のトライアウトだけ受けに来る奴などで合計30人くらいはおったよーな気がします。


さすがに最後に招待されている選手はレベルも高いしサイズもあってTryoutのレベルも一気に上がってました。


今回も2日間にかけてのものやったんやけど、初日は自分自身は結構ボコボコにされました。


自分が1番苦手としている部分を見抜かれてそこをどんどん突いてこられて正直めちゃめちゃplayしにくかった。


初日のTryoutが終わった時点ではさすがに自分自身『何しにVegasに来たんやろ??』ってゆー気持ちでいっぱになった。


同じチームのCには『Stop F×cking Pass Crazy Asian』ってゆわれる始末やし。。。このCのレシーブの下手さのせいやんって思う部分もあったけどPGが連続でミスするのはホンマにタブーやし言い返す言葉さえも見つからんかった。


でも2日目は気持ちを切り替えてとゆーか、これが最後の最後と思ってプレーすると足が凄く動いて自分のDFができた。


Y氏にトレーニングを見てもらってから自分でも明らかにDFの部分で変化を感じる事ができるようになったし、前よりもアグレッシブにplayできるようになってきた。


ホンマにY氏には感謝してます。


2日目が終わった後は簡単なチームミーティングがあって、合否は2週間以内に発表するとのことなのでLAに深夜バスで帰りました。


そして今はまたまたVegas来てます。


今の現状はまた次のブログで書きます。


Life Is P@rty !!!


バスケット挑戦記in中国

バスケット挑戦記in中国

バスケット挑戦記in中国