Japanese Basketball !!!

テーマ:

前の更新からもう約2ヶ月、もう少しで3ヶ月が経とうとしてるけど、ホンマに時間が経つのは早いって思う今日この頃!!


特に大学にはいってからの時間の経つスピードってもんは、特にはよ感じる。


その中で自分のバスケはどれだけ成長したんやろ??バスケってゆ~のんは勉強と違って点数として形にはあらわれへんから、どれだけ成長したんかって事は簡単にはゆわれへんけど、コートに立った時に1つでもええplayができるようになったらそれだけでも成長なんやろうか??


前回にも書いたように自分のチームはCBOリーグで負けてからは、外国人チームとしての活動はほとんどなかった。

大学のチームも同様に、このセメスターは予選で敗退し本戦には進めなかったため、特に大きい試合も活動もなかった。

自分が外国人であるってために予選には参加できず、それで予選敗退、ストレスが溜まる以前にチームに少し失望した時もあった。


高校のときに監督がゆ~た『この試合は負けるべくして負けた』って言葉が浮かんできた。

何回かこのブログでも書いたとおり、今の自分の大学のチームは高さも含め個々の能力は、あるもののバスケに対する情熱がなさすぎる。


バスケだけに関わらず、どんな事においても情熱を持ってへん者は、いくら実力があっても成功には結びつかへんねやろなってそ~ゆう人達を見るために感じるし、バスケでもどんだけ周りから上手いって言われてる選手がおっても、バスケに対する気持ちがなかったら、負ける気もせ~へん。


自分はバスケの才能は全然ないけど、でもバスケに対する気持ちは誰にも負けたくないってゆう意地はある。


話は戻ってそんな中途半端な敗戦から少し経って、最近日本に戻ってきた。


今回は帰阪は就活が目的。海外におるって事もあってこの休みの期間がホンマに勝負、自分の理想の仕事ってゆ~よりは、社会にはいってバスケ並みにアツくなれるモノが見つけれたらホンマに自分にとっても嬉しいことでもあるし、それによって成長できたらって思う。就活の話はここではこれ位にしといてバスケ、バスケ。


就活しつつバスケもしたいとこやけど、やっぱりここは日本であってちょっと時間あるからバスケしよって思ったところで、できる場所がホンマにない。

せやから地元で週末の夜に使える体育館でのバスケは自分にとってホンマありがたい。

レベルはそこまで高くないけど、それでもバスケに飢えてる高校卒業したての子とか、昔からのバスケ仲間がおるから自分のバスケに対する意識も高まる。


日本におったらバスケの環境が~とか弱い言葉を吐きそうになるけど、どんな場所でも、どんな状況でも自分次第でやれることは、いくらでもあるからその時、その時のベストをつくしていかなな。

AD