Never Too Late

テーマ:

rod


やっと昨日北京に到着したー。

日本の生活があまりに楽やったんと楽しかったってゆうのがあって、飛行機に乗る前は正直ここに残りたいって思ったし、なんやかんや言ういても母国が1番ええな~って思いました。


でも中国の大学を卒業するって決めたからには絶対卒業せなアカンし、言ったことはしっかりとやり遂げてこようと思いながらの出発でした。


で、その飛行機の中で読んでた本が、あのバスケの名門能代工業を卒業してハワイに留学し、一度はNBAの舞台にも立った田臥勇太選手が書いた『Never Too Late』の本でした。

hじゅ  


前から読みたいって思ってたけど読む機会がなくやっと読むことができました。

これは能代工業を卒業してハワイの大学BYUHでの留学体験の話なんやけど、あまり語るってゆうイメージがない田臥さんの全ての思いを書いてるって感じの本でした。


この本の題名の通り、何に挑戦するにも今からでも遅くはないってゆうことを田臥さんの実体験を交えならの内容で、人の考え方をポジティブに向けてくれる力の持った本やなと感じました。


この本を読むまで自分の中の田臥勇太ってゆう1人のバスケット選手のイメージでは、日本のバスケットプレーヤーの中でも1人だけ特に抜け出てて、どんな時にも冷静で、いつも強気な気持ちを持っている人やと思っていました。


でもこの本の中に書かれてる田臥勇太は、本間にバスケのスパースターってゆう感じが全くなく、1人の留学生として感じたことを素直に書いてあり、バスケの面でも自分の弱さや感じた事をそのまま書いており、田臥選手も普通の選手と全く変わりはないように感じました。


この本を読んで田臥さんをより身近な人に感じることができ、ぜひもう一回NBAの舞台に立ってほしいって改めて感じた一冊でした。

AD

2nd Stage

テーマ:

shak

またまた大分ご無沙汰の更新です!!


日本におったらやる事が多いからってゆうよりも、ただ更新さぼってたってゆうのが理由です。

それ+日本におったら中国におった頃に比べて記事にするようなインパクトでかい事があんまり起きひんってゆうのが1番の理由かな…


でもそんな生活も金曜日には一転してまた中国の生活に戻ります。

今回は、まだ行く大学も決まってなかったら住むとこも決まってないってゆう行き当たりばったりのスタートになりそうです。


色んな不安もあるけどでも今日最高に嬉しい知らせがあってなんとかやっていけそうです。


その知らせとはなんと留学生もCUBA(中国大学バスケット)の大会に参加できるってゆう知らせ!!!!!


まだ大学もなんも決まってないけど、この規定の改正はこれからの自分にとって大きいプラスになりそうなってゆうか、絶対このチャンスをものにしてやろうってゆう意欲を湧かせてくれました。


その規定の詳しい事は、まだ分からんけど自分が理解できた範囲ではスーパーリーグってゆう日本に例えると大学の1部リーグみたいなもんかな、そのリーグにおいて1チームに1人外国人の登録ができるってゆうもの。


そのスーパーリーグだけなんかは分からんけど、この規定の改正によって他のリーグへの影響も絶対あるやろうし、留学生にとって新しい道が開けたって事は確実に言えると思う。


日本に一時帰国する前もそうやけど、してからも暇な時間があってはこれからの自分のバスケや進路について考えさせられることがあって、正直バスケに関してはネガティブな考え方になってる自分がおったと思う。


でもこの規定の改正や、田臥さんのアメリカ留学体験記「never too late」を読んで刺激を受け、大分ポジティブな考え方に戻してもらったと思う。

少し前の自分を思い出してみると、中国に留学したての頃は、もっと我武者羅で怖いもん知らずな自分がおって今はその頃の1番大事な気持ちが薄れてたんかなって自分自身感じた。


やっぱり、あの頃は、そんな勢い、思いがあったからこそ良い方向に進んでいけたと思うし、このもうすぐ始まる2nd Stageもあの頃の新鮮な気持ちで望もうと思う!!


2nd Stageはホンマにどう転んで行くか自分自身も全く分からへんけど、とりあえず我武者羅にやって行くんでブログを読んで下さってる方も、どう転ぶか楽しんで見といて下さい!!


今日も読んでくれた方、シエシエ!!

AD

日本国

テーマ:

NBA史上5大扣篮卡特跨越巨人(图)

めちゃめちゃ久しぶりの更新です!!

今はなんと日本に帰ってきてます。

色々中国でバスケについて考えたりもしてたんやけど、中国におっても、どこの大学のバスケ部もオフに入ってて見ることもできひんし、それやったら一回日本に戻って学校が始まる9月前に中国に戻りそっから、もう一回探してみることにしました。


日本やったらこの夏休みの間も、バスケができるとこがなんぼでもあるし、ストレス溜まらんと生活できるんで最高!!

久しぶりの日本で飯も美味いし人も親切やけど中国に比べたらなんか普通な感じがして、あまり刺激がないような…


まあとにかく今年の夏はバスケしまくって9月から中国の大学でもう一度バスケができるようにしていくぞ~!!

AD