SLAM DUNK

テーマ:

s

今日は画像見たら一発で分かると思うけどSLAM DUNKの話。


これは中国語バージョンやから表紙から中身の文字まで、もちろん全部中国語!!

SLAM DUNKはバスケやってる奴はもちろん、やってない奴までも魅了するあのおもしろさはホンマに凄い!!


自分が本気ではまったんは中学の時で小学校の時もチラッと読んだことはあったかな。

初めて読んだ時から今までで、もう20回位は読破したやろな~。

内容がもう分かってても、ここまで読むたびにおもろいっておもえる漫画はSLAM DUNKが初めてやった。


中学高校のテスト勉強中でも、SLAM DUNKが部屋の中にあるだけで、どんだけ勉強が進まんかった事か(-"-)

でも中国に来てからはこれが全く逆となった!!


中国は以前ブログにも書いた通り、パス、シュート、ドリブルどの単語にしても中国語があるから、バスケをするんやったら全部その中国語を覚えなアカンけどその度に役に立ったんが、この中国語バージョンのSLAM DUNK!!


日常会話で話すフレーズや単語なんかは学校で習うから誰でも習得できるけど、当たり前の話でバスケ用語なんて学校なんかで習うわけもなく自分で勉強せな触れる機会もない。

だから中国語のバスケ用語はチームメートとSLAM DUNKのおかげでほぼ全部覚えることができた。


日本におる時は親に『漫画なんて読んでもなんの意味もないから勉強しろ』って言われた事があるけど、今なら自信を持って漫画は俺にとって凄い役に立ったって言ってやりたい(~_~)


だから、これからも井上雄彦漫画は永遠に読み続けて行くって誓った今日この頃でした!!


AD

最近

テーマ:

basket

最近の生活は何か前までのような充実感があんまりない。

一つの原因は前受けたHSKの結果がまだ返ってきてないってゆうのと、もう一つは上海の自分が受けようと思ってた大学がパーになったってゆう原因の二たつ。


そのHSKは今月の20日に返って来るんやけど、結果によってはすぐにバスケができるような環境になるかも知らんってゆう可能性があるんやけど、結果によっては大学に入学することさえ厳しい。

もう少しで返ってくるから待ち遠しい反面、結果を見るのが怖いってゆう思いもある。

でもどっちにしろ結果が分からんと自分も動きようがないんで、とにかく早く結果を知りたい。


もう一つの上海の大学がパーになった話ってゆうのは、自分の目でその上海の大学のバスケ部を見に行こうと思ってた時期に、知り合いの方が先にその大学に行って入学条件を確かめたところ、確かにHSKの結果によっては3年次からの入学は可能なんやけど、中国で2年間勉強したってゆう証明書も必要ってゆう事やった。

自分は中国に来てまだ1年も経ってないうえに大学で勉強した期間は半年のため、どう考えてもその大学に3年次から入学する事は厳しい。


やっぱりそう簡単に3年次から入学許可されて、尚且つバスケ部にも入れるってゆうそんな理想の大学を見つけるってゆうのは簡単じゃないと思うけど、ここは何でもありの大中国やし探したら絶対見つかると信じてるんで諦めずに探すつもり。


最初に充実感がないとか言ってるけど、こんな感情はホンマは自分自身の問題で自分自身の行動、考え方によったら、なんぼでも良い方向に転ぶと思うんで、もう1度ここでしっかり目標を思い出して自分自身納得行くようにしていこうと思います。


やっぱり普段の生活が悪ければバスケのプレーにも反映するし、共々充実させなな~。

留学させてもらってるだけども凄いありがたいと思うんでこの気持ちしっかり持ち続けて絶対、日本人で初のCUBAの舞台に立とうと思う今日この頃です。

ってゆうか絶対立ちます!!!





AD

VS Ballers

テーマ:

iver

前のブログでも書いたように今は色んな国の人が参加してるストリートバスケの大会中!!

2戦目はアメリカの黒人を率いるBallersとの試合やってんけど、結果からゆうと完敗やった。


黒人の能力の高さでもなく、身長の差でもなく、負けた原因は完全に自分達のミスが原因。

最初は相手の中国人センターの高さで点を量産されて出だしで10点以上離される最悪の出だしやったけどチームで守ることを徹底してからはDF、OFともにリズムが出てきて2Q終わった時点で2点差!!

ほぼ振り出しに戻せたと思った瞬間の3Q開始、3分も経たんうちに10点差をつけられた。

3Qに入ってからは、メンバーを入れ替えたこともあって、さっきのうちのリズムが急に変わった。


この試合で1番感じた事は競ってる大事な場面で、どれだけゴールに向かってバスケができるかどうかで試合は決まるってこと。

3Q始まって早々、リングに向かわずにパスばかり探すバスケが目立ち、そこからリングに逃げたプレーばかりでミスの連続。

リングに向かわんプレーヤーはDFにとって何も怖くないし絶対にそのプレーヤーからミスが起こるってゆうのがバスケの法則ってゆうか、スポーツにおいての法則やなって改めて感じたし、控え選手の重要性の大切さも合わせて感じた。


高校の時に言われた言葉で『ミスは誰にでもあることで防ぎようがない事やけど、リングに向かってのミスとリングから逃げたミスではミスの度合いが全然違う』との事やった。

やっぱりリングから逃げたミスをした時は完全に相手の逆速攻を食らうしチームメイトの受ける感情もリングに向かってのミスした時とは比べもんにならん位違うと思う。


最近バスケをしてて中学の時の監督の言ってた言葉や高校の時の監督に言われた言葉の意味が、今になって少し理解できてきたような気がする時がある。

その言われた時も分かったような感じでいたけど、ホンマに理解してたかは怪しいし今の自分よりは絶対に劣ってたと思う。


これから自分はどんな場所でバスケを続けて行くかはまだ分からんけど、どんな場所でする事になっても今まで教えられてきた事を常に頭の中で持ち尚且つ新しい事も吸収して、もっと自分のバスケを高めれたらええな~!!









AD

Street basket

テーマ:

iverson

久しぶりの更新です!!

最近はテスト終わったこともあって自由に使える時間がだいぶ増えて、旅行行ったり、北京の観光行ったり、もちろんバスケしたりとゆっくり過ごしてました。


バスケの面に関しては、週三回の全身のウエイトトレーニングと語言大学のストリートのコートでのバスケ位です。

その語言大学で今バスケの大会があり、自分もその大会に以前一緒にバスケしたことがある人の誘いでそのチームで参加してます。


この大会ってゆうのが凄いおもしろくて、金曜日と日曜日の週に2回試合があって全チーム合わせて10チーム、最初にまず総当り戦をやりその後に成績順の上位4チームが決勝リーグに参加できるってゆうシステム。

何がおもろいかって言ったらそれはチーム別で色んな国が参加してるってこと!!


中国、日本、韓国、フィリピン、ドイツ、もちろんアメリカ!!その他にもいくつかの国が参加してるんやけど中国におってこんな色んな国の奴等とバスケできるってゆうのはホンマおもろい。


国によってバスケのスタイルも違えばレベルの高さも違う。

ヨーロッパ系の元国の代表選手もいればアメリカの華僑の2mで走れるセンターもおる、もちろん白人、黄色人種、黒人、色んな人種が参加してる。


この大会に参加する前は、ストリートでしかも中国やからそんなにレベルも高くないやろなって思ってたんやけど、参加してみたら以外にどこのチームにも上手い奴がおるし勝ち負けにこだわるバスケで、やっててもおもろい。


今の自分が参加してるチームってゆうのはドイツ人、中国人、日本人で編成されとって日本人が圧倒的に多い。

バスケのレベルは正直低いし、練習も全然ないし試合だけするってゆう人がほとんどやけど、個人的に集まって練習したりバスケに対して熱い気持ちを持ってる人もまだいるからまだまし。


自分はもっと本格的な練習や勝ち負けにもっとこだわったバスケがしたいけど、これはクラブでもなかったら自分のチームでもないし強制する権利もない。

ほとんどがバスケ経験者やけど、ちゃんとした指導を受けてバスケしてた人は、ほとんどおらんからバスケの考え方も人によって全然違うし、取り組み方も違う。


でもこれも一つのチームやしこんな環境でバスケをすることなんてめったにないから、これも今まで自分にはないバスケの経験やと思って参加してます。


大会の方はと言ったら先週から試合が始まり、今はインドネシアのチームに勝って1勝負けなしってゆう成績。明日はアメリカ系の黒人をようするBallersとの試合やけど、黒人の人達となんてめったにできない真剣な試合なんで自分の出せる最大限のパフォーマンスをして絶対勝ってやろうと思ってます。