中国 No,2

テーマ:

iver

一昨日、中国大学バスケのNo,1を決める決勝が北京で行われた!!

そのうちの1つのチームに自分が前、所属してたチームが入っていて、もちろん応援に行った訳やけど決勝戦に相応しくめちゃくちゃ良いゲームやった!


決勝戦ってゆってもホームとアウェイで1試合ずつ戦って、先に2勝した方が勝ちで1勝1敗の場合でも3試合目の試合はなく得失点差で勝敗を決めるってゆう形式。

んで自分が見に行った試合ってゆうのがホームでの2試合目の勝っても負けても最後の試合やった。


アウェイでやった1試合目のゲームはまさかの20点差での負け(ーー;)

この相手ってゆうのが同じ北京の人民大学、中国No,1を決める大会が同じ北京同士のカードになった。

人民大学と自分が前いた清華大学のバスケ部ってゆうのは北京の大学の中では2校がずば抜けて強く昔からのライバル校らしい。


このカードは一ヶ月位前にも世界大会の中国代表を決める大会であたりそこでは、清華大が人民大を下し清華大が中国代表で世界大会行きの切符を勝ち取った!

その悔しさからか1試合目のアウェイのゲームは完全に人大のペースで最後には20点開いて大敗やった。


2試合目のゲームは得失点差があるから事実上20点差ビハインドでのゲームやった。

試合の方はと言うと開始早々、人民大のキャプテンの3ポイントから始まった。

そのシーンを見た瞬間、SLAM DUNKの山王vs湘北後半戦、開始いきなりの沢北の3ポイントを思い出した!

さすがに中国No,1を決める試合だけはあるなってゆう始まりやった。


その勢いのまま人民大がいくと思ったけど清華大も負けてなく派手なプレーじゃないけど、こつこつ点数を取って1クウォーターは互角の攻防で人民大2点差リードで終わった。


1クウォーター目とは全く変わって2クウォータ目は完全に清華大のペースで始まった。

速攻から流れをつかんだ清華大はセットオフェンスでも良いリズムで攻めれて2クウォーター開始から17対0でゲームが進んだ、このクウォタ-終わってみたら12点差で清華大がリードして最高の形で後半につなげた。


3クウォター目に入っても清華大の流れはとまらんと次々に得点を重ねて、ついに20点差が開いた。

この3クウォター終わりの時点で点差は19点差、ついに前の試合での20点差ビハインドを取り消しにして振り出しに戻った。


この3クウォター終わった時点で見ている側の自分も絶対にいけるって思ったんやけど4クウォターでホンマにバスケって最後まで分からんスポーツやって改めて思わされた。

開始早々、人民大のオールコートプレスで試合が始まった。

このシーンもどっかで見た事あるなって思ったらまたSLAM DUNKの山王のオールコートプレスのシーンやった。

ドリブルさせる余裕もない位にプレッシャーをかけて全員が1つもさぼってるとこがない位の気持ちの入った良いDFやった。


あんな漫画ほど綺麗なDFじゃないけど中国バスケ独特の泥臭い最後の最後まで取りに行く気持ちのDFで完全に清華大のリズムを一気に狂わせて4クウォター20対0からの開始で、残り試合時間4分30秒でついに88対88の振り出しにまた戻った。


今思うとこの試合展開はホンマに SLAM DUNK の実写版を見ているようなゲームやった。

試合前半の互角で始まる試合展開から後半開始の山王のオールコートプレス、ホンマに SLAM DUNK そのままの世界。

中国に住んでる人はテレビで生中継されてたし再放送もされるんで是非見て欲しい。


でも漫画と現実は違った。

最後も人民大ペースで進んでたけど最後の残り30秒あたりで清華の4回生の意地の3ポイントで93対95の2点差まで持ちこんだんやけど、人大のキャプテンの2点シュートでまた4点差、残り10秒でまたさっき3ポイントを決めた清華の4回生の3ポイントでついに1点差。

でもその最後のスリーポイントで試合は終わり最後は人民大が1点差で中国の大学No,1の座を勝ち取った。

表彰式で準優勝のメダルをもらってる清華大のメンバーに笑みはなくホンマに悔しそうな背中やった。

それに1点差の負けはホンマに悔しいと思う。

自分も高校の大事な大会で最後に1点差で負けたけどこん時の悔しさは半端じゃなかった。

たかが1点差やけどその1点差が試合の勝ち負けを決めるし、この1点差は見た目以上に大きいもんがあると思った。


でも清華大には人民大ですら出られへん世界の舞台がまだあるし、この負けをバネに世界の舞台で暴れて欲しいと思う今日この頃でした(~_~)

AD

バスケ環境

テーマ:

seika

写真は自分が前通ってた大学内のバスケットコートで、ここだけでもオールコートで10面はとれる位の広さがあって、ここ以外にも大学内にはあと2つ大きなバスケットコートがあってその2つとも、ここと同じ位の広さがあります。

この3つのコートはバスケ部専用のコートとはまた別で、一般の学生やここの大学の学生じゃない人でも誰でも使える仕組みになってて、本間色んな人が混ざってバスケをやってる。


中国はアメリカみたいに街中にコートがあったり(アメリカには行った事もなければ見たこともないから実際はどうかしらんけど…m_dogさん教えて下さい(~_~))とかはないけど大学内にはどこの大学でもたいていは、めちゃくちゃ広いバスケットコートが絶対ある!!


この環境はホンマに日本と違ってバスケをするもんには恵まれてる環境やと思う!

誰でも自由に金も払わずにタダでバスケできる環境なんか日本はホンマに少ないと思う。

高校に通ってるなら高校で、中学に通ってるなら中学校でバスケができるなんてそれは当たり前の事やけど、もし高校も卒業して大学も卒業してそれでもなおかつバスケしたい奴は日本では、どこでやったらいいん?って思う。

そうゆう人達はクラブチームとかに入って週に何回かだけプレーするってゆうんが普通なんやろうけど、もし自分がその立場やったら絶対耐えれへん!!

バスケやりたいって思った時にバスケできひん日本の環境はホンマに悲しいもんがある(-_-;)


もし日本のバスケ環境が中国みたいにバスケしたい時にバスケできたら、もっとバスケのレベルも高くなるやろうしバスケ熱ももっと熱くなるやろな~。

こんなにおもろいバスケやけど、このスポーツのおもしろさをホンマに知ってるんは日本におったら部活に入ってる奴位やと自分は思う。

やっぱり真剣にやってこそバスケだけに限らずスポーツのおもしろさが分かると思う。

日本はそうゆう面で言ったらスポーツに触れる機会が少なすぎる、バスケは体育の時間でちょっとだけした事があるとかゆう人ばかりのこんな程度の環境やし、他のスポーツのアメフト、ラグビー、ホッケーとかなどこの他のスポーツなんて経験できる機会さえほとんどない。


確かにアメフトやラグビーなどの競技は体育の授業では過激すぎで怪我をする可能性が高いから体育の授業ではできないみたいな事を言われたことがあるけど、そんなん言ったらどんなスポーツでもできひんのんちゃうかなって思う。

バスケでも怪我する時は怪我するし、どんなスポーツでも怪我は付き物やし怪我する事を前提に考えてやってたらきりがない。


日本も、もっと小さい頃から色んなスポーツに触れる機会があったらもっと日本のスポーツ熱も熱くなるやろうし、スポーツのレベルも高くなっていくと思う。

それ以上にスポーツのおもしろさをテレビで見る側じゃなく自分で体験して感じることができるんが1番ええと思う。


いつかこんな日本になったら最高やな~(~o~)




AD

ついに!!

テーマ:

iverson

やっとテスト終わった~ってゆのが今の一番の心境!!

テストの内容から言えば難しいって思ったけどテスト受ける前までのプロセスは自分にとって満足できるもんやったから後悔はないし後は1ヵ月後の結果を待つだけ。


大学の入学までに、このHSKってゆう中国語能力試験は7月にもう1回あって、もしこの試験でアカンかっても7月にもう1回チャンスがあるんやけど、なんしか今回の試験で決めたいってゆうのが今の自分の正直な気持ち。

確かに今回で決めてしまえば、大学の入試までにそこまでこんだ勉強をする必要がないから今回で決めてしまいたいってゆう思いもあるんやけど、1番は大学の練習に参加するまでに、もっとバスケに専念できるような時間が欲しいってゆうのが1番大きい。


自分が欲しい結果ってゆうのはHSK6級ってゆうレベルでその6級に受かれば大学の3年次から入学できるシステムが中国の大学にはいくつかあって、それが今の自分にとって1番理想の形やと思ってる。


そのシステムを採用してる大学が上海にあってその大学はHSK6級があれば三年次からの入学が可能やし何よりバスケのレベルも高い!

その大学のバスケは自分の目では見たことないけど結果は残してる大学やし見て見る価値はある大学やと思った。

だからまだ試験には合格してないけど来週あたりに上海のその大学に行って、自分の目でそこのバスケを見て監督と交渉して自分のバスケも見てもらおうと思ってる。


なんのコネもツテもなく自分でバッシュ1つ持って1人で体育館に乗り込むんは正直、結構勇気がいるもんやけど、これも日本におったら経験できひんし、これ乗り越えたらまたバスケ三昧の生活ができると思うんで後ろは見ずに前に進んで行こうと思ってます!



AD

Examination

テーマ:

allen

明日はついに、これからの進路に大きく関わってくる中国語能力テスト!!

この試験によって自分のバスケの進路も大きく変わってくるから、明日は本間に気合入れて頑張らんとアカン!!

今日は試験1日前やからちょっとの見直しとリスニングだけで後は勉強はしやんとこ~と思っててブログ書き終わったら気分転換にバスケしに行くつもり。

ブログ毎回読んでるくれてる方はもうテストって思ったかもしらんけどこれは自分が体験した時とこのブログに載せてる時間がずれてるからです。

この試験が終わったら時間的にも少し余裕が出るんで、その日に起こった事はできるだけその日のうちに書こうと思ってます。

このブログ書き始めたんも人に見せるどうのこうのじゃなくて、今自分が凄い貴重な体験してるからこの今体験したことを自分の頭の記憶だけじゃなくて何か形にしておきたいって思ったから書き始めたわけで特に毎日書ことかそんなんは全然思ってなく、自分が書きたい時に書いてるから、こんな時間のズレが起こっます。


でもブログを書き始めて思ったことは自分が書いた文章を色んな人が読んで意見や考え方を言ってもらたり、自分や友達じゃない第三者からの意見を聞けることが凄い自分にとってプラスになってます。

それに最初は自分のために書いてたんやけど今はそれだけのためじゃなくて本間色んな人に中国のバスケを知ってもらいたいってゆう思いが強くなってきてる。


中国に留学してる日本人も今はそこまで多くはないやろうし、そん中で中国バスケに挑戦してる奴なんて本間に2.3人もおらんと思う。

だからもちろん中国の大学バスケ界について知ってる人なんて本間にごくわずかやろうし自分が動いていかな知ってもらうこともできひんと思うから今、このブログを書いてます。


今はまだ自分も外から中国のバスケを見て思った事を書いてるんに過ぎんから絶対今度は試験に合格して試合のコートに立ち、より生の情報を伝えていけたらええなって思ってます。


明日のテストは今までやってきたもんを全部出しきって絶対納得いく結果を出してやる!(~o~)!





Weight Training

テーマ:

weight

次の大学に入るまでに、もう1度体を作り直すために今、ジムに通ってるんやけど中国のジムも日本のジムもほとんど設備は同じようなもんで少し違う点は値段の差くらいやと思う。

高校時代は恵まれたことに付属大学のジムを使うことができてウエートトレーニングで困ることはなかった。

そのジムにはトレーナーもいたし設備も凄い良くて今思えばもっとメニューをしっかり組んでトレーニングするべきやったな~って思う。

もちろん高校の時もしっかりトレーニングはしてたけど今ほどのトレーニングの知識を持ってなかったし重要性もそこまで真剣に考えたことはなかった。


ウエートの重要性を一番感じたんはやっぱり中国に来て大学バスケに参加してからやった。

日本では大学に行ってなかったんで、どこからがファールとられるとか、どこまでやったら笛は鳴らんとかは分からんけど中国に来て初めて感じたんはホンマにファールのとらん国やなって思った。

でもこっちの環境に慣れてきて思ったことは、ファールのとらん国じゃなくて自分が日本におる時と同じように日本人の感覚でプレーしてる証拠やなって思った。

日本人の感覚でこれはファールやって思ってもここは中国やから、もちろんそんな考え方は通用し~ひんしもちろん笛も鳴らん。

大事なんはその場所にある感覚、ルールになれる事やと思った。

もちろんアメリカに行ったらアメリカの基準があるし日本なら日本の基準があると思う。確かに同じスポーツやけど場所によって少しずつ基準も違うと思う。

だから自分はこの中国ってゆう国で通用する体が必要やと思ったし、通用する体がなかったらやっていくんはキツイと思う。

だからホンマに今の期間は、なくてはならん期間やしもっと自分のプレーの幅を増やせるチャンスやと思う。


前のチームでのウエートトレーニングは日本とは少し違った感じやった。ってゆうより昔の日本のようなトレーニング方法やった!

日本におる時はウサギ跳びは膝に負担がかかり過ぎて良くないって言われてるけど、中国ではウエイトをかついでウサギ跳びしたり柔軟なしでいきなりMAXのウエートでトレーニングしたりする。

しかも普通のレベルの大学やったらまだしも中国のトップレベルの大学の練習ですらこんな感じやからまだまだこの分野は発展してないんやろなって思う。

でもそんなやり方でも彼等の身体能力は高いし体もできてる、だからやっぱり体格は生まれ持ったものが大きいのかと思わされる時がある。

彼等がもし、もっと先進的なトレーニングをしたらもっとそれ以上の力が出ると思うのにって思う反面、その昔の日本のような根性トレーニングやからこそ彼等の力が発揮されてるって思う部分もある。


確かに今の最新技術とかの分析結果とかでは、そんな根性論とかよりも分析結果で割り出された先進的なトレーニングをする方が、一般的には力を発揮できるんかもしらんけど、分析結果だけでは量りきれない事かってたくさんあると思う。

だってそれはコンピューターで作られた物やロボットでもなく、感情を持った一人の人間やから。


HSK受験

テーマ:

iv

前のブログでも書いたように、試合に出るために本科生になるための受験をすることにした。

ホンマに悩んでの選択やったし自分で決めたからには絶対結果を出したい。

中国の受験制度はいくつかあるんやけど自分が選んだのはまずHSKってゆう中国語能力試験で6級をとってそっからまた大学の試験を受験するシステムやねんけど、とりあえずHSKの試験で結果を出さんとまず後ろにも前にも進まれへんから死ぬ気で頑張らなアカンようになった。

勉強に全力そそぐいっぽうで体ももちろん動かしていかんと大学の試験を受かってもバスケの試験に受からんから週3で近くのGYMに通ってバスケは週末に中国人のクラブチームに通って平日は時間ある時に大学のコートで自主練をすることした。

良い方向に考えたらこの2ヶ月間は実践的な練習はでけへんけどこの間に体をしっかり作って中国人とやっても当たり負けせ~へんような体を作ろうと思ったし、前のチームでやってる時も自分と中国人の体の違いで当たり負けする事が何回かあったし、この機会は逆に考えたらホンマに良い機会やと思う。


絶対試験に受かり、もう一度中国バスケに挑戦してブログ読んでくれてる人達に良い報告できるようにしたいと思います。

中国バスケってゆう日本ではあんまり知られてないこの舞台にも、こうやってブログを読んで少しの方でもいいから知ってもらえたら嬉しいし、それが自分にとって中国のこの地に自分の足跡を残せれると思うんで絶対もう一度COME BACKしてまたこの中国から情報発信していきます!!