進路

テーマ:

jw

前の練習試合が終わったとこからの続きです(ーー;)

とりあえず行動起こさなアカンと思ってあんまり気の進まんまま監督のもとに行ったんやけど何を思ったか緊張のあまり急に一言!

 

自分:『ここのバスケ部に入りたいんやけど留学生でもいけます??』

 

監督:『ごめんなさい。うちのは留学生は参加することはできない』

 

自分:『絶対に無理ですか?』

 

監督:『ごめんなさい。彼等は全員スポーツ推薦で入ってきた学生で一般の学生とは違うし、それにもう大会

の選手登録も終わってるんで…』

 

自分:『そうですか~でも自分は前、S大学のバスケ部に入ってたんですけど…』

 

監督:『A軍??B軍??』

 

自分:『一軍の方ですけど…』

 

監督:『じゃあ明日の午後ここにもう一度来なさい。それから君のバスケを見てから決める』

 

S大学の名前ってめっちゃBIGNAMEやん(ToT)/~~~

BIGNAMEに背中押してもらってなんとかバスケ見てもらう約束までは、とれたんやけどやっぱり自分の中ですっきりせ~へんもんがあった。

それは、もし明日見てもらって合格したとしても、あのメンバーのあの雰囲気の中で練習しとって自分はホンマに上手なれるんか?あの雰囲気の中に自分の求めてたバスケはあるんか?

部屋に帰ってからも進路についてずっと考えてた。

異国の地で進路を考えるんは日本におる時と違って親の意見でもなく学校の周りの友達の意見でもなく参考にするもんは何もないし全てが自分の判断のままなんで失敗するんも自分やし上手く行くんも自分やってゆう独特の感覚がある。

 

色々考えて出した結果、次の日のその入部テストには行かんかった。

やっぱり自分が求めてるバスケとは全然ちゃうし、何よりもし受かったとしても試合には出られへんってゆうのが1番大きかった。

自分が思う中国バスケ挑戦ってゆうんは、自分が所属してるクラブがどんだけ強いとかどんだけレベルが高くてもやっぱり試合を見てるだけの立場やったらそれは挑戦でもなんでもないと思う。

やっぱコートに立ってなんぼの世界やしコートに立たんと自分がここでバスケ挑戦してるってゆう足跡を残すことすらでけへん。

 

そのために選んだ進路ってゆうんがとりあえず大学の本科に入ること。

本科ってゆうのは日本でゆう普通の学生のことで前も言ったかも知らんけど今の自分の立場ってゆうのは中国語だけを勉強してる語学生みたいなもんで、その大学内やったら大学生として立場上は認められてるけど一歩外に出たら公式の場ではあんまり役に立たん立場。

他のスポーツはどうかは分からんけどバスケにおいてはやっぱり本科生じゃないと試合に登録することは厳しいし前の大学を辞めた原因でもあるように学校も1人の正式なクラブ部員としては扱ってくれへん。

だから自分はなんとしてでもまず本科に入って、もう1度中国バスケに挑戦することにした。

 

またこれからの事は次のブログで書きます(-_-;)

 

 

 

 

 

AD

中国ベスト4

テーマ:

qh今日も前の続きを書こうと思ってたんやけど、その前に1とつどうしても書きたい事ができたんで先に紹介しときます。

なんと、自分が前所属しとったバスケ部が今日の試合に勝って中国ベスト4が確定しました!!

 

ホンマ今日試合見に行ったんやけど、めちゃくちゃ良かった!

出だしからホンマに乗ってて最後は点詰められて冷や冷やしたものの負ける気がせ~へんくらい今日のバスケは良かった!

スタートでいつも出てるPGが今日は怪我で出られへんかったものの、そんなん関係なく自分等のバスケができてた。

今日の試合ってゆうんはベスト4決めやってんけどベスト4を決める試合からホームで1試合、アウェイで1試合をして勝ち数の多いほうが次に進めるってゆう形式(1勝1敗の場合は得失点)でもう今日の相手とは前にアウェイで試合をして勝ってきてからの2試合目の試合やった。

前は10点差での勝ちやったから負けでも10点差以内やったら得失点差で勝てる試合やったけど今日も勝ちで次に進めてホンマに良かった!

 

これで最低ベスト4が確定して、この時点でも今度、中国代表として世界大会に参加できるかもしらんってゆう可能性が出てきたらしい!!

そんな大学の世界大会があるなんて聞いたことなかったんで、ちょっとビックリした。

でも奴等にはホンマに世界の舞台に立って欲しいし世界で奴等のバスケがどの位通用するんか見て見たいって心から思った。

 

やっぱホンマにバスケは熱いな~って思ったと共に自分も中国バスケ界の舞台に早く立ちたいってゆう思いが心の底から湧いてきた。

自分は確かに中国ベスト4のチームに所属して練習も彼等と同じようにして、彼等と同じように指導され、彼等と同じ生活を共にしたけど自分は一度も試合の舞台に上がられへんかったし上がる権利すらもなかった。

やっぱり試合の舞台に上がらんとそれはホンマに中国のバスケ界でバスケに挑戦してるとは言われへんと思ったし、何より一人のスポーツマンとして、あんな試合を見せられたら居ても立っても居られへん気分やった。

 

前までのブログで色々進路の事について書いてたけど、やっと1つの進路にたどり着くことができたんで次回のブログで決まった進路を報告します。

今回も読んでくれた人に感謝です(~o~)

 

AD

GAME START

テーマ:

jw『試合開始』ってゆう笛と共にアップしてた選手が監督のもとにダルそうに集まってそこから試合が始まった!!

見た目から言ったらホームチームの方が上背もあるし、体格も明らかに良かった。

、相手チームのさっきコーチと思って話かけた選手が明らかに1番デカかったし体が異常にゴツくて一人だけ浮いとった(ーー;)

ホンマにホームチームの選手もデカイのに、その選手等が子供に見える位デカかった!

 

試合開始とともにやっぱスポーツは外見じゃないなって改めて思わされた。

始まった瞬間、そのゴツイセンター率いるチームは足動かして、動かして、これでもかってゆう位OFDFも頑張るチームやった!

そのゴツイセンターを中心にハーフコートでも上手いバスケするし、なによりめちゃくちゃ走る!

ホームチームはアップでしてたダンクなんか一回もできるわけなく開始五分で約15点位は開けられとった。

DFの時は声出して足動かして、絶対守るってゆうような外から見てても気持ちでDFしてるって感じやったしバスケに対する姿勢がDF見ただけでホンマに伝わってきた!

その瞬間、今日ここに来てホンマ良かったって思った。

それは、お目当てに見に来たチームとは違ったけど、ここのバスケ部に入りたいって思うチームを見つけれたから!

試合終わったらすぐそのゴツイセンター率いるチームのところに行って自分が参加したいってゆう思いを伝えようと思った。

そう思ってるうちに試合は終わり最後は30点差位開いてゴツイセンター率いるチームが快勝した!

 

自分の横には他にも観戦してる人がおってその人は応援してる様子からその自分が入りたいって思った方のチームの関係者みたいな感じやったんで、もしかしたらその大学名を知ってるんちゃうかと思って聞いてみた。

 

俺:『すいません、あのチーム(指差してゴツイセンターがおる方)の大学名知ってます?』

 

観客:『A大学だよ』

俺:『じゃなくて、あのゴツイセンターがおる方の大学やねんけど…』

観客:『だからA大学やって』

 

俺:『だから、俺が聞いてるんはホームチームじゃない方の大学名!!(怒)』

 

観客:『両方とも、うちの大学!!』

 

え~って思わず言ってもうた!!

 

最初は意味が分からんかってんけど、話を聞くと俺が入りたいって思ったチームの方はここの卒業生とか引退した選手やった!!

その卒業生の人にも話を聞くことができたんやけど彼等は今は大学の研究生とか、この前、引退したばかりの選手みたいでもう今は練習はやってなくたまに現役生の練習試合相手として呼ばれて来てるようやった。

また振り出しに戻った気分やった。

その卒業生の人からバスケ部に入りたいなら監督の元に行って伝えて見ればって言われたんやけど、自分が入りたいって思ったんは現役生のチームじゃなく彼等のチームやったからあまり気の進む話ではなかった。

でもとりあえず行動起こさな何も始まらんと思ったんで話だけでもしてみようと監督の元へ行ってみた。

 また続きは次回書きます。

AD

あと一歩で…

テーマ:

jw今回は3校目の大学の話(~_~)

前の2たつは、どっちも空振りに終わって今回は、何がなんでも見つけるぞって思って大学に行ったんやけど今回も出だしは空振りになった。

ってゆうのも中国の大学は、だいたいどこも2時位から練習が始まるんでそんくらいに行って見たけど体育館には物音一つしてへん状態やった。

、今日は練習試合で4時からってことを体育館の管理人さんから聞くことができた!

4時まで時間をつぶして、いざ体育館に行ったら、ちょうどアップが始まる時間やった!

体育館に入ったらいきなりドアの正面に190ちょい位のコーチっぽい方がおって試合見学したいって事を伝えると、いきなり『何?何?何?』のオンパレード。

自分の中国語が全く通じてなかった(*_*;

ってゆうのも中国語ってホンマに難しくて発音少し違ったら意味が全く違ってくるし、場所によってホンマに発音もちょっと変わってくるから北京に元から住んでる北京人と地方から来た人やったら同じ共通語の普通話で話しとっても発音が微妙に違って向こうから話す言葉も聞き取りにくいし、こっちから話す言葉も相手にとっては聞き取りにくくてホンマにやっかい。

そやから外国人の話す言葉なんて地方の人にとっては何言ってるか分からへんってゆうんが結構ある!

でも何回か言ったら大体通じるんやけどこの人には自分の中国語がホンマに通じんかった!

んで最後には『I am Japanese』ってこっちも連呼したった(/_;)

じゃあ日本人やって分かったらしく、そこから中国語で話始めたんやけど、さっきのが嘘のように通じるようになった。

中国はコートに入って見学とかも許可なしで全然いけるし、何より決まりがないってことがホンマに楽でええ。

アップを見てるとさっき声をかけたコーチと思ってた人は、実は練習試合の相手選手やった!

アップ中でもめちゃめちゃ声出すし、そのチーム自体の雰囲気も自分が思う理想のもんにほぼ近かった。

プレーはそこまで上手くないんやけど、チーム全体で声出して盛り上げて、なんかがむしゃらさが凄い好きやった。

それとは反対に自分が見に来た大学はアップ中でも皆がダンクして能力の高いとこを見せてるんやけど、雰囲気が凄いダレてて、どんな高いプレー見ても魅かれるもんは全然なかった。

そう思った時に試合開始の笛が鳴った!

試合の模様はまた次のブログで書きます!

北京

テーマ:

jw北京に戻ってからは、とりあえず前のチームメイトに北京のどこの大学のバスケが良いかって事を聞いてから動き始めることにした。

聞いた大学は4つあって、とりあえず1つ目の大学からあたってみる事にしたんやけど、行った時はバスケ部の練習がもう終わってて見る事もできひんかった。

でもその場所におった他のクラブの監督からバスケ部の話を聞くことができた。

1番驚ろいたんが体育館がないってことやった!

確かにバスケ部専用の外のコートがあったけどまさか外のコートだけで練習してるとは思わんかった(雨の日は筋トレ??)

、やっぱり言われたんは『留学生は無理』ってことやった。

その大学は北京でベスト4位の力らしいけど、もちろんバスケ部は推薦でしか入部できひんとの事やった。

中国のバスケの形式は日本と比べてちょっと変わってて自分が知ってる大学だけでも推薦でしか入部できひんとこが、ほとんどやった。ってゆうか1とつの大学を除いて全部やった。

その1とつの大学はゆったら悪いけど日本のサークルとかよりもはるかにレベルも低いし練習もめちゃくちゃやった。

そうゆうこともあって留学生が正式なバスケ部に入部するんは中国では難しいことやと思う。

でも自分に力さえあれば入部できると思うし現に自分は北京一のところにも入れた(自分は力ってゆうより気持ちが伝わったからかな)

だから『留学生はバスケに入れん』って聞いた時も全然、驚かんかったしむしろ言われるやろなって思ってた。

その日はもう他の大学のバスケ部を見る時間もなかったし、また見に行こうと思った。

次の日は違う大学を見に行ったんやけど今回はバスケ部を見ることはできたんやけど入部したいって思う気持ちがいっこも出てこんかった。

ってゆうのも、さっきこのブログにも書いた推薦をとってないチームのとこやった。

体育館に行ったら今日は外でやってるってことやって見に行ったんやけどコートが20面位あって全てのコートでバスケしてて、どれが正規のバスケ部かひと目では分からんかった。

でもプレーを見たらすぐ分かるやろと思って全てのコートを見にいったんやけど結果はどれがバスケ部か分からんかった…

結局、体育館に戻ってどのコートで練習してるんかを聞いてもう一回見に行ったんやけど、そのコートの練習風景は凄まじいもんがあった!ってゆうのも全員私服でシューティングをしとった!

なんでやねんってホンマつっこみをいれたい位の練習風景やった。

でもそれが中国やな~って改めて思った。

日本やったらいくら弱いチームでも正規のバスケ部やったらなんらかのバスケのかっこしてるやろうけど、彼等は本間にジーパンにセーターとかで普通に練習してるから凄い。

別に自分はどんな服装しとっても上手い奴は上手いし下手な奴は下手で服装なんてどうでもいいと思ってるから、それがきっかけでそのバスケ部に興味なくなったんじゃなくて練習態度も適当やし監督の教えてる様子もイイ印象は受けんかったんで、違う大学を探すことにした。

次の回でまた次行った大学をアップします!