解雇

テーマ:
解雇ってゆう言葉はニュースとかでよく耳にする言葉やけどまさか自分が解雇される日が来るなんて思ってもなかった!
練習が終わったあとに副監督に呼び出されて解雇通告を受けた。
自分の中国語力はまだ勉強し始めて4ヶ月やけどその場の監督の雰囲気や、しぐさで分からない言葉があったけど言われた内容は、ほとんど理解できた。
多分、今言った言葉は理解できてないと監督は思い、夜にメールを送ると言ってその場で話が終わった。
なんか話を聞いた瞬間、監督の言った言葉が全て理解できなかったからショックはあまりなかった。
その夜、監督からのメールを見た時に初めてここではもうバスケができないと感じた時に悲しさがドッとでた!
練習がしんどすぎてもう行きたくないって思ったこともあったけどバスケがしたくてもでけへんってゆう辛さは半端じゃなっかた。
この大学のトライアウトを受けて合格して今までの間チームメートにホンマに助けられてきて彼等ともうバスケがでけへんって思うのが1番辛かった!
解雇された原因はいくつかあって1番大きな原因はこの冬の合宿に自分が参加しないことと新入生が入ってきて人数が多すぎること。
合宿は自分も参加が許可されたんやけどその大学の正式学生ではないため実費で払わなければなかったんやけど1ヶ月ってゆう長い期間や試合への参加費、色々な場所への遠征費が高すぎて自分は払うことができずに断った。
もう1つの原因の新入生が入り人数が多すぎるのも、やっぱりうちの監督は少人数制で効率よく練習するのを常に念頭において指導されるかたなので1ヶ月あいてまた参加すれば新入生も入ってるし多いと考えたと思う!
最近、自分のバスケが監督にも理解されはじめ練習でも皆と同じ練習をさせてもらい、これからやって思った時の解雇は本当にきつかった!
でも今はその気持ちを次のバネにして新しい進路を探してポジティブに考えていこうと思ってる!
AD

練習量

テーマ:
ほんと久しぶりにブログ書きます!
練習とか試験とか重なって全然ネットできませんでした!スイマセン(V_V)
今日は練習量について書いてみます!
自分は日本の大学のバスケ部には入ったことがないから一概には言えんけど日本と比べたらこっちの方が練習量が多い気がする!
自分の知ってる日本の大学などは周5とか多くて周6の1日は自主練だったりすると思うけどこっちの大学は周6で日曜以外みっちりやります!
土曜はもちろん試合がない時は朝と昼の二部連が普通で普段の日も毎日3時間みっちりやります!
こっちの練習は日本の大学よりもどっちかって言ったら日本の高校のスタイルに似てると思う!
やっぱそれは練習量の長さであったり1番はキツさやと思う!
こっちの大学の練習は、とにかくしんどい!
走って走ってディフェンスみたいなオールコートをフル活用するような練習ばっかり、人数も少ないし1人1人のプレー時間がホントに長い、でもその分、力もつくし効率はホンマにいいと思う!
明日から冬休みの練習が始まるけど、だいたい練習内容は想像がつく…
でも少しでも上手くなるたまに頑張るで~!
AD