喰蔵ブログ in アメブロ♪

香川のグルメサイト【喰蔵 -くうぞう-】を運営している私が日々食べ歩いたネタを書いてます♪
宣伝もちょっと入りますが純粋に食べ歩きが好きな人間なのでよろしくです☆


テーマ:

国道11号線からトキワ新町を南へ約60mの場所にある
『ちょいのみ ほのり』

 


以前は『胡可胡 (ごかご)』というラーメン屋さんがあった場所で、
見るからに“一杯飲み屋”の雰囲気全開で、下戸の私には扉を開けるのに勇気が必要なお店です。

 

この時は常連さんに案内されて行ってきたのですが、
10人も入れば満席の小じんまりとした店内は満席で、
すでに滞在時間が長かった常連さんが気を利かせて御会計をしてくれたおかげで
なんとか入る事ができました♪

 

こういうタイプのお店は滅多に入らないのですが、
普通の飲食店ではありえないくらい店の人と常連さんの距離が近く、
何も言わなくても阿吽の呼吸で、そういう事をしてくれるのは素晴らしいと思います◎

 

カウンターに置かれた“おばんざい”をあてにお酒を楽しむお店なので
ガッツリ料理を食べる目的で立ち寄るにはオススメしませんが
店主をはじめ、常連さん達のキャラの濃さは一見の価値あり。

 


そんなお店で食べたのは「昔ながらのナポリタン 750円」。

 

実を言うと今回紹介してくれた常連さんがこれがオススメだと言うので来てみたのですが
前述の通り、ガッツリ食事が目的のお店ではないので
数人が一度に注文すると材料が無くなってしまうらしく、
いつの間にか店主の姿が消えてると思ったら足りない食材を買いに行ってくれてました♪

 

店としては「材料が無くなったので売り切れです。」と言ってもいいと思うのに
面倒くさそうな表情を一切せず、しれっと買い物に行ってくれる優しさが素晴らしい◎

 


そうして完成したナポリタンは、熱々の鉄板に目玉焼きも乗ってる本格派♪

 

この雰囲気の店で、このビジュアルのナポリタンが出てくるとは思わなかったし
たっぷりケチャップを使ってるけど水分は多すぎず、
シャキシャキ食感のピーマンと玉葱はもちろん、
JAS上級レベルの旨味の強いソーセージもバランスよく混ざっていて
結構理想のナポリタンに近かったです◎

 


他にも「あじ三杯酢」「あさり酒蒸し」「骨付鳥」を食べましたが
どれもお酒のアテにピッタリのちょい濃いめの味付けなのも良かったし
何よりも店内は家庭的な温かさに溢れていて楽しい時間を過ごせました♪



 


▽メニュー紹介

▼セット
「ちょいのみSET(お好きな飲み物とおまかせ料理3品) 1,000円」
「讃岐名物 骨付鳥SET(ひな1本とお好きなドリンク) 1,000円」

▼値段が書いてあった料理
「昔ながらのナポリタン 750円」
「デミグラスハンバーグ 600円」
「豚肉と卵の味噌炒め 600円」
「ミラノ風ドリア 600円」
「冷奴 300円」
「枝豆 300円」
「野菜サラダ 400円」

▼値段が無かった料理
「牛と蓮根のしぐれ煮」
「サンマ塩焼き」
「鯛のあら炊き」
「マカロニサラダ」
「ピリ辛こんにゃく」
「豚バラの甘酢炒め」
「マーボードーフ」
「ナスのからし漬け」
「サバの味噌煮」
「ブロッコリーと卵のツナマヨサラダ」
「なまこ酢」
「茎わかめ」


【住】香川県高松市瓦町1-12-26
【電】080-6388-8585
【営】12:00~翌3:00
【休】無休
【席】9席(立ち飲み席2席有り)
【駐】無し

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

JR新宿駅に隣接するビル<ルミネエスト新宿店>の8階にある
『こなな ルミネエスト新宿店』

 


ダシを使ったパスタがコンセプトのお店で、
料理だけでなく店の雰囲気も和と洋が融合していて
綺麗さとオシャレさを兼ね備えた雰囲気がいい感じ♪

 

しかも今回案内された席は店の奥の窓際席だった上に
席に着いたのが16時40分くらいだったので
夕方から夜に変わっていく新宿の街並をビルの8階から見れたのはラッキーでした◎

 


そんなお店で注文したのは
期間限定パスタの「豚肉とみぞれ大根の柚子風味 1,180円」と
定番パスタの「小貝柱と紀州南高梅のみぞれ風 980円」と
期間限定デザートの「りんごとカスタードのリングシュー 820円」。

 


そして待つこと約12分でパスタより先にリングシューが到着♪

 

基本的に私はセットのデザートやドリンクは
食事と一緒に持ってきてもらえるお店の場合は同時でお願いするので
デザートが先に出てくるのは日常茶飯事だし、
行儀悪く見えるけど、食事しながらデザートを食べるのが大好きなので
こんなふうに先に出てくると食事との配分がしやすくて嬉しい◎

 

しかもここのリングシュー、
『ビアードパパ』のようなシュークリーム専門店にもひけをとらないくらい美味しい☆

 

サクッ!と香ばしい焼き目と濃厚でなめらかなカスタードクリームの相性は抜群だし、
軽く甘く煮たリンゴは浅いコンポートのような感じで、甘さが優しくてリンゴの風味が活きてます♪

 


それを堪能しているところにパスタが到着。

 

で、その味はというと「小貝柱と紀州南高梅のみぞれ風」は
パスタもダシも冷たく仕上げてくれているので
フェデリーニだと思う細麺だけど食べ終わるまで食感がしっかりしてるのもよかったし
ダシの旨味を強く感じられて、梅や大葉の酸味と相俟ってすごく美味しかった☆♪♪

 

小貝柱も思ったよりたくさん入ってるのも嬉しかったし
ダシの濃さが絶妙で、全体的にさっぱり味なのに物足りなさを全く感じないのが素晴らしい◎

 


反面、「肉とみぞれ大根の柚子風味」は醤油ベースの濃いめの味付けなので
しっかりと胃に溜まる感じだし、少量なのに全体に爽やかさをくれる柚子もいい仕事してます♪

 

水菜や白髪葱が盛り付けに華を添えてくれてるし、
豚肉と舞茸をパスタと一緒に食べると、それぞれの旨味が口の中で合わさるのがよかったです。

 


という感じで和食文化の日本だからこそ生まれた創作パスタは
どれを注文しようか悩んでしまうほど他のメニューも魅力的だし
東京だけでなく、神奈川・大阪・兵庫・京都・名古屋にも支店があるので
是非立ち寄ってみて下さい。

 


▽メニュー紹介

▼湯気まで美味しいあったか和ぱすた
「えびと帆立のごま味噌豆乳クリーム 1,180円」
「豚肉とみぞれ大根の柚子風味 1,180円」

▼冬のあつあつ贅沢鍋ぱすた
「炙りサーモンの味噌豆乳クリーム 1,180円」

▼CAFE Winter Menu
「りんごとカスタードのリングシュー 820円」
「抹茶ホワイトショコラミルク 650円」
「黒蜜きなこの豆乳ラテ 580円」

▼セットのメニュー
「甘味のセット 和ぱすた+400円」
「おばんざいのセット 和ぱすた+300円」
「リングシューのセット 和ぱすた+500円」

▼自家製豆腐とお野菜たち
「お豆と明太子のポテトサラダ 270円」
「トマトとワカメときゅうりのさっぱり生姜酢マリネ 300円」
「いんげんと根菜の黒ゴマアーモンド和え 340円」
「自家製豆腐あんかけ柚子風味 360円」
「自家製豆腐大葉香る梅れんこん 360円」
「海藻と梅しらすのサラダ 300円」
「れんこんチップの和風シーザーサラダ 340円」
「お好きなおばんざい3種盛り 430円」

▼おだしの和ぱすた
「とろろと半熟柚子胡椒風味 1,230円」
「明太子としらす野沢菜添え 980円」
「おくら、なめ茸、とろろのねばとろ 880円」
「小貝柱と紀州南高梅のみぞれ風 980円」
「湯葉と筍の“こななのくろ”風味みょうが添え 1,080円」
「豚肉と花かつをのあっさりトマト風味 1,230円」
「刻みあなごの海苔風味 1,080円」

▼醤油の和ぱすた
「合鴨と白ねぎの甘醤油だれ 1,230円」
「グリーンアスパラと半熟卵の醤油風味 1,130円」
「山菜、なめ茸、大根おろしの醤油風味 1,030円」
「あさりときのこの醤油風味 柚子の香り 980円」
「鶏そぼろとかぼちゃの醤油風味 1,180円」
「たことしゃきしゃき大根の醤油風味 1,130円」

▼味噌とクリームの和ぱすた
「アスパラとスモークサーモンの味噌トマトクリーム 1,280円」
「牛すじと九条ねぎの赤味噌 1,280円」
「小貝柱と水菜のうにクリーム 1,230円」
「あさりとかぼちゃの味噌赤だし風 980円」
「鶏そぼろと茄子の味噌トマト 1,130円」
「蒸し鶏と枝豆の白味噌クリーム 1,080円」
「ひじきとかぼちゃのあっさりクリーム 880円」

▼豆乳のカルボナーラ
「きのこと厚切りベーコンの半熟卵添え 1,230円」
「きんぴらと水菜のおばんざい風 1,080円」
「ほうれん草とスモークサーモンの半熟卵添え 1,280円」

▼こなな特製のリングシュー
「抹茶小豆とわらび餅 700円」
「キャラメルショコラ 730円」
「紫芋クリームと抹茶アイス 750円」
「木いちごと白玉 780円」

▼自家製のふんわり豆乳プリン
「いちごベリーの豆乳プリン 450円」
「香ばしいほうじ茶の豆乳プリン 450円」
「柚子オレンジの豆乳プリン 430円」
「濃抹茶の豆乳プリン 430円」
「黒蜜きな粉の豆乳プリン 450円」

▼こなな大福
「まるごといちごの大福 500円」

▼和風ボウルパフェ
「栗と抹茶わらび餅のチョコがけ和パフェ 780円」
「紅あずまとかぼちゃの生麩のみたらし和パフェ 780円」

▼アッフォガート
「自分で点てる抹茶アイスのアッフォガート 650円」
「豆乳アイスのアッフォガート 500円」
「ほうじ茶アイスのアッフォガート 530円」


【住】東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿8F
【電】03-6303-0577
【営】11:00~23:00
【休】不定休(ルミネエスト新宿に準ずる)
【席】54席
【駐】無し

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

有楽町駅から東へ約4分の場所にある
『銀座のジンジャー 銀座本店』

 


店名の通り、生姜をコンセプトにしたお店ですが、
同時にオリジナルコンフィチュールも非常に人気で
2階のカフェで堪能した物を1階の売店で買って帰る事ができるのがいい♪

 


銀座という立地もあって店のデザインも綺麗で清潔感に溢れ、
店に入った瞬間にほとんどの店員さんがこちらを見て
「お食事でしたらお2階へどうぞ。」と優しく促してくれる気持ち良さもポイント◎

 

で、ここは目的をもって立ち寄った訳ではなく、
周辺を探索してる時に店のコンセプトに惹かれて何となく気になって入ってみたのですが
12時半頃にもかかわらず客席は貸切状態で、あまり人気が無いのかと思いきや
よほどタイミングが良かったらしく、後からすぐに満席になったので
先に心おきなく店内を撮れてよかった◎

 

そしてメニューを開いてみると思った以上に種類が多く、
生姜を使った飲み物やカフェ飯など何を注文しようか悩んでしまいます♪

 

とか言いつつ最初のページにカキ氷が載っていて
頭の隅では、すでにどのカキ氷にしようか悩んでいる自分に気づく◎

 

あと、元々はどんな生姜メニューが食べられるかが気になって入ったお店ですが
1階の売店やメニューブックを見るとコンフィチュールのほうに興味が湧いて
結局は「コンフィチュールパンケーキ 1,080円」と
月替わりのカキ氷の中から
「帰ってきた!カマンベールティラミス&ふわふわマシュマロクリーム」を注文。

 


それから待つこと約10分で完成したカキ氷は、
これ以上盛ると崩れるだろうと思う限界くらいまで高く盛られている上に
山頂に少し雪が積もっているかのような感じでココアパウダーがかかっていて
食べるのがもったいないくらい芸術的♪

 

カマンベール蜜が染み込んだ粉雪のような繊細かつ柔らかい氷と、
ふわふわのマシュマロクリーム、
ほろ苦さが甘さを引き立ててくれるココアパウダー、
これだけでも美味しいのに、食べ進めると氷の中から
蜂蜜でコーティングされたナッツが出てくるのも良かったし、
店自慢のセンガナセンガナのコンフィチュールが別容器で提供されてるので
途中でかけて食べればイチゴジャムの濃厚な甘さがプラスされて
席に届いてからのビジュアルから食べ終わりまで全てに満足できるカキ氷でした☆

 


それを食べてる途中に運ばれてきた「コンフィチュールパンケーキ」は
重量感のあるしっかりした食べ心地のパンケーキで、生地にハーブが練り込まれていて
単体で食べるとデザートというより食事をしてる感じ。

 

そこに店がセレクトした3種類のコンフィチュールをつけて食べれば
果実の風味をしっかり感じるジャムを
飽きる事無く食べ比べができるようにバランスがとれていました◎

 

今回はイチゴとオレンジとキウイのジャムでしたが、
これはお店がセレクトするので何が出てくるかはお楽しみ♪

 

あと、ハチミツとアイスも添えられているので
甘いものに目が無い私としては大満足◎

 


という感じで通りがかりに気になって入ったお店でしたが
かなり当たりに出会えて幸せな一軒でした♪♪

 


▽メニュー紹介

▼かき氷
「センガセンガナ 980円」
「キウイブラン 880円」
「オレンジ生姜 980円」
「ジンジャーミルク 108円/エスプーマ216円~/コフィチュール216円~」

▼季節のかき氷
「自家製レモンカード&キウイブラン 1,280円」
「帰ってきた!カマンベールティラミス&ふわふわマシュマロクリーム 1,080円」
「本気生姜氷-ジンジャーシロップ屋さんんお生姜のかき氷 1,080円」

▼カレー
「ジンジャーキーマカレー 900円」
「こんがりチーズの焼きカレー 900円」

▼ライス
「ポークジンジャープレート 1,180円」
「サーモン&アボカド丼 1,280円」

▼パンケーキ
「コンフィチュールパンケーキ 1,080円」
「ミール・パンケーキ・フルーツサラダ 1,180円」
「ミールパンケーキ・プロヴァンスタイル 1,380円」

▼焼き菓子
「プロヴァンスの太陽ダグワーズ 216円」


【住】東京都中央区銀座1丁目4-3 Quartier Blanc GINZA 1F・2F
【電】03-3538-5011
【営】11:00~20:00(Lo.19:00)
【休】不定休
【席】38席
【駐】無し

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

都営大江戸線「築地市場駅」から徒歩約3分の場所にある
『手打ち蕎麦 成冨 (なるとみ)』

 


かつてテレビ朝日系列で放送していた「堂本剛の正直しんどい」という番組で
市川海老蔵さんがゲストだった回で紹介された時からずっと気になっていたお店♪

 

2008年12月10日放送分だったので約8年前の事ですが、
海老蔵さんが言っていた「本当に美味しい蕎麦は塩と水で食べる」というセリフの印象が強すぎて、
いつか行こうと思っていたお店にようやく行く事ができました◎

 

それほどの大物も利用するお店で、しかも銀座という立地ですが値段は良心的で
昼間にはサラリーマンの“おひとりさま”がたくさん来店してました。

 

店の雰囲気は、蕎麦屋でありながら純和風ではなく
白い壁やむき出しの天井が少し西洋的で、不思議な空間。

 

客席が全部で19人分のわりには店員さんが4~5人いて、
何でこんなに多いんだろうと思っていましたが、
おそらくは蕎麦担当や天婦羅担当といった感じで
それぞれが専門の作業をしているのが理由のようでした。

 

そうする事で毎日同じ作業を繰り返し、更なる高みへと精進しているのかもしれません♪

 


そんなお店で食べたのは
「鴨せいろ 1,800円」と「辛味大根のおろしそば 1,200円」。

 

開店直後に入ったせいか少し待ち時間が長くて、約10分経った頃に両方とも完成。


 

国内の名産地、茨城・北海道産等の原料を
産地ごとに打ち分けた十割手打ち蕎麦にこだわっているだけあって
薄く緑色がかった麺が、見るからに風味が強そう◎

 

で、当然ながら文句無しに美味しくて
鴨の旨味が溶け出した甘みの強いつけダシで食べる「鴨せいろ」と
辛味大根の適度な刺激とスッキリした後味でありながらダシの旨味が濃い
「辛味大根のおろしそば」を食べてると、
やっぱり王道の「せいろ 800円」を食べたくなって途中で追加♪♪

 

私の後に数人来たお客さんの注文が通っていたので
次も10分ほど待った頃に完成し、到着と同時に食べてみると
最初からこれを注文すればよかったと思うほど先の2種類より遥かに美味しかった☆♪♪

 

王道ではありますが、これほどまでにクセが少なく旨味豊かなダシは久しぶりに出会いました。


冒頭にあったように塩と水で食べたい気持ちはありましたが
明らかに田舎から出てきたおっさんがいきなりそんな注文をつけるのは失礼だと思い自粛。

 

それでも、十割蕎麦なのに二八蕎麦かと思うくらいの細さと長さも素晴らしかったし
何よりも8年越しで追い求めていた念願のお店に寄れて心から満足できました◎

 


▽メニュー紹介

▼冷たいそば
「せいろ 800円」
「追加せいろ 700円」
「辛い大根付せいろ 1,000円」
「ごぼう天せいろ 1,100円」
「葱天せいろ 1,200円」
「穴子天せいろ 1,800円」
「帆立天せいろ 1,800円」
◇ぶっかけタイプ
「揚げ玉と薬味の冷しそば 1,000円」
「辛味大根のおろしそば 1,200円」
「ごぼう天と葱天の冷しそば 1,200円」
◇季節のそば
「野菜天せいろ(8種の野菜) 1,600円」
「鴨せいろ 1,800円」
「大盛り 300円」

▼温かいそば
「かけそば 900円」
「揚げ玉そば 900円」
「ごぼうのかき揚げそば 1,100円」
「水菜と辛味大根のおろしそば 1,200円」
「葱天付かけそば 1,300円」
「帆立と葱のかき揚げそば 1,500円」
「穴子天付かけそば 1,900円」
「帆立天付かけそば 1,900円」
◇季節のそば
「野菜天付かけそば(8種の野菜) 1,700円」
「鴨なんばん 1,800円」

▼天ぷら
「ごぼう天 600円」
「葱天 700円」
「蓮根天 800円」
「穴子天 1,200円」
「帆立天 1,200円」
「天ぬき(帆立と葱のかき揚げ) 1,000円」
◇季節の天ぷら
「野菜天の盛り合わせ(8種の野菜) 1,200円」

▼季節のデザート
「山椒わらびもち(和三盆仕立て) 700円」

▼おつまみ
「板わさ 600円」
「焼味噌 700円」
「長芋の漬物 700円」
「生湯葉のさしみ 800円」
「穴子の煮こごり 800円」
「そばがき 1,000円」
「うにの佃煮 1,200円」
「しょうが葛あんかけ豆腐 1,000円」
「油揚げのふくめ煮と伏見唐辛子の焼きびたし 1,000円」
「合鴨のロースト(ビネガー仕立て) 1,300円」
「玉子焼き(2人前) 1,500円」※手が空いてる時のみ


【住】東京都中央区銀座8-18-6 二葉ビル1F
【電】03-5565-0055
【営】月~金11:30~14:30/18:00~20:30
   土11:30~15:00
【休】日・祝・第3土曜
【席】19席
【駐】無し

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

都営大江戸線の麻布十番駅から徒歩1分の場所にある
『麻布十番焼肉 kintan (キンタン)』

 


都内に11もの店舗を展開する<株式会社 カルネヴァーレ>という会社が経営するお店の一つで、
去年の9月に『代官山焼肉 kintan (キンタン)』の記事も書いてます。

 

で、その時は気候の高さが原因で店側が提供を自粛していた
『日本一のサーロインユッケ ハーフ&ハーフ』を求めて行っていきました♪

 

で、今度は間違いなく食べられるように普段あまりしない予約をしっかり取って
かつ、ユッケを1人前確保してもらっていたので安心して行く事ができました◎

 

ちなみにグループの全店舗で扱ってる訳ではありませんが
せっかく行くなら前回と違う店舗にしようと麻布十番を選んでみました。

 

その中でも“アートとインテリアが融合した大人の空間”がコンセプトなだけあって
店の入口からオシャレなのはいいけど、
扉を開ける前から、ガラス張りの向こうにいる数人の店員さんがこちらを見て迎えてくれたし、
帰りもわざわざ外に出てまで見送ってくれたので外観の写真を撮るタイミングがありませんでした。

 

そして店内に入ると予約の有無を聞かれ、
確認が取れるとまず上着を預けるように促されて2階の客席へ。

 

上着はそのまま専用のクローゼットに収納され、帰る時に着せてくれましたが
番号札はおろか、何の目印もつけてなかったのに一言も確認をされる訳でもなく
ちゃんと間違わずに出してくれたのは素晴らしい♪

 

特に男性が着る冬用のコートは似てる物がすごく多くて
他のお客さんの物と間違って帰ってしまうという事例も珍しくないけど
ここはそんな心配をする必要がなさそうです。

 

が、御会計にサービス料が5%加算されてるのを見ると
それくらいは普通なのかもしれませんね。

 


そして案内された2階の客席は重厚感のある色合いの木をふんだんに使った空間で、
皮張りのイス、繊細な模様が施された絨毯、機能的かつセンスのある照明などが
焼肉屋さんというより、バーやラウンジを思わせる“大人の空間”が広がっていて
オシャレの中にカジュアルさを感じさせる代官山のお店とは雰囲気が全く違いました。

 

で、ここでも大きな一つの空間の中で
上品かつ身なりのいい人達ばかりが静かに食事を楽しんでるので
店内写真を撮れるタイミングが無かったのが残念。

 

ただ、このお店は5つの個室が用意されているので
そこを利用できれば写真は撮り放題だと思います◎

 

特にテラス付きの個室があるとの事なので、気になる人は問い合わせてみて下さい。

 


そういった雰囲気なので店員さんの接客も物静かで上品。


もちろん、丁寧だし店の雰囲気にも合ってるとは思いますが
田舎育ちの私としては少し堅苦しさを感じていたのですが、
1人の女性店員さんだけは表情・声のトーン・受け答えの全てが明るくハキハキしていて
とても好感が持てたので、追加や御会計で呼ぶ時もその人を探してしましました♪

 


そんなお店で最初に食べたのは「熟成 KINTAN 2,280円」。

 

よく考えたら熟成された牛タンを食べたのは初めてで、
焼く前の状態だけでは熟成度は分かりませんでしたが
食べてみると確かに普通の牛タンよりは風味が豊か。

 

味の濃さはそれほど強くなかったけど、噛む度に口の中に広がる香りは段違いで
手間暇かけて熟成してるのがよく伝わって来ました。

 

 

次に「特上カルビ 2,280円」。

 

これがまた見事なサシで、両面を10秒くらい炙って食べるのが最高に美味しいのに
最初の2枚は写真を撮るために食べ頃を過ぎるのが勿体ないと思えるほどの絶品☆♪

 

舌の上でほとばしる肉汁と甘さを感じる旨味が強烈で、
塩コショウとワサビで食べるのがベスト◎

 

 

次に、とうとう半年前には食べられなかった
「日本一のサーロインユッケ ハーフ&ハーフ 2,280円」が到着♪

 

<王様のブランチ>で見ていたので、ビジュアルは前もって知っていたものの
やっぱり実物を目の前にするとテンションが上がります◎

 

皿が見えなくなるほど一杯に盛り付けられたユッケは
塩ベースと醤油ベースの味で分けられていますが
これが甲乙つけがたい美味しさ☆☆

 

規制が厳しい中でユッケが食べられるだけでも嬉しいのに
新鮮さが引き立つスッキリした旨味と、とろける食感、甘みのある濃厚なタレ、
どれをとっても完璧で、最後はそれぞれの味を同時に食べる贅沢喰いをしてしまいました♪

 

 

次に「国産牛レバー 1,980円」。

 

1頭から900gしかとれないという希少なレバーを使った逸品ですが
これは残念ながら生で食べる事はできず、しっかりと火を通して食べるようになってます。

 

それでも、炙っても肉の柔らかさが失われず
レバーならではの濃厚な旨みが胡麻油の風味とベストマッチで美味しかった☆

 

 

次に「コプちゃん 880円」。
牛の小腸にあたる部位で、いわゆる「コテッチャン」。

 

個人的に焼肉屋さんに来てホルモンは外す訳にいかないので注文しましたが
これも焼き上がった時のプリプリ食感と強烈な脂の旨味が最高で大満足♪♪

 

 

次に「和牛の大トロ握り寿司 1貫580円」を2貫。

 

色を見るだけで新鮮さが分かる和牛は、
大トロのように口に入れたとたん溶けてなくなる絶品◎

 

ネタと一緒に適度にほどけるシャリの握り具合も良かったし
肉料理なのにさっぱりとした食べ心地が箸休めにもなりました♪

 

 

あと、「フワフワたまごスープ 680円」は
玉子のふわふわ食感よりも帽子をひっくり返したような特徴的な形が面白かったし
程よい酸味が爽やかなスープの「冷麺ハーフ 580円」は麺の強い弾力も良かったし
「すごく辛い担担麺ハーフ 580円」☆は、食べた瞬間から頭皮から汗が出るほど辛いのに
食べるのをやめる事ができないほど美味しくて、〆も満足できました◎



という感じで、ようやく目的のユッケが食べらましたが
まだまだ食べるべき逸品や、しゃぶしゃぶの店舗もある会社なので
機会をみて他のお店にも寄ってみようと思います♪

 


▽メニュー紹介

▼おすすめ
「熟成 KINTANの盛り合わせ 2,480円」
「日本一のサーロン・ユッケ ハーフ&ハーフ 2,280円」
「和牛赤身肉の3種盛り 2,780円」
「KINTAN特上ロース     1,980円」
「フォアグラとトリュフの石焼ビビンバ 1,580円」

▼Carpaccio
「日本一のサーロイン・ユッケ(タレ orネギ塩) 1,980円」
「日本一のサーロン・ユッケ ハーフ&ハーフ 2,280円」
「十番名物 雲丹と和牛の鉄火巻き 1,880円」
「十番名物 和牛大トロのばくだん 1,880円」
「和牛の大トロ握り寿司(一貫) 580円」

▼熟成タン
「熟成 KINTAN 2,280円」
「熟成KINTAN厚切り(一枚) 1,580円」
「熟成 ネギたん塩 980円」

▼極上の黒タン
「プラチナタン 4,980円」
「極上黒タン 3,480円」
「国上の黒タン 厚切り(一枚) 1,980円」

▼ジューシーな黒毛和牛
「カルビ 980円」
「中落ちカルビステーキ 980円」
「KINTAN 塩カルビ 1,680円」
「特上カルビ 2,280円」
「KINTANの切り落とし盛り 980円」
「ミスジ 1,880円」
「ざぶとん 2,480円」
「サーロインの焼きすきやき(二枚) 1,680円」
「フィレ 2,980円」
「シャトーブリアン 4,500円」

▼さっぱりな和牛のロースとモモ
「KINTANネギ塩ロース 1,480円」
「KNTAN特上ロース 1,980円」
「十番名物 トリュフロース 2,280円」
「赤身肉の極厚ステーキ 1,880円」

▼雌牛のさっぱり赤身肉
「本日の和牛赤身の3種盛り 2,780円」
「ランプ 1,980円」
「イチボ 2,280円」
「シンシン 1,880円」
「カメノコ 1,680円」
「トモサンカク 2,680円」
「和牛モモ 1,480円」

▼ホルモン・豚・鶏
「飛騨牛 厚切り極上ハラミ 2,780円」
「国産牛レバー 1,980円」
「上ミノ 1,280円」
「コプちゃん 880円」
「テッちゃん 880円」
「本日のホルモン3種盛り 1,680円」
「栃木県産 あさの豚 680円」
「国産鶏肉 680円」

▼逸品
「KINTANシャトーブリアンサンド 3,980円」
「KINTAN風和牛フィレ肉のカツレツ 2,980円」
「KINTAN生雲丹フラン 880円」

▼漬物
「キムチとナムルの前菜3種盛り合わせ 350円」
「キムチ3種盛り合わせ 780円」
「ナムル4種盛り合わせ 780円」
「キムチ 480円」
「カクテキ 480円」
「オイキムチ 480円」
「もやしのナムル 480円」

▼サラダ
「玉締めしぼり胡麻油を使ったチョレギサラダ 880円」
「パクチーたっぷりピリ辛サラダ 780円」
「KINTANシーザーサラダ 880円」
「国産野菜たっぷりのアイオリソース 1,280円」
「KINTANサンチュ 780円」

▼焼き野菜
「焼き野菜の盛り合わせ 880円」
「エリンギ 480円」
「アスパラ 680円」
「山芋 680円」
「焼きアボカド 780円」

▼〆ご飯
「石焼ビビンバ 880円」
「THE KINTANカリー(ひとくちサイズ) 580円」
「THE KINTANメシ(ひとくちサイズ) 880円」
「カルビクッパ 880円」
「秘伝ユッケジャンクッパ 980円」
「ごはん 350円」

▼麺
「すごく辛い担担麺 880円」
「さっぱりお出汁の冷麺 880円」

▼スープ
「フワフワたまごスープ 680円」
「お野菜たっぷりのスープ 780円」
「秘伝ユッケジャンスープ 880円」
「カルビスープ 780円」

▼スイーツ
「さっぱり濃厚KINTAN杏仁豆腐 480円」
「とろける自家製KINTANティラミス 680円」

▼天然素材のジェラート
「大人のピスタチオジェラート 580円」
「有機レモンと黄金しょうがのジェラート 580円」
「季節のフルーツ・ジェラート 480円」


【住】東京都港区麻布十番1-9-2 ユニマット麻布十番ビル1F・2F
【電】03-5563-2929
【営】ランチ月~土11:30~15:00(14:30)/日・祝11:30~14:30(Lo.14:00)
   ディナー月~金18:00~23:00(Lo.22:45)/土日祝17:00~23:00(Lo.22:15)
【休】年末年始
【席】70席
【駐】無し

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

JR新宿駅 東口から徒歩約1分の場所にある
『タカノフルーツパーラー 新宿本店』

 


100年以上の歴史をもつフルーツ専門店が経営するカフェで、
自社ビルという事もあってギフトだけを扱っているフロアがあるのがすごい♪

 

ちなみに今回利用したフルーツパーラーは5階にありますが
同じフロアに食べ放題システムの『タカノフルーツバー』もあって、
どちらを利用するにも同じ列に並ぶように案内されるので
平日の14時半なのに大行列で、40分くらい待つとの事。

 

うーん、どうしよう。
他のスイーツの店を探してもいいけど、頭と胃がパフェモードだしなぁ。


と悩みつつ、そういえば5階に上がってくるエレベーターの中に
地下2階にもあるイートインスペースでパフェが食べられると書いてあったのを思い出して
エレベーターで降りてみたけど、同じように大行列。

 

しかもメニューの種類が少なかったので、やっぱり当初の目的どおり5階へ移動。


すると、さっきより行列が増えていて、4階と5階の階段の途中まで列が続いていたので
迷わず最初から並んでおけばよかったと少し後悔。

 

が、フルーツパーラーもフルーツバーも席数がものすごく多いおかげで
予想以上にどんどん進んで、結局30分も待たずに席に案内されたのはラッキーでした◎

 


約80席ほどある客席は仕切り無しの一つの大きな空間で、
外からの太陽光と店内の温かな色の照明でとても明るくて開放的♪

 

で、この広さの中で満席状態のお客さん同士が会話を楽しんでるのに
あまり騒がしく感じなくて、じっくりとパフェを堪能できたのもポイント高かったです◎

 


そんなお店で注文したのはイチゴパフェとマンゴーパフェ♪

 

メニューリストを控えるタイミングが無くて名前も値段も忘れてしまいましたが
確かどちらのパフェも1,800円くらいでした。

 

というのも、約80人の若い女性で埋め尽くされた中で
おっさんが店内に向かって一眼を向けるのも
メニュー表をパシャパシャ撮るのもかなり気持ち悪い光景だと思うのでやめておきました。

 


そして待つこと約20分で完成したパフェは
最下部がシリアルとかで上げ底されてないタイプだったので食べる前からテンション上がります◎

 

しかもマンゴーパフェのほうは、さすが老舗のフルーツ店というべきか
見事な完熟マンゴーで、飲み込むのが勿体ないと思うほど甘さが濃厚で
とろけるような口当たりが最高で美味しかった☆

 

生クリームやジュレの層は優しい味わいで、
主役の味を邪魔しない程度の甘さで全体のバランスがとれていました♪

 


一方、苺パフェのほうは予想よりかなり甘さが控えめ。


通常の赤いイチゴと貴重な白イチゴを使ってるので色の鮮やかさはいいけど
もう少し甘さが強いほうが個人的には好き。

 

特に白イチゴは甘みも酸味も薄く、食感も少し固かったけど
白イチゴにも色んな種類があるはずなので、
この品種とロットがたまたまそうだったのかもしれません。

 


あと、店員さんの接客はクールな感じで、言葉と動きは丁寧だけど、
全ての作業を無表情で坦々と進めてるのが少し冷たさを感じてしまいました。

 

とはいえ、果物と甘い物が好きな人にとっては憩いの場所だと思うし
食べ放題のフルーツバーも気になるので機会があればまたそちらに立ち寄ってみようと思います。

 


【住】東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野本店5F
【電】03-5368-5147
【営】11:00~21:00(Lo.20:30)
【休】1月1日、2月・4月・5月 第3月曜日、9月 第2月曜日、10月 第4月曜日
【席】約80席
【駐】無し

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

築地場外市場にあるウニ専門店の
『築地虎杖 うに虎喰 (つきじいたどり うにとらくらう)』

 


築地をはじめ、銀座・日本橋・秋葉原・赤坂見附・軽井沢・京都にも様々な飲食店を展開している
<虎杖(いたどり)>という会社が経営するお店の一つで、
過去このお店だけでも3回、支店も合わせると合計5回も
「うに食べ比べ丼」の記事を書いてるほど大好きなお店です♪

 


しかし、過去の記事でも書いた事がありますが
私としては『うに虎喰』が一番お気に入り◎

 

支店でもウニ食べ比べ丼が食べられるし、きっと同じ種類を使っていると思いますが
板前さんや店の雰囲気が全然違うので味も違って感じるのかもしれません。

 


といっても『うに虎喰』は、薄暗い路地の中にポツンと存在しているので
オシャレなお店ではありません。

 

だけど、他の支店がウニだけでなく色んな種類の料理を扱ってるのに対し
ここはほとんどがウニのメニューで、少しマグロをあるくらいなので専門性が高いのがいい感じ◎

 


しかもここの店員さんは気さくで感じがよく、
ど素人の質問にも丁寧に答えてくれます。

 

こういうタイプのお店では、
店員さんが知識に乏しいお客さんを見下している態度を見せる事が稀にありますが
ここはそんな心配をする必要が無いので、友達とかにも紹介しやすいのがいい。


ただ、今回はカウンター席がいっぱいでテーブル席に案内されたので
店員さんとの会話が楽しめなかったのが残念。

 


そんなお店で食べた「うに食べ比べ丼/国産5種 5,980円」は、
やっぱり感動するほど美味しかった☆☆☆

 

季節によってウニの種類が変わるので
来る度に今回は何ウニが出てくるかというワクワク感もあるし
ウニという一つのジャンルの食べ物なのに、これほどまでに味が違うのかと感心させられるのも
食べ比べ丼でしか味わえない楽しみの一つだと思います♪

 

あと、おすすめの食べ方としては
まず何もつけずにウニ単体の味を堪能し、
次に醤油をほんの少しだけかけて味わい、
次に生卵を潰して軽く混ぜたご飯と一緒にほおばり、
違う種類へと移る前に塩こぶを1~2片食べて舌をリセットするといいです◎

 

そうする事で味に飽きるどころか、その都度新鮮な感動と深い味わいを愉しめます♪

 

にしても、このお店のウニは甘味、まろやかさ、濃厚さ、ほろ苦さ
どれをとっても抜群で、本当に新鮮なウニはこんな味がするんだと気づかされます◎

 


あと、「国産うにねぎトロ丼 3,740円」も食べてみましたが
今回の食べ比べの中で一番味が濃かったウニが、
これでもか!と大量に乗っているのも嬉しかったし
ネギトロのスッキリした甘い旨味がウニの濃厚な味とベストマッチで美味しかったです☆☆☆

 

現在、移転問題で色々と大変な築地ですが場外市場は移転しないので、
築地近辺に行った際は是非、一度食べてみて下さい♪

 

▽メニュー紹介
※税別表示

▼うに食べ比べ丼
「うに食べ比べ丼/国産5種 5,980円」※数量限定
「うに食べ比べ丼/国産3種 5,550円」
「うに食べ比べ丼/国産2種 5,480円」
「うに食べ比べ丼/国産3種と海外産2種 4,860円」
「うに食べ比べ丼/国産2種と海外産3種 4,280円」

▼うに丼
「国産うに丼スペシャル 5,880円」
「国産うに丼 4,280円」
「海外産うに丼 2,650円」

▼うに屋の海鮮丼
「本マグロ大トロ丼(海外産うに) 4,560円」
「本マグロ中トロ丼(海外産うに) 3,280円」
「本マグロ三色丼(海外産うに) 3,460円」
「本マグロ二色丼(海外産うに) 3,280円」
「国産うにねぎトロ丼 3,740円」
「うにねぎトロ丼(海外産うに) 2,860円」
「国産・海外産ハーフ うにねぎトロ丼 3,280円」
「本マグロ海鮮丼(海外産うに) 3,550円」

▼丼のトッピング
「いくらたっぷり乗せ 800円」
「カニ爪(1本) 300円」
「マグロ中落ち 500円」
「海苔追加(5枚) 200円」
「単品ご飯 200円」
「ご飯大盛り 100円」

▼うに握り
「国産スペシャル 一貫1,420円」
「国産 一貫980円」
「カナダ(又は他海外産) 一貫650円」
「アメリカ(又は他海外産) 一貫720円」
「中国(又は他海外産) 一貫580円」

▼うに食べ比べ握り
「極(国産5種) 5,880円」※数量限定
「特上(国産3種+海外産2種) 4,720円」
「上(国産2種+海外産3種) 3,960円」

▼うに食べ比べ刺し
「国産4種 5,840円」
「国産3種 4,510円」
「3種(国産2種+海外産1種) 3,480円」

▼濃厚うに丼
「国産濃厚うに丼 3,980円」
「国産濃厚うに丼ハーフ 2,570円」

▼刺身
「ホタテ刺し 700円」
「サーモン刺し 780円
「大トロ刺し 1,400円」
「中トロ刺し 1,000円」
「赤身刺し 600円」

▼元祖!海鮮ひつまぶし
「海鮮ひつまぶし うに15g 2,380円/うに30g 2,880円」

▼豪快!こぼれうに丼
「国産こぼれうに丼 8,880円」
「海外産こぼれうに丼 4,680円」


【住】東京都中央区築地4-10-14 加藤市場1F
【電】03-6324-4237
【営】日曜と月4回(ほぼ水曜)7:00~16:00
   それ以外10:00~16:00
【休】無休
【席】26席
【駐】無し

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

岡山ドームの南側、県道162号線沿いにある
『豚蒲焼専門店 かばくろ 北長瀬店』

 


特徴的な店名は、扱っている料理をそのまま反映していて
それが肩書きにもある豚肉の蒲焼きなんです♪

 

“ぶたかば”と呼ばれる岡山県のB級グルメで、
今ではこれを食べられるお店はいくつかあるようですが『かばくろ』が発祥なんだとか。

 

豚肉を炭火でじっくりと時間をかけて焼き、蒲焼きのタレをかけ、
重箱に詰めて出すので、何も知らずに目の前に出てきたら鰻の蒲焼きだと思うかもしれません◎

 

あと、「ひつまぶし」を模した「ひつまぶた」というメニューや
もう一つの重箱に御飯を詰め込んで上から重ねて成型した
「バカ盛り」というデカ盛りグルメもあったり、色々と楽しむポイントの多いお店です♪

 


そんなお店で注文したのは「ぶたかば重2枚のせ 1,000円」。

うどんの「かけ」のように「ぶたかば重」が一番オーソドックスなメニューですが
“1枚のせ”と“2枚のせ”では見た目のインパクトが全然違うので2枚がオススメ◎

 

そして待つこと約8分で完成した料理は、本当に鰻重のようでテンション上がります♪

 

で、その味は蒲焼きのタレをたっぷり塗ってあるので
口に入った瞬間はまだ鰻重のような印象をうけますが、
噛んだ瞬間に豚の旨味が広がるので、一気に豚の照り焼き丼のイメージになります。

 

それでも濃厚な甘辛ダレと炭火焼の豚肉の相性は抜群で「バカ盛り」という常識外れのメニューがあるのが納得できるほど御飯がすすみます◎

 

という感じで一味違う豚肉料理を堪能できるお店なので
岡山に立ち寄った際は食べてみて下さい♪

 


▽メニュー紹介

▼ぶたかば
「ぶたかば重1枚のせ 680円」
「ぶたかば重2枚のせ 1,000円」
「月見ぶたかば重 肉1枚のせ800円/肉2枚のせ1,120円」
「ネギ温玉ぶたかば重 肉1枚のせ850円/肉2枚のせ1,170円」
「ひつまぶた 肉1枚のせ930円/肉2枚のせ1,250円」
「ネギマヨぶたかば重 肉1枚のせ800円/肉2枚のせ1,120円」
「豚かば焼膳(ごはん・みそ汁付) 肉1枚のせ880円/肉2枚のせ1,200円」
「ぶたかばサラダ丼 肉1枚のせ880円/肉2枚のせ1,200円」
「男盛りプレート 980円/みそ汁セット1,060円」
「レディースプレート 780円/みそ汁セット860円」

▼セット
「ミニカレーたんたん麺・サラダセット +360円」

▼得セット
「Aセット(ぶたかば重1枚のせ/ミニカレーたんたん麺/ミニサラダ) 940円」
「Bセット(月見ぶたかば重1枚のせ/ミニカレーたんたん麺/ミニサラダ) 1,060円」

▼オプション
「ごはん大盛り 無料」
「ごはんバカ盛(約1kg) +300円」
「お肉1枚追加 +320円」

▼トッピング
「温玉 90円」
「ねぎ 90円」
「チーズ 90円」
「ポテトサラダ 100円」

▼カレーたんたん麺
「たんたん麺セット +290円」
「サラダセット +410円」
「たんたん麺単品 +390円」
「サラダみそ汁セット +200円」
「サラダセット +120円」
「みそ汁セット +80円」
「ごはん 150円」

▼お子様メニュー
「おこさまそぼろ重(ドリンク付) 390円」

【住】岡山県岡山市北区今1-9-27
【電】086-250-4896
【営】11:00~21:00
【休】無休
【席】62席
【駐】17台

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ニトリ岡山奥田店の東隣にある
『博多ラーメン 琥家(こや)奥田店』

 

ラーメン屋以外にも
『博多モツ鍋・ホルモン焼 小鉄』
『炭火焼肉 まん福』
『とりや 小次郎』
『ジャンボ串焼 とりとん』
『やきとり 伝説』
『肉バル モック』
などの飲食店を手掛ける会社が経営する一つの店舗で、
トタンや古材を使ったレトロなデザインがいい感じ♪

 

店内も天井が高く、解放感があるし
テーブル席だけでなくカウンター席も用意されているので“おひとりさま”でも気軽に利用できます◎

 

ラーメン激戦区でも知られる岡山の中でも人気も高いようで
週2や週3で通う人も珍しくないんだとか。

 

それは11時から深夜24時45分まで、
昼休み無しの通し営業をしてるのも利用しやすいポイントだと思います。

 

あと、カウンター席は厨房が丸見えで調理風景も愉しめるし
それなりに年月を感じる建物ですが清潔感もバッチリなので女性客にも好まれそう♪

 


そんなお店で注文したのは<博多直送極細麺>として分類されている
「シロ 600円」と「アカ 700円」。

 

坦々麺や味噌ラーメン、つけ麺もありましたが店の肩書きが“博多ラーメン”だし、
「シロ」と「アカ」というメニューの構成が『一風堂』に似てるので
迷う事無く上記の2品を“かためん”で注文。

 


そして待つこと約5分で完成した2種類のラーメンは、やっぱり『一風堂』系の出来栄え◎

 

味も少し似てるものの、当然ながら独自の味わいに仕上がっていて
豚骨のコクとまろやかさは濃厚に堪能できるのにクセや臭みが全く無くて
後味がすごくスッキリしているので、極細麺の食べ心地の良さも手伝って
あっという間に完食してしまいました♪♪

 

逆に言えば、クセ全開で豚骨の臭さも好きな人には物足りなく感じると思いますが
この優しい味わいなら幅広いお客さんに支持されるのも納得でした◎

 

これだけクオリティの高いお店なら「つけ麺」の味も期待できるので
もし再訪する機会があれば注文してみようと思います♪

 


▽メニュー紹介

▼博多直送極細麺
「シロ 600円/肉入り780円/もやし入り780円/全部入り900円」
「アカ 700円/肉入り880円/もやし入り880円/全部入り1,000円」
「激辛クロ 880円」

▼中太麺
「坦々麺 700円/大盛り+100円」
「みそ 700円/肉入り880円/もやし入り880円/大盛+100円」

▼極太麺
「つけ麺(冷・釜あげ) 小700円/中770円/大840円/ピリ辛+50円」

▼オプション
「特製 +150円」
「替えめし 130円」
「替え玉 100円/ランチタイムは50円」

▼トッピング
「のり 100円」
「煮玉子 100円」
「青ねぎ 100円」
「明太子 150円」

▼ご飯物
「チャーハン 480円/大580円」
「温玉キムチチャーハン 550円/大650円」
「チャーシューごはん 320円」
「明太子ごはん 320円」
「キムチごはん 320円」
「白ごはん 150円」

▼一品
「ひとくち餃子 10ヶ350円/ハーフ5ヶ180円」
「唐揚 5ヶ580円/ハーフ3ヶ290円」
「チキン南蛮 590円/ハーフ300円」
「キムチ 200円」

▼得セット
※お好みのラーメンにプラス
※白ごはんおかわり無料
「チャーハンセット 280円」
「餃子セット 200円」
「チャーハン餃子セット 380円」
「唐揚セット 320円」
「チキン南蛮セット 340円」
「まんぷくセット 380円」
「よくばりセット 400円」

 


【住】岡山県岡山市北区奥田南町355-5
【電】086-234-1555
【営】11:00~翌0:45
【休】無休
【席】45席
【駐】11台

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

スーパーオートバックス高知御座店から薊野バイパスを約50m南下した場所にある
『鳥心 (とりしん) 本店』

 


以前も記事に書いた事がありますが、
私はこのお店で食べるまでチキン南蛮という料理にそれほど興味が無かったのですが
こんなにも美味しいチキン南蛮があるのかと感動させられた大好きなお店です☆☆☆

 

しかし、隣の県とはいえ香川から高知までは
車で1時間半くらいかかるため頻繁に食べに行く事ができず、久しく食べてなかったので、
今回は『鳥心』のチキン南蛮を食べる為だけにトンボ帰りしてきました♪

 

他人から見るとバカだなぁ。と思う行動かもしれませんが
食べる事が何よりも好きな私は、こういった変な行動をしてると自分らしさを実感できます◎

 

しかも、出発した時点で閉店まで1時間40分くらいしか残って無くて
法定速度で走って約1時間半かかると言う事は
順調に着いたとしてラストオーダーのギリギリ前に着くという予定で、ドキドキ感もありましたww

 

そして予定通り店に着いたのがラストオーダー10分前。
急いで店に入って注文を済ませた頃には外の看板の照明が消えていて、本当にギリギリでした♪

 


で、注文する料理は「チキン南蛮定食」と決めていたので
席に着いたと同時にメニューを一瞥もせず注文しましたが、
待ち時間の間によく見てみたら、以前は750円だった定食が950円になってるじゃありませんか!

 

元々、750円では安すぎると思っていたので950円でも全く問題ありませんが
急に200円値上がりしてるのは少し驚きました。

 

が、これは私が2年くらい寄れてなかったので知りませんでしたが
調べてみると850円の期間もあったようです。

 

しかし!約10分待った頃に出来上がったチキン南蛮を見ると
以前よりも鶏肉がすごく大きくなってて、これなら200円の値上げでも安いくらいです◎

 

ちなみに、ここのチキン南蛮はタルタルではなく
オーロラソースがかかっていて、私はいつもソースを別皿でお願いしていたのに
久しぶりすぎて普通に注文してしまったものの、
途中で気付いて急いで店員さんにお願いしたら間に合ったのでよかった~♪

 

一般的なチキン南蛮はカットしてありますが、ここは大判の一枚肉を使っているので
切った時に出てくる肉汁の量も多いし、何よりも切る感覚さえもカリッ!ジュワッ!としていて
食べる前からすでに目で美味しさを感じられます◎

 

そして久しぶりに食べたチキン南蛮は、以前と変わらずものすごく美味しい☆☆☆


200円値上げして肉を大きくしたのは、
私のように1人前では物足りないというお客さんの要望が多かったのかもしれません♪

 

前述のようにソースを別皿で提供してもらってるので最後まで衣のパリパリ食感も愉しめるし
ソースをつけずに食べる事もできるのがお気に入り◎

 

にしても何でこんなに美味しいんだろう♪
この大きさでサラダ、スープ、御飯をつけて950円で提供できるという事は
特別な鶏肉を使ってるはずがないので、おそらく調理方法が見事にハマッているんでしょうね◎

 

もし、この味が香川でも食べられるなら間違いなく頻繁に利用するし、
予約必至の繁盛店になると思うので
いつか香川にも支店を出してほしいものです♪

 

 

▽メニュー紹介

▼定食
「チキンナンバン定食 950円」
「唐揚定食 950円」
「辛子炒め定食 950円」
「酢だれ定食 950円」
「酢どり定食 950円」
「チキンカレー 950円」
「手羽先(塩コショウ味・名古屋風) 350円」
「砂肝唐揚 350円」
「皮酢 350円」
「ミニサラダ 350円」
「揚げだし豆腐 350円」
「フライドポテト 350円」
「冷ヤッコ 350円」
「骨付鳥 ひなどり750円/おやどり750円」※15分くらいかかります
「足唐揚 700円」
「軟骨唐揚 500円」
「えだまめ 300円」

▼単品
「チキンナンバン(サラダ付き) 750円」
「唐揚 750円」
「辛子炒め 650円」
「酢だれ 650円」
「酢どり 650円」
「ライス 200円」
「スープ 200円」

 


【住】高知県高知市南川添15-3
【電】088-883-8501‎
【営】11:00~14:00(Lo.13:45)/17:30~22:00(Lo.21:30)
【休】第1第3水曜・木曜
【席】60席
【駐】30台

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。