鳳雛塾blog

新潟県新潟市の少年柔道チーム鳳雛塾(ほうすうじゅく)の子供達の奮闘記、指導者の思い、練習や試合の様子を綴ります。



テーマ:
100キロ超級  原沢久喜選手 銀メダル!
 78キロ超級  山部佳苗選手  銅メダル!


まず山部選手の試合を見ていて
今回は山部選手の本来の素晴らしい技のキレが
たくさん見られました!
素晴らしい技です!
銅メダルという成績以上の素晴らしいものを見せてもらいました!
好不調の波が激しい印象のある選手で、さらに初戦から強豪選手との対戦でしたが、見事な大外刈、払腰を次々と決めて柔道の美しさを見事体現してくれました!
素晴らしい技をありがとうございます!

{6963EDB1-65AA-42F3-8ED9-466FC0531D7C}

{0FD75A88-5DE7-48DD-999A-DD3999F10D15}


原沢選手も準決勝までは常に試合の、主導権を握り続けて安定した闘いぶりを見せてくれました!

決勝に関して…
王者リネール選手の闘いぶりに、いろんな意見が飛び交っておりますが…

やはりリネール選手の強さは感じました。
もはや負けられない絶対王者として石橋を叩いて渡る柔道…でロンドン五輪に続いて二つ目の金メダルを手にした事はすごい事です。

準決勝  イスラエルのサッソン選手に指導リードしたとこらから、サッソン選手の袖釣込腰でリネール選手が大きく崩れて腹ばいに畳に落ちるシーンがありました。そこからリネール選手は慎重に試合を進め…というかサッソン選手の組手を切り全く組ませない柔道に変えてきました。
しかし終盤にリネール選手に指導が与えられ指導ポイントが並ぶと、またリネール選手はサッソン選手に組み勝ち、返されるリスクの少ない捨身技(隅返、浮技)を仕掛け、最後は終了ブザーギリギリに、サッソン選手の頭を下げさせながら浮技で投げ技有で勝ちました。

サッソン選手に組ませない柔道をしていましたが、リネール選手は十分にサッソン選手に組み勝って投げるだけの余力を残していたという事です。それだけ石橋を叩き、慎重な試合展開を作っていたと言えます。

決勝においても
序盤に原沢選手の組み手を殺しながら組み勝ち
指導が二つ、立て続けに原沢選手に与えられました。そこから一切原沢選手に両手を組ませず、自らも両手で組まず…


現行ルールの審判目線から見ると、

積極的に組み合わない
場外に出る
偽装攻撃
等々な指導が、もう少し早くに与えられても良かったのではないか?
と感じました。

サッソン戦を見ても感じましたが
それらの指導が与えられていれば
もっと面白い試合になっていたのではないか?
と感じました。

結果としてリネール選手が勝っていたかもしれません。力が落ちてきたと言われていますが、例えそうだとしても、まだまだそれくらいリネール選手は強いです。

例え、同じ負けたとしても世界最高峰の試合の最も高いところで、原沢選手に柔道をさせてあげたかったと思いました。

結果として
リネール選手は金メダルを手にしながらも
会場から大ブーイングを受けるというなんとも後味の悪い試合になってしまいました。

何故、あの試合のリネール選手に対してだけは
こんなに指導が与えられなかったのか?

とにかく
現行ルールで奨励している柔道を
他の試合同様に
原沢選手にもリネール選手にもさせるよう
促して欲しかったと強く感じました。

とはいえ、絶対王者リネール選手にあそこまで
徹底して組み合う事を嫌がらせた原沢選手も素晴らしい銀メダルだったと思います!
そして試合後のインタビューにおいてもそれらに関しては全く口にする事なく前向きな受け答えをしていた原沢選手に大変感動しました。

{52EC0DCB-75BA-48C2-8A92-E21F5254B1EE}

{BCD9EF6E-5AAC-454C-954D-254F141646CB}

{F08DB374-62EC-4A2E-96D9-9AB3A353A56D}








その他の試合は全階級通じて非常に面白くて
これまで見てきた近年のオリンピックでは
日本人選手以外の試合も
突出したおもしろさだったと感じました!




リオ五輪 日本柔道は

60        高藤直寿選手         銅メダル
66        海老沼匡選手         銅メダル
73        大野将平選手         金メダル
81        永瀬貴規選手         銅メダル
90        ベイカー茉秋選手  金メダル
100      羽賀龍之介選手     銅メダル
100超  原沢久喜選手         銀メダル

男子 金メダル2個  銀メダル1個   銅メダル4個
全階級メダル獲得!


48       近藤亜美選手         銅メダル
52       中村美里選手         銅メダル
57       松本    薫選手         銅メダル
63       田代未来選手         5位
70       田知本遥選手         金メダル
78       梅木真美選手         2回戦敗退
78超    山部佳苗選手         銅メダル

女子  金メダル1個   銅メダル4個

柔道競技としてのメダル数は過去最高となりました!


私のような者がこのようなところで書くことに
大変恐縮ですしおこがましい事ですが…

14名の選手
井上、南條 両監督をはじめ
監督、コーチ、スタッフの皆さん
惜しくも代表になれなかった選手の皆さん

たくさんの感動をありがとうございました!

そして強化委員長としてまさに命をかけて日本柔道の再建に御尽力された斉藤 仁先生にも、日本柔道の末席を汚す者として心より感謝しております。



リオ・デ・ジャネイロオリンピック柔道競技での日本柔道の活躍を我々少年柔道関係者が、普及につなげなければいけないと感じています!
それが我々の使命であると感じています!



*リオ五輪に関しての記載、すべて私個人の感想や思いで書き綴らせていただきました。
異論、反論等々ごさいますかと思いますが、あくまで個人の感想としてご容赦くださいますようお願い申し上げます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
100キロ級 羽賀龍之介選手 銅メダル
78キロ級   梅木真美選手   2回戦敗退

{A1AE0C4C-79C6-4623-98CC-166FB98147E0}

{59E59CDB-86A1-48D6-B62E-E57459235785}




羽賀選手、銅メダル!
羽賀選手にとっても悔しい銅メダルだろう。
世界チャンピオンとして金メダルを狙っての五輪
銅メダルが満足ではない事はその表情から想像できるところだ。

金メダルを目指しながら1度負けたところから気持ちを切り替える事の難しさを考えたら、常に金メダルを目指す日本の柔道選手が銅メダルを獲得する事はとても大変な事だと思う。

羽賀選手に勝ち、準決勝、決勝を一本勝ちで
金メダルに輝いたチェコのクラパレク選手。

昨年の二月に講道館に行った時、クラパレク選手も講道館に宿泊していた。

その時クラパレク選手は
3階のロビーでずっとPCを見ていた。
かなり長時間にわたりPCを見ていた。

クラパレク選手がPCで見ていたのは、柔道の動画であった。ワールドランキング入りする選手達の動画を見て研究していたのだ。

クラパレク選手は、世界一になるまで大好きなお酒を断ったという話しを聞いた。
そして2014世界チャンピオンとなってからも
オリンピックチャンピオンになるまではお酒を断っているという話しを聞いた。

そしてクラパレク選手はついにオリンピックチャンピオンに輝いた。

きっと格別に美味しいお酒を口にしたに違いない。
{C1876DBC-D8ED-4042-A521-483E08234B8E}

{8AF88FB5-4689-4016-9110-D71801C586FC}

{15B74140-031A-4B0F-8DBF-3465F206BA87}

78キロ級の梅木選手も昨年の世界チャンピオンだが五輪の緊張感からか、初戦でハンガリーのヨー選手に敗れた。
手足の長いヨー選手はクロスグリップを取りながら、大内刈を引っ掛けてくる。それ自体に威力はないが、本来持ち続けると反則となるクロスグリップを大内刈を引っ掛ける事で反則とならず、梅木選手は攻撃できない状態となる。
指導が与えられ攻めあぐねて、有効2つ取られての悔しい敗退だった。




大会最終日
100キロ超級 原沢久喜選手
  78キロ超級 山部佳苗選手
が出場する!


100キロ超級  原沢久喜選手
{8B337B30-83F6-4A91-8454-447BA6F1E3BE}

原沢久喜(はらさわ ひさよし)
山口県出身
大西道場ー日新中学ー早鞆高校ー日本大学ーJRA


今回のオリンピックが世界初挑戦となる原沢選手。昨年の全日本選手権を制して無敗のまま今年の全日本選手権に挑んだが準決勝で敗退。
しかしそこまでのIJFサーキットに連戦連勝し、リオ五輪代表争いのトップを走っていた世界選手権2位の七戸 龍選手にも連勝した事でリオ五輪代表の座を射止めた。

組手が上手く試合の主導権をとったところからの内股、大外刈の偉力は抜群だ。


初代表ながら日本柔道重量級の復権を託された原沢選手の前には偉大なる壁が立ちはだかる。

フランスの英雄 テディ リネール選手だ。

{F307662E-2C71-456F-B23F-46AF4FB1F56F}

{68FDBA4E-34EF-4473-ABF3-08482A07B884}

世界選手権100キロ超級7連覇の絶対王者

204㎝ 130㎏の巨体は美しいほどに鍛えあげられている。

高い身体能力、スピード、パワーもずば抜けている。厳しい組み手からの戦術にも長けており、完全に相手の組み手を殺してからの、内股、大外刈、大内刈、さらには隅返などの捨身技をも駆使して2010年東京で行われた世界選手権無差別級決勝で上川選手に敗れたのを最後に公式戦で負けていない。

北京五輪は銅メダルに終わったが、
その間行われたロンドン五輪ももちろん金メダル
今大会で2連覇を目指す。

この怪物に、原沢選手を介して日本柔道の英知を尽くして挑む様相は、昭和39年東京五輪で打倒ヘーシンクを目指した日本柔道と酷似している。

もちろん当時と違い柔道は世界中に広がり、世界の200の国の地域で親しまれており、各国で強化されている。

ヘーシンクに的を絞れた昭和39年
リネール選手だけにまたを絞れない現在の違いがある。

それでは
組み合わせを見てみよう。
{38CCA660-4B7F-4F5C-B20A-3D387EEA5E2E}

原沢選手は、いきなりジョージアのオクルアシビリ選手と対戦する。オクルアシビリ選手は長年、リネールを追う第二グループにいたが、このところ上位に勝ち上がれない。力が落ちているのでやりにくい相手ではなさそう。
準々決勝はチュニジアのヤバラー選手が上がりそうだがこれまで勝っているので本来の調子に戻れば勝ち上がる可能性大。

準決勝はワールドマスターズで一本負けしている巨漢ナテア選手との対戦が予想されるが、ワールドマスターズでは気管支炎やギックリ腰などあまりにも原沢選手の状態が悪すぎた。

ナテア選手もワールドマスターズで突然ブレイクしただけで成績は安定していない。

リネール選手は初戦で、日本航空第二高校から日大に進み100キロ急で学生チャンピオンにもなったテムーレン選手と対戦が予想される。
また、ブラジルの巨漢シルバ選手、やはり2mオーバーのロシアのサイドフ選手らがひしめき合うブロックとなっている。
しかしリネール選手の強さは別格。
サイドフ選手の捨て身技からの十字固めが飛び道具的に炸裂すればリネール選手を食う可能性もないわけではないが、やはりリネール選手に死角は見つからない。

準決勝はオランダのメイヤー選手、韓国のキム選手、イスラエルのサッソン選手が有力。サッソン選手は重量級ながらに背負投にキレがあり、この半年は出場したほとんどの大会で表彰台に上がっている。
ヨーロッパ選手権の決勝でリネールに敗れたが、終盤まで粘りを見せた。

原沢選手が決勝までにいかに消耗せずに勝ち上がり、リネール選手がテムーレン選手、シルバ選手もしくはサイドフ選手、サッソン選手らとの対戦でどれだけ消耗するか…

ここら辺もカギとなる。

原沢選手には、託された重責よりも平常心をもって一戦一戦挑んでほしい!



78キロ超級
山部佳苗選手

{3AAB1196-2404-43A9-A559-30786468F1B9}

山部佳苗(やまべ かなえ)
北海道出身
厚別区体育館柔道クラブー東栄中学ー旭川大高ー山梨学院大学ーミキハウス

田知本愛選手やや有利と言われた代表争いを皇后杯で最後の最後に追い抜いての代表入り。
払腰、大外刈に加え透かしたりする器用さを持ち合わせている。

好不調の波が激しい印象もあるが、好調時であれば世界の強豪に打ち勝つポテンシャルを秘めている。

今回の五輪では、高いポテンシャルを振り切って一気に頂点を目指してほしい!


組み合わせは
{AF021796-CD2A-4F66-A233-85EEBC109E88}

初戦でリトアニアの選手、
準々決勝でウクライナのイアロムカ選手と対戦で、どちらも気の抜けない相手だ。
是が非でもそこを勝ち上がって準決勝で
ロンドン五輪、2013.2014世界選手権優勝のキューバのオルティス選手との対戦してほしい。

決勝は何かのアクシデントがない限りは中国のユーソン選手が勝ち上がると思われる。

もちろん山部選手は一戦一戦が勝負になるが、オルティス、ユーソン選手の2強を崩してほしい!


リオ五輪 柔道最終日

がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ原沢久喜!
がんばれ山部佳苗!







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ五輪柔道競技5日目
日本柔道やりましたー!

90キロ級 ベーカー茉秋選手  金メダル‼︎

70キロ級 田知本遥選手  金メダル‼︎

{7964760C-2745-48FC-BAE3-3B438A7CC592}

{B51BDE58-DE1C-478C-9C3A-25E2CA297B21}

{EE5EBAF9-ADE9-4B87-9467-6671745C81A6}

もう何も言う事はない!

田知本選手の柔道に関しては、本当にすごかった!
2回戦でワールドランキング1位のポリング選手と対戦という組み合わせ、そして開始直後に有効を先取されるという試合展開から、有効を取り返して並び、GSで逆転勝ちするという試合は、
厳しいながらも「ノレる」要因にもなったんじゃないかな?と感じました!


ベーカー選手は全ての試合を通じて危なげない試合での金メダル!
大野選手とは全く異なる印象の強さを見せての金メダルには、たくさん勉強できる部分がありました!


さぁ大会6日目

100キロ級  羽賀龍之介選手
78キロ級    梅木真美選手
が登場します!


100キロ級 羽賀龍之介選手
{FB911721-E511-4627-8B6C-843AF500F3C9}

羽賀龍之介(はが りゅうのすけ)
宮崎県出身
光武館笹田道場ー朝飛道場ー六角橋中学ー東海大相模高校ー東海大学ー旭化成

2015世界チャンピオン。個人的に羽賀選手については書きたい事がたくさんありますが、あえてみどころだけを書きたいと思います。

かつての名選手には「代名詞」とも言える強烈な得意技を持った選手が多く存在しました。
現在のルールから「幅の広い柔道」をする選手が増えて「代名詞」となるほどの…相手がわかっていても投げてしまうほどの強烈な得意技を持った選手が少なくなっている傾向の中、羽賀龍之介といえば「内股」と言う「代名詞」を持った選手です。

なので羽賀選手の内股にはもちろん注目してもらいたいです。さらに踏み込んでいうと同じ「内股」ですが数種類の入り方、投げ方の違う内股を使います。そこらへんも見てもらえればよりコアな勉強が出来るのではないでしょうか?

また内股だけでなく、内股を軸として大外、小内、大内、小外などの連続技がいいところで出てきます!
さらに立技だけでなく寝技にも注目!

春に傷めた膝の回復具合が心配ですが、羽賀選手はきっとやってくれると思います!



組み合わせ的には羽賀選手が初戦、2回戦でつまずく事はないと思われるが、準々決勝で2014の世界チャンピオン、チェコのクレパレク選手との対戦がひとつの山となる。ロンドン五輪で穴井氏に勝ったクレパレク選手がまたも日本の前に立ちはだかる。
が、クレパレク選手の初戦がフォンセカ選手の可能性もあるためクレパレク選手も油断ならない。フォンセカ選手の柔道は組み際の一本背負投が中心だが、足技に目を見張るものがあり大物をも一撃で仕留めるキレもある。

上の山は大激戦で誰が勝ち上がってもおかしくない。
フランスのマレ選手、日大ーJRAのレイズ選手とオランダのグロル選手の初戦も見逃せない。
また同国にリパルテリアニ選手がいる90から階級を上げてギリギリ五輪出場権をモノにしたジョージアのグビニアシビリ選手もいる。グビニアシビリ選手はまだ21歳ながらものすごいパワー柔道で昨年の世界選手権ではベイカー選手に勝っている。ただスタミナに難あり。
何れにせよこの山はおもしろい対戦が次々と続く。できる事なら準決勝で羽賀選手とレイズ選手の対戦が見たい!

反対側にはアゼルバイジャンのガシモフ選手が第一シード。その山にはエジプトのダルウィッシュ選手、北京五輪で鈴木桂治氏に勝ってそのまま金メダリストに輝いたモンゴルのナイダン ツブシンバヤル選手がいる。
下の山には、パチェック選手と韓国のチョ グ ハン選手の初戦に注目。
ペータース選手との熾烈な国内代表争いを制したドイツのフレイ選手も有力なファイナリスト候補。
パキスタン代表で出場している筑波大のシャーフセイン選手にも注目したい。


有力選手が多く群雄割拠のこの階級、羽賀選手には金メダルを手にして絶対王者の称号を勝ち取ってほしい!

{5E5177EE-2F57-4639-83EA-49F129E9DBB6}




78キロ級 梅木真美選手
{6F4EE4FF-49BD-4530-9A47-74880E731EC8}

梅木真美(うめき まみ)
大分県出身
九重柔道クラブー小国中学ー阿蘇中央高校ー環太平洋大学

2015世界チャンピオン
初挑戦の昨年の世界選手権では動じない柔道で一気に世界の頂点に上り詰めた。
その後、大きな大会での優勝はないが、世界選手権からの1年間で上積みされているものがあれば今回の金メダルも十分に期待できる。

とにかく体幹が強く、体軸がブレない強さがある。崩れない。崩されない印象。
また大外刈や払腰も破壊力がある。

この一年でどんなプラスαがあるのかとても楽しみなリオ五輪である。

組み合わせは、初戦でモンゴルのブレブジャルガル選手とハンガリーのヨー選手の勝者と対戦。

そこを勝ち上がると準々決勝で、ワールドランキング1位のハリソン選手と対戦する。
ハリソン選手にはGS東京で敗れており、厳しい闘いとなりそうだが五輪初挑戦の勢いで勝ち上がってもらいたい!

反対側では
フランスのチュメオ選手、2013世界チャンピオン 北朝鮮のソル選手がいきなり初戦となる2回戦で対戦する。
その他のシード選手は
オランダのファルケルク選手
スロベニアのベレンセク選手
イギリスのパウエル選手
地元ブラジルのアギアル選手
ドイツのマルツァン選手

梅木選手を含めて誰が勝ってもおかしくない階級で非常に予想は難しいが一戦一戦勝ち上がり、五輪の金メダルを手にしてほしい!



がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ羽賀龍之介!
がんばれ梅木真美!



今日も眠れません!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ五輪柔道競技、早くも折り返し地点です。

81キロ級と63キロ級が行われ、永瀬選手が銅メダル、田代選手は5位という結果でした。

永瀬選手は、初戦を有効勝ち、3回戦を合技で勝ち、準々決勝に進出。
UAEのトマ選手と対戦、やや攻めあぐねている印象がありましたがいつか捉えるだろうという展開。トマ選手の片手から袖釣込腰に反対側から落ちるて有効を奪われてしまいました。
それでも逆転できるという感じでしたが、トマ選手は指導とられても逃げ切るという露骨な柔道。
結果、捉えきれずに準々決勝敗退。

敗者復活戦ではカナダのヴァロアフォルティエ選手に一本勝ちして、3位決定戦では元世界チャンピオン  ジョージアのチリキシビリ選手に有効勝ちして、銅メダルを死守しました。

世界チャンピオンの永瀬選手にとって銅メダルが目標でない事は明白で、やはり悔しい銅メダルとなりました。

{66C1FBAD-663C-4BD9-A062-5DCF727F63CA}





63キロ級の田代選手も2回戦、準々決勝と勝ちあがり、準決勝で過去一度も勝った事がないフランスのアグベニュー選手と対戦、アグベニュー選手の強烈な技は完封したものの、不用意な場外指導の反則で惜敗しました。
3位決定戦も元世界チャンピオンのゲルビ選手(イスラエル)に技有負け。残念ながらメダルに届きませんでした。

試合後、「たくさんの方々が支えてくれて、背中を押してくれたにも関わらず、こういう結果になってしまって申し訳なく思っています。」
というコメントに、悔しさと日本代表としての責任感を感じました。

{EF8FBF85-166A-4285-9203-578C21476D8A}



テレビなどマスコミで
柔道選手が銅メダルで謝ることは、他競技の銅メダルを獲得した選手に失礼だ。
という意見が出てるようですが、アスリートは自分の目標としてやってきたところに到達できなかった時に悔しさを感じるものです。
もちろんそれでも充実感を感じることもあるでしょう。
柔道をはじめとする格闘技などの競技は、負けたらとても悔しいものなのです。
負けた経験ばかりの私ですら、負けたらとても悔しいのです。
それが多くの方々の期待を背負い、注目度も高いオリンピックとなれば、その重圧や責任感など我々の知るところではありません。

当然ながら他の競技の選手の銅メダルを卑下する気持ちなど微塵もないと思います。
そんなところで上げ足をとるような意見が出る事自体がとても残念な話しだなと個人的には感じています。



今日は、
90キロ級 ベイカー茉秋選手
70キロ級 田知本遥選手
が登場します。


90キロ級ベイカー茉秋選手
{438E615B-1A3D-414F-8FE6-18EBE70A8397}

ベイカー茉秋(べいかー ましゅう)
東京都出身
春日柔道クラブー文京第一中学ー東海大浦安ー東海大

小、中学生時代は軽量級だったベイカー選手。
小学生時代に鳳雛塾の選手とも対戦がありよく記憶しています。
高校入学後にトレーニングしまくり、
食べまくり増量して、ものすごい身体になりました。

{696F2074-6CE1-4D02-8FF8-3236AFCF5C20}

この肉体は決して、ハーフだから…ではなく
ベイカー選手の努力の賜物だと思います。

このものすごい身体はバランスが良く。
相手の足技を透かしたりする器用さもあります。

注目してほしいところは、大内刈、小外刈などの足技ですが、それらの技は相手がこらえたところから投げきるところまで追い続けるところです。

投げれないだろうと思われるところから、投げきってしまう技や勝利に対しての貪欲さは大変勉強になります。

昨年の世界選手権では銅メダルでしたが、現在世界ランキング1位。

勝利への貪欲なまでの執念で、絶対に金メダルを掴みとって欲しいです!

トーナメントは…
ランキング1位のベイカー選手は第1シード。同じ山にフランスのイディア選手がいるが好調ベイカーは手堅く勝ち上がると見る。
準決勝は、ギリシャの英雄イリアディス選手が存在感を出すが、肉体的な衰えは否めない。
五輪1発勝負に賭けるほどの地力も残っていないと見る。

反対側は韓国のガァク選手、ロシアのデニソフ選手、ジョージアのリパルテリアニ選手と有力選手がひしめくため誰が勝ち上がるか全く予想できない。

地元ブラジルのカミロ選手の名前が見える。
2007  81キロ級で世界チャンピオンになったカミロ選手ももう34歳。
あのキレキレの背負投は健在なのだろうか?

超級のタングリエフ同様に、超ベテラン選手の頑張りにも注目したい。

{4D4C0528-EF41-4F8E-BD9D-5B82EC457602}
イリアス イリアディス選手


{F6D44C8E-C06C-4A34-9A84-9F1E43B040AA}
ティアゴ カミロ選手
{524448EE-2FA0-4233-8D0F-717712FFE09A}



70キロ級
田知本遥選手
{1F50C656-2DAF-4EE9-8891-47EDCC67BB55}

田知本遥(たちもと はるか)
富山県出身
小杉少年柔道クラブー小杉中学ー小杉高校ー東海大学ーALSOK

ロンドン五輪に次ぐ二回目のオリンピック出場。
ロンドン五輪では試合中に肘を負傷して
思うように組めず、力を出し切れることなく終わってしまった。2013以降世界の舞台から遠のいていたが、最後の最後にリオ五輪代表を決めた。

田知本選手の柔道は、姿勢が良くカッコいい。
姿勢良く自分の組手になったところから繰り出す大内刈、大外刈のキレに注目してほしい。
また寝技も上手い。


トーナメントから
ワールドランキング12位の田知本選手はノーシードだが、ワールドランキング1位のポリング選手と2回戦で対戦する組み合わせとなった。
初戦で対戦する中国の選手も不気味だ。
田知本選手が初戦を突破すれば、2回戦がプレッシャーのかかる初戦となるポリング選手としてはいきなり田知本選手との対戦は非常に嫌な組み合わせとも言え、さらに過去の対戦成績では田知本選手が上回っていることを考えると田知本選手が勝つ可能性が高いと思われる。

しかしポリング選手に勝っても、
準々決勝でカナダのズパンシック選手、準決勝でオーストラリアのグラフ選手かドイツのファルカスコッホ選手らシード選手との対戦が待ち受ける可能性が高いが、田知本選手の本来の力が出せればポリング選手を越えれば決勝進出の可能性が高いと思われる。

反対側の山には、2009.2013.2014の世界チャンピオンであるコロンビアのユリ アルベール選手、2007.2011.2015の世界チャンピオンであるフランスのエマヌ選手という2人のビッグネームと、韓国のキム選手、スペインのベルナベウ選手ら有力なシード選手がひしめきあう。

ロンドン五輪を経験しているベテランの田知本選手だけに、その経験値を最大限に活かしてほしい。


がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれベーカー茉秋!
がんばれ田知本遥!




{41206CC8-7ECB-40F7-B1C3-89D8E85B5F5F}
ポリング選手


{89F6523D-1FCC-4DAE-B45C-C68703780AC6}
エマヌ選手


{E250FD85-2FEE-4306-AA4C-5A1D74AB14C5}

ユリ アルベール選手










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
73キロ級 大野将平選手  金メダル!
57キロ級 松本  薫選手   銅メダル!

日本男子柔道8年ぶりの金メダルは
73キロ級の大野選手でした!

しかも
5戦中 4一本勝ち   1技有勝ち
というほぼ完璧な内容での圧勝!

日本柔道関係者が待ちに待った金メダルを
素晴らしい技で獲得してくれました!


五輪二連覇を目指した松本選手は準決勝で
落とし穴にはまったかのような一本負けを
喫してしまい悔しい銅メダル。

もちろん投げたモンゴルのドレジスレンスミヤ選手の技は素晴らしかったのですが、
柔道の怖さも感じました。

準々決勝 フランスのパヴィア選手との試合は
GSにもつれ込む大熱戦。
お互いに一歩も譲らず意地と意地がぶつかり合うような試合は感動するほどでした。



大野選手の柔道を見ると
負けん気の強さと姿勢の大切さを感じます。
心の芯の強さは身体の芯の強さも生むように
感じさせられました。


おめでとうございます!


今日は
81キロ級  永瀬貴規選手
63キロ級  田代未来選手

が当時します!



永瀬貴規選手
{BAF96B8E-E4CA-4C56-8D32-25F273533753}

永瀬貴規(ながせ たかのり)
長崎県出身
養心館ー長崎大教育学部附属中ー長崎日大高校ー筑波大学ー旭化成


永瀬選手は昨年の世界チャンピオンで
世界選手権、グランドスラム等の国際大会で連戦連勝。昨年のグランドスラム東京ではミスジャッジによる不運な反則負けを喫したが、その実力は81キロ以下では抜きん出ていると言われ、金メダル有力候補です。
長身で細身の永瀬選手ですが、非常に体幹が強くて、バランスが良く、長いリーチを活かした巧みな組手から間合いを取っての足車、小外刈、大内刈、内股などに注目していただきたいです。

三年前の全日本学生体重別選手権準々決勝で
鳳雛塾OBのジン先輩(当時日大四年)が対戦して、技有を先取しながらも残り2秒で内股で逆転負けしました。

私が最も印象に残っているのは、昨年の全日本学生柔道優勝大会、筑波大と東海大との決勝。
代表戦にもつれ、筑波大は81キロ級5永瀬選手、東海大は100キロ級のウルフ選手。
背部を持って間合いを詰めてくるウルフ選手に対して、組手で妥協せずに間合いをとって勝利を収めて筑波大を初優勝に導いた試合でした。


組み合わせから
昨年世界チャンピオン永瀬選手が当然優勝候補筆頭。
対抗は2014の世界チャンピオン、ジョージアのチリキシビリ選手、2013の世界チャンピオン、フランスのピエトリ選手。

永瀬選手のブロックは地元ブラジルのベナウベル選手とトマ選手が有力。

手足が長く、摑みどころのない柔道で安定した成績を残しているカナダのヴァロアフォルティエ選手とピエトリ選手が初戦で対戦。
勝者がロシアのカルモルゼフ選手と対戦。
その勝者が永瀬選手と準決勝で対戦することになる。

決勝は強烈な腰車や内股、背負投を武器とするチリキシビリ選手が濃厚だが、下の山から韓国のイ選手、ブルガリアのイヴァノフ選手、ロンドン五輪にドイツのビショフ選手と大激闘を繰り広げたアメリカのスティーブンス選手も自力がある。

{9B45D3CB-ADCD-4CD2-B93E-7CC6A5B4EC1D}

ジョージアのチリキシビリ選手

{DFF5640E-1974-45DE-AE48-66250B878F9D}

フランスのピエトリ選手




63キロ級 田代未来選手

{96980462-208C-44C7-A2B7-04D21F20147B}

田代未来(たしろ みく)
東京都出身
高尾警察署少年柔道教室ー相武館ー相原中学ー淑徳高校ーコマツ

小学生時代から身体能力高くセンス抜群で、将来を嘱望される選手でした。
高校時代に大きなケガをしましたが、それを乗り越えて日本代表まで駆け上がりました。

2014.2015と2年連続で世界選手権で3位となっており、3度目の世界挑戦となるリオ五輪で世界一を狙います。

内股、大内刈、小外刈など切れ味良い立技と、うまい寝技にも注目してもらいたい。

63キロ級は
2015世界チャンピオン トレステニャク選手(スロベニア)、2014世界チャンピオン アグベニュー選手(フランス)、2013世界チャンピオンゲルビ選手(イスラエル)と田代選手の四人を中心に争われるも思われる。

田代選手は、オーストリアのウンターヴルツァハー選手と準々決勝で対戦。
準決勝では、これまで一度も勝ったことがないフランスのアグベニュー選手が待ち受ける。

アグベニュー選手は強烈なパワーから繰り出される腰技、払巻込を中心としたスタイルで攻めてくる。それらの技は破壊力抜群だが、それらの技を繰り出す為の組手、そしてそれらを組み勝った瞬間に躊躇なく打ってくるため、田代選手としては組み手が非常に重要になる、また組み負けた瞬間や、技を受け切ったところから強烈に巻き込んでくる事を念頭においた対処が必要になってくる。
アグベニュー選手に対してパワーに劣る田代選手としては、組み負けないこと、組み勝つことが勝利の絶対条件となりそうだ。

決勝は、トレステニャク選手がくるのか、ゲルビ選手がくるのか…はたまた伏兵が勝ち上がるのかわからないが、アグベニュー選手にたどり着くこと、そしてアグベニュー選手を超える事…

当然の事ながら初戦から1戦1戦が勝負となる。

田代選手はこれまで安定した成績をおさめ続け、大崩れがない強みがある。
今回、まだ超えた事のない大きな壁(アグベニュー選手)に…そして金メダルを獲得する為にどんな戦略、戦術を持って挑むのか大変楽しみである。

大会4日目
寝不足もつらくなってきましたが、今夜も世界中の選手のエキサイティングでアメージングな柔道が観れると思うと思うとワクワクしてきます!


がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ永瀬貴規!
がんばれ田代未来!






 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ五輪柔道73キロ級

{283B141B-10D9-4803-89A6-171C820163CA}

金メダル!

大野将平選手!


おめでとうございます!


つよい!

つよい!

それしか言いようのない柔道でした!


日本男子8年ぶりのオリンピック金メダル!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ五輪柔道競技
66キロ級  海老沼匡選手  銅メダル
52キロ級  中村美里選手  銅メダル

両選手共に銅メダル。
初日の高藤選手、近藤選手の銅メダル以上に
悔しい銅メダルだったかもしれません。
年齢的にラストチャンスの可能性が高く、
海老沼選手は2回目、中村選手は3回目のオリンピックだけにその悔しさは大きいものだと思います。しかし、二人の試合内容は素晴らしいものがありました。
敗れた準決勝も大変拮抗した試合となり、お互いの死力を尽くした試合だったと思います。


素晴らしい試合を見せてくれた海老沼選手、中村選手にありがとうと言いたい気持ちです。


{FAEB0424-0D41-461D-8DBD-31D026622AA1}

{DC5C3B96-BA2A-4CB5-95DB-6E27BD753132}



リオ五輪柔道競技三日目は
73キロ級   大野将平選手
{A4BCBACC-0C81-405D-9C2B-9DE7B6FCE987}

大野将平(おおの しょうへい)
山口県出身
松美柔道スポーツ少年団ー弦巻中学ー世田谷学園ー天理大学ー旭化成

鳳雛塾の小林タクミ先輩、片岡ジン先輩の講道学舎(中学、高校)の同級生である。
彼らの講道学舎入門試験の時を良く覚えている。
入門試験の試合では、タクミ先輩が1位、ジン先輩が3位…そして大野選手は9人中6位の成績だった。
強さ以上に、粘っこい柔道で、負けん気の強さを感じました。しかし、年に二回くらいですが講道学舎に行くと見るたび見るたび変わっていった姿が印象的でした。

注目してほしいのは大野選手の恐ろしいほどの破壊力を持った内股、大外刈
そして時折見せる足技。

2013.2015の世界選手権優勝した時の勝ちっぷりは、相手に「こいつには勝てない」と思わせるほどの圧倒的な強さを見せつけました。


リオ五輪での組み合わせから


73
大野選手の敵は、アンチャンリン選手のみ!
と言い切っても良いくらいに二人の実力は抜きん出ている。
大野選手はアンチャンリン選手には負けなしだが、アンチャンリン選手の真っさらな執念と
逆に大野選手の中にある「柔道とはこうあるべき」という思いと、これまでその柔道を貫いて勝ってきた自負が落とし穴になることだけが怖い。

ムキ選手、ガンバッター選手、エルモント選手、シャリポフ選手、オルジョフ選手らが有力選手がいるが、大野選手とアンチャンリン選手の二人が突出している。

アンチャンリン選手は京都生まれ、桐蔭ー筑波で日本でも学生チャンピオンになっている。


ただ
ここまでの二日間を見てきて
これまでの実績や対戦成績が参考にならないくらい、選手達が五輪モードでバージョンアップしているように見える。

そして外国人選手の柔道も見ていて大変おもしろい!

外国人選手の技がこの4年間で飛躍的に上がっているように思える。
そこらへんも注目していただきたい。


57キロ級  松本 薫選手
{A07F6D61-827E-47DB-BEDE-9C3935037414}

松本 薫(まつもと かおり)
石川県出身
岩井柔道塾ー兼六中学ー藤村女子高ー金沢学院東高ー帝京大学ーフォーリーフジャパンーベネシード

ロンドン五輪金メダリスト。
五輪二連覇を狙う。
近年、好不調の波が激しく序盤に敗退したりする事もあったが、昨年の世界選手権では完璧な内容で優勝を果たしている。
試合では巧みな組手からの小外刈、袖釣込腰、寝技と野獣と評されるその気迫と集中力に注目してもらいたい。

組み合わせは、準々決勝でフランスのパヴィア選手との対戦がひとつの山となる。
長身で試合巧者のパヴィア選手が松本選手に対してどのような柔道で挑んでくるか注目だ。
準決勝では、モンゴルのドルジスレン スミヤ選手かポルトガルのモンテイロ選手が順当なら勝ち上がってくる。
反対側の山からは韓国のキム選手、地元ブラジル期待の世界チャンピオン ラファエル シウバ選手
アメリカのマロイ選手、ウクライナのカプリオリウ選手らがいる。

松本選手がどのくらいのコンディションで試合場に上がるのかが大きなカギとなりそうだが、昨年の世界選手権のようなハイコンディションで挑む事が出来れば五輪二連覇の可能性は高い。



この二日間の試合でもうひとつ気になるところが、審判の傾向である。
ここ数年の国際大会を見ると、指導を与えるタイミングが日によって変わったり、予選ラウンドと決勝ラウンドによって変わったりする。

これは試合者としては非常にやりにくいように感じる。

しかし大野選手も松本選手も、指導の適応などは考えずにひたすら自分の柔道を貫いてもらいたい。


がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ大野将平!
がんばれ松本    薫!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高学年 2回戦敗退
低学年 3位
でした。

高学年に関しては
現状でうまく稽古を回せていない私に最大の原因があると思います。

現状でうまく回せるように工夫しながらやりたいと思います。


低学年はデビュー戦の子もいて厳しいかなと思っていましたが、運良く準決勝まで勝ち進みました。それぞれが本当に良く頑張ったと思います。


昨日のブログ記事に
お叱りのコメントがありましたが
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

全ては私の責任であります。

尚、失礼とは思いましたが
個人が特定できる記載でしたのでコメントを
一部編集させていただきました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リオ五輪柔道競技初日
60キロ級  高藤選手  銅メダル
48キロ級  近藤選手  銅メダル

2名とも悔しい銅メダルでした。
高藤選手は準々決勝でジョージアのパピナシビリ選手と対戦。袖釣込腰で見事に投げたと思ったが、現在ヨーロッパで流行の腹ばいに落ちるテクニックによりノースコア。その後、パピナシビリ選手に指導が与えられて高藤選手が優位に立つも、直後にパピナシビリ選手の肩越しに帯を持っての隅返(正式には浮技)に反応良く腹ばいになり逃れたと思われた瞬間、主審の判定は一本。
ケアシステム(ビデオ判定)で確認したようですが
判定は変わらず。
テレビで流れる別角度のリプレイを見ると
ブリッジしたことにより一本の判定となったようです。現在のルールでは危険防止のために相手の投げ技をブリッジよって背中をつかないように防いだ場合、いかに技の勢いや高さにかけていたとしても一本となります。それが適用されたようです。それでも気をとりなおしての敗者復活戦では
2015の世界チャンピオンである韓国のキムウォンジン選手に有効で勝ち、3位決定戦ではサファロフ選手に指導勝ちして銅メダル獲得しました。
{244475A8-6726-4B2F-BA2B-B532B7E3977E}



近藤選手は、準々決勝でカザフスタンのガルバドラフ選手に技有を先取されながらも残り25秒で抑え込み逆転の一本勝ち。
しかし準決勝で2015世界チャンピオンのアルゼンチンのパレト選手に袖釣込腰で技有で敗れ、3位決定戦へ。3位決定戦では2013世界チャンピオン
モンゴルのムンフバット選手から本戦終了のブザーと同時に大外刈有効で勝ち銅メダルを取りました。

{69F40E28-FCC3-48A0-B4AB-E2816090F895}



二人とも当然金メダルを狙いリオに乗り込んだと思うので銅メダルでは喜べないと思います。

試合終了後に見せた涙と笑顔は、メダリストとして全面に表してはいけない悔しさを噛み締めているようにも見えました。

まだ若い二人の銅メダリストには、全力で世界チャンピオン返り咲きを狙ってほしいと思います。




今日は66キロ級と52キロ級が行われます。

66キロ級代表  海老沼匡選手

{8945FFF9-9643-4ED8-AA03-2D4EC0B8996D}

海老沼匡(えびぬま まさし)
栃木県出身  
野木町柔道クラブー弦巻中学ー世田谷学園ー明治大学ーパーク24

世界選手権3連覇
ロンドン五輪銅メダル

海老沼選手は高藤選手と同じ野木町柔道クラブ出身で中学〜高校を柔道の名門私塾講道学舎(2015.3月 閉塾)ですごしました。
鳳雛塾OBの矢部ショウタ先輩とは講道学舎の同級生です。

スピーディーで超攻撃型柔道で、背負投、一本背負投、袖釣込腰、腰車、釣込腰、大内刈、内股、小内巻込と多彩な技を持ち、その全てが一本取れるキレ味を持っています。
今回も是非素晴らしい技のキレを見せて悲願の金メダルを手にしてもらいたいものです。

海老沼選手は、井上康生全日本男子監督が「最も金メダルがふさわしい男」と評するほど稽古熱心であり、大変ストイックな選手です。

しかし、今回の組み合わせをみると非常に厳しい組み合わせとなりました。


海老沼選手の初戦は力のあるブラジルのチバナ選手。四年前の世界選手権で海老沼選手が勝っているし、この1年間チバナ選手の力がやや落ちてきているのか上位に上がらない事が多いが、地元オリンピックだけに思わぬ力を出す可能性大。自力のある選手だけに初戦の相手としてはとても嫌な選手である。

準々決勝ではウクライナのザンタラヤ選手と対戦。投げても投げても腹ばいに落ちる「ザンタラヤテクニック」を駆使して一時期は60キロ級で世界のトップクラスに君臨し、
2年位前から66キロ級に上げてきたが、2814世界選手権の海老沼選手との準決勝では、海老沼選手が投げても投げても腹ばいになられてGSまでもつれた。

準決勝では
世界チャンピオンの韓国のアンバウル選手かウズベキスタンのソビロフ選手との対戦となりそう。

アンバウル選手にはGSパリで勝っているが、ソビロフ選手には昨年の世界選手権で大内を股の中で回されて一本負けを喫している。
海老沼選手にとってはアンバウル選手のほうがやりやすそう。

決勝はシード4人を中心に誰が上がるかわからないほど有力選手が海老沼の方に固まった。
しかし、
質、量ともに世界一の稽古をする海老沼選手に勝利の女神は微笑んでくれるにちがいない。



52キロ級代表 中村美里選手
{33F62C2D-D83E-4158-AB33-0E610104E253}

中村美里(なかむら みさと)
高尾警察署柔道教室ー相武館吉田道場ー相原中学ー渋谷教育学園ー三井住友海上

北京五輪 銅メダル
世界選手権優勝


銅メダルだった北京五輪
よもやの初戦敗退となったロンドン五輪
そして自身3回目のオリンピックとなるリオ五輪
中村選手にとって年齢的にもラストチャンスとなるだろうリオ五輪で悲願の金メダルを奪取してほしい。

ロンドン五輪後、膝の手術から勝てない期間を経て世界チャンピオンに返り咲いた昨年の世界選手権は中村選手にとってベストパフォーマンスに近い出来だった。
その経験と安定感は日本女子柔道選手の中でも群を抜いている。

中学生の時に講道館杯で鮮烈デビュー以来、48キロ級〜52キロ級でトップクラスに居続ける中村選手だが、常に進化する柔道とクレバーなゲームメイクがあるからこそ長くトップに君臨出来ていると思われる。
組み手…特に襟を持っても、袖を落としても同様に攻めることができる釣り手の操作と小外、大内、小内などの足技からの寝技への連携に注目してほしい。


組み合わせは
初戦で、いきなりモンゴルのアディアサンプ選手と対戦だが、普通にやればやはり中村選手が勝ち上がるとおもわれる。準々決勝ではパワーのあるロシアのクズティナ選手との対戦。ここも楽ではないにしろ柔道の上手さで中村選手が乗り越えていくだろう。

準決勝は、元世界チャンピオンのコソボのケルメンディー選手との対戦が濃厚。
中村選手とケルメンディー選手の対戦となればこの準決勝が事実上の決勝といえるだろう。

反対側からは安定して常に上位に入賞を積み重ねるルーマニアのキトゥ選手と、地元ブラジルのミランダ選手、中国のマー選手が有力。

長く世界のトップに立っている中村選手だけに世界中の選手に研究されつくされているとは思うが、進化し続ける中村選手がその上をいく進化した柔道を見せて金メダルを勝ちとってほしい!


がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ海老沼匡!
がんばれ中村美里!


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
初日に行われる48キロ級
日本代表は近藤亜美選手
{7DCA4138-A357-4426-925F-EAAF327B01F9}

近藤亜美(こんどう あみ)
愛知県出身 大石道場ー大成中学ー大成高校ー三井住友海上

高藤選手もそうだが、近藤選手も小学生時代に鳳雛塾の選手と対戦しています。
小学生時代から負けん気の強い柔道をしていた印象があります。

48キロ以下級は
ロンドン五輪優勝のメネゼス
2013世界選手権優勝のムンクバット
2014世界選手権優勝の近藤亜美
2015世界選手権優勝のパレト
の4人の世界チャンピオンが金メダル争いの中心となる。

近藤選手は、思い切りの良い柔道と腹包を中心とした寝技で2014の一気に世界チャンピオンに駆け上ったが、その後ワールドツアーで初戦敗退してみたり安定しない成績が続いた。



強気で気風の良く、タイミングがワンテンポずれる感じで仕掛けられる払腰で他を圧倒した2014の世界選手権。

また選抜体重別決勝で見せた大外刈に、その進化が感じられた。
しかし、天才タイプにありがちな好不調の波があり、序盤の勝ち方が重要になるように感じる。

そう考えると今回の組み合わせは、近藤選手にとって非常に厳しいものになったと言わざる得ない。

初戦が、パワーのあるトルコのロクマンヘキム選手との対戦、2回戦がこれまた候補の一角であるカザフスタンのガルバドラフ選手との対戦となる。

ここを気持ち良い勝ち方で乗り越えることが出来れば近藤選手の金メダルの確率はグーンと上がってくると思われる。

逆に力のある選手との対戦だけに、よもやもあり得る組み合わせ。

上の山には4強の1人で2015の世界チャンピオンであるアルゼンチンのパレト選手が待ち受ける。

反対側には、モンゴルのムンクバット選手と地元ブラジルのメネゼス選手が争う確率が高いが、近藤選手同様にメネゼス選手は初戦のベルギーのファンスニック選手との対戦が上位進出のカギを握ると思われる。

初戦、2回戦を持ち前の強気と思い切りの良い柔道で乗り越えて是非とも金メダルを獲得してほしい!


がんばれニッポン!
がんばれ日本柔道!
がんばれ近藤選手!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。