鳳雛塾blog

新潟県新潟市の少年柔道チーム鳳雛塾(ほうすうじゅく)の子供達の奮闘記、指導者の思い、練習や試合の様子を綴ります。



テーマ:

稽古をしていると子供達はいろんな表情を見せてくれます。


楽しんでいる表情


上手くいかず苦しい表情


なんの目的もなくただ与えられた稽古をこなしているだけの表情


淡々としたポーカーフェイス




今日の稽古


みんなの表情はよくなかったと感じました。




一生懸命にやってるけど


表情に希望が見えない。




楽しい表情をさせるのは簡単だけど


一生懸命の中に


上手くいかずにどんなに苦しくても


あまり表情を変えないポーカーフェイスでも


どこかに希望がある表情をしているときは


きっと同じ稽古をしていても全く違う効果が


見られると思います。




希望をもっている表情って?


具体的には表現できませんが


明らかに何かが違うように感じます。



そんな表情をどうしたら引き出せるかどうかは


我々指導者の言葉だったりするわけですが…


上手くいかないなぁともどかしさを感じました。





どんな言葉で彼らの表情を変えていけるのか



もう一度、私自身が考えなきゃいけないと反省しました。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月13日〜14日
新潟県柔道少年団の強化育成合宿で
講道館に行ってきました。

初日 朝飛道場の朝飛 大先生と春日柔道クラブの向井幹博先生から講習会をしていただきました。

朝飛道場は2015年 世界柔道選手権100キロ級優勝、リオ五輪100キロ級銅メダルの羽賀龍之介選手や2013年 世界柔道選手権日本代表の山本 杏選手

春日柔道クラブはリオ五輪金メダルのベイカー茉秋選手、今年の世界柔道選手権代表となったウルフアロン選手、朝比奈沙羅選手

をそれぞれ輩出されており
各選手を小中学生時代にご指導された朝飛先生、向井先生の講習は子供達のみならず私達指導者にとっても非常に勉強になる講習会となりました。


2日目 講道館5階の女子部道場で稽古してたのですが、7階の大道場でいろんな大会が行われていたようでそちらに参加せれていたいろんな方が顔を出してくれました(^^)


鳳雛塾OGの二人が大道場での試合に出ていたのですが残念ながら敗れてしまったとの事



そこで2人の先輩達と話をしました。


「強くなる為に学ぶ材料はたくさん転がってる
トレーニングにしても、栄養にしても、柔道の技術にしても、学ぶ意欲さえあれば今は簡単に探す事ができる。」


今年の全日本選抜体重別優勝したショウイチロウ先輩の事を例にあげ

「ショウイチロウがああして強くなって活躍してるには理由があると思う。あんなヤツだけど(笑)日大にはいって、食事、トレーニング、技術…いろんな事を貪欲に学ぼうとしてる。」

「お前らを中学から県外に出したり、大学で柔道させたりするのは簡単な事じゃないんだよ。親は本当に大変だと思う。でも一生懸命働いてお前らが夢を追う事を許してくれている。夢を追う事を許された者の義務として、許されてる間は目一杯夢を追いかけるべきだと思う。稽古を一生懸命やるのは当然の事で、それ以外の部分で何処まで目一杯取り組めるかで差がつくんじゃないかな?
目一杯取り組めばまだまだ強くなれるよ。」

と伝えた。

もちろんこれは私自身の大きな後悔と反省からくるものである。


大学生…単なるモラトリアムを四年も与えてもらえていると考えるか?

夢を追いかける為に目一杯取り組める時間を与えてもらっていると考えるか?



{42B1850F-9FB8-4AA2-97A3-1910022028FC}

{46676E86-3CDC-48C9-8AEA-15D3251B6607}






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在、鳳雛塾での稽古内容の見直しをしています。

そこで土曜日の稽古では
この練習に何分かかるか?
この練習は何分で何回できるか?
などなど再度確認していました。


鳳雛塾では基本的な動作の反復練習を多く取り入れています。

必然的に技術指導の時間も多くなります。

強くなる事ではなく
技術を覚えるという事は

伝える側の問題も当然あります。



学ぶ側の意欲が大きくものをいうように感じます。


例えば

漢字を覚える時にドリルを漠然とおこなって
与えられた回数を書き取るだけでは中々覚える事はできません。

課題(あるいは宿題)をこなすというだけが目的となっていると、本来の目的である覚える(あるいは理解する)という目的は達成されません。

同じ時間を費やして

同じ労力を費やして

効果に差がでるという事は

意欲と目的意識に差があるケースが多いように思います。



〜〜意欲や目的意識を高める為に〜〜

柔道においては勝つという目標を達成する喜びは
選手も指導者も保護者も…
誰しもが共通した喜びであり
その喜びは人間が持つ本能的なものであり
誰かが批判したり、誰かがそれを取り上げる事はできないものだと思います。

しかし勝つ事のみが喜びではなく
それ以外にも喜びを感じる事ができると思います。


私は子供の頃に
はじめて逆上がりが出来た時の喜びや
はじめて補助輪をはずして自転車が乗れた時の喜びを今も覚えています。



できなかった事ができるようになる喜び
知らなかった事を知る事ができた喜び

それらを喜びと感じれるよう促す事も大切にしてあげたいと思います。


その喜びを得るためには
どこかで努力や少しの我慢も必要になります。

もちろん勝つ喜びを得るためにはそれ以上の
努力や我慢が必要になりますし
他との競争となるので簡単なものではありません。

しかし
技術を習得する事に喜びを感じたり
知らなかった事を知る事に喜びを感じる事は
努力の先に必ずある喜びであり、
指導者や保護者の導きと
本人の意欲次第で何度も繰り返し感じる事が
できるのではないかと考えます。


今、意欲が変わって
飛躍的に伸びてきている子がいます。

できなかった事ができるようになる喜びを得た事で意欲が変わって、取り組む姿勢が変わりました。

そこまでは我慢する事もあったと思いますし
見えないところで努力する姿もあったと思います。

昨今の少年スポーツにおいては
楽しむことがクローズアップされますが
楽しいだけではなく
努力の先に必ずある喜びを感じる事も大切だなあと思います。


「努力の先に必ずある喜び」とは決して試合の勝利だけではない事を我々指導者が伝えていかないといけないと思っています。

そしてその喜びをひとりでも多く感じて欲しいと思っています。



白根柔道連盟 鳳雛塾

随時塾生募集中

練習日  火曜  19:00〜 
                      白根カルチャーセンター柔道場

             金曜  19:00〜
                       白根高校柔道場

             土曜  15:00〜 初心者、幼児クラス
                      16:30〜
                       白根カルチャーセンター柔道場

月会費  2000円   見学、無料体験可能です。

お問い合わせ先  025-372-4224  星野










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日の稽古

3人〜4人の学年バラバラのグループで長縄跳びをしました。

長縄跳びを1回跳んで走って、ロープの上を歩き
長縄跳びを2回跳んで走って、ロープに上を歩き
長縄跳びと3回跳んで…
と11回までやりました。

最初は1回も跳べないグループも多かったですが
掛け声をかけたりして協力しながら
だんだんと跳べるようになり
最後はほとんどのグループが11回跳べました。


{49805DAA-4FF3-4C1D-BA9C-24B090BD1D0A}

{6FFCA7B6-EC0D-47CA-BF14-357894B49D09}

{F5EEDAA5-0E25-4420-B31A-3CFE72134D27}



次に4人〜5人の学年バラバラのグループを作り
綱引きをしました。

綱引きはみんなで同じタイミングで
同じ方向に力を出す事で大きな力が
生まれます。
1人でも力を抜いたり、別の方向に力にを入れれば、大きな力にはなりません。
チームで作戦会議を開き、より大きな力を出せる工夫をこらしました。





長縄跳びも綱引きも
チームワークがとても大切です。


柔道の試合は個人競技です。
団体戦と言えども個々の試合となります。



例えば試合に出るとして
チーム内でレギュラーを目指して
競争が生まれます。

5つのおまんじゅうなら
7人で分け合うことも可能ですが
5人枠のレギュラーの座を7人で分け合うことは
できません。
7人が5人の枠を得るために競争しなければいけません。

しかし
向上する。強くなる。
という事に枠などありません。
無限です。

そこにはお互いが強くなるために
何をすべきかを考え
行動する事がとても大切になります。
これもチームワークです。
そしてそれが自分を高めてくれます。

言いかえれば

「精力善用」「自他共栄」です。




逆に
チーム内でレギュラー争いなどの競争が生まれたとします。
そのような競争も、2種類あるように思います。

「お互いを高め合う競争」
「お互いの足を引っ張り合う競争」
です。


お互いが高め合えば
お互いが向上していけます。

お互いが足を引っ張り合えば
お互いの力は向上せず
ともすればどんどん下がってしまいます。




ある目的を達成するために創意工夫して
チームワーク良く最善を尽くす事で
お互いを高め合う事ができます。

またチーム内で発生する競争においても
お互いが高め合う競争であれば
それは

「精力善用」「自他共栄」

であると思います。



今日は、楽しく長縄跳びや綱引きをやって
それらを通じて
チームワークという事について
子供達に考えてもらいました。












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★志を持つ事

それが全てのスタートです。
「目標」とも言い換える事ができます。



★一歩踏み出す勇気

失敗をおそれない事
そして
失敗をそのままにしない事
そうする事で踏み出した一歩が
次々と増えていくように思います。



★一定のレベルを保って安定させる事

そのためには
いろんな事を意識して繰り返すことが必要で
無意識で繰り返してしまえば安定はしません。


★頭の中でイメージする事

頭の中でイメージできないと
自分で工夫する事はできません。
基本となるものがないとイメージもできません。


★工夫と変化を楽しむ事

安定するまでは繰り返す努力が必要ですが
安定できればそれが基礎となり
様々な工夫と変化ができるようになります。
その工夫と変化が楽しいのです。



全ての事は

「志」を立てる事からはじまります。

そして一歩踏み出す

そして踏み出した時には失敗からはじまります。




昨日、新潟県のラーメン界のカリスマ店主さんの
ラーメン店でラーメンを食べて、
カリスマ店主さんとラーメンについて語りました。


大好きなラーメンの話しをしながら

もっと大好きな柔道の事を想像してました。


とても勉強になりました。





ラーメンも美味しかったです!


新潟市西区小新
「Ramen おこじょ 」さん


{B12CDD00-C630-434F-A2CB-C7C34E03DC95}

{83FAF871-A2DF-44A3-A09D-FC3235F9E677}

{8320D709-AFCF-45E4-A30D-521D22D41FA7}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中学三年生が高校生となり

5人が巣立っていきました。

毎年のことですが
小さい頃からずっと見てきた子達が
鳳雛塾から巣立っていくことは
うれしくもあり
さびさくもあり

またそれぞれが新天地でも「精力善用」を胸に頑張ってほしいと思います。


OBの高校三年生の4人も大学生に…

タク先輩  作陽高校〜東海大

ユウキ先輩 大成高校〜早稲田大学

ヒロアキ先輩 豊栄高校〜帝京科学大学

レオン先輩 新潟第一高校〜日本体育大学

中学、高校の先生方のご指導の基、
立派に育ってくれました。

ユウキ先輩は、ご家族が新潟から山梨、さらに愛知に引っ越されたにも関わらず、タク先輩と共に3月に鳳雛塾に来てくれました。

ホントにありがとう!


そして新年度となり
例年、中学三年生が抜けてさびしい雰囲気の出る稽古となるのですが…

今日の稽古は違いました。

特に、日曜日に悔しい負けを喫したメンバーの中の三人が見違えるような柔道をしていました。

それは負けた悔しさからくるものとは
少し違うような…
何が弾け飛んだ感じというか…
何かを掴んだ感じというか…

毎日のように子供たちの稽古を見ているのに
何が明らかに変わったと感じる時

試合を通じていろんな成長を感じる事ができましたが、今日の稽古ではさらにグン!と成長を感じさせるものがありました。

あるんです。
あ…なんか変わった
という感覚。

それが三人同時に感じれたっていうのは
初めてです。
もちろんこれから浮き沈みもあるとは思いますが

この雰囲気が全体を引き上げてくれる事を
期待しています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全少予選


昨日、全少新潟県予選でした。


結果は、準決勝で2-3で敗れ連覇は8で途切れました。


しかし

子供達は眼を見張るような成長を見せてくれました。



チームにプラスαの力を与えてくれるだろう選手そしてこの選手で負けても後悔はないと思える子を選びました。


初戦から、重点を置いてやってきた事がしっかり出来ています。



僕の中で彼らの試合ぶりは


「すごい!すごいとしか言いようがない!」


という感じでした。


どんどん成長を見せてくれる子供達の試合を見るのが楽しくて、そして感激していました。



こんなにすごい成長を見せてくれた事


優勝は出来ず、連覇も8で途絶えました。


しかし


子供達からすごい感激をもらいました。


見てる人はわからないかもしれません。




勝った負けたという目の前に起こっている事のみに着目されてしまえば気づかないだろうし、個々の道のりを見てあげていないとわからないでしょう。


当然ですね(^_^;)


10年前…2007年にこの大会で負けた以来の負けでした。


その2007年負けた時の大将をつとめた子が


昨日福岡で試合をしていました…


全日本選抜体重別柔道選手権


今年の世界選手権の代表選考会を兼ねた大会です。


各階級、8名しか出れないその大会に出場していました。



彼が出場するのは

リオ五輪で金メダルを獲得したベーカー茉秋選手が出場する90㎏以下級


その階級で、奇しくも全少予選で連覇が途切れた時の大将が、それ以来の連覇が途切れた日に



日本一となりました。


10年前、全少予選の決勝で負けて泣き崩れた子が


日本一となりました。



向  翔一郎(日本大学四年)




{AAEF3A4A-CE7E-407E-9CD5-B619B8BC9A96}


翔一郎のお父さんである向 先生から



「あの日があるから今がある」

とメッセージがきました。


あの日とは…

もちろん10年前の全少予選で敗れた日の事です。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
鳳雛塾の卒業を祝う会が行われました。

在塾生からの演芸などなど

本当に楽しいひとときとなりました。


卒業生に伝えたい事

たくさんあります。

でも

まとまりのない話しかできませんでした。



話はまとまりのない事しか言えなかったので
blogで…


盡己(じんき)
己を盡す(つくす)
DO your best

すなわち
精力善用


雲外蒼天
雲の外は蒼い空が広がっている

辛い事を乗り越えたらきっと良い事がある。

そんな言葉を送りました。


これから高校生になる
コウ、ハルキ、ユウイチロウ、ユウカ、リンカ
には
これまでやってきた礼を柔道のみならず
常に忘れずにやっていってほしい。
また
柔道を続ける限り
これまでやってきた打ち込みを
しっかりやり続けてほしい。

そして
仲間を思いやる気持ちを忘れずにいてほしい。

仲間とは、チームメイトだけにあらず。


精力善用の隣には常に自他共栄が揚げられていることを忘れずにいてほしい。


中学生になる
ケンゴ、ユズキ、コウヤ、コウヘイには
失敗を恐れない強い心を持ち続けてほしい。

と思います。

鳳雛塾で学んだことで
これからも普遍な事は

礼、受身、打ち込み

だけです。

これから新天地でそれぞれの先生を信じて

精力善用、自他共栄の道を突き進んでほしいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
地元 白根柔道連盟主催で行われる
県下柔道大会
今年で第61回を数えました。

多くの地元企業様、商店様、団体様より協賛いただき、また私達白根柔道連盟会員はもとより
高校生、中学生、鳳雛塾保護者の皆様からご協力いただき会場設営、運営、撤去と大変多くの方の力をお借りして大会が成り立っています。
そして大会にご参加いただいた団体様より帯同審判員などご協力いただいており、微力ながら大会運営に携わる1人として心より感謝申し上げます。


そしてこのblogで
ひとつだけ紹介させてもらいたい事があります。
私個人としてのスペシャルサンクスとして
書かせていただきます。

この白根の県下柔道大会の舞台裏…

20代半ばから20年間ずっと事務局を務め
この県下柔道大会や白根柔道連盟の運営に
尽力されている親友がいます。

表舞台に出ることはないのに20年以上
様々なところで発生する問題を処理して
大会に関わるクレームなどには
頭を下げ続けてきてくれました。

彼の苦労は本当に並々ならぬものであり
本当に心から感謝しております。

彼の力無しには
白根柔道連盟も白根の県下柔道大会も
なかったと思います。

本当にありがとう!

そしてこれからもよろしく!



さて大会について
この大会が小学生は今年度最後の大会となります。

鳳雛塾は
高学年三位
低学年優勝
中学生男子優勝
中学生女子優勝(白根第一)
という結果でした。

高学年は
六年生がケガと風邪で二人出れずに戦力ダウンでしたが、五年生三人が経験を積む事ができました。

低学年は
4月から本格的に柔道をはじめた三人を含めた5人が、8月…12月と今回で3回目の団体戦となり
ましたが、なんとか優勝する事ができました。
試合経験は少ないですが、小学生ではこのくらいのペースだと大会成績関係なく
その進歩がとても良くわかり、
これから何をすべきかも良く見えてくるように
思います。

中学生男子は
柔道部のない中学で陸上部に所属する二人を含め
鳳雛塾チームとして出場して優勝。
この陸上部二人が全勝だったというのが
とても嬉しいところです。
鳳雛塾の塾生が2名出場した燕中学はベスト8でした。

中学生女子は
ケガをして本調子ではない生徒もいましたが
なんとか優勝。
また鳳雛塾の塾生1人がいる白根北中も二位となりました。

鳳雛塾としては地元の大会で
とても良い経験ができた大会となりました。

{7FE3FB86-0279-41FF-A78B-C815CFCB7283}



大会終了後の打ち上げにて
白根柔道連盟事務局を務める親友。
同級生で3人でのショット(^^)

本当にお疲れ様でした!

{7A1D3853-07AC-4B81-AD43-D6261D5C7847}


小学生時代から40年…
柔道を通じて得た一生の仲間達です(^^)

鳳雛塾の子供たちにも
そんな仲を築きあげてほしいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土日に寝技合宿をおこないました。

宿泊は

新潟市アグリパーク







{98C7B99E-90A6-4C95-84D5-7086BFEEABE4}

{360EA7D1-B36C-41CA-A035-92E533F223AE}

{B6169CC3-7227-4118-97AE-D78904503296}


先日の栄養講義を受けて
保護者の皆さんがしっかりと
栄養を考えた食事を作ってくださいました!


久しぶりに中学生、小学生ともに集団生活をして
楽しみました!


稽古は
その名の通り寝技のみ


それなのに日曜日は遠く福井県より
川口道場さんが参加してくださって

とても充実した稽古ができました。


{6E867336-432E-4575-B8A8-EAF6B44B513C}

{8AA74DFF-B03A-427E-B894-B53CF9707E99}


寝技といっても
手っ取り早く勝ちに直結するような稽古ではなく
あまりやらない事に時間をかけました。

私の中では、柔道をやっていく上で
「一生もん」と思える事に時間をかけたつもりです。


また技術修得のために
取り組む姿勢についても話しました。

これは全てにおいて共通した事だと思います。

学習においても
柔道においても

意欲を持って取り組む

これにつきます。


ここが欠ければ、その場にいただけにすぎず
修得には繋がりません。

いつか誰かが教えてくれる。

という考えでは修得できません。

技術を修得するという目的達成の為に
心身の力を最も有効に使用する…

やっぱり

精力善用

が大切です!

{53D9675F-D510-4E74-900D-F326F40A5563}






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。