1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-05-19 18:42:36

ラスベガス旅行中です

テーマ:その他

19日(金)~22(月)まで旅行に行ってきます。

また戻りましたら報告しますね。


今朝の4時半ですが、出発前で慌しいので後ほどいろいろ書かせて頂きます。

それでは行って来まーす!


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-12 14:42:00

最終日

テーマ:その他

クルーズ最終日。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。


アメリカ国民で無い私達はアメリカに再入国する手続きをするため、朝の6時過ぎに指定の場所で通関を受けなければならずものすごい早起きをしました。


通関後朝食となりますが、朝食後はもう客室に戻る事はできません。

前の晩にスーツケースは出してしまったので既に手荷物だけの状態になっています。

朝ご飯食べたらとっとと船を下りてねっていう事です。

余韻に浸れないのが悲しいですねー。

朝食は通常はバッフェですが、最終日はアラカルト注文が出来て最後の贅沢ができます。


前の晩の夜10時頃にはディズニーキャラクターが総出でメインロビーに集合し、一緒に写真を撮ることが出来ます。

これで本当にキャラクター達に会えるのも最後なんですが、帰る日の朝も出入り口に居てくれたら良いのになぁなんて未練たっぷりの私でした。


ちなみに写真撮影は予めキャラクターが登場する時間と場所が決まっていてプロが撮影してくれる場合と、自分たちのカメラで勝手に撮れる場合があります。

プロが撮ってくれる場合でも自分のカメラを手渡せばスタッフの人が撮ってくれるのでわざわざ高いプロの写真を買う必要はありません。

しかし、私のデジカメだとどうしてもブレが出てしまって結局プロの写真を数枚購入しました。
(さすがプロなのでそれ相応のものです。)


そうそう、チップのこと。

アメリカで生活して3年になりますが、未だに慣れないチップ制度。

クルーズではあらかじめ誰にどのくらいの金額を払うのかの目安が提示されていてそのシート通りに払えばまあ間違いがありません。

払う先は、ディナーでお世話になる担当ウエイター2人とそのマネージャー、客室をクリーニングしてくれる人の計4人です。

マネージャーさんは毎晩挨拶には来るけど直接お世話になる訳ではないので場合によっては省いてしまっても良いかも知れませんね。

日本のツアーだともしかしたらこの料金も含まれてしまっているのかも知れません。

我が家ではマネージャーには最終日の朝会えないと思い、ついでにウエイターさんにも前の晩のディナーの時に先渡ししてしまいました。

近くのテーブルの家族は最後の朝、子供達にチップを手渡しさせていました。


行きと同じようにバスに揺られ空港に向かいますが、船を下船した時に飛行機のチェックインも済ませることが出来るので、これまた身軽&スムーズに空港で時間を過ごす事ができます。


最後の最後、空港でディズニーのおみやげ屋さんがあったら覗いてみようと思ったのですが、意外にも空港内はショップが充実してなくて残念でした。

行かなかったのにディズニーワールドのTシャツなんて買ってしまったくらい。


子供達も朝早かったのでバスの中から空港での飛行機待ちまでは熟睡してくれたものの、逆に飛行機の中で思いっきり元気になってしまい、こちらは眠い目をこすりながら相手をするのがつらかったです!


日系の航空会社のサービスは分かりませんが、アメリカ系の航空会社って例えお昼をはさむ飛行でもランチなんて出してくれません。

スナックと飲み物だけ出されてお昼を食べそこなった私達は、飛行機が到着する頃にはお腹がぺこぺこおにぎり

日曜日の夕方だと開いているお店も少なくて、結局アジアンバッフェを食べに行きました。

たった4日間の旅だったのに和食が異常に恋しくなってしまいました。

ラーメン屋餃子が食べたくて仕方なく、今週は和食WEEKになりそうです。

クルーズの食事はどれも美味しかったのですが、やっぱり私は日本人なのねと痛感したのでした黄色い花


クルーズの報告はこれでおしまいです。

楽しんでいただけましたか?





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-11 12:04:00

キャスタウェイケイ

テーマ:その他

クルーズ3日目。

ディズニー所有の島、キャスタウェイケイに到着しました。


着いた島の印象は・・・・。

「あれ、全然未開の地なのね」という感じです。

必要最小限の道路の舗装と乗船者が遊ぶための施設をビーチ周辺に作ってあるのみです。

レストランが3つ(全て外)くらいあるのと土産屋さん以外は何もありません。

後はビーチでくつろいだりアクティビティに参加したりっていう過ごし方をします。


私達夫婦は午前中子供達をナーサリーに預けて、散策&シーカヤックツアーに参加しました。

島の生態系や歴史の説明を受けながらカヤックが出来るところまで40分ほど歩き、1時間ほどカヤックを堪能したら又ビーチまで戻ってくるというもの。


この島ではお天気が良かったという事もありますが、強烈な日差しで午前中だけで2人共疲れてしまいました。

当初は、ツアーはお昼で終るので一度子供達を引き取りに船に戻ったら、又お昼を食べに島に戻るつもりでした。

しかし子供達をクーラーが効いていないレストランに連れて行く事や、ましてやビーチで遊ばせる事は考えられないくらい暑かったので、予定を変更して船内で昼食を取ることに。


夜用のレストランはお昼にも開放されていてアラカルトを注文できますが、開店している時間が短いため間に合わずデッキ周辺のファーストフード系のお店へ。


ピノキオ

↑ピザ屋さんのマーク。可愛いですね~♪


ランチで開いている店のメニューはピザ、ハンバーガー、ホットドッグ等本当に典型的なアメリカのファーストフードばかりです。

後は、フルーツとアイスクリーム屋さんがあるだけ。

子供達はクルーズ中栄養が偏ったものばかり食べていたと思いますが、仕方なくフライドポテトをあげ続ける日々を送ってしまいました。


本当ならバハマの地元料理を味わって見たかったなー。

コンク貝という貝の料理が有名らしいですよ。


夫はどういう訳か旅に出ると異常に睡眠をむさぼる人になります。

本人曰く、私が何をしでかすか分からないから気が気じゃなくて疲れるとのことですが、子供が昼寝(夕寝と言っていい時間帯だったけど・・・)をすると毎回一緒に寝てしまいました。

なので、私1人でイベントを見に行くのもつまらないなと思い、結局私も寝るハメに。


旅行中に部屋で寝てるなんて、ある意味も最も贅沢な旅かも知れない・・・と焦りつつ、子供連れなんだからこの位が丁度良いと自分を慰めたのでした。


キャスタウエィケイでのお土産屋さんではここでしか買えないロゴ入りのグッズなどがあるようで、ディズニーファンなら見逃せない場所かと思います。


ちなみに船内にも大きなお土産屋さんが2ヶ所あるので、こちらでは私も買い物を楽しみました♪

とはいえ、子供達がじっとしているはずもなく夫にお店の外で待ってもらいバ-ッと血眼になって商品チェックという優雅なショッピングとはほど遠いものでしたが・・・・。

買った物はやっぱり子供のものになってしまいました。



踊り場

↑船内の階段の踊り場にはこんな風にディズニーアニメの下絵が飾られています。

見ていて面白いですよ。


明日はいよいよ最終日編へ。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-05-10 11:23:00

バハマ

テーマ:その他

バハマでは我が家では何のツアーの申し込みもしていなかったので、下船して街を散策して見る事にしました。

ガイドブックを見ても船つき場近辺が一番栄えている所で、ショッピングを入れても半日で足りると書いてあったので、ストローラーを押しながら徒歩で歩くのにはこの程度が丁度良いっていう感じでした。


私達が観光した場所はガバメントハウスと水道搭・フィンキャッスル砦。

特に砦へは坂道で行くのがちょっと大変だったけど、街が一望できて行った甲斐がありました。



砦


↑後ろに船が何隻か見えますが、一番奥がディズニーの船です。

同じ様な行程のクルーズが3隻いたので、時間差で出発、到着を繰り返していました。


楽しい散策のはずが、ここで大アクシデント発生っ!

街を歩いている間にカメラを無くしてしまったのです。

どうやらガイドブックで地図を確認する為に、手に持っていたカメラをストローラーの傘の部分にポイと置いたらしく、そのまま忘れてどこかで落としてしまったようなんです。

気がついたのは、次に写真を撮ろうと思う場所に着いてバッグの中を探した時の事でした。

夫が今来た道を戻ってくれたけど、結局カメラは見つからず終い・・・・ガーン


この時のショックは、旅の道中立ち直れないくらいのものでした。

実は二週間前に行ったNYの後半写真がフィルムの中に入っていて、家族がともに写っている自由の女神像も入っていたのです。

デジカメも持っているのですが古くて調子が悪いのでいつもフィルムカメラをメインに、デジカメは補助的な意味で使っており、自由の女神の写真はあいにくデジカメでは像そのものしか撮影してませんでした。

しかもフィルムカメラはつい最近購入して日本から送ってもらったばかりの新品なのです!


夫には「カメラ2つにビデオにって管理できないくらい持ち歩くからだっ!」って叱られるし、実際日常生活でもしょっちゅう物を無くす性格なので、旅先では更にはしゃいで落ちつきがなくなっていたのでした。


そんなこんなで夫婦の雰囲気も気まずくなったのと、バハマに入った途端強烈な日光で子供達が大汗かいて長い時間の散策は無理だろうと判断し、ショッピングは一切無しで船に戻る事にしました。

ちなみにバハマではアルコールやブランド物がアメリカより20%くらい安く購入できるようです。


自宅に戻ってからデジカメ画像をパソコンに取り入れてみたんですが、他人に撮ってもらったものはほとんどぶれてしまっていました。

私の使っているリコー社のものはどう言う訳かスローシャッターで設定が変えられず、慣れてない人が撮ると100%ぶれます。

もう2度と行けない旅の写真がこんな物ばかりになってしまって、本当に悲しいドクロ


皆さんもくれぐれも落し物には気をつけてくださいね。

旅の思い出が台無しになってしまわないように・・・。


明日はキャスタウエィ・ケイについて書きますね。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-09 13:46:00

ディズニークルーズ報告

テーマ:その他

クルーズから帰ってきました~!

もう4日間なんてあっという間でした宝石赤

何から報告して良いかも分からない位盛りだくさんのイベントでしたが、今日は船上内の様子を写真でアップしたいと思います。


船

↑乗船したディズニーワンダー号。

見た目も大きいですが、中も本当に素晴らしい装飾で床も大理石でした。

どこもかしこも綺麗に掃除が行き届いており、清潔を心がけてくれていて大満足!




客室

↑客室

我が家ではベランダ付きの客室を選びクルーズの醍醐味を味わいましたが、船内なので客室は狭めです。

それでもクイーンサイズベッド(ダブルベッド位の大きさ)とソファもついていたので、まあまあかな?

ここで家族4人で寝るのはちょっときつかったです!

(ソファはソファベッドにもなるし、屋根から2段ベッドが引き出されるようにもなっているようでした。)



タオルのモンキー


↑ベッドメイキングは1日3回入ります。

一番最後のメイキングの時は必ずタオルを使って動物を作りベッド近辺に飾られていました。

可愛いでしょう?


船上内は想像していたほどディズニー一色という訳では無くて、逆に落ちついたインテリアだったので大人だけで来ている人も全く違和感が無いと思いました。


中で催されるイベントは子供向けのプログラムが充実しているのはもちろんですが、大人だけのスペースがきちんと確保されており、プールもレストランも大人だけしか入れない場所がありました。

我が家の双子は2歳以下なので、子供向けのプログラムにも入れず、かといって私達夫婦も大人だけのスペースに立ち寄る事も許されず宙ぶらりんで行けるところが限られていたかも知れません。

他にはティーン向けのディスコなんてのもありましたよ。

ただ、船上内にナーサリーがあるんですが1時間たったの$6で預けられるので、割りきってしまえば子供を預けて大人だけで楽しむこともできます。


子供連れの旅行なので思うようにはいかないと思っていましたが、やはり行きたい所、やりたい事の半分も出来なかったのが現状です汗

それでも楽しくて十分思い出作りができたように思います。


実際に4日間では楽しみきれないほどイベントが盛りだくさんで、普通の旅行者でも全てを網羅する事は出来ないのでは?っていう感じでした。

ディズニーランドみたいにリピーターっているのかも・・・?


子連れ旅行で何よりもありがたいと思ったのが、自宅を出る時から予め渡されている専用のタグをスーツケースにつけておくと、オーランドインターナショナル空港に付いた後も荷物のピックアップをする必要が無くて、客室まで運んでくれる事です。

手荷物でママバッグ2個とストローラーを持たなきゃ行けかったのでこれは本当にありがたかったですニコニコ


空港に着いたら専用のバスで船の寄港場所(ポートカナベラル)へ向かいます。

1時間ほどバスに乗りますが、ビデオ上映してこれから乗る船上内の説明を見ているうちに到着しました。

ポートカナベラルに到着したら船上に乗るためにチェックインをしますが、事前にオンラインチェックインしているので全くスムーズ。

船上内では全てカードキーを使用するので現金は要らないし、船を乗り降りする時はパスポートや写真入りIDをカードキーと共に見せればOK。


乗船したら名前を呼ばれ拍手で出迎えてくれます。

そのままお昼のバッフェを食べに行っても良いし、客室に向かう事も出来ます。

ディナーの場所は3箇所日替わりで変わりますがどのレストランも素敵で、我が家では当初大人だけが入れるレストランを予約していたのですが、3箇所全てで楽しんでみたいなと思いキャンセルしました。


船上内でのイベントチェックは客室に配られる用紙を見てチェックするんですが、あれこれ見ようと思うと忙しい日々を送るハメになります。

客室のテレビでもディズニーを見ることができますが映画館でもディズニー映画を上映しているし、劇場ではミュージカルをやっています。

デッキのプール界隈ではいろんなセレブレーションを行い、生の音楽も演奏していたりします。

そしていろんな所にディズニーキャラクターが現れるので常に写真を携帯していないと撮り損ねます。


テレビで「あー、ナルニア国物語始まる~。」と思ってもミュージカルが始まったり、「あーミッキーが現れる時間だ!」と思っても子供が昼寝してしまったり・・・ととにかく思うように事が運びません。

その為、夜に次の日のイベントが書かれてある用紙をもらって明日はどことどこへ行こう・・・なんて算段しても結局どれも行けないなんて日もありましたしょぼん


4日間のクルーズではバハマとキャスタウェイケイというディズニー所有の島に立ち寄りましたが、カリブ海の海って青々していてダイビングのメッカというのも頷けました。

本当に綺麗ですよ!

明日は島での事について書きますね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-28 12:03:39

B級グルメ

テーマ:その他

今回の旅で本当に残念だったのが、グルメ巡りがほとんど出来なかった事。

いや、高級レストランじゃありませんよ!

B級グルメで有名な屋台のホットドッグや美味しいカフェ、そしてラーメンが食べたかったのです!

私のいる街が喫茶店=スタバ?って言う位、お茶する所がほとんどありません。

よく探せばあるけど、インターナショナル色が濃い雰囲気だったりするのでクチコミじゃないと入りづらかったりするんですよね。

日本のあの繊細なスポンジケーキが食べたい!と思いつづけ、NYにならたくさん有るはず!と相当期待を込めていたのでした。

ホテルから歩いていける場所にZAIYAという日系のパン屋(地球の歩き方に載っています)があり、ここのケーキを食べたら日本の味で感激してしまいました!


そして、ミツワスーパーという日系スーパー内にある山頭火ラーメン

日本に居るときは、さほど好きな味じゃなかったのに絶対行かなくてはっと鼻息荒くNY入りしたにも拘わらず

結局一度も食することが出来ませんでした。

このスーパーはお隣のニュージャージー州にあるらしくマンハッタンから送迎バスも出ているのですが、

わざわざ行く時間も無く、かといって他のラーメン屋で行って見たいと思うお店が見つからなかったので食べず終い。


毎度毎度こんな感じで、結局近くの適当なお店に入って食べるということの繰り返しであまりの不味さに失敗したお店もありました。

でも・・・雨降ってて子連れで完全に手足を縛られたような状態だったんです汗


ミュージカルやオペラ、バレエを鑑賞し、美術館巡りをして美味しいものを食すっていうのは大人だけの旅行でしか出来ない事なのだと痛感しました。

初めから無理だって分かってたんですが、目の前にエンターテイメントがぶら下がっているのに行けないというのは実につらいものです。

そうは言いつつも、最小限の観光を堪能し無事に戻って来れた事だけでも良しとすることにしましょう。


デジカメ写真をアップしようと思ったら人が入ってる写真が全然ありませんでした!


statue of Riverty


↑自由の女神像。恥ずかしながら写真を反転させる術さえ知りません・・・。


ナイアガラの滝


↑ナイアガラの滝。滝壷へ落ちていく所から撮影しました。圧巻!


今回はこの2枚しか撮ってませんでしたしょぼん

期待させちゃってごめんなさい。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-26 13:30:13

NYで感じた事

テーマ:その他

NY旅行の報告です。

まず、NYの空港に着いた途端に思ったこと。

道が狭いっ!

南部・テキサスのでかさにすっかり慣れてしまった私は、あの道幅の狭さに驚き、街に出ても東京と変わらない混雑と道の狭さに愕然としたのでした。


そうそう、これが当たり前なんだよねー。

と夫婦で納得しながら歩き始めたものの、人が多い所は当然街も汚いっていうのが常なので、ストローラー(ベビーカー)を押して歩くのが少々気が引ける場所もありちょっと気になりました。


我が家の宿泊ホテルはキタノホテルという日系のホテル。

ミッドタウンという所にありグランドセントラル駅へも歩いて10分程のところにあるので便利なようですが、子連れな上に悪天候だったので最初から地下鉄に乗るのは諦めてしまって、便利さが全く分かりませんでした。

タクシーはしょっちゅう道を行き来していてすぐ止められるし、料金も日本より安いかな?って言う感じだったので全ての行程でタクシーを使いまくりました。

(あ、でもチップも払うから東京と変わらないかも・・・?)

このホテルは客室内に電子ポットが置いてあり、煎茶のパックが置いてあるので緑茶が飲めるのと、TVJAPANNという日本の番組が見られたので、部屋にいる間はずっと日本のテレビを見ていました。


旅行1日目は本当はメトロポリタン美術館に行く予定でしたが、子供達のお昼寝の時間を確保する必要があったのと、やはりなんだかんだで全く出かける時間が取れませんでした。

ガイドブックに載っていた韓国料理店がホテルから歩いていける場所に会ったので行って見ると、人も混雑しているし、味もまあまあでした!


2日目はカナダへナイアガラの滝を見にツアーに参加。

待ち合わせタイムは朝6時40分!

もちろん朝から雨でカナダに着いても雨。

幸いナイアガラの滝についた辺りから曇りになってきましたが、「霧の乙女号」という舟に乗って滝の近くまで行くとポンチョを着ているのにも拘わらず濡れてしまって結局水難から逃れられずあせる

帰りの飛行機が遅れてホテルに戻ったのは夜の11時近く。

本当に疲れた長い長い1日でした。

ツアー客に子連れの家族がもう一組いたのでなんだか安心しました。

子供が騒いでも、おむつ替えで時間を取られても、昼食でホテルの床を汚しても、もう一組同じ人達がいると思うと運命共同体って感じでした。


3日目はやっと美術館へ。

主人がある人と会う約束をしていたので午前中は外出。

私は子供達とのんびり起床してホテル内の朝食バッフェへ。

大したバッフェじゃなかったけど、$30以上もした!

さすがに2歳以下の双子の料金は取られないと確認したけど、この値段ならもっと豪華にして欲しかった!


主人が戻ってきたのと入れ違いで私が買い物へ。

普通のショッピングは地元でも出来るのですが、私が行きたかった所はダンスショップ

出産するまで習っていたバレエの用品を見たくてブロードウエィにあるショップへ行って見ました。

思っていたほどたくさんは無かったけど、レオタードなんか安いしタイツとかバレエシューズとか小物をまとめ買いしました。

日本へ戻ったら新しいレオタードを着て心機一転、初心者クラスからやり直すつもりです!


ホテルに戻ったのが2時。

昼食は美術館内で食べようという事になり、早速タクシーで美術館へ。

1時間で館内を回るという無料のツアーがあり(時間帯によって日本語ツアーもあり)、私はこのツアーに参加しようと言ったのですが夫が自分達のペースで回りたいというので、昼食を取ってから回る事に。

でも、お昼を食べたらもう3時半になっちゃって、閉館時間は5時で賞味1時間半しか時間が無いっ!


1日見て回るくらい広い美術館ですが、エジプト(特別展示中だった!)、メソポタミアの展示を中心に近代美術はさーっと駆け抜けるように眺め、アジアのところで店員に閉館だと追いたてられて日本の展示品を見られず美術館を後にしました。

何がなんだか記憶もほとんど残りませんでしたが、夫婦の印象は「小物が多いね。」という見解で一致しました。

イギリスの大英博物館、フランスのルーブル美術館の圧倒的な超一流品揃いに比べるとメトロポリタンはどうしても見劣りしてしまいます。

勿論傑作品も数点ありますが、どれもこれもが教科書に載っているようなものばかりの大英博物館やルーブルに比べると1日見て回るほどの事じゃないかも?って気がしました。

時間がある人はもう1ヶ所くらい違う美術館も見た方が良いかも?


4日目。

飛行機に乗るまでの時間、午後3時ごろまでが市内に居られる残された時間でした。

何を省いてもこれだけは見逃せない!と思い行った場所は「自由の女神」でした。

フェリーに揺られて大きな女神像を見られる頃に、雨も小雨になりシャッターチャンス到来!

やっぱり行って良かったー虹

ただでかいだけじゃなく、威厳のあるたたずまいでした。

アメリカに移民してきた多くの人のシンボルなだけあります。

感動!

私は基本的に彫刻とか建物には興味が無いのですが、アメリカに来て感動したのはDCにあるリンカーン像に次いで2度目です。

自由の女神はリバティ島にありますが、その後エリス島に行って移民博物館を眺め本土に戻ってきました。


フェリーに1本乗り遅れ、あわや搭乗に間に合わないかも・・・と慌てましたが、悪天候で全便飛行機が遅れていたのが幸いしてちゃんと帰ってくることができました。

今回はお天気に恵まれず旅行中ずっと雨でこんな事は珍しいと思いましたが、晴れ男の主人と雨女の私

の最近の力関係を如実に表しているような感じがした旅でした(笑)。


明日は写真をアップしますね。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-13 13:09:58

馬鹿高いツアー料金

テーマ:その他

旅行といえば、皆さん自分でアレンジしますか?

それとも旅行会社のツアーに参加?


私は初めはツアー参加していたのですが、そのうちチケットとホテルを自分で取り観光ツアーだけを日本の旅行会社で予約

→観光ツアーも英語ツアーだと安いと知り、何を言っているか分からないけど英語ツアーに申し込みをする


ようになりました。


アメリカに来て見るとネットで自分でアレンジするのが当たり前で逆にツアー料金ってほとんど存在しないので、手間はかかりますが費用も抑えられて日本ももっと充実してくると良いなーなんて思っていました。


ツアーも全て英語対応のものを予約していたんですが、来週末にNYに行く事になり夫がアレンジをしてくれた所、面倒くさかったのか日本語ツアーの申し込みをしようとしている様子。

考えているのはカナダのナイアガラの滝1日観光ツアーなのですが、飛行機を使うため費用が1人$385もするとのこと。

た、高い!

なんだか沖縄か北海道に一回行けちゃう位の金額ですよね・・・。


アメリカのツアーで申し込みしたら確実にあと$100は安くなるような気がするんですが、私もなんだかんだで気忙しい日々なので夫に任せてしまおうかどうか迷っています。

先日もディズニーのアイススケートショーのチケット2枚買っていたのに体調を崩しドタキャンしちゃったし、散財が続くのでした・・・・。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-05 13:51:17

引継ぎ開始

テーマ:その他

早め早めに対応しよう・・・と思いながら何もしていませんでしたが、私達の後任となる方からコンタクトがありました。

やっと人事から引継ぎ開始OKがでたそうです。

まだはっきりとした着任、退任時期は決まってないのですが、6月の予定なのでもう2ヵ月前です!


後任となる方の奥様は二人目を3月31日に出産されたばかりで、着任時には3ヶ月になるかならないかの

乳飲み子を抱えて来ることになります。

引越しどころではないのです!


それを知って慌てたのは逆に私達です。

少なくとも奥様は全く動き回る事ができないだろうから、こちらに着いたら何から何までサポートする状態になるのが予想されます。


私達が着任した時もそうだったんですが、1週間重なっただけで最低限の事務手続きを済ませた後は、車がないとどこにも行けないので、前任が帰国した後生活必需品などを手に入れたのです。

夫婦二人だったけど生活が落ちつくまで1ヶ月以上はかかったと思います。


家財道具から台所用品、育児用品に至るまでなるべく買い取りたいと言ってくれていますが、気に入る気に入らないの問題ではなくてそうせざるを得ないという状況です。


これからやるべき事が盛りだくさんで、目が回りそうです。

まずは体力、体力!


明日は健康診断なので、どこも悪くないかチェックしてもらってきます。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-14 15:22:58

遠い路

テーマ:その他

イ・ビョンホォン主演の古い映画を観ました。

NHKで放映されたもののようです。

おそらく10年くらい前の作品かと思いますが、顔が全然変わってなくて若さが満ち溢れています!

韓国の芸能人って整形している人が多いと聞きますが、彼はどこもいじってないのでは?という感じがします。

初期の作品と比べても髪型しか変わってないですよね。

(歯並びが変わったとは思うけど・・・。)


孤児院で育った彼が郵便局に勤める女性と知り合い、彼女の婚約者のフリをしてお正月に彼女の実家に挨拶にいくという話です。

彼はおぼろげな自分の父親の記憶を彼女の父親にだぶらせて父子関係を築いていきます。

彼女は本当は自分の彼氏を実家に連れて帰るつもりだったのに直前に振られて泣いてばかりいますが、徐々に彼(イ・ビョンホォン)と父親の良好な関係を見て元気になっていきます。

儒教が浸透している韓国らしい深い親子関係が見えて面白いです。


ちょっと心がほんわかするようなストーリーでした。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。