Ownd版HPにて鑑定を受け付けております。
ページ最上部のメニューよりお申し込み下さい^^


また「ココナラ」でもお試し版メール鑑定と電話鑑定を受け付けておりますので
よろしければご参考頂けましたら幸いです^^


■ ココナラ【蓮朋龍のページ】
http://coconala.com/users/86978



  • 07 Jan
    • 『価値あるものはあなたの外にはない』

      価値あるものが人を動かしているのではなく人が価値のあるないを定義しているのかもしれない自然は価値のあるないを基準に動いていない自然は循環であり共生であり共存であり弱肉強食と思われる生物界でさえ何ものかが価値あるものとして永遠に君臨することはできないでしょう価値という流動的かつ変化のある中でこだわりと執着に心動かされることは価値という幻影にコントロールされているだけなのかもしません価値あるものを求めるのではなく価値あるものを探すのではなくそして価値あるものを生み出すのではなくこの摂理ある世の中に生み出された「あなた」という価値ある存在を一番に信じること「あなた」が自然と共に生きていくことそれ自体が価値あることだと言えるでしょう当たり前のことかもしれませんがそれが巷で価値あるものと言われるものに覆い隠されていることに気付くそれが今の「あなた」にできる価値ある行動と言えるでしょう

      1
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 日干ごとの2018年度「戊戌」の運気と傾向

      新年あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します^^年明け早々から運命学のお話をさせて頂きます。ちなみにこれからお話しします運気の傾向については2018年度(2018年2月4日から2019年2月3日まで)のものとなります。今年は「戊戌(つちのえ・いぬ)」の年回りとなりますので日干が「戊」「己」「庚」「辛」の方はとにかく拘りが強くなり時には頑固となって現れてしまう場合もありますのであなたが周りの人間関係の中でふと歯車がかみ合っていないと感じた時には一歩引いてみるなどして自らを冷静に俯瞰で眺めてみることをお勧め致します。ただ職人的な才能が開花したり継続性と忍耐強さが要求されるような環境や立場であればそれは粘り勝ちに繋がるでしょうしまたその生産性や研究熱心な姿勢が周囲に感動を与えることもあるでしょう。得意な分野や専門分野に特化した生き方に専心しましょう^^日干が「甲」「乙」の方はプライドをくすぐられて普段なら好奇心や興味が向かないようなことにも首を突っ込みたくなってしまう場合がありますので本当にそれがあなたにとって必要なことかどうか、またそれは今しなければいけないことなのかを勢いに任せず考えてみることが大切です。柔軟さや臨機応変の意識が養われ普段よりは多くの情報を取り入れ処理することができるという意味でもあるので経験豊富な方や信頼できる方の意見を取り入れあなたの知恵の一部とされるチャンスかもしれません^^日干が「丙」「丁」の方はあなたの表現力と創造性が生かされる絶好のチャンスです!熱意と情熱があなたの中から湧きおこりそれをどうにか形にしなければ気が済まないというくらいその意志は余すことなくストレートとなるでしょう。クリエイティブさが要求されるような仕事や環境では今まであなたの中で温めてきた構想や理想を形にしてみても良いでしょうし少々不安に感じるようでしたら誰か信頼できる方に相談してみても良いでしょう。プレゼンテーションも抜群となります^^良い運気ではありますが少々気を付けることもあります。まず冷静さや慎重さ、また忍耐強さや継続性を必要とされる仕事や環境ではその感情的でアクティブな姿勢が性急さに拍車を掛けるので少しでも歯車が噛み合わないと感じたり思うとおりに事が運ばないと感じるとイライラしたり投げやりになったり時には感情をあらわにして周囲に自分と同じ感性やスピードを要求したりすることもあるでしょう。まずは今のあなたが早歩きもしくは小走りで進んでいることを自覚して周囲との歩調に差が生まれていることを理解されましょう。日干が「壬」「癸」の方は常に何かがあなたの行動や考え方に干渉しているような感覚を覚えやすいでしょう。元々、水の日干は自由人であり思考や行動は独自のルールに従って動いているので外からの情報や人間関係の規制が強く加わることをあまり好まない傾向があります。今年はそうした情報や規制に振り回されているという感覚を強く感じやすいので何かと自由を奪われていると思いがちになるでしょう。ただこれは単にあなたの感覚の問題であり実際には外の物事はあなたにそこまで強く求めてはいないと理解することが大切です。また何か新しい指針に道筋が生まれたり先導役が現れてあなたを引っ張ってくれるという意味でもあるので今後、何をしたら良いのかと道に迷われていたり反対に八方塞のようにどちらに行っても道がないと感じられるようであればこれを機に決められたレールの上を少し歩んでみても良いかもしれません。後で他にあなたのやりたいことや求めている答えが見つかったらその時また進路変更をしてみても良いですから今はこの流れをポジティブに捉えてみましょう^^以上で日干の十干それぞれの運気についてお話しさせて頂きました。ここでお話しさせて頂いた内容は本当におおまかですし厳密には陽の木「甲」と陰の木「乙」ではその性質の表れ方や今年の運気である「戊戌」から受ける影響は異なります。他の八干についても同様となりますのでもし細かく運気について理解されたいと考えてる方は有料とはなりますがお声掛け頂けましたら対応させて頂きます。もしあなた自身の日干が分からないという方はHPの「お問い合わせ」からご質問下さい。無料でお答えいたします^^その際には「メールアドレス」と「性別」、お問い合わせ内容の欄に「生年月日」のご記入をお願いいたします。「お名前」はハンドルネームでも構いません。ご興味がおありでしたらこれを機に自分について考えてみることをお勧め致します^^昨年は事件や事故、そして災害など色々な出来事から考えさせられることが多かったことと思います。また今年もそうした流れの中でもっと深く考えなければならないですしそして時には早く答えを出さなければいけない状況の中にもあります。そうした世界の中、人の中に存在しているあなたの考えや行動には全て意味があります。何をしなければならないという行動には人それぞれの力量が影響するかもしれませんが何かを考えなければならないという思考の部分は誰にでもできることです。その平等に与えられた才覚を眠らせることなくそして過去の物事に対する洞察を風化させることなく今年にそしてこれからに生かしていってほしいと心から強く思います。良い悪いとかできるできないではなくこれは一人一人に与えられた権利でもあり義務でもあると私も改めて考えさせられました。「戊戌」の運気をより良く生かし将来に繋げていきましょう!^^最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。今年も皆様に良い一年となりますことを切に願っております^^via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 「WoW!me」で鑑定のお申し込み受け付けを始めました!

      当サイトの鑑定のお申し込みに「WoW!me(ワオミー)」のシステムを利用させて頂いております。「WoW!me」は「Crowd Works(クラウドワークス)」が提供しています出品者の得意な分野を商品として売買できるサイトでその仲介業者となります。決済方法にクレジットカードが使える、また購入者様の評価が明確に掲載されるなどして購入者様のために多々配慮されているため鑑定のお申し込みをこちらのシステムの利用に変更させて頂きました。

      3
      テーマ:
  • 16 May
    • 『今幸せを実感している人は過去の何にも後悔を感じていない』

      人生を華やかに飾り潤い満たされるものは何かの助けでも何かが報われるでも誰かの救いでも誰かの後押しでもなくあなたの強い意志とそれに伴う素直な行動あるのみだと感じます。もしあなたが今の人生にそうした感覚を感じられないとしたら今の環境や状況はあなたの意志に準じたものではなく起こした行動もそこには素直さが足りないのかもしれません。例え結果が誰から見ても不遇に見えたり不本意に感じられるようなものだったとしてもあなたが強い意志と素直な行動により得られた結果であれば今のあなたはその結果に満足されているはずです。誰もが感じる不正解が必ずしも絶対ではなく誰もが感じる正解が必ずしも絶対ではないから人生に失敗も間違いもないのかもしれません。人生が華やかで潤っていると感じるのは誰かの評価でも基準でもなくあなた自身の中にあることに自信を持つことから育まれるのでしょう。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      21
      テーマ:
  • 10 May
    • 『本当の自信は成功体験が育むものではない』

      信じることを明確にする根拠や理由が存在することはあまりなく信じたいと願う思いや気持ちが原動力になっていることが多いでしょう。例え結果的にその信じた思いが叶わなかったとしても最後まで諦めず信じ切ったことによりあなたの強い意志は育まれ自信はより一層養われることになるでしょう。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      9
      テーマ:
  • 08 May
    • 『心は全てを知っている』

      正しくもあり間違ってもいる。正しくなく間違ってもいない。必ずしも明確なものが答えだとは限らないでしょう。時には答えのないものが答えとなることもあるものです。では何を基準に物事を判断すれば良いのでしょうか?それはあなたが得てきた常識に頼るのではなくあなたが本来持っている良心を信じて歩むべきなのだと感じます。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      6
      テーマ:
  • 06 May
    • 『あなたはいつも出題者に囲まれている』

      この世の中に100%の正解や完成はほとんど存在しないのかもしれません。だから常に考え何かを探しそれらしい答えは見付かるも更なる探求を続けるのでしょう。特に人間関係はこの繰り返しに終始すると感じます。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 04 May
    • 『多くの喜びは苦しみから生まれる』

      生きることは楽ではありません。あなたは生まれるために多くの命の愛情と祝福に包まれています。あなたは生きていくために多くの命の犠牲を糧としています。あなたは生活するために多くの命との交流を深め思いや心の影響を与え合っています。あなたはいつの日か生を終えるとき多くの命との交流を終えることを余儀なくされ思いや心に悲しみを募らせることとなります。生きることは楽ではありません。少なからず苦と感じることがなければ生きている意味に触れることはないでしょう。あなたはあなた一人で生まれることもできなければ生きることもできません。楽と感じるのはその数々の恩恵が見えていないだけなのかもしれません。苦はあなたの命の原点を教えてくれます。そして苦は人生の幸せを改めて教えてくれることでしょう。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 01 May
  • 28 Apr
    • 『正解の見付からない時間をどう過ごすかが大切』

      考えるということは絶対的な結果を求めることではなくその経過の深さにあると思います。この世の中に絶対的な正解や解答の存在しない物事が山ほどあります。あなたはそこから逃げ出したりしていませんか?あなたはそれから背を向けたりしていませんか?絶対的な正解や解答を求めなければいけないと思うから気の遠くなるような迷路に迷い込むのでしょう。もしかしたらそこに絶対的な正解や解答は無いのかもしれません。それならしばらく身を任せてみても良いのでは無いでしょうか。いつかどこかで理解できるきっかけが見付かるかもしれませんし生まれるかもしれません。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      7
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 『あなたが人生を穏やかにさせていない』

      あるものをあると受け入れないものをないと受け入れる。簡単なようで難しく人生の大半をその課題に費やすと言っても過言では無いでしょう。誰かや何かと衝突や対立したときふと考えられてみて欲しいと思います。そのときあなたはあるものをないないものをあると主張されているのかもしれません。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 『他力本願に生きるということを考える』

      他力本願を発揮する意図は二つあると思います。一つは自身の力量や才覚だけでは何ともならない何ともしようのないことをに対して解る、譲る、委ねる、預ける、受け止めることで自身以外の他人であったり事柄や物事を深く理解できるということ。そしてもう一つは自身の欲望や願望を達成するに当たってその表現や方法を探す思慮に欠けていたり責任や義務を受け入れることへの抵抗から誰かや何かに解ってもらう、譲ってしまう委ねてしまう、預けてしまう、受け止めてもらうなど自身以外の他人であったり事柄や物事に深く理解を求めるということ。前者は自力の限界の理解と共に他力に生かされていることへの感謝が存在し後者には自力の限界を言い訳とし他力に生かされる方法や手段を模索していると言えるでしょう。どちらも他力本願ではあるけれどその目標や目的の中にある真意は天と地ほどの差があると言えるのかもしれません。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 『何を論じようと生かされていることに変わりはありません』

      人の人生で知り得る知識には限りがあり地球の歴史については推し量るにとどまり宇宙の歴史についてはそのほとんどを知り得ていないのが事実と言えるのかもしれません。それなのに知っていることを前面に押し出し知らないことすら知らないという事実を恥ずかしくも思えないのが恥ずかしいと感じます。朝と夜で生活を分け摂ることのできる食物を口にしあるのが当たり前と感じてしまう空気と水をそれも当たり前のように摂取し一人では生まれ得ない自分という存在を時に誇示し時に反発や疑念を他に向ける。全て当たり前のように感じるお膳立てに何もかもが救われ何もかもに養われ何もかもに生かされているのにも気付かない。我々は当たり前と思えるものに感謝しまた考えも付かない知り得ないものにさえ支えられているという事実にも敬意を表せなければならないでしょう。自然それは摂理とも言います。奇跡でも偶然でもないお膳立てされた恩恵はあなたの今までの人生の一分一秒でさえ見逃していないことをまず理解されると共にこれからの人生も何ら変わりなく関わり続けてくることをまず理解されましょう。理想論とも哲学とも考えておりません。ただただ事実でしかないと受け入れております。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 『経験と理解は人生を丸くする』

      人は多くを経験していくと勢いは落ち着きへときめきは思慮へと形を変えていくでしょう。そうなることは悲しいことではなくそうすることであなたは社会での立ち位置や世間との距離感を推し量っているのだと感じます。それでももしあなたがこれからを生きていく上でどこか何か行き詰まりを感じられたら昔の勢いとときめきでできていたその原点に返ってみてはいかがでしょうか?それも一つの経験に他ならないでしょう。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 『現実世界はあなたの色眼鏡により仮想世界となります』

      同じ風景や景色であっても毎度見るたびに様相を変えることでしょう。何が変わっているのか?天気または四季によるものかもしれない。実際に新しいものが作られ古きものが失われたからかもしれない。でも本当のところはあなたの気持ちや感情など心の変化により見るもの聞くもの感じるものに違いを生み出しているのかもしれません。あなたはあなたという心のフィルターを通して外の世界をあなたの認識として映し出しています。人と接する際に時としてそのフィルターにより相手の本質を見極める上で妨げとなることがあります。善悪、正誤、好悪、真偽、得手不得手。あなたはあなたのフィルターに頼り過ぎないことです。もっと見えるものを見ようとする。もっと感じられるものを感じようとする。それは努力や精進で得られるものではなく意志と意識でしか変えることはできなものかもしれません。それならば今からでも早速変えることができるという意味でもあります。もっとあなたの中にある人としての正しさや心根を信じてあげて下さい^^via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 四柱推命【基本の考察5】「双子の運命が同じとならない理由」

      こんにちは。蓮朋龍と申します。四柱推命ではその方の生年月日時と性別で、個性や性質、性格的傾向や運気を推し量ることができます。言い換えれば、そのこの二つの情報を基とするだけなので、全く同じ四柱推命式を持つ人が世界で二人と存在していても何らおかしなことではないと言えます。四柱全が同じとなる命式の人同士が辿る人生や運命はどこか似ていたりします。それは生まれた環境が似ているであるとか、育っていく過程や境遇がどこか似ているなどという具合で起こり得るわけですがそれはあくまでも「似ている」というだけであり全く同じとはなりません。ではなぜ似ているだけにとどまるのか?それは当然ながら、ご両親が異なるからです。ご両親が異なるということは生まれた環境が100%同じとは言えず、それに伴いご両親の子供に対する向き合い方や常識、教育方針についても同じではないからです。ここまでは四柱推命式が全く同じとは言え、何となく異なった人生や個性が形作られていくのだろうと推測できることと思います。では「双子」ならどうでしょう?それも一卵性双生児であれば性別も同じとなるので、四柱推命式は100%同じとなります。科学の分野からしても、一つの卵子から偶然、二人の命が生まれるので、遺伝情報が同じとなり、性別や姿形に至るまで全てが一致することとなります。こうした双子の人生や運命、個性はとても似てますが、ここでも「似ている」にとどまる理由が存在します。ではなぜ双子(特に一卵性双生児)が同じ運命を辿らないのか?それはあくまで先天的に与えられた命式のみが同じということに過ぎないからです。後天的に訪れる出来事は異なることが多いのでそれを対処していく過程で多くの違いが生まれてきます。具体的に申し上げますと、母親と父親は一人だけとなりますので、平等に接していたとしても少なからず双子の間には違いが生まれてきます。双子の名前をそれぞれ「Aちゃん」「Bちゃん」とします。Aちゃんが粗相をすれば、当然、ご両親はその時、Aちゃんを叱るなどして躾をすることでしょう。その時点でAちゃんとBちゃんに後天的に起こっている出来事は同じとは言えなくなります。また別のタイミングでBちゃんを叱りどこかで帳尻を合わせようと試みたとしても、それは厳密に時間という概念まで加味して考えれば同じとは言えなくなります。また子供は常に成長を遂げていますので、同じような出来事がお互いに起こったとしても時間が異なればそれを理解したり吸収したりすることにも違う影響が生まれるわけです。そして親元を離れ、幼稚園なり社会という外界に触れた時は更に大きな違いや差が生じてきます。一緒に行動していたとしても、見るもの聞くもの触れるものなどが多少なりとも異なればそれらから感じ取るものも異なり情操に影響を与えます。そして幼稚園や小学校などで遊ぶ友達やクラスが異なり担任などが異なれば、後天的に得られる差は更に大きくなります。このようにたとえ双子のように同じ環境にあって同じ四柱推命式を持っていたとしても、時間が経つにつれ行動範囲が広くなってくると経験や成長の差はドンドン大きくなっていきます。以前に四柱推命【基本の考察2】「命式は主観の世界でしかない」で説明させて頂いたのですが、個々に生まれながら授かった四柱推命式の本質はその人の「主観」を意味しており、外界から勝手に訪れるであろう吉兆や凶兆を暗示しているものではありません。「主観」はその人がある出来事をどう感じて、どう理解し解釈し、どのような知恵として吸収していくか?だけに集約されます。そういう意味では双子の場合、同じような出来事に対しての感じ方や理解、対処法に至るまで似ることとなりますが、人生を生きていく上で、二人が100%同じような出来事に遭遇し、同じような人生行路を辿るということはゼロであると言っても過言ではないでしょう。厳密に申し上げれば、母親の胎内から外界に産まれ出る順番自体が同じ人生行路ではないと言い切ってしまうこともできるわけです。双子は性格や思考、感情の動きなど個性に関しては同等と言えますが、後天的に訪れる出来事については違いが生まれるため双子の運命は同じとはならないのです。これが理由となります。多くのご相談者様を拝見させて頂くことがあり、双子の兄弟(姉妹)ということもそう珍しくもありません。あるご姉妹についてお話を伺うと、お互いにバツ1でお子様が一人いて、職業はお互いに看護師をしていますという方もいらっしゃいました。それは先天的に持って生まれた個性において女性ながらプライドを有し気丈のため職業婦人の傾向があり、お人好しの面もあるため他人から頼み事をされると断れない、またそうして頼りにされることに喜びを感じやすいという性格が人生の要所要所で同じような境遇や環境に身を置きやすいという現象を起こします。これは偶然とか必然という言葉で片付けられるものではなく、あくまで同じような個性が似たような環境を選んだに過ぎないわけです。四柱推命ではその命式のみを判断材料としその人の事実に基づく情報を聞くことがないとすれば、全く同じ命式に対する推断結果は当然ながら100%同じとなります。それは性格などその人の個性がそのまま発揮されればどういった場面でどういう風に生かされるかが判断できます。その傾向が双子では似ることとなり、それ以上でもそれ以下でもないということをご理解頂けましたら幸いです。四柱推命は何も特別なことをしているわけではありません。ましてや魔法のツールなんかでもありません。運命を知ることや吉兆凶兆を知ることに本質はなく、ただただ「個性」を理解することに真実があると私は考えております。「個性」が解れば傾向と対策を導き出すことができます。双子のお話から少々脱線してしまいましたが、四柱推命の基本は「人間の基本」であり、それは「自然の摂理」を知ることにもなりますので、四柱推命式の文字を追うことや、理論や公式を詰め込むことよりも先に知恵として理解されますことを心より願っております。最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました^^via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      5
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 『あなたは感動の数だけ幸せを積み重ねている』

      一番不幸な人は幸せの中にいながらその幸せに気付かない人なのかもしれない。そして一番幸せな人は例え世間一般から見て不幸と思えるような境遇や状況の中にあっても足元に咲いている一輪の花を美しいと思える人なのかもしれない。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 『人生はすべてあなたの意志のみで動いている』

      前に進むことも立ち止まることも後ろを振り返ることもあなたの意志で決めたことであればそこには全て幸せの答えしか見えてこないでしょう。もしその答えに幸せを見い出せなかったとしたらあなたはご自身の意志で決めたことに今になって後悔されているかまたは何かに流されて決めてしまったのかもしれません。ただここで気付かなければいけないことは後悔しようと流されたと言ってもみても結局はそれもあなたの意志で決めたということに他ならないわけです。どの局面でもどの場面でもそれがいかに簡単でも難題でも全てあなたの意志の下に動いていることを自覚されて下さい。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      10
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 『生きるとは活かすこと』

      学ぶとは習得することではなく実践することにあると感じます。失敗とは実践することから生まれるのではなく躊躇することから生まれるかもしれません。幸せとは自然と訪れ巡ってくるものではなく実践の中から感じ取るものだと感じます。生きるということは実践の数珠つなぎであり学びの数珠つなぎであり幸せの数珠つなぎでもあると感じます。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 11 Apr
    • 四柱推命【基本の考察4】「月令を得るとは前だけを見ている元気な子供のよう」

      こんばんは。蓮朋龍と申します^^この度は四柱推命における専門用語となります「月令を得る」ということについての考察を述べさせて頂きます。「月令を得る」とは四柱推命式中にある季節を意味するところが自分にとって後押しの作用を起こす状態を言います。また「時勢を得る」とも言い、その時代、その時期、その時間があなたに順風を呼び込むこととなります。例えば季節が「夏」の場合に、あなた自身が「夏」を好む性質だとしたら、その季節に一番、思考や活動が活発になることとなります。当然、他の四季にも通じることではあるのですが、この好むというのは、あなたの感覚、感情、思い、思考などにポジティブな状態を生み出すので、そこから生まれる結論や発想、行動は当然、あなたにとってポジティブなものとなります。これは特別な状態を除いてほぼ一生涯を通じてあなたの持って生まれた性格や性質に密接に関わってくることとなります。言い換えれば、ある季節では特に思考や活動に停滞が生まれることもあります。これを四柱推命の専門用語では「月令を得ない(時勢を得ない)」と表現します。月令は四柱推命式の特定の場所が担っており、生まれ持ってある季節を司っています。具体的には「月支」がその場所となります。月柱自体が生まれた月より算出される柱となるため、何月生まれかによって、その時期の季節が四柱推命式中に影響を与えているとするわけです。季節には春夏秋冬と、その季節間の移ろいを意味する曖昧な時期「土用」があります。分かりやすく書きますと、「春→土用→夏→土用→秋→土用→冬→土用→春」とこんな感じになります。土用は前の季節と次の季節が次第に変化していく状態となるため、色で例えるなら「中間色」のような感じとなります。この度は「月令を得る」ことの影響についてお話させて頂きますので、四季と土用についての詳しい解説はここでは触れません。ご理解下さい。イメージとして、夏を好む人が「月令を得る」ということは夏の時期に後押しを得て勢いが増すことを言い、反対に「月令を得ない」ということは夏以外の時期をみて勢いが弱まり、通常発揮できるであろう力に及ばなくなることを言います。では本題に戻ります。今までの説明をそのままイメージされると、「月令を得るということは、その人にとって得意な時期であり、 後押しが得られるのだから良いに決まってるのでは?」と思われるでしょう。はい。そうです。しかしそれはあくまで「その人にとってのみ」のことでしかありません。極端な表現となりますが、歓喜の声を上げ、浮かれてはしゃいでいるような状態が「月令を得る」ということでもあるので、確かにポジティブ志向で恐れを知らない、また常に自分はツキが回っていると信じて止まないのも「月令を得る」ことの特徴となります。これは生まれた時からこうした性格なのではなく、こうした人格形成がされるきっかけや背景が特に成長期に用意されている、または人に好かれやすい、何かと助けてもらいやすいという状態が人生全体において起こりやすいので、「月令を得ている」人は失敗や間違いの経験が少なくなる傾向にあります。もしかしたら人道的、社会的に間違いと指摘されるようなことであってもその人を取り巻く環境、特に人間関係においてはその間違いが指摘されることもなく、後押しを受けることが多いので、本人はそれに気付かず、人生の常識的な活動となってしまうこともあるわけです。これはとても危険なこととなります。特に幼い頃からその常識の中にあり、そして大人となってその常識の中で社会活動をし、その活動を咎めるような人間関係が周囲に生まれにくいということは、その本人にとっては正論であり正義であり、微塵も疑いなく自信に満ち溢れているからです。季節の力を得るというのは、その本人にとって馴染み深く、とても心地の良い状態となるので、その時流をうまく生かし人道的かつ社会貢献の道を選ばれれば、一代にしてそれなりの社会的地位、もしくは希望する夢を達成することができるでしょう。しかし弱みは逆境を知らないことによる免疫力や抵抗力の低さが挙げられ、自信を根本から覆されるような出来事に遭遇すると、感情的になったり自暴自棄に陥ったりする場合もあります。四柱推命式から読み取れる「個性」と呼ばれる特徴は千差万別ではありますが、どういった性格であろうと、どういった運命に置かれようと、「その一つ一つの事象や出来事は、あなた自身を成長させるための智慧である。」ということを常に意識することが大切です。些細なことにも感情をブラされない忍耐力を養い、一過性で終わるような単純な壁であったとしても、それすらも学ばず同じ壁に何度も直面するようなことがないように、小さい変化にも気付けるよう人生を俯瞰できる目を養いましょう。「月令を得る」ことは一つの個性の表れであり、その特徴を生かした生き方も当然ありますが、自分にとって何が足りないのか?何をどう理解し、これからの人生に生かすべく智慧にしていくべきか?それを考え実践していくことにおいては誰にも差はなく、社会的立場や年齢に関係なく全ての人が「平等」であると考えます。自信は絶対的な正解を導き出すものではなく、今までの経験に基づいた考察から、より正解と思えるような答えを導き出した時に、どれだけその自信を発揮し、そしていかに行動に繋げられるかが大切なのです。その小さな一歩を踏み出す自信を心から応援致します^^最後までお読み下さいましてとても感謝致しております。あなたのこれからの人生の歩みの中で、迷いが生まれた時にでも生かされて欲しいと心から願っております。via運命学鑑定士  蓮 朋龍 Your own website, Ameba Ownd

      5
      テーマ:
AD

プロフィール

蓮 朋龍

お住まいの地域:
新潟県
自己紹介:
運命学・四柱推命で 人物鑑定を生業とさせて頂いております。 多々悩まれていることの 根...

続きを見る >

読者になる

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生相談へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 四柱推命へ
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。