2012年12月30日

続・演説行脚

テーマ:

間が空いてしまいましたが、実はまだ続いてます。。。

お次は、SEGAの前でやっていた「みんなの党」の演説へ。
積極的に見に行ったというよりは、近辺を通りかかったらやっていたので立ち止まりました。
東京一区の小斎太郎という人は見当たらなかったような。代わりに参議院議員の松田公太氏が喋っていました。松田さんは見た目も演説もおしゃれっぽくてスマートですね。
しばらくして、党首の渡辺喜美氏が到着。最初はそんなでもなかった人の集まりが、終わりごろにはけっこうな数になっていました。
みんなの党の方針は、ざっくり並べると、TPP賛成、原発反対、消費税凍結、道州制賛成、外国人参政権反対…てな感じです。電力自由化という提案は興味深く聞きました。売りは、“しがらみのなさ”でしょうか。
渡辺氏が演説している中、背後のSEGAのスピーカーから、「はい~いよいよ選挙ですね~当店でも選挙♪やっておりますよっ♪(以下、イベントか何かの宣伝)」とものすごいキンキン声でかぶせてきて、笑えるやらイライラするやら…。まあ、選挙の方がイレギュラーなのであって、店はただ通常営業しているだけなんですけどね。

RIMG0095 

その後、秋葉原駅に差し掛かりますと、数時間前に又吉イエス氏が演説していた辺りに、雲霞の如き人だかりができていました。しかも、群衆のカタマリからは、ニョロニョロのように日の丸が生えています。
一種異様な熱気を帯びたこの集まりは、自民党演説待ちの人々。安倍総裁&麻生元首相も来るというので、始まる30分も前から行列のできる店状態になっています。
「何だこの右翼集会…(汗)」
もともと、どちらかというと左巻きにバイアスがかかりやすい性質なので、ついそのような第一印象を受けてしまいました。まして、改憲だの国防軍だのという前情報があった後では、余計にそう見えます。そもそも何故、一政党の演説で国旗なのでしょうか。天皇陛下の一般参賀やワールドカップとはワケが違うのではないでしょうか…。
人数は分単位で膨れ上がり、群衆の中にいったん入ると、もう身動きできません。仕方ないのでぼんやりと開始を待つことにします。つい数時間前に、同じ場所でやっていた又吉イエスのこじんまりした演説を思い出し、切なさがこみ上げてきます。

RIMG0102 又吉先生の軽く200倍以上はいそうな聴衆。

やっとのことでスタートしたのはいいのですが、候補者が出てくるまでが長え~~~!激戦区かつ新人候補なので応援部隊の数がすごいのです。まるで、盛大な結婚式でえんえんお偉いさんのスピーチを聞いているような心持です。とりあえず、安倍&麻生コンビの演説聞いて写真だけ取れればそれでいいよ…。
終始、自民党万歳!のホーム感満載の雰囲気の中、公明党の人が出てきた途端、「公明党はいらねー!」という野次が飛び、拍手の数もあからさまに激減…なんか気の毒だな;
集会も後半になって、やっと麻生太郎元総理が登場。すごい歓声が沸き起こります。何しろ、紹介からして「秋葉原を最も愛する男」ですから、秋葉原とのシンクロ率が半端ない。
“ルーピー”で有名な丸川珠代氏がさらに盛り上げたところで、いよいよ最後、安倍総裁が、まさに満を持して登壇します。会場はもう、歓迎ムード一色。ナチュラルに?沸き起こる安倍晋三コール。全員味方ですか! ここなら何を云っても許されるくらい空気が温まっています。芸人だったら最高の舞台です。
群衆の(主に経済的な?)ルサンチマンが、まるで自民党によって昇華され、またそれが自民党のパワーとなっているような、なんとも異様な熱気の渦。みんな、そんなに自民党が好きだったのか…?
この感じは、テレビではきっと分からなかったと思います。正直、その印象が強すぎて、演説は断片的にしか覚えておりません(苦笑)。民主党批判と日教組批判、そして自民党は生まれ変わりました、的な。
ただ、この秋葉原での熱気は、翌日の自民党大勝を予想させるには十分でした。

RIMG0113 大人気の麻生さん。

ということで、図らずも演説をハシゴする1日となったわけですが、どうせなら全政党のを聞きたかったですね。野田総理(当時)もこの日、アキバに来ていたとか…やはり公正を期すためには聞いておくべきでした。
ちょうど、朝見ていたテレビで、選挙の際に政党の追っかけをしているという女性タレントが紹介されていまして(マニフェストもきっちりファイリングして持ち歩いているそう)、そんなマニアおるんかいと思ったけれど、意外と面白そうですね。次の参院選では全党制覇してみようかしらん、旅感覚で…。
まあ、直接演説を聞くことで、かえってバイアスがかかる可能性もなきにしもあらずですが、政治家に興味を持つという意味ではいい体験かもしれません。
個人的には、鈴木宗男の演説を聞いてみたい。今回はどっちにしても演説はなかったでしょうが…。「政治家の究極の目標は世界平和である」という発言を聞いてから、ちょっと株が上がっているのですよ。でも東京では新党大地には投票できなかったんだよね~;
あれから2週間が経ち、刻一刻と状況は進んでいますが、選挙以降も政治への関心を、たとえそれがミーハーなものであっても、失わないようにしたいなと思う昨今です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年12月19日

演説行脚

テーマ:
というわけで、もともとアップしようと思っていた殺人鬼についての話(物騒ですまん)は次回にして、今回は選挙にまつわるエトセトラ。
政治の話は自分が予測する以上にナーバスで火種になりやすいのと、そもそも普段から追っていなくて大局が分かっていないので、ブログでは書かないようにしています(昔、1回書いて偏差値の低さを晒したトラウマもあり(汗))。
今回は、イデオロギー云々はさておき、選挙演説を見てきましたっていう話です。

何でまた演説なんか見に行っているのかというと、唯一神・又吉イエスが秋葉原に最後の降臨をするという情報がツイッターで流れたからです。それまでダラダラと家にこもっていたのに、ほとんど衝動的に出かける準備を始めてしまったあたり、「唯一神の隠れファンだったのかよ?!」と問い詰められそうですが、もうちょい説明させてください(汗)。
唯一神は、わたしの住む東京一区からしょっちゅう出馬しては落選していることもあり、なかなか馴染みの深い存在なのですが、ヲチ的冷やかし以上の興味を持ったのは、映像作家の真喜屋力さんという人のブログ記事がきっかけでした。
「僕とイエスと掘っ立て小屋」というタイトルのその記事には、かつて唯一神の経営していた学習塾の思い出が綴られていました(彼はそこに生徒として通っていたのですね)。
そこには、一人の純粋でつつましい教育者の姿が描かれていました。当時としても破格の月4000円という月謝で、徹底した教科書主義で、分かるまで丁寧に教え解く、小さな学習塾。真喜屋さんは、そこで教えてもらって数学が得意になった、恩師の一人だ、と書いていました。
世間ではもっぱら、電波系の泡沫候補としてほとんど真面目に顧みられることのない神ですが、そんな微笑ましい過去がありながらもここに至った人生には、静かでありながらも壮絶な何かが潜んでいるような気がして、なんだか胸打たれたんですよね。
どう考えても当選しない選挙に出続け、挑発的なポスターを掲示する神を、電波だマジキチだと嗤うことは簡単です。でもせめて、温かい気持ちで笑いたいなあと、わたしは思っているのですよ。

っと、つい前説が長くなりました。
神の降臨は土曜午後2時、小雨が降る極寒の秋葉原駅前です。
すでに有権者(つうかファン?)が30人くらい集まっていました。ほとんど男性ですが、女性の姿も数人。演説内容ビラを配るボランティアさんが、わたしより明らかに10歳は年下と思われる若者だったことにちょっとビックリです。
いや、しかし何よりビックリしたのは、神が普通の、いやむしろおしゃれな雰囲気のおじいさんなんですよ。帽子とコート、きちんと巻かれたマフラーに、モボの香りを感じましたよ。顔も出で立ちもとても上品だし、あの過激なポスターで「腹を切って死ぬべき」「地獄の火の中に投げ込む」などと叫んでいるイメージとは、正反対と云っていいくらいのやさしそうな老紳士です。「僕とイエスと~」を思い出して奇妙にほのぼのしてきます。

RIMG0081 車によじ登る神。

演説は、高度成長期→安定成長期→バブル崩壊→現在のデフレ不況に至るまでの説明が行われた後、彼の提唱する「公平・平等の原理・原則」による「共同の所有・生産・消費制経済」についての説明という二幕?構成でした。
内容について詳しくは選挙公報・ホームページで熟知すべし(by神)、なのですが、わたしなりに、つまり神の云いたいことは「資本主義は終わっており、利益至上主義・金がすべてでは経済は立ち行かない」ということなのだろうな、と解釈いたしました。まあそんなに間違っていないような気もしますが…。
同業種の大企業は連携すべしと説いており(赤壁の戦いで船を繋いだ光景をとっさにイメージした…ダメじゃん)、また彼の主張と共産主義の違いについても述べておられました。曰く「マルクス・エンゲルスは労働者をバカにしている」そうです。ふーむ…今さらだけど「資本論」を真面目に読んでみるか。とりあえずマンガで。
とりあえず、あんまり私心なく、みんなに幸せになってほしいんだな~ということは伝わりました(どんな解釈)。
その他の政治スタンスは、ホームページ情報によると、
・原発ゼロ
・TPP反対
・在日韓国人は帰国すべき
・山中教授のノーベル賞受賞は医学の領域を超えているので間違っている
と最後は、かつて「ミニスカート禁止」を公約に掲げた頃の名残を感じさせる個性的な記述も。

RIMG0083 降臨しますた。

演説の終わりには、かつて神を盛り上げてくれた2ちゃんねらーの皆さんにお礼を云うことも忘れない、礼儀正しい神でした。
しっかし吹きっさらしの屋外で1時間突っ立っているのはキツかったな~! 猛暑の選挙もイヤだけど、極寒も厳しいお。。。
終了後、体温回復のために近くのエクセシオールカフェに駆け込んだはいいけれど、自動ドアの側の席しかなくて全然あったまれなかったよ!

又吉イエスの話が長くなってしまったので、続きは次回。
個人的にはこれで満足して帰ってもよかった(?)のですが、この日は最終日、他党の候補者もアキバに集結するというんで、ついギリギリまで居座ってしまったのだ。
ちなみに彼氏はこの日、渋谷で偶然マック赤坂の選挙カーに出くわしたそうで、一緒に記念写真を撮っていました。わたしも神とのツーショットを撮って自慢するべきでしたかね…。

RIMG0091 有権者というより観光客に囲まれているような…。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012年12月11日

スキンケアをやめた話

テーマ:上京後
この秋からスキンケアをやめています。
女子たるもの、しばしばこうしたオカルティックな美容法(笑)および健康法に一度や二度はハマるもので、2年くらい前は冷えとりに興味を持って靴下の重ね履きをしたり、絹の下着やレギンスを血眼になって探したりしたものです。
しかし、足が冷えるとよくないという頭寒足熱の理屈には納得できるんだけど、靴下を最低でも4枚履かないと冷えが取れないというのは、どうも自然の摂理に反しているような気がして(一生何枚も靴下を履き続けることが自然な人間の姿なのか?という疑問です)、あとは何より冷えとりと己のファッションがどーしても噛み合わず(笑)、いつの間にかフェードアウト。活動の名残は、部屋でサーモヘアソックス(アンゴラヤギの毛でできた靴下)を履いているくらいでしょうか。ちなみにこのソックスは、とても温かいのにムレないので、今の時期たいへん重宝しています。


さて、スキンケアを辞めることにしたのは、その直前まで使っていたヘチマ化粧水を付けると余計に乾燥するように思ったからでした。その上からさらに保湿ジェルを塗りこむのですが、それでも、しばらくすると乾燥してきます。
元々スキンケアは面倒でよくサボっていましたが、今年の春からは少しだけ真面目になって、朝晩やっていました。
きっかけは、今年の5月一緒に長崎旅行に行った友人です。彼女は某化粧品メーカー信者で、鏡の前で30分近いスキンケアを行っているような女です。わたしは半ば呆れながらその姿を眺めていましたが、「もしかすると、奴の方が女として正しい姿なのではなかろうか…」という不安に駆られ、見習ってみることにしました。
彼女が云うには、“化粧水は手のひらで温めて皮膚にじっくり浸透させ、表面がモチッとするまでそれを続ける”とのこと。うへーめんどくさそー!と思いつつも、確かに、スキンケアは保湿がすべてっていうしなあ…と、夏の間は、しばらく続けていました。でも、特に肌がキレイになったという実感がないまま、それでもやらないよりはマシなのかな~と惰性で続けていました。


普通ならここで「化粧品が合っていないのかも…?」と思うべきところ、「そもそも化粧品が要らないのかも??」という極論が、にわかに浮かんできました。
それで、いろいろ検索していたら出てきましたよ、格好の教科書が。『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法』。サブタイトルには、「美肌には化粧水もクリームもいりません」とありますよ。
タイトルどおり、この本の結論は“肌のためには何もつけないのがいちばんいい”です。読まなくても分かる結論ですが、その内訳が気になって購入。1400円の本で、もし本当にスキンケアが要らなくなったらラッキーじゃん?と思いましてね。


紹介されているスキンケア理論は、ざっと以下のようなものです。
☆肌は本来、内側からうるおうようにできており、外からの浸透は原理的に不可能である。
☆お風呂から上がったら体はきちんと拭くのに、顔だけ水分でひたひたにしなければいけない理由はない。
☆キメ肌の代表格である赤ちゃんの肌は“さらっと”しており、決して“しっとり”した感触ではない。
☆クレンジング剤は肌を痛める最たるもの。無理に落とすくらいなら、落とさない方がナンボかマシである。というか、石鹸で洗顔したらだいたい落ちる。
☆洗顔は、基本的にぬるま湯のみで、超やさしく行う。


…とまあ、スキンケアに命をかける友人が聞いたら憤死しそうな、業界の極左ともいうべき内容のオンパレードです。
スキンケアを面倒くさく感じるわたしでさえも、「え、そうは云っても乾燥したまま放置っていうのはどーなの?」とかすかな不安を抱きました。
著者の先生は形成外科医ですが、奥さんに自説を信じてもらうのに何年もかかったそうです。それくらい、スキンケアというものは女子の暮らしの“当たり前”になっているわけですね…まるで食事や入浴と同じように。


とは云え、やめるのはとても簡単でした。そもそも面倒くさかったので、いい言い訳ができてこれ幸いという感じです。
10月に始めたので、ちょうど皮脂もベタつかず、激しく乾燥することもなく、スタートして数日は、心なしか透明感がアップしたのではないか? という感覚(たぶん錯覚)すらありました。が、2週間後くらいには小鼻の周りの白い膿のような皮脂が増え(さすがにキツくなって一度だけピーリングしちまった)、かと思えば粉を吹くこともあるし、周期的にできる口周りの吹き出物もいつも通り。う~ん、これってキレイになっているとは云いがたいような…?
それでも、あれから2ヶ月、挫折することなく続けているのは、肌がキレイになったからというより、圧倒的にラクだからです。スキンケアしていたときとそんなに変わった気はしませんしね~。
ここ最近は乾燥もさほど気にならなくなってきました。少なくとも、ぬるま湯でさらっと洗顔する分には乾燥しないです。本には「どうしても乾燥する場合は顔全体に対し米粒くらいの白色ワセリンを塗布する」とあって、米粒とか少なすぎやろ~!と思っていたけれど、意外とこの量でなんとかなっていますね。実際、ひどく乾燥するのって、眉間と口の周りくらいですし。


まあ、劇的に美肌にもなっていませんので力いっぱいオススメはしませんが、スキンケアしなくても意外となんとかなってますよ☆彡って話でした。
今度、マイクロスコープを買って実際の結果を見てみたいと思います(ボロボロだったら笑いますね…)。
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2012年12月04日

☆♪ライブのお知らせ☆♪

テーマ:上京後
えー、あまり宣伝効果のないブログですが、やらないよりはマシということで、告知をば…。
しつこく在籍しておりますコピーバンド「坊主丸坊主」のライブが、またまた行われることになりました。
しかもクリスマスの三連休初日という、どう考えても誰も来てくれなさそうなスペシャルホリデーにぶつけてきましたよ☆彡
今回は全部で6曲予定している中、TM NETWORKの「Still Love Her」をやるってことで個人的にはそこばっかり気合が入っていますが、他のメンバーにはオマケ以外の何物でもない扱いであることが、ひしひしと伝わってきます…で、でもがんばる(>_<)

よかったら遊びに来てください~。酒類も飲み放題です♪


日時:12月22日(サタンの日)

場所:秋葉原リボレ2
http://www.studio-revole.com/
(東京都千代田区神田佐久間町2-11 秋葉原駅より徒歩4分、カラオケパセラの向かいです)

開場:16:10 開演:16:30

出演バンド:u-san band、Schwarz Jerd、8kb、坊主丸坊主、日本代表
※坊主丸坊主は18:30~19:00出演予定です。


(追記)わー、料金書いてなかったし! 1,500円です!! すみません!!!


さて、いつもいつも演奏より衣装のことが気になってしまうダメンバーのわたくしは、今回もまた、練習もそこそこに服のことで頭がいっぱいです。
前年度の“ルーマニアの魔女”は、ややコンセプト倒れした感が否めず、今年は大人しくミニスカサンタ(って年齢かよ…)でもやろうかなーと思いましたが、最近とみにゴスロリ方面への愛がマグマ化しているため、そっち方面に走るかもしれません…。クリスマス、全然カンケーないし!
そのくせ、メンバーの皆さんには「せっかくクリスマスライブなんだから、みんな最低1つはクリスマスらしいアイテム付けて来てくださいね! 何だったらクリスマスツリーの着ぐるみでもどうですか?」と強要して、だいぶ嫌がられています。

いやーでもさー、ライブってのは少々おかしな格好しても許される、いやむしろ盛り上がってプラスに働く数少ない場じゃないですか?
先日、久しぶりに会った旅行作家のIさんに「え、まさかとは思うけどその服で会社に行ってんの?」と尋ねられ(そのまさかです)、後日共通の友人に「またすごい服着てたで~」と報告される始末でしたが、個人的にはその日の服装は、数あるワードローブの中でも中の中くらいの、普通の服なんですよ!(ちなみにJane Marpleの上下でした)
つまり、ハタから見れば「おめーはいつもおかしな格好してんじゃねーか」ってことになるみたいですけど、そんなんじゃない、ライブではもっと非現実的な服を着たいんです。服だけじゃなく、髪やメイクも含めて、(自分が)楽しい格好をしたいんです。たまに派手に着飾る場があるというのはいいことですよ、ね?
ただ、ライブで着たらかわいいかも!と思って予約購入したMILKの冬物との兼ね合いもあり、クリスマスに沿ったコンセプトを決めるのか、単に着たい服を着るのか、悩むところです。どうでもいい話ですみませんね!(苦笑)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。