2010年07月29日

6月のかわいいものBEST3

テーマ:かわいいもの

え?もう7月も末ですって?
気がついたらバーゲンもすっかり終わって、気がついたらJane Marpleだけで5万円も使ったりしているようだけど、夢でも見ていたのかしら??


…ま、それでも6月は、嵐の前の静けさ的に大人しい買い物でございました。
やっぱ、ひと月の服飾代を50000円以内に収めるというのがひとつの防波堤ですね。6月は初めてそこで食い止められたのですが、結局は7月で荒れ狂うバーゲンの氾濫に飲まれ、あっけなく決壊してしまいました(涙)。


【第1位】
BABY RIBBONのキルティングマカロンバッグ(8400円)



放浪乙女えくすとら-babyribbon-quiltingbag


お店のブログでチェックした瞬間、雷に打たれてすぐに買いに走ったバッグです。
しかも、6月1日に。これで、6月も結局、散財することになるんかいなーと心配しておりましたが、この後はなんとか食い止めた……と思う。
普段、意味不明に荷物が多く、小さなバッグの必要性はほとんどないものの、シャネルのキルティング&チェーンバッグには密かに憧れておりました。ほら、なんかあれがあるだけで、服装がびしっと決まる気がするじゃないですか?
で、シャネルのは当然買えるワケがないので、その辺でテキトーなイミテーションを……と思っていたら、Baby Ribbonからキルティングバッグが発売されたじゃないですか!! しかも、Baby Ribbonらしいパステル&キャンディカラーのバリエーション!!
エナメルのミントグリーンやパープルもめちゃかわいかったのですが、悩んだ挙句、わりとフツーの(笑)色を購入。でもでも、名前が「Fraise au Lait(いちごミルク)」だから!!
しかし、普段の外出で、このサイズのバッグを持つ機会はやはりなく、家でまだ出番を待っているところです……。かわいそうに!!!助けてあげたい!!!


【第2位】
ナイルパーチのTシャツ(5800円?)



放浪乙女えくすとら-nileperch-Tshirts


今年あちこちで見かけるショート丈のTシャツ。ひさびさ登場のナイルパーチで買いました。
もうそろそろ、こういったメルヘンテイストからは卒業せねば……、と思うのですが、頭にナゼかケーキを載せているくまのプリントに胸がときめき、「バーゲン前なのに定価で服を買ってはいかん!!」と戒める心の声にも耳を貸さず、購入に至る、と。
まっ、ラフォーレのバーゲンではセール対象外になっていて安心しましたけどね(笑)。
重ね着の苦手なわたしには、少々難しいアイテムではあります。流行りものなので、雑誌や店頭でもこの丈のTシャツの着こなし方を参照することはできるのですが、手持ちの服だとなかなか……、マキシ丈ワンピとか持ってないしなあ。あと10年若ければ、単体で着用して、下もカットオフジーンズなんかで、腹を出して歩いてもよいのですが……。
しかしよく考えたら、Tシャツに5000円以上も出しているなんて、やっぱどうかしてるわな~。。。


【第3位】
シチズンの腕時計(22000円)



放浪乙女えくすとら-citizen-watch1


6月、意外と買い物してないやん! と自分を褒めようかと思ったら、実はありました。高額商品が……。
吉祥寺の文房具店「36」で購入。
シチズンだけどアメリカ製という逆輸入モノだそうです。
いちおう断わっておくと、前々から、華奢な腕時計を探してはいたのですよ。ブレスレッド感覚、とまでは行かなくても、あんまり主張しない、細~い腕時計。
まあ、腕時計ってなくても生きていけるものだけど、自転車に乗っているので、携帯の時計だとちょっと不便なんですよね。
この時計は文字盤が1cmにも満たない超小型。「何時か見えへん!」と30代の女性に突っ込まれたほど小さいです。お、おばさんにはまだちゃんと見えるお……。
欲を云えば文字盤は丸い方が好みだけれども、着けてみて腕になじむ感じもよかったので、絶賛愛用中です。



放浪乙女えくすとら-citizen-watch2 ズーム。



【おまけ】
靴下屋のプリントソックス(各1575円)



放浪乙女えくすとら-kutsushitaya-printsocks


全体的な買い物量が収まっても(収まってる??)、靴下道楽だけはやめられません。
靴下ってアイテムは、“たかが靴下”では済まされない難しさがあり、ついつい買い足してしまうのです。
それもこれも、柄物の服が多いのに、柄物の靴下を買ってしまうから、いつも出勤前に「あ~靴下が決まらん!!」と頭を抱えることになるのよね!
また、わたしは柄×柄をうまくコーディネートできるセンスを持ち合わせていないため、外出時でも「ん~靴下がどうも気に入らない…」となって、靴下ショップに駆け込んでしまうのでした。
そんなこんなで靴下の量が大変なことになっております☆
このプリントシリーズは昨年も出ていて、ずっと買おうかどうか迷っていました。これこそ、どの服と合わせるんだよ!? って感じで、しかしパンツなどで隠してしまうにはあまりにも惜しく(見えないところまでおしゃれする心の余裕はわたしにはありません)、店頭で見かけるたびに葛藤を繰り返していたのです。
しかし、6月は買い物を抑えていたこともあり、これくらいの贅沢はいいじゃん? というイイワケが働いてやっと購入に至ったのでした。
他にもチェリー柄、極彩色の花柄、森柄(?)などがあり、また気が向いたら買い足そうと思います。ま、この2足もまだうまいこと手持ちの服に合わせられておりませんが…。


次回は7月のかわいいものBEST?(←3ではとても収まりきらないの意)という名の反省会。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年07月23日

これがホントのSATCですわよ(はぁと)

テーマ:東京秘境

昨年は慌てて屋久島に駆け付け、見事、日食にフラレた夏の三連休。
それに懲りたわけでもありませんが、今年は大人しく、クソ暑い東京で過ごしました。しかしホンマに許しがたいほどの暑さですな。。。冗談抜きでやけどしそうですよ。
東京にいればそれなりに何かしらはあるもので、ライブに送別会にと遊び回っておりました。
(ライブに来てくださった方、ありがとうございました!!! 超ふがいない出来だったので、若干、顔が上げにくうございます……。)


しかし……何と云ってもメインイベントは「SA●ISTIC CI●CUS 2010」です。
今回はまりっぺさんとご一緒させていただきました。かれこれ3か月も前からの約束です。
この日は朝からバンド練習→ライブ本番→打ち上げとこなし、最後に待っていたのがこのイベントでした。我ながら消化しきれるのかと心配でしたが、やっぱり翌日は死んでました。


今回のラインナップは以下の通り。

・こまどり姉妹
・浅草駒太夫
・東方力丸Vs.山田広野
・ルイス・フライシャー
・蕾火&早乙女宏美
・ペイン・ソリューション


前回に比べると出演者も少なく、時間も夕方スタートとずいぶん健全になっていました。
こまどり姉妹がここに名を連ねていることが気になってしょうがないですが、前半は観られなかったため、後半の感想のみ。


☆ルイス・フライシャー
うっすらと名前に覚えがあるなあと思ったら、前回のイベントで幻想的なサスペンションショーを披露していた方でした。
フライヤーには「凄惨! 人肉音楽」という普段では見慣れないコピーが踊っていたので、下世話な好奇心をムクムクと膨らませていましたが、今回もゴシックな宗教儀式的パフォーマンスでした。あまりに耽美的なので、途中、眠気が襲ってきてしまったくらいです。
“人肉音楽”は、2人の背中のサスペンションでワイヤーをつなぎ、そのワイヤーを棒で叩くと音が奏でられるというような仕組みでした。肉そのもので音楽が奏でられるのではないかと心配(若干期待)しておりましたが、そんなことはなかったです。
一時、舞台から降りて観客に叩かせるサービスもありました。しかし、わたしたちの前の人までで惜しくも棒がなくなってしまいました。。。ぜひ叩きたかったです。
目の前で、線の細いキリストみたいな人が、恍惚とも取れる表情を浮かべながらよだれを垂らしていたのが印象的でした。
しかし、サスペンションは変態界の最右翼というか、1つだけ突き抜けているなあとしみじみ……。
いったい何が彼らをこのような殉教者じみたパフォーマンスに駆りたてるのか……興味は尽きません。


☆蕾火&早乙女宏美
後者の方は確か、前回のトリだったような。
今回は、緊縛+切腹ショーの組み合わせ(って、平然と書いてるけどよく考えたらすげーな;)。
白虎隊の娘バージョンである「娘子隊」(※実在)の最期を、緊縛と切腹を交えて描くドラマ仕立てでした。
ベタな演出と云えなくもないですが、実際にこんなシーンもあったりして……と思うと、背筋が変な感じでぞくりとします。また、白虎隊じゃなくて娘子隊というマニアックさも何かエロいのよね……。
逆さ吊りにされ、細い体ですすり泣くさまは、演技と分かっていても被虐性満点で、S心を大いにそそります。
ま、細いと云ってもこのテのショーに出るおねえさんたちの体はよく鍛えられているな~と感心しますがね。腹周りの締まり方が普通じゃないですもの。
ところで、前回も気になったのですが、切腹ショーの鮮血は血のりを使っているんですよね……? 本当に切腹していないのはさすがに分かるけれども、薄く皮膚を切っているんじゃないか?と思っていました。実際はどうなんでしょ。


☆ペイン・ソリューション
今回のトリにふさわしい、素晴らしいショーでした!!!
これだけ見に来たとしても甲斐があったと思います。
まず、「レディース、エン、ジェントルメン!!」てな感じで、ザッツ・エンターテインメント的にポップなスタートを切ったときは、いい意味で予想を裏切られました。
「身体と精神を限界まで追い込み、残酷な美学と 極限的な身体制御で観客の視覚に訴える。 ペイン・ソリューションは苦行僧の訓練法をマスターし……」という紹介文から、どんだけハードなのかと思っていたら、、、何だこのテンションの高さ!!
耽美系が2本続いた分、この底抜けに明るい雰囲気に、一気に魅了されたのでした。
しかし、雰囲気は明るくとも、やっていることは確かに苦行僧のそれです。はるばる北欧はノルウェーからいらっしゃった3人組、ヘッドマスター(♂)、マニアック(♂)、プリンセス(♀)が、電撃ネットワークもビックリの体を痛めつけるパフォーマンスを次々と見せてくれます。プリンセスちゃんは、プリプリしたとってもかわいい女の子なのに、腹にふっとい棒(1本)をぶっ刺して宙に浮いたり、男2人のサスペンションワイヤーでつくったハンモックに腰かけたりしていました。。。


電球をバリバリ食べるのも、マジックリンをのどにスプレーするのも(のどぬーるかよ!)、顔にプスプスと針を刺していくのも、すべてがあくまでコミカルに行われ(音響も絶妙)、「うわ~痛った!!」と顔が歪みつつも「うわ~凄ええ!!」と笑ってしまう、ジェットコースター的おもしろさ。パフォーマンスが終わるたびに、団長が英語で「みんな~、もっと観たいか~?」と聞くのがまた楽しい。
いちいちおもしろくすごいのですが、いちばん驚嘆したのは、でっかい針山をサンドイッチしながら3人が水平に乗り重なっていくパフォーマンスでしょうか。
あとはラスト、団長の顔に指しまくった針を次々と抜いて流血! というパフォーマンスも、観客のうれしい悲鳴(なのか?)を沸かせていました。やっぱこのテのイベントは、流血を見てナンボです(?)。
ちょっとやそっとのことでは驚かないであろうまりっぺさんも満足そうに席を立ち、ペイン・ソリューショングッズを買いに走っていました。パフォーマンスの直後とあって、ペインコーナーは超・大盛況。そりゃ、あれを観た後では、記念品が欲しくなるのも当然のなりゆきです。ということで、わたしもTシャツを買おうとしたのですが、あいにくサイズがなく、ライターだけ買って帰りました。


後で調べたら、翌日は「聖ヴァニラ学園」というイベントでボディ・サスペンション教室をやっていたらしいですね~。連日すごす!!
しかし、同じ体を張ったパフォーマンスでも、アスリートのそれは「夢と希望と感動をありがとう!」とか云われて多くの喝采を浴びるのに比べ、こちらは、多くの人にとってはただの変態で「やだ~コワイ~」で終了になってしまうのは、何とももったいないことです。体の張り方は、こちらも相当すごいんですもの!!
いや、正直、ピュアな感動すら覚えましたもん(笑)。


そんなこんなで、わたしにとっては「SATC」よりも刺激的な"SAdisTic Circus"でした(こじつけです、てへ☆)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年07月08日

ツイッター、サッカー、トラップ、バーゲン……など

テーマ:上京後

一度サボると容易に復帰できない……それがブログの恐ろしさ(?)。
最近ホントに、自分のPCのブログフォルダを開けるのも怖くて困惑しています。
コメントに「政治ネタで随分疲れてしまったみたいですが……」といただきましたが、遠因はあるかも知れないけれど、それが原因ではないんですよねー。何だろう……ただの無気力?(苦笑)


バイヤーのときにとりあえず登録したけどツイッターの使い方がようわからん! と長らく憤っていたわりに、最近はそっちにログインする方が多かったりして(汗)。だってだって、ツイッターのほうが書き散らかせるからラクなんだもん……。
ツイッターにようやく馴染んできたきっかけは、家にゴキブリが出た+ワールドカップという、何とも脱力感そして俗物感あふれる理由です。や、ワールドカップの試合中のつぶやきを見ているだけでもライブ感ありまくりで楽しいんだよね~。
ホームページ→ブログ→ツイッターと、ネットの世界はよりリアルタイム感を追求する方向に変遷&進化していますが、ツイッターの即時性ってやっぱすごいですよね。なるべくしてそういう方向になっていってるんでしょうね。


ツイッターもサッカーも超にわかなのに、わたしも試合後につぶやいたりしちゃうわけですが(笑)、そろそろブログの放置具合に胸が痛くなってきたので、ひさびさに……手が震えつつ、リハビリ(っつーほどでもないけど)がてら金子光晴の『金花黒薔薇艸紙』ばりにとりとめもなく、テーマもなくダラダラ書くことにします。
まっ、もともと大したことない内容のブログに、ヘンなハードルを設ける必要もないんですけどね……。


いやーそれにしても、ワールドカップをこんなに頑張って観ることになろうとは、大会前は露ほども思わなかった。
ワールドカップそのものよりも、旅人の間で“リアル北斗の拳”と呼ばれる南アフリカで行われることの方に興味があったくらいで、日本代表も本田と中村以外は誰一人知りませんでした(汗)。
『キャプテン翼』ファンとしては本物のサッカーにはまる素地は十二分にあるはずなんですが、逆に、キャプつばゆえにリアルなサッカーが観られなくなったという、ヒジョーに本末転倒なことになっているのです。いや、さすがに大人になったから、キャプつばのサッカーが大いに間違ってるってことは分かってますよ!(笑)
でも、さすがにワールドカップは違うのね。乙女友達(笑)のKさんが「かっこいい人いっぱいで、簡単にのめりこめるドラマもてんこ盛りで、恐ろしいトラップですワールドカップ……」と云っていたのだけど、ホントにそう。恥ずかしながら痛感します。
グループリーグはそこまで燃えなかったのに、決勝に入ってからはもう、試合の日は9割以上の皆勤率で朝までコース(※家で一人、地味に観戦)。正直、日本戦が終わってからの方が個人的には盛り上がっています。
夏の甲子園方式に弱いんですね、きっと。あの「負けたら最後」の刹那さは、独特の強烈な味わいがあります。思い起こせば、思春期の頃、甲子園にめちゃくちゃハマってたなー。あれも見事にトラップだったか……。


フィギュアのときみたく、美男子ベスト3なんかやってみたいですが、何せ人数が多すぎて把握できず、とても公正な(?)判断が下せませぬ。
個人的に印象が深かったのは、


1.ロケ・サンタ・クルス(とりあえず顔! 顔です! なんという美男子! なんという眼福! グループリーグも全部観るべきだったと激しく後悔)


2.メスト・エジル(美男子かどうかはさておき、硬質で無性的なオーラはタダ者ではない感が。ドイツのギムナジウムにいそう! と思ったけれど、トルコ人だったのね。名前カコイイ)


3.スアレス&フォルラン(例のハンドには賛否両論あるでしょうが……あの執念にはビビった。あとウルグアイは終始、スタンドから応援されてない感があって、国としても小国だし、その孤独な(?)戦いぶりに何となく肩入れしていたのです。そして、スアレスのむちむちした体と、フォルランの彫刻のような造形に軽く萌え、と)


ってとこですかねー。美男子ランキングではなくて、萌えランキングといったていですが。
美男子ランキングを本気でやるなら、それこそ腐るほど人材豊富で、とてもじゃないけどサッカー素人のわたしの手には負えません。クリスチアーノ・ロナウドとか、フェルナンド・トーレスとか、イケル・カシージャスとか(若林くんみたいですね)、セルヒオ・アグエロとか、カカーとか、まりっぺさんがハマっている長谷部誠とか……知らないなりにナンボでも出てくるんだからさ(笑)。また、黒人男子は趣味の範疇になかったのですが、それでもカッコいいなーと思える顔がちらほら……サッカー界、恐るべし。
それにしても今年は、フィギュア、サッカーとスポーツ観戦づいていますな~。スポーツというよりイケメン観賞に近いか?(苦笑) フィギュアはしばらくごぶさたしているうちに、ランビエールが高橋大輔の振り付け(プログラムは「アメリ」)を担当しているではないか!! なんというコラボ!!


ところで上記の「トラップ」という話。
女子のハマるトラップってけっこう、いくつかのパターンに集約されるなー、と思うんですよね。
去年でしたか、Kさんともう一人の乙女友達との間で「女の趣味嗜好で避けて通れない三大トラップ」という話題になったことがあり、確かこういう結論に至ったのでした。

1.ジャニーズ
2.BL(ボーイズラブ)
3.宝塚

3はハーレクインだったかも…、と、記憶が曖昧だけど、ともあれそのときは「あると思います!」と深く合点がいったのでした。
女子全般に当てはまるわけでないことは百も承知ですが、少なくともインドア系の女子の場合、けっこうな確率でどこかのトラップにはまった経験があるような気がする。
え? わたしですか? わたしは完全に2ですよ……(苦笑)。
ただし、注釈を付け加えるとしたら、確立されたジャンルとしてのいわゆるBLマンガや小説にはあんまり興味がなくて、もっと古典的でストレートなゲイものが好きです。あっでも、キャプつばのアニパロは読んでたか;
1は正直、これから先もハマることがなさそうだけど、3はあるかも? 宝塚じたいに興味があるかないかと云われたら間違いなくある方に属します。意外とトップスターの名前も知ってるし(笑)。
しかし、この「3」枠は、もうちょっとしっくりくる何かがあると思う。エコ・健康・ナチュラル系とか、そこからの派生でスピリチュアル系とか。スポーツ系トラップも(上記のとおり)あるよね。
みなさまも思いついたらコメントください(笑)。


でもって、バーゲンもすっかり始まっちゃってますねー。
幸か不幸かあんまりガッツリ行けておらず、まだ本命のラフォーレが始まっていないので、今んとこそんなに暴走してないです☆
エミキュでスカート×1、靴下×1、コム・デ・ギャルソンでパンツ×1、アニエスbでTシャツ×1、ANTIPASTで靴下×2……と、そんなところで、まあギャルソンのパンツが高かったけど、いつもに比べたら大人しいもんですよ。にゃぱ。
あとは、7/11(日)参院選の朝に、ミルク様のバーゲンに並びに行くか否か。春物でやや心残りがあるっちゃあるんだよなあぁ……。
しかし、何だかんだで今回の本命はジェーン・マープルです。マルイの初日は行けず、数日後に行ったら目を付けていた商品は軒並みかっさらわれていました。もうラフォーレに賭けるしかない。まあ、いつもラフォーレのバーゲン=ジェーン・マープルって感じですけどね。
エミキュは正直、今季はそんなに……。どうしても欲しい! という感じのものはないですね。すでに1枚買ってるやん! という話はこの際置いとくとして(苦笑)。
ただ! 秋物のマカロンプリントシリーズは恐ろしく可愛い! かーなーり悩みましたが、バーゲン時に定価のものを買うほど悔しいことはないので、今回は見送ります。。。ま、茶系はとっくに売り切れているだろうけどー。
あとはフツーに、茶系の革のサンダルが欲しい。エスパドリーユ的な靴も欲しいなー。
ちなみにわたしは靴を選ぶのが恐ろしくヘタで、「靴選び=男選び」なんていう説を聞くと、今後が本当に不安になります(苦笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。