2010年03月30日

天候に対するぼやき

テーマ:上京後

毎年のことなのかもしれませんが(記憶にない)、3月末なのに寒すぎるという話ですよ。何なんですかマジで。
先週末も花見に参加しましたが、桜が可哀想になるくらいの寒さでした。
春は本当に来る気があるのですか!?その気がないならもう二度と来ないでッ!(ウソ)
先週はしつこく雨だったし、やっと晴れてもこの気温! 何でこの時期にダウンコートの着用率がこんなに高いのさ!
嗚呼それなのに、店先にはGジャンにペラペラの花柄ワンピース、ストローハットという超風通しのよさそうな春夏服ばかりが並び、何考えとんねん!アチョー!と、思わずショーウィンドウを割りたくなります。
今日なんてもう、寒いと云うより空気が冷たすぎて、まるで冷水のコートでも着用しているのかと思うくらい。。。何なの?わたし今、泳いでんの?
あまりの寒さに、自転車通勤時の己の悪態(※独り言)つきっぷりがハンパなく、我ながら頭大丈夫か?と思います…。
電車通勤に変えればいいんだけどさー、減給になったからさー…(小声)。
天候に対してムカついても、それこそ天に唾するのと同じことで、何の解決にもならないうえ余計な怒りを溜めこむことになるわけで、不毛きわまりないのですが。
とにかく、頼むから早く春になってください。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年03月29日

浅田真央と岡ひろみ、及び得点の謎

テーマ:上京後

最近『エースをねらえ!』を全巻読んだために、フィギュアスケート世界選手権の浅田真央を岡ひろみに重ね合わせてしまい、感動が3倍増しくらいになりました。
しっかし『エースをねらえ!』は超がつく名作だよなー。名作すぎて震える。あんな人格者の高校生おるかい!とか、ありえない縦ロール!というツッコミも、もはやどうでもいい(笑)。
セリフがとにかく感動的なのだけど、お蝶夫人が岡ひろみに「「わたしがやる」とか「わたしにならできる」とかいつも自我が表面に出る者は頂点には登りきれない。天才は無心なのです」と云うセリフ、あれはしびれます!
それも、世間的には天才とされているはずのお蝶夫人が、自らの天才性を否定し、真の天才としての岡を讃える、その高潔さが美しすぎる。
そのあと「ひろみ、あなたにはいついかなる時でも、ただひたすらな努力をしてほしい!」って云うのだけど、これらを読んで、努力できる天才こそが本当の天才であり、天才とは努力の賜物である、という当たり前のことに今さら深く感じ入った次第です(もちろん、素質も大事だとは思うけどね)。


で、今回の世界選手権で浅田真央が優勝したとき、このセリフ&一連の流れを思い出したのですよね。そもそも“素直な天才”という岡のキャラとも似ている気がしますし。
オリンピック後にノーミスを誓って、たった1ヶ月で本当にノーミスで仕上げてくる。自分の武器であるトリプルアクセルで戦いにくる。そして勝った。
…もう、凄すぎて唖然ですわ。漢ですわ。“敵は他の誰かではなく自分自身である”という真理を見せつけられましたよ。
そしてここでも『エース~』のセリフを思い出すのよ。またしてもお蝶夫人「勝とうとすることなどなくてよひろみ。あなたのプレイをすればよろしいのよ。「この一球」! 常にそれだけでよろしいのよ!」(お蝶夫人、いちいちカッコよすぎるだろ~~~!!)
昔から“(エライ人の)爪の垢でも煎じて飲め”って云われるけれど、天才の爪の垢ならマジで飲んだ方がいいかもしれん…。


にしても、金メダルでよかったねー、リベンジだねーと素直に喜べないのは、金メダルの影に隠れた(銀メダルの)不可解得点…。またかよ!って感じですが。
オリンピックのときはそれでも、ブログやミクシイでは得点に疑問を持っている人の方が少ないように見えたけれど、今回は「あれれ?」と思った人の方が多いようですね。
や、フツーに考えてさ、1回転倒、1回ジャンプ抜けで、何でFS最高得点が出るんですか、って話じゃないですか。1&2位と3位以下の点数の開き方もすごいよね? 勝負をナメてんの?
前回よく聞かれた「真央ちゃんは明らかミスがあったからしょうがない」って(一見納得できそうな)見解は、今回に当てはめるとまったく通用しないじゃないですか。


だって、五輪での浅田真央のミスは、


1回着氷の乱れ
1回ジャンプ抜け


なのに、今回のキム・ヨナのミスは、


1回転倒
1回ジャンプ抜け


で、ノーミス(細かい部分は分からんけど)の浅田真央よりも得点が上っていうのがもうね…。小学生でもわかる計算というか。
自分の点数を見たときの浅田真央の微妙な表情が、色んなものを語っているように見えました。
五輪に続き、ひっそりと割を食っている安藤美姫も気の毒ですよね…。今回の「クレオパトラ」は本当にカッコよかった!(衣装は五輪よりこっちの方が好み。胸元の目玉がスゴイ(笑))


テレビの報道も、相変わらずのようで…。
フィギュアの録画だけは仕方がないので観ましたが…表彰式の放送時間、少なすぎじゃね!?「君が代」を流しちゃいけない規制でもあんのか!?
で、今朝のワイドショーでは「日本人選手が男女ともに金メダル」という歴史的快挙よりも「キム・ヨナの今後の去就」がメインだそうで…いやーすげえなおい!!誰向けのニュースなの??
まっおかげで最近は、“帰宅してすぐテレビをつける”という悪習慣がすっかり薄れたので(NHK教育は観ているが)、感謝したいくらいですけどね☆

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2010年03月19日

1月のかわいいものBEST3~バーゲンにより拡大版

テーマ:かわいいもの

われながら、このコーナーの更新がどんだけ遅いのかと…。
先月、特に後半はほとんど廃人でしたので、どうかお許しください。
3月に入ってからも、フィギュアの動画を明け方近くまで眼球が割れそうなくらい観まくっていましたが……そろそろ落ちつこう。もちつこう。


ってことでお久しぶりです☆かわいいものBEST3。
1月と云えば何ですか? そう、バーゲン!!250万乙女のための祝祭です!!
…なのですが、例のボーナス激減によって今年はかなり自粛の方向と相なりました。
しかーも、MILKの春物がどしどし入荷されるので、そっちの支払い(現ナマ)で溺れ死にかけていたのです。


でも結局、何だかんだでいつもより多い買い物(爆)↓
※値段は全てバーゲン&値引き価格です。


【Jane Marple】
ダイナスティプリントワンピース(19400円)


放浪乙女えくすとら-jane-dynasty-onepiece


何をさておいても、Jane Marpleのバーゲンだけは行っておかねば気が済みません。
さすがにもう、この店の定価で買うことができない経済状況なので、多分、ステンドグラスシリーズ(笑)以来お店には行っておらず、すべてはこのバーゲンに賭けていたのです。
しかし! 今回もラフォーレの初日に朝から張り切って行ったのに、前々から目をつけていたものたちはことごとく売り切れ。。。
財力のある人たちが定価でお買い上げになられているようです…。くっ。財力のなさが痛切に身に沁みるわ。


唯一残っていたのが、このワンピースでした。写真で見ると地味なので今いち良さが伝わらなそうですが…こういう、テニエル的な細かいクラシック柄には目がないわたし。しかもダイナスティ=王朝、王朝柄ですよ!王朝なんて、直球で乙女のツボじゃん!(意味不明)
エリザベス1世的な女性や王家の紋章的(※漫画にあらず)なモチーフが、全面に描かれており、クラシック気分に存分に浸ることができます。


ロシアンローズプリントのダウンベスト(14900円)


放浪乙女えくすとら-jane-russianrose-best


変わってこちらはロシア。モチーフがいちいちワールドワイドでいいですね。
本当は、「BEAMS BOY」が出していたリバティプリントのダウンが欲しかったのですが、バーゲンではしっかり売り切れていたのだ…。
リバーシブルで裏は真っ黒です。裏で着た場合はホントに地味だけど、衿のところにちらっと花柄が見えて、ちらっと可愛いのです。


これ以外にもニットベストや靴下などを買って、何だかんだで結局5万近く使ってしまった…。怖いから分割払いにしました(苦笑)。


【エミキュ】
先日、実はうっかり定価でここの服を買ってしまったのですが、こう見えても、この秋冬は足を踏み入れることなく過ごしましたのよ!!
スタンプカードの日付を見たら、最後が8月になっていましたので、これだけでもわたしの頑張り(なのか?)がうかがえようというものです…。
でもまあ、バーゲンにはしっかり行って、それなりに散財させていただきました…。


ビスケット×ギンガムチェックプリントワンピース(8610円)


放浪乙女えくすとら-emily-buiscuit-onepiece この写真だけ赤かぶりしすぎだろ~;


先日の飲み会に参加された方には、あっ!これ…と気づかれてしまうであろうこの服。ちょっと恥ずかしい瞬間です;
単体で見るとありえない柄ですが、着てみると意外とフツーなんですよ、これが。ねえ、そうでしたよね?飲み会に来られたみなさん?(←強要)
夏までいけそうな素材なので、ストローハットなどと合わせて“夏のお嬢さん”(誰がお嬢さんやねん!というご指摘もありましょうが…)風に着てみたいと思います。


ヴィクトリアプリントワンピース(14910円)


放浪乙女えくすとら-emily-victoria-onepiece


これはもともと予定になかった…けど、急にフリフリ&甘甘&夢見がちな服が欲しくなったので購入しました。
この色あいといい、モチーフといい(音符にバイオリンに薔薇…不思議な組み合わせだが妙にロマンチック)、さすがのわたしもこれを三十路で着ていいのだろうか…と、一瞬躊躇ってしまいました(笑)。
だけど、こういう服が心の栄養になるんだよー。疲れてるときに強烈に甘いものが欲しくなるのと同じなんだよー。


こんなのも買いました。似たようなの持ってる気がするけど;
フラワーニットネックレス(4095円)


放浪乙女えくすとら-emily-flowernit-neckress 写真の撮り方、下手すぎる;


【ミルク】
こちらは予約商品の春物たち。
今年はバーゲンには行きませんでした!!えらい!!ここにはっきり進歩を見てとることができます!!(笑)


ミュージアムスカート(12348円)


放浪乙女えくすとら-milk-museum-skirt


Janeがダイナスティなら、MILKはミュージアムですか!(笑)
毎度ながらプリントの多彩さには感心しますねー。
ミュージアムと云うより天使プリントなんじゃないのか?というツッコミはさておき…Janeのテニエル的なタッチではなく、もうちょいラブリーな感じですね。天使がライオンに乗っていたりして、モチーフ的にはなんとなくギリシャ神話っぽい?のも個人的にツボりました。
ゴールドのプリントって、なんか気分上がりますね。


ジュエルスカジャン(24108円)&ジュエルカチューシャ(6762円)


放浪乙女えくすとら-milk-jewel-skajan1


放浪乙女えくすとら-milk-jewel-katyusha


こういう、シャネル的イミテーション(?)の可愛さには心を撃ち抜かれますねー。
パールやらカメオやらストーンやら真鍮ボタンやら…素材のランダムさもいい感じ。
このジュエルシリーズ、他にもスカートやドレス、ワンピースもありまして、せめてスカートくらいは買っておけばよかったと後悔…ま、予算上それは無理な相談でしたが。
スカジャンは、このブラックと、サックス×ベビーピンクとでさんざん迷いました。サックスのは春らしくて超可愛かった!
でも結局、合わせやすさ重視でブラックにしたものの、そもそもスカジャンって着こなすのが難しいんだよなー。特にミルクのは独特だからなあ…。
とりあえず、ミュージアムスカートには合わせられそうですが、それ以外でしっくりくるのが思いつかない…。今さらジーンズでもないだろうし…。


ところで、展示会ではたまに野ばら氏を見かけることがあります。
本当に、フツーに1人で買い物しているので(わたしもだが)、声をかけようと思えばかけられるのでしょうが、第一声をなんと発してよいか分からず、いつも遠巻きに確認して終了なのでした。。。


【その他】
TOPSHOPのコート(8400円)


放浪乙女えくすとら-topshop-coat


上の御三家でしか買い物していないと思われがちですが、実は「H&M」や「TOPSHOP」にもよく行きます。
ラブリーなものを求めて行くわけではなく(「H&M」には多少求める)、御三家のテンション高い服を少しトーンダウンできるような流行り系アイテムを探しに行くのです。
そんな中、このコートは、意外とラブリー路線の掘り出し物でした。
大体、コートでそこそこのラブリーさを出すのは難しいのです。ロリータブランドのコートを買えば話は早いのですが、ロリータコートって、値段は高いし、なんか仰々しいし(笑)、けっこう素材が重たいのよね…。
で、いつもはgommeで買った毛布みたいな黒コートを着ていることが多いのですが、なんか物足りん!と思うことしばしばなのです。
この裾広がり具合といい、ボタンがちょっとナポレオン風なところといい、乙女心をくすぐるディテール☆
定価だったら買ってないかもしれないけど、4桁でこのデザインなら全然お買い得かと。


…でも、何だかんだで結局gommeのコートを着ていることが多いです(苦笑)。
なかなか万能なコートって難しいですねー。


トリコ・コム・デ・ギャルソンのトートバッグ(10800円)


放浪乙女えくすとら-garson-gold-bag


この、金の折り紙みたいなギラギラした輝きに惹かれました。形はなんてことないんですが。
どうしようか迷っていたとき、すぐ傍で、モッズコートにジーンズのカジュアルな女子が試しに持っているのを見て、うわっ可愛い~!と心を撃ち抜かれ購入を決めました。罪な女です…。


N2の赤ずきんネックレス(5670円)


放浪乙女えくすとら-N2-neckress


前々から伊勢丹の地下2階のアクセサリーコーナーにこの子がいて、いつも「むー可愛い。でも高い」と物色しては通り過ぎていましたが、10%オフになっていたのでつい買っちまいました。
本当はゴールドじゃなくて黒の方が欲しかったのですが、黒は人気があるのか、1円もオフになっていなかったの…。
N2というのは、Les Nereides(レ・ネレイド)というフランスのアクセブランドのセカンドラインだそうです。
後に、「マリッツァ」というセレクトショップのサイトでたくさん扱っていることを知りました。アリスにハイジ、マリー・アントワネットまで、いちいち乙女心を刺激するモチーフが満載で、ちょっと危険です…。


【番外】
姪。
風貌だけ見ると、わたしの血はまったく流れていませんな。。。


放浪乙女えくすとら-mei

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2010年03月18日

久しぶりに買った正体不明の漫画

テーマ:読書

最近、漫画に関するページを担当することになり(入社以来、初めての出来事である…そしてこれが最後かも)、漫画のことを考える時間がにわかに増えています。
この件でご協力いただいている方々には、この場を借りて御礼申し上げます。


わたしは、世間的に云うと中の上くらいの漫画好きなのですが、一人暮らしを始めてからは(さらに云うなら旅の間はもちろんのこと)、ほとんど漫画を買っていません。というか、買わないようにかなり自重しているのです。
何故なら漫画は、他の本とは比べ物にならない勢いで増殖するからです。実家であれば長編漫画でも次々とコンプリートすることができますが、極小スペースの東京のワンルームではとても保管しきれません。ただでさえ、収納全般で頭を悩ませているというのに…。
そんなわけで今は、
1.どうしても今すぐ読みたい
2.鉄板で名作
3.死ぬまで保管してもいい

の条件をすべて満たす漫画しか買わないことにしており、現在我が家にあるのは『アドルフに告ぐ』『あさきゆめみし』『残酷な神が支配する』『はみだしっ子』『エースをねらえ!』『チェーザレ』『僕の小規模な失敗(及び生活)』あとは単発もので『刑務所の中』『孤独のグルメ』、そして先日頂戴した『四丁目の夕日』のみ(あれ、意外と多いか?)。


そんなにも自分を抑えて暮らしてきたのに、つい先日、禁を犯して一冊の漫画を買ってしまったのです(お気づきのように、また前置きが長くなりました)。
仕事の資料を探しに(←タテマエ)本屋の漫画コーナーを物色していた際、わたしの目に強烈に飛び込んできた、風呂桶を抱えたダビデ像的な男が描かれたゲージュツ的な(?)表紙。
気になって水玉模様の帯(ムダに可愛いぞ)を見ると、「……好漢ルシウスの時空を越えた大冒険(風呂限定)が始まった!!」というコピー。な、なんだ!?(風呂限定)って??
(風呂限定)に激しく心を揺さぶられ、しかしいったんコーナーを離れて他の本を物色したあと、やはり気になって戻り、もう一度帯を端から端まで読み返してみました。
…むーん、なんか、超くだらなそうな予感もするな(爆)。でも、そのくだらなさに身をゆだねてみたい衝動がふつふつと湧き上がってくる。
まだ1巻しか出ていないみたいだし、装丁も美しいし、なんと云っても中身が気になってしょうがない!!袋とじ的に気になる!!狂おしく!!
はっきり云って、この状態は1の条件しか満たしていないことになり、本来ならばいったんアマゾンのレビューなどを見てから再検討するか、漫画喫茶で読むかするべきところなのです。
しかも、今回の仕事のヒントになりそうな要素はまるでなさそうなので、本当はこんな(ジャンルの)漫画を買って読んでいる場合ではないのです。


……てことで買いました。


読了(所要30分)。


な、なんというニッチな内容…。
くだらなそう、と思った予感は必ずしも外れてはいなかった(笑)。しかし、なんだろう、この絶妙なくだらなさは…。いったん読み終えて、15分後にもう一度開きたくなる感じは…。
帯にあるとおり、確かに(風呂限定)でした。
帯のオモテに「古代ローマの男、現代日本の風呂へタイムスリップ!」と書いてあるとおり、まさに、それだけの漫画なのであります。わたしがここであらすじを語る必要を微塵も感じない。
売れている漫画は「壮大なストーリー」か「日常をリアルに描いた」漫画のどちらかだと思い込んでいた中、こ、この単純でマイナーなテーマ&設定で、戦車のように1巻を押し通すとは…作者、恐るべし。
でも、古代ローマが舞台なので歴史好きの心もちょっとくすぐってくれるのであった。さりげなくハドリアヌス帝とか出てきちゃったりしてなんだかトクした気分になりました。最近、ランビ熱の影響で個人的にヨーロッパブーム来てるしな(笑)。


その漫画の名は…『テルマエ・ロマエ』。
“ローマの風呂”という意味のようです。タイトルまでもそのまんま!!どんだけ風呂!!


…しかし、これこそが本当の”癒し系漫画”なのかも知れませぬ。笑いの温度感もまさにそんな感じ。爆笑しないけど思わず噴いちゃう。
(風呂限定)ってコピーは何気にかなりの秀作だわね。
奥付を見たら6刷しているので、けっこう売れているようです。
かく云うわたしも、「月刊コミックビーム」の付録が“テルマエ・ロマエ手ぬぐい”だそうで(本の中にチラシが入ってた)、買おうかどうか悩んでおります…。


<追記>

売れているどころか、「マンガ大賞」を受賞ですって!!しかもこのブログをアップしたその日に!!

アマゾンのレビューも超高評価でしたね…。自分がまさか、こんなタイムリーな話題に乗っかることになろうとは思わなかった;


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2010年03月12日

世界一周バイヤーの打ち上げ!

テーマ:

みなさんが着々とブログをアップするなか、いつもの悪い癖で更新激遅のわたくし…。
しかし週末またぐと絶対やばい(さらに遅れる)ので、ちょっとまとまりないですが今日中にアップだ!


先日の雪の夜、世界一周バイヤー打ち上げが行われました。
主催はnicoさん。結果が出てからすぐにこの企画を立ててくれました。こうやって、ぐいぐい引っ張ってくれる人は本当にありがたいですよね。それに引き換え、わたしが、終わってからやったことと云えば暗い読書のみ…(苦笑)。


知らない人ばかりが集う旅飲み会(“出会い系飲み会”とある人が云ってた(笑))は毎度ながら緊張するものですが、今回は「知らないんだけど知ってる人たち」ばかりが集まるので、緊張が倍増。
まして、一度はカタキだった面々なわけで、うわーやべー、密かに嫌われてたりしないかなー、とか不安もひとしおでした。よっ小心者!


集まったのは、憲@たりないピースさん、のんたんさん、nicoさん、sandyさん、Tomy☆girlさん、ちゃるさん、ゆうこ@カタラタスさん。そしてアメリカからmackyさんがskypeで参加(!なんという近未来!)。
お店は、ゆうこさんがご夫婦で経営しているビールバー「カタラタス 」。
ビールも食べ物も美味しかった~!普段、ビールは付き合い程度に一杯目しか飲まないのですが、ビールってこんなに美味しいものなんだね~、ということで3、4杯がつがつ飲んでしまった。。。ビール好きの友人を連れて再訪してみたいです。


バイヤーになったsandyさんは、ブログなどから推測できる人物像そのままの、明るくて気さくでパワフルな女性でした。写真やデザインをやっている人らしいキラキラ感にあふれていました。
うわさの「雑貨ノート」を見せていただいて、一同「これは負けて当然だ~」と兜を脱ぐ場面も(ホンモノの兜の人がいなくて残念)。
他のみなさんも(みなさんとかひとまとめですみません)、ポジティブなパワーとエネルギーにあふれた華やかな面々で、なんか気遅れしてしまったぜ; みんな、何かやってくれそうな雰囲気を醸し出しているんだもの…。
大学生のお二人なんて、自分の大学時代と比べたら何これ?人種が違うの?! ってくらいハイパーで、社会人を名乗るのが恥ずかしくなったわい…。
ああ、この中でわたしがいちばん生命力がなさそう…とかまた余計なことを考えて若干凹んだりして(笑)。まっ、ゴキブリ的な生命力はあるけどね☆


sandyさん以外にも、これからまさに世界一周に旅立つという方がなんと4人もいらっしゃいました(ちゃるさん、Tomy★girlさん、nicoさん、憲さん)。
まあそりゃ、あの企画に応募した時点でそういう意思はあってもおかしくないけどさ、たった8人の集まりで半数が半年以内に世界一周するって!どんな確率!すごいよ!!マサルさん!(@JC)
いや、これは世界一周の側がメジャーになったと考えるべきなのでしょうか…。いずれにしても異常事態(笑)。


しかしね、何にいちばんビックリしたって…女子がみんな可愛いかったことだよ!
何人かはプロフィールにも顔出ししていましたが、その写真よりも確実に可愛いんだよ。顔面審査だったらわたし、一次通過できてなかったわ~。。。
でもちょうど今、仕事で可愛い女子のスナップをたくさん撮るというノルマがあるので、可愛こちゃん貯蓄が増えて助かりました☆


8時スタートなのにあっという間に12時を周り(全員初対面なのにすげーな)、終電を逃してしまった哀れな子羊さんが2匹ほどおられましたので、つい「あの、よかったらウチに来られますか…?」と申し出、荒れ果てた極狭アパートに、初対面の人たちを招き入れるという暴挙を冒してしまいました。
いやーマジで部屋は汚いし、ゴミも出し忘れてたし、お客様用の布団なんてないしで、それはそれはひどい有様でした…ホント、親切のつもりが逆に謝りたいくらい;
ちょっと前に、「ウチ来る?って今すぐ云えますか?」というYahoo!のコンテンツがあったけど、お前のその部屋でよく云えたな!って感じ(汗)。
人をいつでも招ける美しい部屋に暮らしたいものです…。


次回はおそらく、sandyさんの帰国パーティになるのかしら?
今回、残念ながら来られなかった他の皆さまともぜひお会いしてみたいです。さらに濃い面子になりそう…wktk(0゚・∀・)

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年03月12日

明日の飲み会・参加者のみなさまへ

テーマ:

わたしの方で連絡漏れがあるかもしれないので、時間と場所を書いておきます!


時間:18:15~

場所:甘太郎 西武新宿駅前店

予約名は「野ぎくの会」だそうです…(ぎゃあ恥ずかし~!)。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年03月10日

ショックなニュース2本(※個人比)

テーマ:上京後

本当は、昨日行われた「世界一周バイヤー 」の打ち上げのことを書くべきなのですが…さらに云うなら「美男三昧(下)」はいつアップされんねん!?という話ですが、先に割り込み記事を…。


【1本目】
今、わたしが地球上で最もカッコいいと思っている男性・ランビエールさんが…正式に競技生活を引退されるそうです。
あがが……うぐぐ……はわわ……ぐがご(悶死)。
やっと正体が分かったと思ったらもう転校してしまうのね○×先輩…みたいな、初恋の挫折のやうな気分です。


スケートを辞めるわけではないし、いつかアイスショーで観られる機会もあるだろう…。
とは云え、「戦士」であり「芸術家」であるという独特の緊張感を持った競技の滑りを、今後一切見られないことには、どうしても深い喪失感を覚えます。
…まっ、ファン歴は1カ月足らずなんですけども(爆)。昔からのファンの人たちは、2度も引退の哀しみを味わったことになるんだよね…。
フィギュアの選手生命はなんと儚いのでしょう。花の命とはまさにこれ。儚いからこそ美しく鮮烈に輝くのでしょうが、それにしても本当に、一瞬の閃光のような。


とりあえずは、公式グッズの発売を楽しみに、それを買うことで名残りを惜しむ所存です。
アクセサリーとか、肌身離さず着用するしっ!(笑)
どうせならついでに競技DVDも出していただけると大変、大変うれしいです。


【2本目】
減給のお知らせがありました。夏の賞与も見送りだそうで(早っ)。
昨年は確かに、経費削減などの嵐が吹き荒れており、不況下にあることはひしひしと感じておりました。そして何と云っても、未だにわたしの家計を圧迫している冬季賞与の激減(号泣)にて、それが紛れもない現実であることを目の当たりにしました。
しかし…ついにこの段階になったか…。経費削減→賞与カット→給料カット→給料遅配→??……以前の会社の亡霊がふっと蘇ってきます。


とりあえずわたし個人としては、まずは贅沢をやめろ! という話であるのは百も二百も承知しております。それはいちおう、試みてはおります…。
しかし! わたしから買い物を取ったら何が残るというのでしょう!?
はっきり云って、わたしは超カラッポな人間であり、金で買える幸せで自分を埋めているのです。「バファリン」の半分がやさしさで出来ているように、わたしの半分(いや、確実にそれ以上)は金で買える幸せで出来ているの。それをいくばくかでも奪われるということは、正直云ってつらい。もちろん、なくても何とかやっていけることは分かっているのだけどさ。


ところで、こういうときに必ず聞かれるのが「しょうがないよ、頑張って働くか辞めるかしかないんだから」といった類いの言葉です。
わたしは、心が捻じくれているせいか、こういう割り切り方には少なからぬ違和感を覚えます。
や、しょうがないのは分かってるんだって。そらもう、イヤっちゅうほどに。誰もがそれを、各々のやり方で、心の中で何とか咀嚼しようとしているんじゃないの? わたしだって、心の中でひそかに計算機を叩きまくったし(笑)。
それをわざわざ言葉にされても、戸惑うばかりなんですよね。なんか、無理やりばっさり切られているような、それを押し付けられてさえいるような感覚を覚えてしまって…。
文句や愚痴を毛嫌いする人って多いですよね。そりゃわたしだって、いつもいつも文句を垂れ流している人がいいとは思いません。
だけど、適度なガス抜きというのは必要じゃないのかな? 多少なりとも辛い状況になったら、愚痴のひとつやふたつ、いや3つ以上云いたくなるのが人情ってもんでしょ。
すべてを呑みこむ潔さ&従順さというのは類いなる美徳かもしれませんが、わたし個人はそこまでして美徳を守りたいとも思わん。少なくとも今のわたしの立場では。
とりあえず、愚痴るだけ愚痴ったら、あとは「で、どーする?」って話になっていくでしょう、自然に。わたしも同僚とさんざん落ち込んだあと、「●●を●●」という意見で一致しましたし…(小声)。


それにしても、こういう悟ったようなことを云われると、必要以上に心が擦り減ってしまう自分の歪みに、我ながら業の深さを感じてしまう。でも実は、その歪みを無理に直したいとも思ってなかったりして…。生きづらい性格だよな~(苦笑)。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2010年03月05日

飲み会のおしらせ

テーマ:

記事の順序的にはなかなかタイミング悪いんですけど(笑)、飲み会のお知らせをば~。


前回の飲み会を提案してくれたレッツゴローさん主催で、旅飲みやることになりました。

特に大きな主旨はありませんが、ま、新しい季節を迎えるということで、気分転換&まったり飲みませうという感じです。

前回来られた方も来られなかった方も、ご都合がよろしければ、ぜひ遊びに来てください♪


今んとこ決まっていること↓

日時:3月13日(土) 18時~(予測。2次会は間違いなくあると思われます)

出欠〆切:3月10日(水)  →メールかコメ欄でいただけると助かります!

場所:新宿のどこか

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2010年03月04日

しつこいけどフィギュアの件

テーマ:上京後

女子フィギュアの件、未だに悶々としているというか、むしろ怒りすら覚え始めてきて、我ながら何でだろ?と不思議に思うくらいです。
でも、ほんとに気持ちが悪いんですよね…もうなんか、本能に訴えかけてくるレベルで(本能は壊れているという説もありますけども)。で、自重が抑えられなくなったというわけ(笑)。


あくまで噂や憶測の域を出ないとしても、こんなにカネ絡みのヘンな話がバンバン出てくること自体、どうかしてない?
異を唱える人が多いことについても、フィギュアで某国が勝ったからって、好悪や嫉妬などの感情論だけでこんなに大騒ぎになるか? それこそ「みんな頑張った!感動をありがとう!」で済まされる話じゃないの? 現に、他の競技で勝っていることについて、誰かいちゃもんつけてるの?
「負けた」日本選手に対して点数が高すぎるって批判まであるなんてもう、何がどうなってるわけよ…。
マスコミの報道も奇怪だし、2chのサイバーテロ騒ぎも謎だし、保険金の話とか真剣に怖すぎる。疑惑の総合商社(古い)か!?


わたしは警察でもなく、何かを正しく裁くこともできない、競技に精通してもいないから、何ひとつ断言することはできません。こういう話はすぐに陰謀論に結びつきやすいですしね…。
でも、どうしても拭えない不信感だけは忘れないでおきたいのです。
いろんな意見があると思いますが、わたしは順位も点数も認めない派です。最初は「点数は異常だけど順位は妥当?」という見解だったけれど(これがわりと多数派っぽい?)、こういう“競技”においてはその2つは切り離して考られない気がする。仮に点数が異常なら、それに伴う順位の妥当性も大幅に下がるのではないでしょうか。
とにかく、「金(利権)」が世の中の絶対的価値になっているんだということだけはよく分かりました。今さらですけどね!


このことで怒ってわたしが何をトクするかというと何~んもないし、むしろこの記事読んで「何だこいつ? もう読まねーよヴォケ!」と思う人が増える確率の方が圧倒的に高いと思うんですよね。
何よりも、本人たちは納得して次に進もうとしているのだからもういいじゃん!と思うのが大人の対応なのかもしれん。
それでも、疑問に思ってしまうんです。まったくの外野にいるからこそ…。


気になる方はいろいろググってみてくださいな。


…ああもう、早く「美男三昧(下)」に移行したい(苦笑)。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010年03月01日

女子フィギュア(&ちょっとだけエキシビジョン)

テーマ:上京後

男子フィギュアで盛り上がった流れで、女子の方も楽しみにしていました。トリノも女子フィギュアだけはSP、FPともリアルタイムで観ていたことですし。
…んが、終わってみれば、何だろうこのモヤモヤする感じ。あちこちで云われているみたいなので、敢えて明言は避けますけれども。
フリーが行われた日は仕事がヒマで、1日中そのことばかり考えていました(笑。ヒマだとろくなことをしませんね)。
いや、なんかさ、男子の4回転論争云々を越えてるというか…もはや論争のレベルなのかこれ? 日本が1個も金メダル獲れてなくても別にいいけど、「みんな頑張ったからみんなに金メダルをあげたい!」とかでまとめていいのかしら??
ああ、容姿優先で観ていた男子のときは純粋に楽しかったな…。
長年のフィギュアファンの声を聞いてみたいです。


わたしは完全にフィギュア素人ですし、しがない一個人ですので、いろんなバイアスもかかっていることでしょう。
日本人だというバイアス、判官びいきというバイアス、そもそものひねくれた性格(苦笑)…ただ、嫌韓というバイアスはないつもりですし、選手個人に対しての思い入れも特にありません(ランビエールは別)。
だからもう、あくまでも己の印象と好みの問題として書きますと、わたしは浅田真央の演技に感動したのです。
「鐘」というプログラムが彼女の可憐なイメージにそもそも合わないと云われているみたいですが、この「鐘」という曲と演技には、魂に響いてくるような気迫と情熱を感じました。従来のイメージとかもはやどうでもいいよと思った。
まず、曲は一発で耳に残った。これはけっこうわたしの中では高ポイントなの。だってそれって、曲と演技が調和しているってことだと思うから。
正直、あのテの(石川遼系の)さわやか純朴系アスリートには興味なかったんだけど、思わずファンになりそうなくらいカッコよかった。
自分に課した「トリプルアクセルを飛ぶ」というハードルを、あんな状況の中できっちり越えてきたことに、アスリートとしての覚悟と誇り、そして凄みを感じました。
ああ、これが”天才”なんだな、だからスポーツは多くの人に感動を与えられるんだな、と、普段大してスポーツに関心のないわたしでも思ったくらい。
だから、浅田真央がフリー直後のインタビューで泣いたときは、本気で胸が痛くなってもらい泣きしそうになったよ…ううう。ほんと、プルシェンコじゃないけどプラチナメダルあげたい…。


キム・ヨナの演技は確かに完璧だったのだと思います。でも、なん~か、後に残らないんだよなあ…。ここが見せ場!っていうのがよく分からなかった(最初の連続ジャンプくらいですか)。
淀みないキレイな演技ではあったのでしょうが、さらさらさら~っとそれこそ水のように右から左へ流れて行ったような…♪右から左へ受け流す~byムーディ勝山みたいな? 水は青い服のせいもあるのかしら…。ガーシュインの曲も、2回観たけど耳に残ってないんだよねえ。
少なくとも、神の領域と云われる点数に対して、神の領域と云える演技には見えなかった…。
「007」も、オリンピック前のドキュメンタリー番組? か何かで観たときは鮮烈だったけれど、2、3回目観ると1回目ほどの印象はなくて、あーここで指鳴らすんだよね、とかむしろネタバレ感の方が気になる(笑)。
ちなみに、ランビエールの演技は、新旧取り混ぜて20本以上は観たかと思いますが、イケメン加点が甚だしいとは云え、飽きないのですよね。同一プログラムでもまた観たい、いや何度でも観たい、と思わせてくれる。ジャンプがつくづく惜しいですが…。
「ウイリアム・テル」と「椿姫」以外のプログラムもどんどんのめり込んでまして、今は「ブエノスアイレスの秋」がお気に入りです(はぁと)。あれは音楽もカッコいいよね~。またCDを買わねば…(笑)。
あと、彼女を「色気がある」とする見方は、男子の色気を密かに追求している(笑)わたしには今ひとつ分からない…。あれは色気というよりお色気なんじゃないのかなあ? それとも、男子から見たらあれが女子の色気なのかな?


というわけで、いわゆる2強対決?はなんかもやもやしながら見ていたのでしたが、その分、直後の長洲未来の演技は和んだわ~。
美人ではないけどかわいい! 未来たんと呼びたいようなかわいさ。見ようによってはモデルの杏に見えないこともないですよね?(反論はいくらでも受け付けます)


それにしても、エキシビジョンのフィナーレ、男子のところでおっさんのアップはやめて~(>_<)日本地図はしょうがないけど…。
4人同時に飛ぶところ、超カッコよかったのに、顔が全然ワカランし!
ランビエールのプログラムは、ニコ動で先に観ていたので、その印象が~…。「ギトゥパ」の回数が気になるとか、衣装の毛玉(笑)が気になるとか、途中で「ジュベール」って聞こえるとか…それをいちいち思い出して真面目に観られない(笑)。
でも、あのシックな衣装でも優雅でセクシーなのはさすがです。競技では王子だったけど、こっちではしっとりと男の哀愁を漂わせていて、キャラ分けの凄さはもはや俳優の域ではないかと…。
プルシェンコもカッコよかったですねー。あの風格! 前回の極私的メダリストから漏れているのはちょっと申し訳ないくらいです(笑)。


あ、また北村兄さんのこと書けなかった…(苦笑)。


<おまけ>

これちょう面白い! ジャンプの種類とか分かりやすくていい! ホントにゲーム化されたらぜひやってみたい。。。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC


<さらにおまけ>

これ、最初に書いていて、アップの段階で削除したけど…やっぱり載せる。
エキシビジョンの番組で解せなかったこと。
選手のパネルの並びさあ…何で、浅田真央→キム・ヨナ→安藤美姫→高橋大輔って並びなの? 別に鎖国するわけじゃないですが(笑)そこにキム・ヨナがいる必要あるかな? しかもそのポジションに! そこは高橋大輔がいるべきだし、キム・ヨナを載せるならライサチェックも載せないと不公平じゃないのかい?

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。