2007年11月30日

ついに契約。

テーマ:上京後

してきました。

50万近いカネをさっくり振り込んで、ハンコ押してしまえば、もはや泣いてもゴネてもただの徒労。

そういう意味では、今は1ヵ月ぶりに心安らかであると云えます。


とか云いながらも、契約するまではこの世の終わりのような顔していました。まだ申し込み段階だし、キャンセルは出来るよな…って、ギリギリまで考えたもの。
だってさぁ、前日までに契約金払うように云われて、あたしゃビックリしたよ。契約書もなんも読んでないうちから、50万近い大金を払えってどーゆーことよ!?おかしくない!?って。
それで慌てて、不動産屋の友人にメールしたり、会社の同僚に「家借りたとき、いつ契約金払った?」ってぎゃんぎゃん聞きまわったり…。
まあ、冷静に考えれば、ヤフオクで落札したって先払いなのでそんなに騒ぐことでもないのですが、とにかくナーバスになっているから、いちいち目くじら立てちゃうのよねー…。


で、当日は当日で、なんと認印を忘れてくるという大失態を犯したわたくし。。。やる気のなさがモロに出てますな。
それで、管理会社に行く途中で文房具屋を探しまわったんですが、この日運悪く、ものすごい大量の雑誌を抱えていたのです(※家にあった雑誌を、会社の資料用に持って行ったのだ。この日じゅうじゃないと、引っ越しに間に合わないから)。あれはおそらく、5キロ近くはあったと思います。
さらには雨も降っていたので、両手が思いっきり塞がってしまい、まるでパッカー時代を思わせる罪人状態でビルの谷間をふらつくツラさと云ったら。。。その状態で、Suicaのチャージが切れていて改札に引っかかったときは、憤死しそうになりました。


まーホントここまで長かったです。予想通り、ブログの内容も普段の会話も家のことばっかりで、他には何も出来なかった1ヶ月でした(知らないうちに友達を失っていそうだ…)。普通の大人なら、もっとすんなり出来たことなんでしょうけれど、中身が完全に小学生のわたしには、とても困難な作業でした(苦笑)。ま、いい人生勉強にはなりましたけどね。

しかし、友人・知人から顔も知らないブログの読者さんたちまで、実にいろんな方からいろんなアドバイスを頂き、時には励まされたり、いざとなったら家にどうぞと云ってもらったりして、ずいぶんと助けられました。一人孤独に探し続けていたら、気がふれてたかも(笑)。本当に、どうもありがとうございました。

新しい部屋は、まだどんなのか分かりませんが(爆。顔も知らない相手のところに嫁に行くかの如きバクチ)、出来ることなら楽しく、心安らかに暮らせるといいなと思います☆

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年11月28日

10月のかわいいものBEST3

テーマ:かわいいもの

10月のって!もう12月が目前なんですが!

11月はホント暗黒月だったので、10月なんてのが遠い昔のようだよ…とほほ;

えーと、何買ったかな。ガサゴソ……(引っ越しのダンボールを漁る)。


【第1位】

ジェーン・マープルのアーガイルニット


jane-nit 畳の上で撮ると、かわいさが減少してしまいますが…;


秋が深まると、ジェーン・マープルの上品でクラッシックなお洋服が着たくなります。

春夏だとちょっと重く感じるジェーンのテイストも(とか云いつつ、夏のバーゲンではしっかり買い物しましたが)、秋はその重さこそが素敵に見える季節。今秋も、英国トラッド、フォークロア調、アリスモチーフ、秘密の花園シリーズ…と、乙女心をがっちりつかんでくれています。


このニット、一見普通のアーガイルなんですが、よく見るとダイヤとハートが混在していて、ヒネリが効いています。

二の腕部分がパフスリーブになっているのも小憎らしいですね。


しかし、これ買った翌日だか翌々日だかに引っ越しを告げられた、苦い記憶もあったりして;

だってこのニット、24990円もしたんですよ。その時は、「まあ、1着くらい大丈夫」と大して財布を気にしませんでしたが、引っ越しって聞いた途端「ガーン!調子こいてニットに25000円も使っちまったじゃねーか!!!」と、お金の適正価値が浮き彫りになり、だいぶ凹みました。。。でもかわいいよね(涙)。


【第2位】

ミルクの音符柄スカジャン


milk-skajum1


9月末に届いたんだっけか?と思いつつ、前回登場しなかったのでご紹介。

展示会で一目ぼれして買いました。いかついスカジャンも、ミルクの手にかかると途端にファンシーに(笑)。

まあスカジャンは、ある意味ファンシーな服ではありますが…。


デザインもさることながら、何がわたしの心を射抜いたかというと…「リバーシブルで使える」というお得感でした。大阪人のツボを見事につかれました。

まーどっちかというと、こっちの裏側の方が好きで購入したんですけどね。

30300円のところを21210円で買えたので、お買い得でした。


milk-skajum2 裏側。


ただこの服、モノトーンのわりにやたら主張が強くて、どんな服に合わせればいいのかと頭を悩ませるところです。

フツーにジーンズとかでもいいのですが、ともすればダサく見える危険ゾーンスレスレだったりして…;だからって、無難に黒いパンツとかも微妙だしねえ。

何とかかわいく見えるコーディネートがないものか…。


【第3位】

タルトグッズあれこれ


tarto1


前に「anan」で、ゆるキャラ特集みたいなのがあって、そこで初めて見てから何となく気になっていたのですが、運良く愛媛出張がありましたので購入。

愛媛以外では買えなそうだと思い、ストラップ、マスコット、ミニタオル、Tシャツ、シールとひととおり取り揃えてみました。写真には写っておりませんが、シールというのは、タルトと「おぼっちゃまくん」のコラボ商品です。ナゾすぎるコラボです。


しかし、これが愛媛銘菓「一六タルト」を模したキャラだとは、関東の方にはなかなか分かっていただけないらしく、先日も撮影中に携帯をテーブルに置いていましたら、「おーい、目玉のおやじの携帯が鳴ってるよ!」と叫ばれてしまいました。

どうも、目玉のおやじのパクリキャラかなんかだと思われているみたいです。「白い部分がスポンジで、黒い部分が餡子のお菓子」という連想は、なかなかしていただけないようで…って、そりゃそーか。分かんないよね、きっと。しかも最近は、白い部分がどす黒く汚れ始めていて、とてもお菓子のキャラには見えないのが残念です…(博多みやげのめんたいこキティも黒ずんでしまいました)。


tarto2 まだ白かったころのマスコットたち。


今回はちょっとセレクトが甘いですね;

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年11月27日

2007年11月お部屋探しの旅<とりあえず了>

テーマ:上京後

ご報告が少々遅れましたが…。

この1ヵ月、わたくしの頭痛のタネであったお部屋探しも、いよいよ11月末になり、いちおうの結末を迎えることになりました。


三連休中に申し込みをしてきました。

すごく気に入ったとか、直感が働いたとか、そういうことは一切なくて、もはや部屋探しに疲れ、ネット物件漁り&不動産屋まわり&内見の無限ループから逃れたい一心。これに尽きます。

まあ、場所も間取りも決して悪くはなく、家賃7万円以内・都心(新宿区)・バストイレ別・ガスコンロ・2階・東南向きの窓・収納アリという条件は満たせているのでよしとするべきでしょう(でも共同玄関だし、外から見る限り、日当たりも悪そう)。が……。


内見してねーんだよなぁ(爆)。


リフォーム中って話なんですよ。

だから入れないって。

不動産屋はそれでもと頼んだらしいのですが、大家が強固に断ってくるらしい。

…ってそれ、なんかあんじゃねーのか!?!

聞けば風呂もリフォームしてるらしいけど、何でわざわざ風呂までリフォーム?風呂場で誰か死んでんじゃねーのか!?!


と、周りからも冗談半分で云われるので、せっかく決めたのに、また新たな悩みがむくむくと…。

それで今さら、都内の事故物件とか調べまくっているわたしは、本当にバカとしか云いようがありません。

(でも敷・礼はそれぞれ2ヶ月ずつ取られてるから、事故物件だと思いたくないよね。)


しっかも、12/6にならないと工事が終らないっつーんで、引っ越し予定日の12/2には荷物だけ入れさせてもらうことになっていたのが、今日になって急に管理会社が「12/2には、1階の倉庫にしかモノが入れられない。また入居日も12/8にしてほしい」って云い出すしな!!!


それにしても、ここまでまる1ヵ月粘って、週末を潰して20軒近く内見に行ったにも関わらず、決めた物件が「内見してない」って、我ながら正気とは思えないオチでございます。

でもさー、もうそれでも決めたいくらい、部屋探しを止めたかったんだよ…。ほんともう、できれば二度とやりたくない。だからって、同じところに一生住み続けるのもムリな性分だけど…。


ま、しかしまだ契約はしていないので、最後の最後でなんかあるかも知れませんが…;

ここまでいろいろアドバイス下さった方、よかったら家に来ませんか?とお申し出下さった方、厚く御礼申し上げます。

契約が決まりましたら、また改めて…。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年11月21日

もはやヒトゴト;

テーマ:上京後

最近は、わたくしのあまりのふがいなさに、もう見ているのもヤになった人が多数なのか、ランキングがどんどん落ちております(笑)。

会社に行っても、「家決まった?」とまるで時候のあいさつのごとく聞かれ、そのたびに「いや~決まらないですね~」と答えるのですが、それももはやヒトゴトのような昨今。

あと10日くらいで今の家を出るというのに、部屋はいつも通りの散らかり具合で、帰宅後呑気に料理なんかつくっているわたしは、もしかすると、悟りの境地に入りつつあるのかも知れません(爆)。これまでの人生を振り返ってみても、大事が目前にやって来ると自動的に思考停止する体質らしいのでね…。


なんかもう、スタートから間違っていた気がするんだよなぁ。。。

誰もが口をそろえて云うのは、「とりあえず駅(場所)を決めなさい!」ということ。

例えば、笹塚周辺なんかはネットで調べると、わたしの予算の範疇だとハシにも棒にもかからなかったけれど、地元不動産を通りかかった友人によると、7万ちょうどでバス・トイレ別の物件なんかフツーにあるらしい…。

でも、場所が決まっていないうちから、いちいち足運んでられないもんねえ。てか、未だに場所、決めてないし。だって、どこでもいいっちゃいいんだもの。通勤さえ今よりラクになれば、特別、どーしてもここに住みたい!って場所もないんだもの…(と会社の人に云ったら、「もう大阪に帰れば?」って冷たく云い放たれましたっけね)。


場所もそうなら、部屋も同じで、どんな部屋に住んだって、たぶん一緒なんだと思う。いい部屋に住んだところで、多分散らかすし(苦笑)。

という気持ちがある一方で、やっぱりデカい買い物なんだから、バス・トイレ別で、ガスコンロ2口で、2階以上で、収納が広くて、日当たりがよくて、駅近で、都心で…ってこだわる気持ちが、振り子のように極端に揺れて、真ん中の取り方が分からなくなっているって感じです。

やばいな、こーゆうの。絶対、結婚とかもこんなふうに難航する気がする(力なく笑)。

仕事だって正直、今の仕事に100%満足しているかと云われるとYESとは云えないけれど(あ、こんなこと書いたらまた会社の誰かが見てたりすんのよねー;)、何とかこうして日々続いているわけだし、家だって、結婚だって、多分一緒なんだろうと思うのよ。思うんだけどね…。


まーそんなこんなで、先週末で決まらなかったら、今回の引っ越しは諦めるつもりでした。

その際は、居候先をどこに定めようかと、今とて考えないこともないのですが、引っ越し日が12/2だからこの3連休までは粘ろうと思います。


しかし、ダメだったら……どうしようかねえ汗

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007年11月19日

住むところがないので

テーマ:上京後

しばらく旅に出ます。

探さないでください。かしこ


……


なんてワケにもいかないよな。いちおう会社員だし。


正直もう、家探しには飽きたのです。

この週末だって、朝から晩までとは云わないまでも、昼から晩までくらいはみっちり不動産屋まわり&内見&周辺の町歩きに出向いていましたですよ。木枯らしの吹くなか…(いやー今日は寒かったね;)。

でも、もうホント疲れちゃって、最後の方なんか、受付しながら思わず眠りそうになりました眠い


みんな、「いろいろ周っていたら、ピンと来る部屋が見つかるはずだよ」と云い、実際、「入った瞬間『ここだ』と思って決めた」なんて意見も少なからずあるのですが…わたしは今んとこ、そこまでがっちりカギの合う部屋には出会えていません。オレの目が腐っているのか、或いはものすごく鈍感なのでせうか?(そうかも)

とは云え、11月もついに下旬に入り、いよいよ笑っていられない状況なんですけどね☆

いざとなったら、荷物は実家&トランクルームに振り分けて、しばらくどこかに身を寄せようか…なんて、良からぬプランもちらちら頭を掠める今日この頃。いや、実は数少ない友人の中には、「しばらくだったら居候してもいいよ」と云ってくれる人が1名ほどいたり、同居人も同様のことを云ってくれたり、旅飲み会で一度お会いしたっきりなのに「よかったら一緒に家探しませんか?」と同居を申し出て下さる勇気あるご夫婦(しかも新婚!)がいらっしゃったり…と、完全に路頭に迷うこともなさそうではあるのです(本当にありがたいことです。マジで涙が出ます…)。ま、あとは最初に上京したときに世話になっていた親戚宅とか…。


しかしそれとて、この先一生懸命探しても、納得のいく部屋が見つかるとも限らず、答えを先延ばしにするだけなのだったら、人にメーワクかけるばっかりっていう気もするしなぁ。。。


“都心に住む”というポリシーも、何だかビミョーになってきました。

昨日はついに西武沿線という、都心に住みたいわたしにとっての鬼門(ウソ。西武沿線の人に失礼よね;)を訪れてみたわけですが、まあねえ、確かにこれくらい離れると、ようやく9割方の条件を満たす物件はありますよね。

今までは見落としていましたが、駅前の栄え具合とスーパーの物価ってのもけっこう重要であることに気づき、そういう意味では、西武沿線の某駅や某駅などは、決して悪くはない。通勤時間も、今よりは短縮されるし…。

でもなー、どうなんだろう。7万円出してこの辺に住むっていうのも、それはそれでビミョーな気もしたり。


都心と云えば、飯田橋にまだ内見に行けていない物件があるので、とりあえず周辺の雰囲気を知るべく歩いてみることにしたんですが、飯田橋って、夜歩くと本当に何にもないのね~。スーパーのモノも高いし、早く閉まるし…。

山手線のど真ん中という立地、それだけで目がくらんでいたけれど、実際ここに暮らすって、どうなんだろう…。

ま、神楽坂まで行けばそれなりににぎわっていますが、物価高はどうしょうもない。やっぱ都心に安く暮らすというのはムリがあるんだろうか…。


あとは、白山、千駄木あたりの物件も見てきましたが、やっぱ高い…。さすが、日本で一番住みやすい町ランキング1位の文京区。全国250万乙女のアコガレ・谷根千。

バランス釜で和式トイレでも6万台後半~7万円って感じです。わたしが穴物件にめぐり合えていないだけかも知れませんが…。フツーの1Kだと、7万円ではユニットバスの壁を越えられない(涙)。

駅前も、白山、本駒込はともかく、千駄木はかなりビミョーなんですよねー。スーパーがどこにも見当たらない(サミットが近辺にあるらしいけど、未見)。大好きな「いせ辰」や「乱歩」が近いのはうれしいけど、どちらも、毎日通う店じゃないしねえ。しかも、夜7時であの人通りでは、わたしの帰宅時間を考えると、人っ子一人歩いてなさそうなのも不安です。ま、治安は悪くなさそうですが…。


…なんだか書いてて空しくなってきた。ほんと、キリがなさすぎて。

「起きて半畳、寝て一畳」いっそのこと、それくらいまで割り切れたらいいのに。

あーくそー、早く決めて、新しいカーテンとか鍋とかアイロン台とか、インテリアグッズを楽しくお買い物したいっ;_;


ま、あと2~3日後には、何らかの答えは出ているでしょう。

明日はとりあえず、これまでチェックしていた物件(問い合わせていないのも含め)を総ざらえすることにします。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年11月12日

内見ウィークエンド

テーマ:上京後

週末は完全に内見でつぶれました。。。

特に土曜日は1日じゅう雨だったため、かーなりツラかったです。しかも、朝イチの内見で不動産屋が25分も遅刻してきて、ヒサビサにブチ切れ寸前に…。最初っからケチがついた内見デーでした。

土曜日で5軒見て、その夜は飲み会があったので参加し、うっかり終電を逃して友人宅に泊まらせてもらったらつい朝までしゃべり倒し、日曜日の昼まで寝て、家に帰らずにその足でまた内見…。帰宅したらもう夜の9時でした(で、ソッコーで布団に倒れこみました)。


わたしは家地獄にでも落ちてしまったのでしょうか…。


今回は不本意な引っ越しのため、わたしには、引っ越しの動機が何にもなかったりします。

だから、この沿線に住みたい、この区に住みたい、この駅に、この町に…といったこだわりが特に無く、ただ漠然と「今より通勤はラクな方がいいな」と思っていたくらいでした。

しかし、何かのこだわりを定めなくては探しようがないので、今回のテーマを「都心に住む」としたわけです。


ところがこれ、いろんな人と話していると「都心に住むというのはそもそもどうなの?」って意見が圧倒的多数、そうなるとわたしの今の家探しは根底からくつがえされてしまいます。

都心都心っていうけど、生活のしやすさとか考えてなくない?って云われてみれば確かにそうかも知れない。いちおう、遅くまで開いているスーパー&コンビニ、あとレンタル屋くらいが近くにあればわたしはOKなんですけども…。

で、わたしの予算で超都心部の物件となると、1階なのは仕方ないとしても、めっちゃ古かったり、どっかの店舗の2階で共同玄関だったり、和式トイレ(爆)、4Fエレベーターナシ、洗濯機置き場が外、冷蔵庫部屋置き…と、どこかしらビミョーな難点が、2、3出てきたりします(涙)。立地だけはめちゃくちゃいいのですが…。

それでもいいや、和式トイレでなんか不便でもあんのかよ?って思いながらも「和式トイレなんてあんた、男子を呼べないよ?もう30代なんだから、あんまりビミョーなところに住まない方がいいよ」なんて云われると、それもそーかも?(ただでさえ彼氏できないのに)って別の不安がこみ上げて来て、せっかくここまで積み上げてきた「希望条件」を、またイチから積み上げ直さないといけないじゃん!となって、ホント、頭をかきむしって自爆したくなるドカン


あとは、1階で洗濯機置き場外ででかいスーパーが近くにないのが難だけど、あとはほとんどカンペキかも?って思った物件をどーしようかなぁと思っていたら、「あの辺は(霊的に)かなりやばいよ」って情報が飛び込んできたり!!!

わたしは基本的に霊は見えない人なのですが、そんなやばい場所にわざわざ住みたくないじゃないですか…。まあその話は、「その場所ならギリ大丈夫かも?」って情報もあとから入って来たんですけど、いったん気持ちが萎えてしまった物件ですから、今度は他の欠点が目に付いて来ちゃって…。

ちなみに、新宿御苑の側で、某店舗の2階っつう物件があったんですが、某アイドルが自殺したビルがすぐ近くに…ぞわわ。同僚には「幽霊物件ばっかり紹介されてんじゃねーの?」って云われてしまいました。前は墓の横ってのもあったしねえ(苦笑)。


やっぱ、みんなに人気の世田谷区とかで探すべきなんでしょうか。多少都心から離れるとしても…。

あとは京王線の桜上水くらいまでとか、安い西武沿線とか…?


本当の本当は、どこでも、どんなところでもいいんです。多分。結局“住めば都”だと思うのです。別に、ユニットバスだからって、死ぬわけじゃない(旅先なんて、共同シャワー&トイレが大半だったじゃんね)。

でも、そんなこと云ったら決められないから、あれこれと条件を考える→しかしその条件は、うまいこと満たされない→イチから条件の練り直し…という、どうしょうもないループにはまり込んでしまっております。

わたしみたいな客、不動産屋もイヤだろうなぁ。


もうホント、わたしには東京に住む資格なんてないのかも…くよくよ悲


(※タイトルは椎名林檎の『弁解ドビュッシー』ふうに)

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2007年11月10日

情けねえ(;_;)

テーマ:上京後

11月に入ってからというもの、本当に、家のことしか考えていない日々を送っています。

現在のわたしを脳内メーカーにかけたら多分、

  家家家家

家家家家家家家

家家家貧家家家

家家家家家家家

  家家家家

こんな感じになっていると思います。残念な脳内です。


本来的には定住に興味のない(というか恐れを感じている)わたしにしてみたら、今度の引っ越しなぞ、所詮は仮の宿に過ぎないのです。そもそも、東京で生活していること自体、出稼ぎみたいなもんですし…。

旅先で毎日のように寝床を変えていた、それも最下層に等しい環境の宿で3年半もの間過ごしたことを思えば、どんなところに住んだっていいのではないかと思います。な~にがバストイレ別だ、ホットシャワー出るだけでありがたく思わんかい!てね。


それなのに、ああそれなのに…何故わたしは住処を決められないのか。


同居人は、わたしよりスタートが遅かったにもかかわらず、昨日にはもう決めてきたそうです。

これでホントに、路頭に迷う可能性があるのはわたしだけということになりました(祝)。

行動の早い同居人に比べ、わたしときたら、毎日のようにネット物件を見漁り、先週末も大阪から遊びに来た友人の相手もそこそこに不動産屋まわり&内見に励み、今週は3回も仕事前&仕事後の時間にムリヤリ不動産屋を訪ね(夜8時に中抜けして9時半にまた会社に戻ったときもあったわ;_;)、明日も朝7時から起きて内見に行く(こんなもん書いてる場合か!早く寝ろよ)という努力を行っているにもかかわらず、何にも決まっちゃいないのです。わたしはホンモノのアホなのでしょうか(←その通り)。

あまりに決められないので、いっそのこと代々木公園に住まおうかと一瞬真顔で考えてしまいます。そんな根性ないけどね…。


妥協点が見つからない、とまでは云わないけれど、未だ明確にならないのです。

バストイレ別、7万以下、新宿周辺、ガスコンロ(2口)、日当たり良好、駅から徒歩10分以内。ここはもっとも譲りたくないところ。

次に、かなり僅差で、2階以上、バルコニー付、室内洗濯機置き場、20平米以上。あと、物音が響かないこと。

そーなると、わたしの妥協点って、築年数の古さとバランス釜OK、和室OKってくらいしかなくってさ…。ま、バルコニーはこの際いいとしても。でも、オートロックとか宅配ボックスとかまでは求めてないよ?

ま、それでもやっぱゼイタク云ってるのは百も承知です。安宿出身(?)の人間が何をほざいとるのやら、って感じですよね。

しかし、宿ならば「こんなとこイヤだ!」って明日にでも移れるけれど、家借りたらそうもいかないもんね。初期投資が高いし、仮住まいったってしばらくはそこに縛られるし…。

そんなんだったらゲストハウスに住めばよいのですが、荷物が多いので(家具はないんだけどね)それもつらいのです。ここに越してきたときは、極力モノを少なくして住もうと思っていたのに、何でこんなことになっているんだろう…。服はダンボールに収納しているし、家具と云ったら姿見くらいしかないのになぁ。不思議。


家が決まらないのと、恋人が出来ないのって、なんかすごく似ている気がする。

多分わたしの性格にすごく問題があるんだろうなぁ。結局、身の程知らずで妥協できない傲慢女ってことなんだろう。いつまでも現実を見ないでワガママばっか云って、最終的には路頭に迷うっていうね(笑)。

誰もがやっている営みがわたしだけ出来ない、っていうのもすごく似ていますよね。本当に、どんだけしょうもない人間なのかと暗い気持ちになる、金曜日の深夜(雨)でした。


…って、あと4時間しか寝られへんやん!!!せっかくの週末なのに…ゆっくり惰眠を貪りたいのに…。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2007年11月02日

築年数の古さはどこまで気にしたらいいのか?

テーマ:上京後

今日の仕事前に、人生初の不動産屋訪問をしてまいりました。

明日、来週とまた別の会社に行ってくる予定です。


いやー、この1週間というもの、仕事の合間にネット物件を、目が血走るほど見まくっていましたが、膨大すぎて結局よくわかんなくなったので、とりあえず良さげと思った物件の管理会社にアポを取って行ってみました。

しかし、ネットで探すのと実際に行くのとではいろいろズレがあるな~と思ったしだいです。


結局のところ、何を取り、何を捨てるべきか。それが問題だっつーことですね。


通勤時間が短い・アクセスがよい

駅から近い(徒歩10分以内)

都心

バス・トイレ別

部屋の広さ(最低でも6畳以上)

部屋がキレイ・堅固(ある程度の防音があること)

周囲の治安がよい

陽あたりがよい

キッチン設備の充実

2階以上


そりゃ、これらすべてを満たせるに越したことはありません。

でも、払える家賃には限界がある…。

そもそも、家賃が高いということは、空気を吸っているだけでお金がかかっているということです。自分の給料の範囲内で生きていくとして、どこを削れるかというと、わたしにとってはダントツで家賃でした。

だからこそ、月●万円(光熱費込み)の下宿に暮らし続けていたわけですが、この下宿の設備がヘタに良かったもんで、今さら大幅にグレードを下げるのも心が痛むんですよねえ;


削るとしたら、何から削って行けばいいのでしょう。

部屋はそんなに広くなくてもいいか。1階の部屋でもまあ、安全であればいいのか。キッチンは電気コンロ1口でもいいのか。ユニットバスは出来れば避けたいけれどビジネスホテルに泊まっていると思えば我慢できるか…。こうして並べてみると、譲れないのは案外陽あたりだったりして。

逆に、設備を削るよりも、立地を変えた方がいいのか。今よりも近くなれば、多少都心から離れていてもよしとするのか(ま、今のところも、ドアtoドアでまる1時間だけど、乗り換えはないし、そんな悪くもなかったんですけどね)。


あと、わたしは築年数の古さについてはさほど気にしていなくて、間取りもゆとりがありそうだし、むしろ味があっていいんじゃないかって思っていたのですが(都築響一の影響か)、今日話を聞いていると、古い物件は配管も古くなっているので水周りが不安らしい。あと、風呂がバランス釜だったりとか。


なんか、現実を知れば知るほど「めんどくせーなー、多少割高感があってもゲストハウスに住んだ方がラクかなー」とすべてを投げ出したくなりますね。。。おっぱっぴー


まあしかし、まだ1軒しか行っていないので、まだまだこれからですかね。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。