2007年03月26日

レス的な、反省文的なもの

テーマ:上京後

すみません、お一人お一人にレスを…と思ったのですが、普段2~3くらいのコメントですらまともに返せぬ遅筆のわたくし(汗)、今回は予想外にコメントが多くなって、うう、これはちゃんとしたレスが返せないかも…と悩んでいるうちにまたコメントは増え、時間もどんどん経ち…で、至極焦っております;なので、今回は、出版に対しての自分の回答のようなものを、皆様に対するレスとして、ここでまとめさせてください。


先日、今話題のムギさん(笑)と飲みました。その話はムギさんちのブログでも書かれているので多くは語りませんが(8割は恋愛の話だったしな)、また改めていろいろと考えさせられたことでした。
「ともかく、バッターボックスに立つこと」ってムギさんは書いていましたね。西日暮里の居酒屋(笑)でも実際に云われましたが、じゃあわたしがバッターボックスに立てない(立たない)理由って何だろう?と考えるに、結局、問題は「“自分がどうしたいのか”がはっきり分かっていない」という点に尽きるのですよね。コメント欄にあった批判のご意見にもそのように書かれていましたっけ…。


ただ、こういうときにあれこれ、例えば「本を出す目的とは?」「わたしには本を出すほどの才能がないのでは?」などと考えても、ドツボにはまるだけなのがわたしという人間(今、これを書くためにちょっと考えたら、マジで頭痛がしてきた)。

どうしたいのかが分からなければ、前にも進めないってもんですが、それを考えても、今日明日に答えが出るものでもない。出るんなら、とっくに出していますもの…。そうやって、うだうだ考えているうちに、また月曜日がやって来て、仕事が机の上に積まれているのです(涙)。


少なくとも明白なのは、「旅行記の続きを書いて、完成させたい」という気持ちで、じゃあそのために手を動かせば?と思うのだけど、つい睡眠や飲み会や読書やドラクエに逃げてしまう、どうしようもなく怠惰なわたし。まあ、昨年からはずっと、仕事量の問題もあってなかなかね…なんて自分にイイワケこいてたけれど、それも、インドの人(笑)こと作者さんなんかに云わせれば「仕事と書くこととどっちを優先させたいわけ?後者を優先させたいなら、今の仕事はそれを侵害してるよね」とバッサリ。ええ、その通りでございますわ(涙)。どちらも取ろうとしてどちらも上手くいかない、二兎を追う者は一兎も得られずってやつです。


また、ムギさんには「とりあえずHPの完成は置いといて、本のための原稿を書いてもいいんじゃないの?」と云われました。

確かに「HPが完成しない~>_<」とうだうだやっている時間が長すぎてかなりムダが生じているなとは思うものの、やっぱりそこが完成しないと、器用でないわたしは先に進めなくて…。とか思う一方で、そこに固執するあまりに、すべての流れが淀んでいる(仕事も含めて)とも思う…ああほんと、わたしって何でこんなにも優柔不断でファジーな性格なのでしょうか???(イラつくよね)


まあ…もっとも必要というか現実的なのは、手軽な娯楽に逃げずに、ちょっとは自分に鞭打って(?)着実に旅行記を書き進めることなんだろうな。明確な光が見えない今のわたしには、「目の前にあることを片付ける」ってことしか思いつかないし、それが(消極的ながら)最善の手段だと思うから。
あとは、前にも書きましたが、“自分のために書く”ってことを忘れないことですかね…。もともと娯楽で始めたことを、ここまで深刻に(?)悩むことの方が、そもそも馬鹿げているのかも知れません。素人なんだから、“自分が好きだからやってる”ってことでいいじゃん、って。


ただ、以前は、出版するなら売れなきゃ意味が無い、売れない本を出すくらいなら、それなりに人気サイトでしたってところで止めておいた方がよほど潔いとか思っていましたが、今は、「売れる売れないじゃなく、目に見える形に残す」ということに、それなりの意味はあるのかなと思ってはいます。例えば、わたしが3年半も何をしていたのか未だによく知らされていない父ちゃんや弟くんなどに、ちゃんと(?)説明できるツールとしてでもいいのだけど、売れようが売れまいが、本として世に出ているという事実があるだけで、いろんなものに対する説得力が違うのかなと。これは以前、「上海漂流」のひろさんに、そんなようなことを云われた記憶があります。どんなに人気サイトであっても、一冊の本を出したという事実の方が重かったりする、みたいなこと(違ってたらすんません)。


まとめとか云いながら、何だかだらだらと書いてしまいましたが(いつものことか)、今回のことでいろいろと反省もし、また勇気付けられもしました。コメントを下さった皆様、また個人的にメールを下さった方々、どうもありがとうございました。なんかほんと、コメントにあったような「結果なぐさめのコメントを求めていらっしゃるのか」ってな結果になっているのが、何とも恐縮ではありますが、何だかんだと陰で見守ってくれている人がいることに、感謝感激です。
まだまだ迷い多く、足元がふらついた状態のわたしを見ていると、非常にイライラすることも多いでしょうが(笑)、それでも読んで下さるという奇特で優しい皆様、これからもどうぞよろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007年03月21日

むぎゃ

テーマ:上京後

まったく予想していなかったわけではないけれど、前回の記事がまさかこんなに波紋を呼んでしまうとは…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルフル←初めて使ってみた
不用意なことを書いてしまったなと反省しております。

たくさんのコメント、本当にありがとうございます(涙)。応援のコメントはもちろんのこと、批判のコメントも、いろいろと反省するよい機会になりました。珍しく本家HPを更新してトップページにも書いたのですが、よく考えたらこのHPもブログも、「自分が書きたいから書いている」のであって、他人様との出来不出来を競うつもりで始めたものではなかったのに。初心に返って、まずは自分のために…。ちょっとばかしアクセスが多かったからって、調子に乗ってました。すみません。“ただの素人”だってことを忘れてはいけないですね。
ムギさん、作者さん、とんだトバッチリで申し訳ないっす…。

(レスは少々お待ちくださいませ)


ていうかね、昨日珍しく早く退社できて、本屋で環境問題の本なんか買って読んでいたら、ホンマ、何をくだらん世迷言を云うとんねんお前はと思ったわけですよ。本を出すとか出さんとか、お前の本なんかのために森林伐採できるんかボケ!ってなもんで(笑)。そんなことを云うてるヒマがあったら、テレビとパソコンを消して電気を節約しろよと。割り箸を断れよと。別に、急にエコに目覚めるわけではないのですが、なーんかすんげー小っちゃなところをぐるぐる回っている自分が、ほんとしょーもねーなーって思いましてね…。


速度の問題だと思うのですよ(いきなり話題転換ですまん)。
いったん速度を緩めれば、もうちょっといろんなことがいびつにならなくて済むんじゃないかって。

例えば小さいこと、「ビニール袋は要りません」と答える、家で弁当を作って行く、お茶も家で沸かして水筒に入れる、野菜は無農薬のものを買う、そんな些細なことが今の生活ではなかなか出来ません。忙しくて、無農薬の野菜なんかすぐに腐ってしまうからね。ご飯だっていちいち炊いてられないから、ダイオキシンが出るらしい“ラップ”でくるんじゃう。世の中がそういうスピードで動いているから、仕方なくわたしたちは、環境を破壊すると分かっているものを使い、大量のゴミが出ても、ま仕方ないかってことになってしまう。


世の中のスピードに付いて行こうとするから、大量のムダが出る。待機電力をカットするためにコンセントを抜く時間すら、コンビニで「ビニール袋は要りません」と答える時間すら惜しいから(というか、店員の動作が速すぎるのです)。割り箸でなくマイ箸を使ったら後で洗わなくちゃいけない。無農薬の野菜なんか、いちいち取り寄せていられない。そんな時間が惜しい。でも本当は、スピードを速めることでムダを失くすはずじゃなかったのかい、って。


また、世の中のスピードに付いて行こうとするから、たった数分の遅れにも人はイライラする。
わたしもそんな“イラち”(関西弁でイライラしがちな人のことね、念のため)の一人ですが、それでもひとつだけ、時間文明へのささやかな抵抗として、suicaは持たないことにしているのです。ま、ぶっちゃけ最近は、やっぱ持った方が便利かも…と挫けそうになっていますが、あれこそ、秒刻みの文明社会を体現した「ザ・時間短縮便利グッズ」なわけで、『モモ』風に云えば“時間泥棒がつくったもの”なわけで(?)、何となくそこに迎合したくないわたしなのです。

suicaを持っていないわたしは、例えば仕事で移動する時など、一緒にいる人を「すみません、切符買ってきます」と待たせたりしてしまいます。そんなもんは、ものの1分に満たない間の出来事なのですが、“人を待たせる”ということで何となく済まない気持ちを抱いてしまうし、実際「すみません」と断ってしまう。

それでもわたしは、この“切符を買う1分(並んだ場合でも5分はかからないハズだ)”をケチるために、suicaを導入する気にはなれないのです。まして、モバイルsuicaなどもってのほかだよ(笑)。どんだけ時間とちょっとの手間を短縮すれば気が済むねん!てね、思うわけ。
それで短縮された時間が、余暇を楽しむことに使われるならまだいいんだけど、誰もが知っているように、世の中は便利になればなるほど忙しくなっていますよね。suicaによって短縮された時間は、いったいどこへ行くのでしょうか?
(しかし、suicaは大量の切符のゴミを出さないという意味ではエコなのかも。。。だとしたら、頭ごなしに拒否するのも良くないな)


スローライフ雑誌がこれでもかというほど大量に出版されているのを見ると、それはそれで「けっ、金と時間に余裕のある有閑層の話でしょ」とウンザリするけれど、なーんか、もうちょっとゆっくり生きてもいいのではないかなーと、満員電車で疲れきった社会人たちの顔を見ていると物悲しくなり、せめて「自分だけよかったらいいやん」の精神で、ちょっとの手間を惜しむ人間にはならないようにしよう…と思うのでした。ま、それが一瞬の思いつきでなければいいんですけどね…。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年03月18日

何をやっとんねんオレはって感じ

テーマ:上京後

「人生は旅なのだ。」 のムギさんがアルファポリスの出版化プロジェクトに応募している。人気サイトだから、多分決まるんじゃないかと思う。“オール5の負け犬っていうキャラクター”(笑)も、絶対ウケるだろうし。

「中国初恋」 の作者さんもあそこから本を出した。彼はずっと前から出版を視野に入れて書いていたので、出版が決まった時は、そんなに驚きもしなかった。いずれそうなるだろうと思っていたから。


わたしも、恥ずかしながらあそこから本を…って考えたこともあった。

だから、未だに本サイトにはアルファポリスのバナーが貼ってあるのだが、文字通り貼ってあるだけだ(苦笑)。
ま、出版なんて出来るほどのシロモノじゃないし、そもそも旅行記が完結しとらんしで、具体的に出版はムリだろーなと思って、あんまり真剣に考えて来なかった。今でも現実的には考えられない。もちろん、HPはちゃんと完結させるつもりだけれど、出版するには、そこからさらなる準備が必要だ。
1回だけ旅行中に、某出版社が原稿を募集していたのでメールを送ってサイトを見てもらったら、「今の状態では出版できません」って返信が帰ってきたっけ。具体的な企画性が欲しいみたいな話も書いてあったと思う。それで、何となく気持ちも萎えて、そこからは何もしていない。


しかし…。
別に出版なんてしなくてもいい、ていうか出来るレベルじゃないと思う反面、人がそうやって本を出すたび、内心穏やかではいられない自分がいる。ほんとにカッコ悪い。せめてそんなこと黙っていれば誰にも分からないのに、こうやって不特定多数に晒してしまうところが、さらにどうしようもない。死ねばいいのにね。

「オラオラ、口ではイヤとか云いながら下の口が…(以下自粛)」なんて云われている、エロ小説の女みたいにイヤらしい(ああん)。


去年だったか、やはり人気サイトだった「RIDE TANDEM」 の青山さんとそんな話をしたことがあって、その時は、出版することが必ずしもいいってワケでもない、ってところで納得していたんだけどなあ…。あれだけのサイトをやっていた人ですら、本を出していないのだし、どっかでやっぱり、本を出すってことに抵抗とか気恥ずかしさも感じてはいるし。
しかも、作家になりたいかと問われると、そういうわけでもなく、ライターになるつもりすら、あんまりないのだ。こうやって、お金もらわずに好きなこと書いているから楽しいのであって、仕事になったら多分、読者に媚びて、見るに耐えないものを書いてしまいそうな気がする。


があああっ、オマエは何をどーしたいねんっ!?!自分で書いててイライラしてきたわい!
…ま、それが分かったら、もっと生産的に、迅速に、グチグチ云わずに実行しているんですけどね(苦笑)。

今さらこんなことを思ってしまうのも、仕事に喜びを見出しきれないからなんだろうな、きっと。
しかし、こういう時こそ悩むんじゃなくて、具体的に手足を動かすことがいちばんいいのだろう。悩んでも何も始まんないことだけは確かだし。とりあえず、出来ることからやるしかないから、今日はHPを書こう(せっかく休めたし)。

あとは…やっぱ占いに行くか(←どこが解決策やねん)。

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2007年03月13日

3月の海

テーマ:上京後

今日も疲れた。多分明日も疲れるだろう。明後日も。

写真は、取材の帰り道にちょっと立ち寄った湘南の海。浜辺に打ち揚げられた、プラスチック製の小さな金魚。

その弱弱しさが、少し詩的でもあり、自分みたいで妙に物哀しくもある。

海辺の金魚


すみません、コメントは近日中にお返しします。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年03月07日

ちょっと弱音吐かせて…

テーマ:上京後

最近は、午前様になる前に帰宅できる日も増えつつあり、仕事量も減りつつあり、ずっと一緒に仕事をしている同僚も代休を取れるようになり…と、全体的に見ると仕事は改善の方向に進んでいるのですが、ただひとつ、昨年の暮れからわたしがずっと時限爆弾のように抱えている仕事があり、それが終わらない限り、わたしの心に真の平安は訪れないのです。ほんと、この爆弾がいつ爆発するかと、ずーっとヒヤヒヤしています。
量が多いわけではないのですが、とにかく上手く進まず、えんえん難航していまして…。あまりにも色んな人が関わっており、その真ん中にいるのがいちおう編集担当のわたしということになっていて、だからあっちからもこっちからも色んなことを云われ、そのハンドリングがきかず、「すべてわたくしが悪うございました。もう限界です。さようなら」と遺書をしたためてこの世から消えたいくらいです。が、狭い世界の中で追いつめられて自殺する学生たちと違って、それなりに知恵のついたいい大人なので、そう簡単に首をくくるわけにもいかず、っていうかまあ、ちょっと考えたら首をくくるほどのことなどまったくないので、とにかくこの仕事が無事に終わることを祈るばかりです。いや、祈るんじゃなく、何とかせねばならんのですが、今日はそこから逃げて、誰からも電話がかかってこないよう、携帯の電源を切ってしまったわたしです。我ながら子供じみてイヤになりますね…。


最近つとに考えるのは、わたしには編集者の適性があるのか?ということです。
色んな人を動かし、色んな人の思惑を受け止め、全体と細部を同時に見て気を配る…そんな、人としての総合力が問われるような仕事に、わたしみたいな色んな意味で偏った人間が向いているとは、とても思えない昨今。社交性、交渉力、統率力、気配り力ゼロのわたしに唯一適性があるとしたら、人に謝ることにほとんど何の抵抗もないということくらいでしょうか…。ていうか、そんだけ謝っている時点で、わたしはこの仕事が全然出来てない=適性がないということなのでは?


この仕事についてもうすぐ1年、時間的には“常に借金取りに追われているような焦り”、仕事的には“常に足の届かないプールで泳がされているような苦しさ”を、ずっと感じてきたように思います。
そろそろ、痛みばっかりではなく、喜びを見出せるようになりたいものです。自分で選んだ道なのですから。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2007年03月05日

2月のかわいいものBEST3

テーマ:かわいいもの

一昨日、休日出勤で昼の千代田線に乗っていた時、前の席の人が携帯にたむけんのストラップを装着しているのが目に入り、「たむけんのストラップ付けてる人ってどんな人やねん?」と目線を上げると、何とその人はサバンナの八木でした!うそーん!何でこんなところに?仕事で来ているのか?

いやー、大阪でもめったに芸人さん見なかったのに、東京で関西芸人を目撃するとは…。これが徳井様だったら、会社なんか間違いなく行かずに尾行してましたね(やめなさいっての)。


さて、またも翌月になってしまいましたが、2月のかわいいもの選手権。
バーゲンの名残で、今月も色々買ってもーたわい(-.-;)
しかし、この際限ない消費活動にも、我ながらそろそろうんざりし始めてもいるので、浪費は来月で終わりにしようと思っております。


【第1位】ルネねこワンピ

「HeartE」というロリータメゾンで購入。ネットショップで見て一目惚れし、すぐに新宿のマルイヤング館に走った一品です。
このワンピの何がいいって、乙女のカリスマイラストレーター・内藤ルネコラボなのです。ポケットがルネ猫なのよ!もうそれだけの理由で、22000円という値段はなかったことに出来る(のか?)。スカートの広がり具合といい、あまりにラブリーすぎて、わたしの歳で着用すると犯罪なのでは?と若干恥らいを覚えつつも、会社に着て行って、皆さんに白い目で見られてます♪(←ほとんどヤケ)


rune-onepiece1


【第2位】うさぎのアクセサリー

昼ごはんの帰りに、ふと目について入った「DelilaH」というお店で買いました。
ピアスが3430円、指輪が2450円とけっこうなお値段にも関わらず(しかもこれ、30%オフの値段)、これまた一目惚れ→レジ直行のパターンでした。だって、黒いラインストーンの目をした白うさぎが、あまりに愛しかったんだもの…。しかしこれ、後でよくよく見ると各パーツは、ラフォーレ内の「貴和製作所」とかで100円単位で買えるものばっかりでした!これなら自分で作れたのでは!?まあデザイン料ってことで、仕方ないか…。


usagi-acc


【第3位】「不思議の国のアリス」スカート

最近やたらとヤフオクを覗き周っていて、そこで見つけた「シャーリーテンプル」のスカートです。
8000円で落札しました。ちょっと高いなあとは思ったんですけどね…。

見てくださいな、このメルヘンな柄を(笑)。アリスが3月ウサギを追いかけているのです(写真だと逆に見えますが…)。しかもチェシャ猫まで!
知らない方のために解説しますと、「シャーリーテンプル」は、わが愛する「エミリーテンプルキュート」の子供服ライン。というか、もともとはシャーリーがあって、大人向けのエミリーが出来たというのが正しいんですけどね…え?子供服を着ているのかって?ええ、それが何か?


alice-skirt

alice-skirt2 (柄の拡大図)


【番外編1】メキシコのがいこつボックス

カイラス旅をともにした観音様ことSさんが先日一時帰国していた折に、おみやげにくれたものです。
メキシコを旅していた時、すっごくすっごく欲しかったおみやげのひとつでしたが、確か1000~1500円くらいして、当時のわたしには手が出なかったのです。今の金銭感覚との乖離ってすごいね。。。
「いちばん派手なのを選びました♪」と、さすがはわたしの好みをよく分かっていらっしゃるセレクト。グアダルーペのマリアが中心にででーんとおわしますのもいい感じ。メヒコらしいサイケデリックかつ土着感あふれる色づかいにクラクラします。そして骸骨はやっぱりかわゆいのでした。


gaikotsu-box

【番外編2】山形のこけし通信

今回はもうひとつ、いただきものをご紹介。山形の「こけし通信」(いいね、このネーミング)。
ある日、取材を終えて夕方会社に戻ったら、デスクの上にこの子がいたんですよ。おわっ、何でわたしのデスクにこけしが…新手の葬式ごっこか?と思ってよく見ると、宛名タグがついていて、差出人は「世界一周デート」 のエリさん。こけしの下を開けると、中から小さく丸められた手紙が。う~ん、心憎し!こういうさらっとした贈り物が出来る人って、素敵だよね。
これを受け取った経理のおねいさんが、「朝来たらポストの中にこけしが入っててビックリした;」とコメントしていたのがとても印象的でした。そらビックリするわな…。


kokeshi (※会社のデスクの上です)


※あ、ひっそりと久々に、本家HP も更新しましたので、そちらもよろしくです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年03月02日

おりこううさちゃん

テーマ:上京後

帰宅すると、とりあえずストーブ、そしてテレビをつけます。
就職前のテレビっ子生活を引きずっているわけでもないのでしょうが、テレビをつけると家に帰ってきた~という感じがしてホッとするのです。大げさに云うならば、仕事とプライベートをきっちり分断するための、一種の儀式的なものでしょうか。


しかし、つけたはいいものの、深夜の番組が大して面白くないことが多いのよね…。
うちには衛星放送とかスカパーといった気の利いたものはないので、1~12チャンネルまでしか見られません。で、いちおうリモコンを全部回すのですが、どれもこれもピンと来ず、結局うるさくなって消してしまう。大阪だと、好きな関西芸人の出演しているお笑い番組がちょこちょこあったりしたので、それなりに見がいもあったのですが…(うめだメッセとか見たいなあ)。


そんな中で、最もわたしの心を射止める確率が高いチャンネル、それはNHKおよび教育テレビです。
11時~翌1時くらいの間がだいたいわたしの帰宅時間なのですが、この辺りのNHKは語学番組、歴史もの、美術もの、世界情勢ものなどが多く、なかなかよい拾いものをすることもあります。最近では、現代インド経済のドキュメンタリーが非常に興味深かったり、アラビア語講座なんていうややマニアックな語学講座がやっていて、テレビの字幕を見ながらつい発音練習をしてしまいました。こないだの休日のお昼間は偶然、星野道夫とアラスカのドキュメンタリー番組に当たって思わぬトクをした気分でした。いい番組を見ると、テレビはやっぱり魔法の箱なんだなぁ…とか思ったりします(また、テレビが14インチなのでホントに箱っぽいのよ)。


今日は、スペイン語講座のあと、なんとミッフィーちゃんのクレイアニメが4本立てで放送されていました。ミッフィーちゃんがアリスおばさんのところにおつかいに行ったり、風邪を引いて寝込んだり、お友達のボリスとキャンプをしたり…と、はっきり云ってどーでもいい内容なのですが、このくだらなさとミッフィーちゃんの白痴的な可愛さが相俟って、何とも云えぬ味わい深さがあり、かつ癒されたのでした。クレイアニメのミッフィーちゃんは、目を閉じると白目になるのもご愛嬌です。


何の計画性もなくテレビを流しているくらいだったら、映画やお笑いのビデオでも観ればいいのに…と思われるかも知れませんが、なんかね、テレビだからいいんですよ。
わたしは、あらかじめ映画を借りて来てがっつり観るというのがちょっと苦手。なんかこう、一仕事するぞ!という妙な気合が入ってしまって…。その点テレビは、気楽に、だらしなく見られるからいいのです。たまたまチャンネルを回して番組が面白かったりするとうれしいし、興味がなければさっさと電源を切ればいいし、どーーーしても見なきゃいけない番組もないし。映画とかビデオは“観る”だけど、テレビはあくまでも“見る”で済まされるからラクなのよね。

いちいちテレビ雑誌で番組の事前チェックもしません。未だにこっちでは何曜日に何がやっているのかもよう分からん。うちはビデオもないのですが、ビデオがあると撮りだめして、休日にがっつり観なきゃいけない義務が発生するので、別になくてもいいかなと思っています(…とか云いながら、KBS京都の「笑激!よしもとライブ」は大阪の友人に録画を頼んでいるわたしであった)。


さて、明日のNHKは何をやっているのかな。楽しみです。


※タイトルは、本日のミッフィーちゃんアニメ主題歌の歌詞の一部です。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。