安心して相談できる ぶつぐや法輪堂

大切な手を合わせる場所をつくるお手伝い
良き伝わる仏像・仏具を法輪堂がお届けします。


 ネットだからこそ出会える「仏像」「仏具」が此処にあります。
 法輪堂ドットコムは、仏像・仏具・線香などネット通販ショップ。
 実店舗は、東大阪市にある仏壇屋 稲田法輪堂です。

 flower* 京仏師制作の仏像から、綺麗なお顔の仏像
 flower* 伝統工芸品の仏具・京仏具からさまざまな仏具
 flower* 日本の寺院でもお使い頂いている密教法具
 flower* ご寺院用の寺院仏具
 flower* 日本製の念珠
 flower* 線香・お香

 HPには、他に取扱い店の少ない仏像・仏具がございます。
 「大事な仏像はいいものを!」とお探しの方は、
 是非一度HPをご覧ください!
 誠心誠意の対応をさせて頂きます。

 矢印 ノートパソコン 法輪堂ドットコム

 仏像仏具密教法具お問合せ
NEW !
テーマ:
こんにちは。
法輪堂ドットコム(稲田法輪堂)です。
 
我が子の参加する卒業制作展にて
  • “聞き耳”   =耳を澄まして聞いてみる
  • “聴覚障がい”=音が聞こえない
という2作品に出会いました。カナヘイきらきら

真逆のようなこの2作品が
何かを教えてくれているように思ったのです。

 

耳を澄まして聞いてみる

日常の生活音や雑音を15場面。

聞き耳で
その音だけを聞いてみる体験をする作品。

実際に聞き耳で聞いてみました。カナヘイうさぎ

すると、

聞き慣れていたり
聞き流している音が

とても新鮮!

「こんな音をしていたのか~」と

聞く前までとは、

想像していたものと
思いもしなかった感覚が広がり

新たなものが目覚めはじめた気がしました。


音が聞こえない

聴覚障がいは、
「見えない障がい」と呼ばれているのだそうです。

見た目だけでは
障がいがあることに気づかれにくく

いろいろな誤解を受けることになっている…


実は、
耳が聞こえなくなった時期を過ごした経験があります。

こちらの作品の説明を読んで

耳が聞こえなかった時の
感覚を思い出しました。

真逆のような
  • “聞き耳”  =耳を澄まして聞いてみる
  • “聴覚障がい”=音が聞こえない
共通点を見つけました!

耳を傾け、
興味をもたなければ
わからない。

 

蒔絵師さんの取材で見えた荘厳の世界

取材で、
蒔絵師さんのお話をうかがっていました。

その蒔絵師さんの
とても大きな作品の前で、

荘厳の世界について説明があり
 
作品や仏具などの仕事で

荘厳の世界を
目で見えるように頑張っていく。


だから

仏壇屋さんには

一般の方たちに伝えていってほしい。
たのみます。

と言っていただいたのです。

その後、
目に見えない世界が見えた経験をしました。
 


蒔絵は、
まず漆を塗ります。

しかし、
凹凸のあるものなど

漆が上にのらないので
表面を均一の素材にする必要がある。

その
表面を均一の素材にした状態のものを前にしながら

この工程までのお話しを聞いていました。

すると、
この表面の上に

漆がピカッと輝く情景が見えたのです!

目の前に
まったく異質な状態のものが

漆で滑らかな表面となり、
蒔絵が施される…

そう思うと、
目の前のものが

不思議で
愛おしくて!つながるうさぎ

思わず、

指のやわらかい部分で
そっとそっと
撫でてしまいました。

その瞬間、
「面白いやろ。」と蒔絵師さん。

思わず「うん。」と
子どものように返事をしてしまいました。


「面白いやろ」の言葉。

双方の感情の表現には
“合致していない”と思う言葉。

でも
言葉にすれば
「面白い」という言葉しかない。

すべてスローモーションのように
ゆっくり時が流れ
感動の記憶に刻まれました。

頭だけでわからないこともある。

聞こえないこと。
見えないこと。

頭だけでわからないこともある。

体の中で
目覚め広がる感覚。

その感覚で実感できる カナヘイピスケ

ということを知った卒業制作展でした。
 
 
法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂)
御仏と人との対話を演出
くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い
◆HP(仏像・仏具・念珠・線香)
◆お問い合わせ
◆アクセス
JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分

※仏像・仏具のネット通販HPあります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
法輪堂ドットコム(稲田法輪堂)です。

京都・御金神社に行った日記が出来上がりました。照れ


法輪堂店主が見上げていますが、

金色の鳥居です。

仏壇・仏具や社寺の
外装用に開発した塗料が
鳥居に塗られているのだそうです。

金属類を祀る神社としては
国内唯一のようで

絵馬には職人さんが
技術の腕の上達など願っておられるようでした。

仏像・仏具も
刃物や機械など使われる職人さんがいらっしゃるので

身がキュッと締まりました。

御金神社のスライドショー 
下矢印

 
法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂)
御仏と人との対話を演出
くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い
◆HP(仏像・仏具・念珠・線香)
◆お問い合わせ
◆アクセス
JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分

※仏像・仏具のネット通販HPあります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
法輪堂ドットコム(稲田法輪堂)です。
 
京都市美術館は、
大規模改修が予定されています。


美術館に行くと、
入館者数ベスト10が入り口にありました。
 
1.ツタンカーメン展 (1965年)
2.ミロのビーナス特別公開 (1964年)
3.ルーブルを中心とするフランス美術展 (1962年)
4.ゴヤ展 (1972年)
5.ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画 (2009年)
6.エジプト美術五千年展 (1963年)
7.メトロポリタン美術館展 (1972年)
8.ルーヴル美術館展 日常を描く (2015年)
9.ロダン展 (1966年)
10.ルーヴル美術館展 19世紀フランス絵画 (2005年)
 
こうして並べて書いてみると、

「すごいな、強いな、ルーヴル美術館展」ですよね。おねがい

テーマが変わって
3回もランクイン!

観せていただいたのが、

5位の2009年に公開された
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画
(リンク先は、観覧日記)

 

5位の
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

看板になっていたのが、
ヨハネス・フェルメールの
“レースを編む女”

作品は意外と小さくて
24×21。

間近で観る前列と、
ゆっくり観る後列の2列で並んでみました。

もちろん
間近の列の前列です!爆  笑

タッチがすごく繊細で
前列でみることができて良かった~

あっ!!
今日は作品を語るのではなかったですね。あせるあせる

もう少しだけ・・・

“王女マルガリータの肖像”
とても愛らしくてとても印象に残っていたり

宗教画も魅力的ですが、

なんといってもスパイスの効いた
“歯を抜く男”

描かれた医者は
毛皮の袖がついた服を着ていて

患者のそばに
卵の籠と麦わら帽子。

ありえない医者と患者の組み合わせ。

この絵画で、何が語られているか?

“あらゆる領域における詐欺師を非難”
だそうです。キョロキョロ

こういうスパイスの効いた絵画も
「おお~!」と見応えを感じます。


京都市美術館は、外観もですが

中も豪華な歴史を感じる階段などもあり
変わるのは寂しい…


では、
京都市美術館の入館者数ベスト10
スライドショーでどうぞ!

 
京都市美術館では
フェルメールからのラブレター展 も観せていただきました。
(リンク先は、観覧日記)
 
法輪堂ドットコム(東大阪市 稲田法輪堂)
御仏と人との対話を演出
くらしの中に御仏を感じる空間づくりのお手伝い
◆HP(仏像・仏具・念珠・線香)
◆お問い合わせ
◆アクセス
JR片町線(学研都市線)鴻池新田駅より徒歩15分

※仏像・仏具のネット通販HPあります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。