旅人記

日々見たこと、感じたことに対する想いを綴っていきます



テーマ:
みなさん、こんばんは。


今日からゴールデンウィークですね。

北海道の春は本当に寒暖の差が激しく、今日と明日はかなり寒いのですが(道東等では雪が降りました)、今年も桜が開花しました☆


1461937584183.jpg


北海道の桜の主流のエゾヤマザクラです(根室には千島桜という桜があり、桜前線の掉尾を飾ります(*^_^*))。

東京の桜ではなく、北海道の桜で春を感じるようになって7年目…早いですねぇ~。

いろいろありましたが、初めて気持ちに余裕を持って春を迎えられているような気がします。
やっぱり、プレッシャーで切羽詰まったような感覚がないというのが大きいですね。こういう春を迎えてみたかった…笑


でもでも、まだまだ油断は出来ません。

来月は仕事が繁忙期。スケジュールを確認しただけでも、相当忙しくなるのが目に見えています。

そして、税理士試験の申込と大学院で書いた論文の認定申請があります。
これがまた厄介で、用意する書類も多いですし、通るかどうかもよく分かりません…。
まあ、判断するのは相手ですから、僕はどうしようもないんですけどね(^^;

6月と7月。ここは、仕事は落ち着いてくれるはずですが、8月にまた税理士試験があるので、勉強のギアをどんどん上げていかなきゃいけないところです。

…こうしてみると、今が束の間の休息ですね。


まずは、しっかり休んで健康を維持する。

そして、美味しいものを食べたり、良いものを見たり使ったり、人と会って話したりして、感性を高める。

あとは、今まで全然勉強量が足りていなかったので、勉強のギアを一段上げる。

そんなゴールデンウィークにしたいなと思います♪


来月で、公私ともにお世話になっている職場の先輩が退職することになっています。

それ自体はとても寂しいことなのですが、その先輩から引き継いだお客様が魅力的な方ばかりでワクワクしています(それと同じくらいプレッシャーも感じていますが(^^;)。

良い担当者だと認められるように頑張ろうと思います。


それでは、みなさんも良いゴールデンウィークをお過ごしください(^-^)

ではまた!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
みなさん、こんにちは!


前回の更新から早3ヶ月。もうすぐ今年度が終わろうとしています。

この3ヶ月間も、緊張感に満ちた怒涛の日々でしたが、ひとつひとつ無事に階段を登ることが出来ています。


まずは、1月末に大学院の修士論文の提出。

2月の半ばには修士論文の面接試験。

そして、3月の頭には合格発表。先日、卒業式を終え、無事に大学院を卒業することが出来ました。

仕事の方も、年末調整・確定申告があるため、この3ヶ月間が1年で最も忙しい時期なのですが、なんとか乗り切ることが出来ました。

あとは、税理士試験の勉強…これは全くと言っていいほどやっていません(笑)
とりあえず、授業だけはなんとか受け続けているという状況です。

勉強については、4月から一段ずつギアを上げていく予定です。


こう書くと、なんだかアッサリしているようなかんじもしますが、正直いろいろありました。

論文は、様々なことに対してストレスが溜まり、本当にしんどかったです。
少なくとも、法律論文はもう二度と書きたくないですね。苦笑

限られた時間の中で人生の懸かった論文を作成し、口頭試問等の審査を受けるというのは、ものすごくプレッシャーのかかるものでした。あれほど緊張したのは珍しいですし、なんだか寿命が縮まったような感覚です…。

仕事に関しては、就職してちょうど1年半ですが、まだまだ課題だらけです。

まあ、言い訳をすると、出勤日数がほぼ週3か週4だったというのは大きいです。
あと、やはり大学院や試験勉強をしながら仕事に打ち込むというのは、その力の配分がかなり難しい面もありますね。

いずれにせよ、税務に関する知識や経験が全然足りていないため、いつも事務作業に手間取って時間がかかっていますし、いっぱい間違えています。お客さんに謝ることも多々…。

ただ、思い返してみると、1年半には全く知りもしなかったことがいっぱいありますので、それだけ自分なりに成長しているのかな?という手応えもあります。

将来の身の振り方については、正直、常にいろいろ考え、悩んでいます。

この業界は転職が多いため自然な流れでもあると思いますが、ゆくゆくは違う環境に行くことも視野に入れています。

まあ、それはいろいろな可能性や状況を見ながら…というかんじですね。


話は変わりますが、つい先日、自分への卒業祝いということで、一日有給を取って日高に行ってきました。

目的は、ゴールドシップ。

本当は、年明けから会いに行くチャンスがあったのですが、いろいろなことに忙殺され、ずっと会うことが出来ませんでした。

やっと、やっと…

シップのことは、函館競馬場での公開調教、札幌記念と、2回ほど間近で見ているのですが、今回は本当にすぐそばで、ゆっくり見学することが出来ました。

自分にとって、かけがえのない存在であるステイゴールドが亡くなって1年ちょっと。

そのステイがいた馬房と放牧地に息子のシップが佇む姿、そして、シップのネームプレートの下にはステイのネームプレート…自然と涙が出ました。

社台グループ全盛の現代競馬において、日高の家族経営の牧場から誕生し、皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念(連覇)、天皇賞春と、6つのGⅠを制覇した“黄金船”。

そして、祖父メジロマックイーンから色濃く受け継いだ雄大な芦毛の馬体や身のこなしの柔らかさ、まさにステイの血というべき自我の強さ、賢さ、ボス気質のような気高さ。

成績のムラの激しさはありましたが、近年で最も多くのファンに愛された名馬だと思います。



















ステイ、シップ、そして、来年生まれてくるであろうシップの子どもたち…競馬の魅力の一つとして「血統」というものがありますが、このゴールドシップ、ドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴル、フェノーメノ、オーシャンブルーを通して、ステイの血が脈々と受け継がれていくことを、心から願っています。

そして、ステイの血を持つ馬の馬主になって世界の頂点を獲る。

これが僕の夢です。

そのためにも、またひとつひとつ、地道に頑張っていきたいと思います。

ではでは!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
またまた久々の更新となります。みなさん、こんばんは!



今年も本当にいろいろなことがありました。

一番はじめに浮かぶのは…「別れ」でしょうか。

今年は別れの多い年でした。命や生き方というものについて、深く考えさせられました。

他にも、驚きというか、まさかというか、そういった荒波に飲まれた1年でもありました。


けれども、飲まれても「飲み込まれ」はしなかった。

それはとても大きな収穫でした。この1年は気を抜ける瞬間が全くなく、息の入らない「しんどい」時間でしたが、なんとか大崩れせずに乗り切ることができました。

それは、自分の底力でもあると思いますが、運だとか巡り合わせだとか、そういうもので決まる部分が大きいので…いろいろな方や物事に対して、本当に有難いなと感じています。


あらゆる感情がごちゃ混ぜになったような、そんな2015年でした。


良かったこと、幸せなこともいっぱいありましたが、そのうちの一つを挙げるとすれば…

今年も税理士試験の科目に合格することができました!

財務諸表論という科目なのですが、大学生のときに公認会計士試験の勉強を少しやっていたこと、そして、簿記論という科目を勉強していたこと、そうやって積み重ねてきたことに助けられ、合格することができました。

初めての受験でしたし、仕事や大学院に通いながらの試験勉強だったので、専念時代と比べると勉強量はあまりに少なかったのですが…限られた時間の中で、「どうやったら勝ち負けになるか」を考えて試行錯誤した結果、自分のやり方が上手く嵌りました。

ブログに書いたかどうか忘れましたが(多分書いてます)、1年目2年目と2年連続不合格で、さらには一度大学院の試験にも落とされ…打ちひしがれた中で、精神的に唯一の支えとなっていた馬に救いを求め、牧場に行って経理の仕事をやるか、厩務員か調教師を目指そうと本気で考えていたのは、2014年が明けたばかりの頃。

そして、「どうせ勉強を辞めるなら、打てる手を全て打ってから辞めよう」と思い、再度、大学院の試験を受験。

そこから、後期試験で大学院に合格し、税理士事務所で働き始め、初めて税理士試験に受かることができ(法人税法)、今年も続けて財務諸表論で結果を出すことができました。

流れというのは、良くも悪くも一気に変わるものです。

けれど、それは決して自信を持って出した結果ではなく、不安や迷いをいっぱい持ちながら、先ほども書いたように運や巡り合わせにも助けられ、結果的に付いてきたものでもあります。

そして、それはこれからも同じです。
実際、今もいろいろなものを抱えています…とてもとても、油断したり慢心できる状況ではありません(苦笑)


ですから、2016年も、とにかく健康で無事に1年を過ごせるよう、引続きひとつひとつ石垣を積み重ねていきたいと思います。

目標は、遥か遥か先。誰も辿り着いたことのないところ。

本当の勝負所はまだ先なので、焦らず地道にやっていきたいと思います。


大変ご無沙汰してしまっている方がほとんどで恐縮なのですが…みなさん、今年も本当にお世話になりました。来年もまたどうぞよろしくお願い致します。


それでは、 みなさん、よいお年をお迎えください(*^^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
大変ご無沙汰しております。

 

またまた久々の更新です(^^;

 

 

たまにしか書かない日記なのにこんなタイトル…でも、今年は本当に別ればかりが続いています。

 

その中には、とてもとても大切な存在の死がありました。

 

大切な人との別れもありました。

 

今はもうこの世にいない、その人と出会った場所を訪ね、別れを実感しました。

 

そして、公私ともに仲良くしてもらい、とてもお世話になった人たちとの別れも決まりました。

 

 

昔書いたかもしれませんが、僕は親が転勤族だったこともあり、様々な土地で暮らし、いろいろな環境で生きてきた人間です。なので、小さい頃から「別れ」の多い人間でした。

 

まあ、自身の性格が人の表情や態度にすごく敏感で、すぐにいろいろ感じてしまうのと、様々な経験によって人間不信というか、人に対して疲れやすいというのも大きいと思いますが…。

 

けれども、今思えば、別れがあっても、その分、出会いの数も多かったので、それはそれで新たなコミュニティに新鮮さを感じながら生活できていたのかなと思います。

 

 

しかし…

 

今年は本当に別ればかりが続きます。

 

しかも、毎日毎日、何かに追われているようなかんじなので、この1年は本当にあっという間に過ぎていきました。仕事は定時で帰れることがないですし、試験勉強や大学院生活も相変わらず。

(ちなみに、今日で再就職してちょうど1年になります)

 

正直、常にしんどいです。苦笑

 

 

今は、「この1年間でいろいろな経験をして、それなりに成長したな」という実感と、「いつかきっと」と燃え滾るような気持ちを燃料代わりにして、なんとかかんとかやっています。

 

苦しいとき、辛いとき…必ず心の中に浮かぶ言葉は、“Stay Gold”。

 

本当の輝きを得るための今だと信じて、また明日からも頑張りたいと思います。

 

ではでは。

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

また1年、無事に年を重ねることが出来ました。


よく「○○歳の目標は」などと言ったりしますが、特別な目標はありません。


自分の目標や夢、そして、理想と現実については、それこそ毎日考えたり悩んだりしていることなので、改めて考える必要も宣言する必要もなし、と。


というわけで、あえて言うとするならば、「とにかく無事に28歳の誕生日を迎えること」。これに尽きます。


一見、意表を突いたような無欲な目標に見えますが、決して簡単で当たり前のことではなく、何よりも大切なことだと思います。


自分が7歳の誕生日の朝、あの阪神淡路大震災が起きました。

また、何歳のときかは忘れましたが、湾岸戦争が開戦したのも僕の誕生日です。


それから、大好きな競馬の話で言えば、毎日のように怪我をする馬、事故や病気で亡くなっていく馬がいます。能力があって将来を期待された馬でも、怪我等によって才能を開花出来ないまま終わることが本当にたくさんあります。

そして、それは人間も同じ。災害等に限らず、力のある立派な人間に限って、病気や怪我等で苦しめられたりもする…すごく不条理で、でも、それが現実でもあります。


だからこそ、“無事でいること”が最大の望みです。

最悪の流れだった一昨年までの数年間でさえも、一番の望みはそれでした。


それさえ満たしてくれれば、あとはまあ、もちろん自分自身の考えや行動も重要ですし、運とか巡り合わせに左右される部分も大きいですし…ある程度、「なるようになる」と思っています。


ここ1、2年は、「巡り合わせに委ねてみよう」と、昔よりもそれに身を任せるようになりました。昔はもっと「自分の力で切り拓いて、ねじ伏せてやろう」という気持ちが強かったような気がします。

でも、だからといって闘争心や反骨心が失われたわけではなく、“力を入れるところと抜くところ”の出し入れが、それが下手だった昔と比べて良くなったと思います。


感覚的には、野球の先発ピッチャーが長い回を投げるために、常に全力投球をするのではなく、試合の序盤と終盤、ランナーのいるときといないときでピッチングを変える、あのスタイルを理想としているんですが、それに近付いてきたという手応えがあります。

競馬で言うと、まさに“折り合い”と“追い出すタイミング”になりますね。


前回の日記にも書きましたが、去年は本当に素晴らしい1年になりました。

2010年から4年間続いた悪循環がいったん終わり、見事なまでの好循環が起こりました。

自分は良くも悪くも、昔から「あ、今日は運が悪いな」とか「流れが良くないな」といった勘の強い人間なので、今回の流れについてもすごく敏感に確信的に感じていました。


そして、おそらくですが、今年は去年ほどの流れは来ていないと思います。ただ、運そのものはある程度残っているような気はしています。

(考え方は人それぞれですが)こういうときは、とにかく“地歩を固める”ことに徹したいと思います。


(自信を喪失していたので精神状態は悪かったですが)去年は年明けから明らかに流れが来ていたので、打てる手は全て打って、どんどん動きました。そして、それが全て当たりました。

でも、今年は去年と違い、流れそのものはあまり良くないような予感がします。だからこそ、今年はどんどん動いて仕掛けていくことはせず、これまでの実績・結果や現在の状況を最大限に生かせるように、地道に黙々と石垣を積み重ねる作業に徹したいと思います。


そういったわけで、長々と書いてしましたが、この1年の方針は「地歩を固めて、無事に28歳を迎える」です。

まだまだ道半ば。社会的に見れば、同世代にはかなりの遅れを取っています。でも、最後に抜かすために、この1年は焦らず丈夫な足場を作りたいと思います。


以上です☆

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2014年、午年。


早くも今日がラストです。


今年は本当にいろいろな変化がありました。

自分の人生の中で、確実に“ターニングポイント”となる1年だったと思います。


とにかく動きました。どんどん手を打ちました。

そして、(今のところ)それが「当たり」ました。


今年は、今まで来なかった流れが来てくれたおかげで、久々に素晴らしい1年となりました。

だからこそ、「来年をどう過ごすか」は自分にとって非常に大きな意味を持ちます。

せっかく来た流れを手放さないよう、来年も貪欲に真っすぐに頑張っていきたいと思います。


まだまだ、自分の目指しているところは遥か先。

でも、方角は間違っていないという手応えはあります。

死ぬまで進化し続けていきたいと思います。

ここ数年、ブログの更新はすっかり減ってしまいましたが…

みなさん、今年も本当にお世話になりました!

どうぞ良いお年をお迎え下さい(*^_^*)


では、ひとまずこのへんで。

僕は、紅白歌合戦を観ていますが、この後の中島みゆきさんの『麦の唄』をとても楽しみにしています☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、大変ご無沙汰しております。



前回は9月の引っ越し前に書いたんですね。


あれから無事に引っ越しが終わり、事務所でのアルバイトも少しずつ慣れてきました。


それから、アルバイトが始まった分、大学院の勉強時間はかなり減ってしまいましたが^^;、なんとか両立してやっています!



そしてそして…


昨日、税理士試験の結果が届きました。


やっと、やっと…


3年目にして、初めて結果を出すことが出来ました。


簿記論はまたまた不合格(不合格判定A)でしたが、法人税の試験に受かることが出来ました。


普通の人とは大きく違い、あえて一番ボリュームの多い法人税法から勉強を始めた自分でしたが、1年目、2年目とも見せ場はあったものの不合格。


そして、精神的に本当にボロボロになった約1年前…


5科目受からなければならない税理士試験において、「たかだか1科目」に過ぎないかもしれませんが、自分にとっては本当に大きな一歩です。あまりにも大きい。



正直、実感はまだあまりありません。


今年の簿記論と法人税の試験は非常に難しく、試験中も「なんじゃこりゃ!?」という印象で、試験後は死にたくなるような気分でした…周りの人たちの表情もひどいものでしたが^^;


もちろん、2時間という時間内でやれるだけのことはやりましたが、手応えなんてものはほとんどなく、試験後は自己採点すらせずに問題をすぐダンボールの中に片付けたくらいです。苦笑


その後も、税理士試験の勉強は全くせず、試験の話を振られてもシャットアウト。

「また落ちてるんだろうな…3年間も勉強に専念して全く受からず、か。」と、常に沈んだ気持ちをどこかに持っていました。そういうところをハッキリ言ってくるような人も中にはいますからね…。


でも、やっと解放されました。



僕は、春から大学院生になったため、そこで修士論文を書いて国税審議会の審査を通れば、試験科目が2科目免除になるというルールがあります。ただ、そうは言っても、「まだあと2科目受からなければならない」というのが現実です。


しかし、それでも前職に就いた2010年以来、ずっと狂い続けていた歯車が、今年ようやく噛み合い出したということを実感しています。

まさに、“前が開きました”。


個人的に一番嬉しかったことは、仕事を辞めてこの道を選んだことの正しさを、やっと証明出来たということですね。


前職が、安定してそれなりにステータスのあった業界でしたから、安定志向の親もそうですし、僕の性格や色々な事情を分かってくれない人には、「もったいない」とか「後悔してない?」等と言われたりもしてきました。

自分自身は、仕事を辞めて後悔したことなんて、一瞬たりともないんですけどね(笑)

でも、これで今までよりも人前で堂々と振る舞えると思いますし、周りにも少しは伝わるのではないでしょうか。



それと、今回の合格を通して再認識したことを書きます。


一言で言えば、本当に“巡り合わせ”、“流れ”だなあ、と。


去年は本当に勉強したと思います。

人生で一番やった、と自信を持って言えるくらい。

でも、結果は全く付いてこなかった…。


今年は去年の惨敗を受けて凹み、「勉強を続けようか、もう辞めようか」と数ヶ月悩んだ状態からのスタートでした。その後、春先にようやく立て直したものの、結局、気持ちが本気になりきれないまま試験本番へ。しかも、本番の手応えはなし…。

でも、結果は合格でした。


不条理と言えばそれまでかもしれませんが、「去年は自分が選ばれなかった。でも、今年ようやく選ばれた」という気もします。そういう“巡り合わせ”だったんでしょう。

努力と結果のタイミングは必ずしも比例しないと改めて感じましたし、でも同時に、こうして積み重ねてきたものがなければ、この結果は出ていなかった…。


以前にも書いたように、2010年~2013年の4年間は、勝負どころでことごとくダメでした。

でも、今年に入ってからは、大学院入試など勝負どころでしっかり勝てるようになりました。そして、鬼門だった税理士試験でもこうして受かることが出来ました。

これらは、“流れ”としか言いようがありません。今年は勝負の流れが来ていて、試験の出来はそれほどでもなかったはずなのに、結果的にそれに上手く乗れたのでしょう。


なんだか、嬉しいとか達成感というよりは、達観的な心持ちですね…正直(笑)

でも、まだまだこれで終わりではありません。簿記論と財務諸表論に合格出来るように、これからも地道に勉強を続けていきたいと思います。



ひとまず、今回のご報告は以上です。


ではでは☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんばんは!



また1ヶ月ちょっと間隔が空いてしまいました^^;


この約1ヶ月の間、実にいろいろなことがありました。そして、あっという間でした。


夏休みに大学院の勉強をいろいろやろうと思っていたのですが、結局、計画の2~3割しか出来ませんでしたね…。


原因は、自分自身の怠けもありますし、いろいろ用事が重なったことも大きいのですが、まあ、終わったことは仕方ないですからね。これから頑張ります。


というわけで、今回は報告したいことが3つほどありますので、それを書いていきたいと思います。



まず1つ目は…


大好きな大好きなゴールドシップに2度も会えたこと!!


1回目は、函館で行われた公開調教(競走馬の調教の様子を見るチャンスは決してないわけではないのですが、“特定の馬”の公開調教というのは、異例中の異例でした)。


早朝から並び、開門してすぐに入ることが出来ましたので、バッチリ見てきました!

初めての「生シップ」に感動しっ放しでしたね(笑)


2回目は、先月の24日に札幌競馬場で行われた札幌記念。


今年は、GⅠ5勝を誇る我らがゴールドシップ、桜花賞馬の怪物ハープスター、皐月賞馬ロゴタイプ、ヴィクトリアマイル馬ホエールキャプチャなど、史上最高のメンバーが集まったため、札幌記念が今のレース形態になってからは史上2番目の数字となる、46,000人超の観客が集まりました。


この日もJRの始発に乗って競馬場に向かい、なんとか狙っていたスポットに陣取ることが出来ましたので、間近でシップを見ることが出来ました。

2着に敗れはしたものの、勝ったハープスターとともに素晴らしいレースを繰り広げてくれました♪


「午年」の今年、夢にまで見たゴールドシップとの対面(ではないか?)を果たすことができ、本当に幸せでした。この幸運に感謝したいと思います。



2つ目の話題ですが、来月の初旬に引っ越しをすることが決まりました。


ただ…


先月の日記に「一人暮らしをしたい」と書きましたし、実際にその方向で動いていたのですが、家庭のことを含めた“諸々の事情”があって、 「家族全員での」引っ越しとなりました。


自分一人の移動ならば、もう既にある程度の用意は出来ていましたので、わりと楽だったはずなのですが、やはり家族全体での引っ越しとなると、やることが多いですね。


この引っ越しに至るまでも、様々なステップがあって、膨大な時間がかかりましたし(家族会議など)、この一連の出来事には本当に多くの時間と神経を割きました…。


まあ、それがこの家を出たかった大きな理由の一つでもあったんですが、この引っ越しが無事に終われば、やっとその悩みからも少し解放されると思います。

本当に長かったですね…。3年間の受験勉強もそれなりに苦しみましたが、よりストレスが溜まったのはこの問題でしたから。苦笑


これから暮らす場所は、今までと比べると相当便利な場所です。

でも、交通の便が良いだけではなく、自然もありますし、新しい町の中にも庶民的な雰囲気を感じますので、本当に理想的な環境になりそうです。


父親にとっても、今までと比べて職場までのアクセスが本当に良くなりますし、スーパー等が非常に多い地域なので、母親にとってもまた素晴らしい環境だと思います。


※念のために書いておきますが、高級住宅街等に住むわけではありません(笑)ただ、今までと比べると生活環境が大幅に改善されるという意味です。



では、最後に3つ目のお話です。


これも前回の日記に少し書いたことですが、先日、無事にアルバイトが決まりました。


大学院生活もありますので、当面は出勤日を少なくして…というかんじになりますが、いろいろと配慮して下さる場所に巡り会えて、本当に良かったです。


働いてみないと何とも言えませんが、若い方が多く、自由な雰囲気を感じましたね。

きっと、良くも悪くも、前職の悪夢のような環境とは真逆に近いんだろうな~という予感がしています^^;笑


この業界はアルバイト採用から正社員への登用という流れも強いようですから、あの環境で一生懸命やって経験を積み、「一人前」の実務家を目指したいと思います。



とりあえず、こんなかんじの近況です。

あと2、3週間したら、本当に大きく環境が変わっていると思いますが、また“新天地”で心機一転頑張ってきます!!








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

試験のことに続いて、今度は飼っているヤドカリのこと…


試験の前日、ナイトくん(以前、共食いで襲われた方)が亡くなりました。

http://ameblo.jp/houkiboshi17/entry-11331468119.html

http://ameblo.jp/houkiboshi17/entry-11331768189.html

http://ameblo.jp/houkiboshi17/theme-10037824235.html


あの共食いから2年間、ずっと別々のケースで飼っていたのですが、奪い取られたはさみも脚も元に戻り、元気に過ごしていました。

ただ、2匹しかいないのにずっと1匹ずつで飼うというのは、飼い主にとって正直負担でした。
また、2匹では大きすぎるくらいの立派なケースや隠れ家等もありましたから、「いつかはまた一緒に」という考えでいました。


すると、6月頃だったでしょうか。
2年前にナイトを襲った、活発で気の強いフェスタが脱皮に失敗。
以前に比べると、はさみがだいぶ小さくなったので、2匹の力差は縮まったと判断。
ヒーターの要らない時期というのも良かったですし、「今しかない」と思い、再び同じケースに入れました。


最初は、2匹とも脱皮のために砂に潜る時間が長かったため、特別な問題はなかったのですが、脱皮が終わった後に砂洗いやケースの掃除をした7月24日の数日後に異変が生じます。

とにかく活発に動き回るフェスタに対して、隠れ家のココナッツから全く出てこなくなってしまったナイト…


2匹が近くにいると、互いにちょっかいを出したり、つばぜり合いをして、最後はナイトが逃げていくという様子を見ていましたから、「やはりフェスタがナイトより強いんだな…」と少し心配はしていましたが、ケースも広いですし、隠れ家や餌も十分だったので、なんとか大丈夫だろうと思っていました。


ただ、今月の初め頃に、さすがにナイトのことが気になって、彼をココナッツの中から出し、少し塩水に浸けたところ(ヤドカリにトラブルがあったときは塩水が一番なので)、既に動きは鈍く、動いてもフラフラという状態でした。

ヤドカリは、特に脱皮前後は動きが鈍くなり、エサなどを全く口にしないということも多々あるのですが、今回は(おそらく)脱皮して数日経った後だったので、「これから脱皮する」という可能性は低かったのです。


その日の夜には違うケースに隔離し、塩水をやって様子を見ていたのですが、今月3日の朝には、遂に貝殻から出た状態に…。
「ヤドカリが殻から出る」ということは、他の貝殻を探している場合もあるそうですが、基本的には、“もはや貝殻を背負って歩く力が残っていない”ということを意味します。
つまり、死が近いということです。

ですから、飼い主としては、そこで全てを覚悟しました。

ただ、まだ砂の上を歩いたりはしていましたので、暗くて涼しい場所へ移動し、水分をしっかりあげました。


けれども、翌日に改めて確認したところ、ナイトはもう動かなくなっており、念のため(というより、奇跡を信じて)数日間様子を見ましたが、やはりダメでした。

死因については、目立った外傷はなく、水分不足などということも絶対にないので、やはり過度なストレスが原因だったと思います。







一昨日お墓をつくってきました。
家の近くに小川があるのですが、そのせせらぎが聞こえる場所です。


結果的には、僕の判断ミスでした。
やはり、活発で気の強いフェスタと、臆病で慎重な、しかも一度フェスタに殺されかけたことのあるナイトを一緒にすべきではありませんでした。

「ケースを広くし、餌や隠れ家が十分あれば大丈夫だろう」と思っていましたが、“相性の合わないものは合わない”ということだったと思います。
怪我もなく、綺麗な亡骸ではありましたが、精神的にはかなり苦しい最期にしてしまいました。

元々、2年前に襲われて死にかかったところから復活したヤドカリなので、やれることはやったという思いも十分あるのですが、申し訳なかったという自責の念にもかられます…。


ナイトとフェスタは、僕が一人暮らしをしながら働いていた頃に飼い始め、その後、一緒に引越しをしたりするなど、自分にとって苦しいこの数年間を一緒に生きてきた、いわば“苦楽をともにした仲間”です。

ですから、思っていた以上に喪失感が大きいですね。

ナイトにとって、自分が良い飼い主だったかどうかは分かりません。ある程度のことは出来たと思いますが、こうなった以上、僕は完璧な飼い主ではなかったということですから。


でも、小さな小さなヤドカリですが、この3年間、本当にいろいろな刺激を受けました。

それはずっと忘れないものだと思います。

そして、残ったフェスタに対しては、正直、複雑な思いを抱きながら飼い続けていくことになるでしょう。

たった2匹なのに、仲違いしてこうなってしまったら…ね。

ただ、だからこそ、彼には長生きしてもらわなければなりません。2匹分の寿命を。


最後に一言だけ。

ナイトくん、今まで苦楽をともにしてくれて、本当にありがとう。



追伸

ちょうど今日から、数年ぶりの家族旅行ということで、数日間の旅に出ます(かなり近場ですが)。

今年は例年のような北海道外への旅行はありませんが、今月はとても楽しみなイベントがいくつか入っています。また時間があれば、更新したいと思います(^^)

みなさんも良い夏をお過ごしください☆

あと、最近あまり良くないことが続いたので、暗い話題ばかり書いてしまいましたが、今年自体は良いことの方がずっと多く、僕は元気ですので心配しないでください(笑)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

久々の日記となります。
(書きたいことが山ほどありますので、相当な長さになると思います。ただし、良い話はほとんどありません。笑)


大学院の前期の授業も無事に終わり、つい先日、僕にとっての“今年の夏”が終わりました。1年に1度のチャンスであり、今年が3回目の挑戦となった税理士試験のことです。

まずは、この件について。


今年も簿記論と法人税法という2つの科目にチャレンジしたんですが、結論から言うと、「まあ、今年も厳しいかな」というかんじです。


他の受験生もそう感じたとは思いますが、今年は2科目ともすごく難しかったです。

簿記論の合格点は去年よりも更に下がりそうですし(去年も相当低かった)、法人税もボーダーが高かった去年と比べると、だいぶ合格点は下がると思います。


特筆すべきは、どちらも問題量の多さですね。凄まじい量でした。
さらに、簿記論はひとつひとつの問題が難しく、自信を持って解答出来たところは本当に数少ないですし、法人税は試験委員が変わったこともあって計算問題の形式が大きく変わり、「どこに何を書けばよいのか分からない…」という問題でした。


そういった意味では、「みんなも出来ていない」というのは明らかな事実なんですが、自分自身、結果的にペース配分や取捨選択をミスってしまったところもあるため、合格点までは達していないと思います。


一昨年も去年も、試験後に自己採点して大きく落ち込んだり、「もしかしたら…」という微かな希望を持って落ち着かない4ヶ月間(試験から合格発表までは4ヶ月も間が空くんです)を過ごし、精神的にすごくキツかったので、今年からは二度と自己採点はしないと決めました。
ただ、またいつも通りの「不合格A」でしょう。

“不合格者の中では一番惜しい”という、嫌味でしかない結果通知なのですが(苦笑)。
惜しい、と言われるだけに、諦めるのももったいないですしね。これが、こうして頑張って勉強してもB判定やC判定であれば、スパッと諦められるのですが(笑)


そんなかんじの、今年の税理士試験でした。


正直に書くと、「本当に報われないなあ…」の一言ですね。

仕事を辞めて、3年弱。

アルバイト等もせず、ひたすら勉強をする毎日(とはいえ、趣味の時間は十分持っていますが。笑)でしたが、1年目、2年目と落ちて、3年目もこの手応え。
まあ、法人税という高い壁に3年間挑んでいたというのもありますが、「それでもなあ…」というかんじです。


率直に言って、これだけ勉強しても伸びないものは生まれて初めてです^^;

小学生のときも中学生のときも、高校受験も大学受験も、それから、日商簿記も初級システムアドミニストレータも公認会計士(就職活動時に勉強を辞めましたが)も中小企業診断士(2次試験が受からずにダメでしたが)も、就職してから受けさせられたいくつかの資格も…

もちろん、それらに落ちたことは何度もありますが、基本的に頑張った分だけ成績は伸びましたし、それなりに結果にも直結してくれました。


僕は、ハッキリ言って「頭が悪い」です。

だから、小さい頃から周りの人より覚えが悪かったですし、他の人を見ていて、「なんでこんなにすぐ理解出来るんだろう」と思っていました。そして、それは今もそう。


これまでの26年間、僕ほど勉強に人生を捧げてきた人間はそうそういないと思いますが、勉強に関しては相当苦労してきた自信があります。
だって、学校の授業とかを聞いても、昔からあんまり理解出来ないんですもん(笑)
だから、先生にいきなり当てられても答えられないことが遥かに多かったですし(そういうコンプレックスが物凄く強いので、昔から「当てる先生」は死ぬほど大嫌いでした)、それは今の大学院でもそうです。
答えを聞いて、あるいは、その後に自分でもう一度考え直して、やっと分かるというかんじです。

そんな自分ですから、小学生の頃から劣等生になることも多かったです。

勉強に加え、音楽や美術、(球技以外の)スポーツもかなり苦手でしたし…。


ただ、特に勉強に関して言えば、すぐに出来る・理解出来るタイプの優等生は、それで安心して、その上を目指さない傾向が強いんですよね、子どもでも大人でもそうですが(笑)

逆に、自分は昔からそうではなかったので(社会科目とサッカー、野球、ソフトボール等の球技だけはほとんど苦労しませんでしたが)、特に中間・期末テストのときは勉強せざるをえなかった…。

でも、それで教科書を読んだり、問題集を解きまくったり、まとめノートを何時間もかけてつくったり、あるいは塾に通わせてもらったり…その時々で試行錯誤しながら勉強していったら、それなりに結果はついてきました。


先ほどの話に戻りますが、すぐに出来ちゃうタイプで、かつ、欲のない人たちは、1学期よりも2学期、1年生よりも2年生と、どんどん油断していくんです(笑)
あるいは、勉強をすることがめんどくさくなってしまうんでしょうね。

しかし、そういう周りを見て「しめしめ」と思い、俄然やる気を出す狡猾な性格の僕は、それまでと同じように勉強を続けていく。


結果、入学当初はそうでもなかった成績が、“相対的”に上がっていく。それは必然ですよね。

そして、周りが受験生になって、慌てて本気を出す。頭の良い人たちが本気を出してしまうと、自分は地力では勝てないですから、じわじわ成績が下がっていきます…。
ただ、1年生からの継続による貯金によって、最後の最後、なんとか凌いで受験に合格する。

競馬で言うならば、早め早めのレースをして、なんとか追い込み馬を凌ぎ切るという、薄氷を踏むような戦い方…まさにそんな戦方で、高校受験や大学受験、あるいは、今までの資格勉強を戦ってきました。

そして、(受からなかったものもありますが)これまではそれで成功してきました。


また、それは決して運良く受かっただけではなく、自分なりに考えた戦略・戦術がしっかりとありましたし、合格するだけの勉強量もこなしていたという自負がありました。
さらに、本番で緊張して全く力を出せなくなるようなタイプでもなかったので(「本番に強い」と当時は思っていました)、精神面でも試験に向いているんだろうなあ、というのもありました。


だからこそ、税理士試験がどれだけ難しい資格なのかは分かっているつもりでしたが、「今までいろんな勉強をいっぱいしてきた経験・引き出しの数の多さをもってすれば、自分なら勝てる」という気持ちがあったので、精神的にボロボロになった前職を捨てて、この資格に挑もうと思ったのです。


しかし…


この試験は、今までやってきたものとは完全に異質で、これまで培ってきた自分なりのやり方が全くと言っていいほど通用しません。苦笑

その証拠に、大学時代に勉強して受かった日商簿記1級(自分の中での勲章です)を持っているにも関わらず、税理士試験の簿記論ではアッサリ落ちてしまうわけです。

今回で3回受験したことになりますから、「なぜダメなのか」ということは、もうとっくに分かっています。

そして、自分なりの対策もしたつもりです。
しかし、それが結果には…。


仕事を辞めるときに、「3年間勉強する」と決心して始めましたが、その3年が経ちました。

正直、イメージしていた中では最悪の結果です。いや、予想以上かもしれない…^^;


とりあえず、完全に勉強に専念する生活は、今回で終わりにします。

心の中で決めていた3年という区切りが来ましたし、これ以上ただ勉強していても、社会からはどんどん取り残されていって、せっかく1年半働いた意味も薄れてしまいますから(実際、相当薄れているのを感じます)。


それに、3年間勉強に専念してみて、「この試験は、全てを懸けて専念してやるもんじゃない」と思いました。ちょっと虚しい感想ですが、それが率直な気持ちです。
理由は、①受験勉強や他の資格とは全く違い、過去問集や専門学校の問題集などを解きまくれば基礎点が十分取れるというものではないこと(努力が直結しづらい)、②出題範囲、配点や合格点、自分の点数などが全く明らかにされず、分析・対策が極めて難しい試験であること、③自分だけではなく、他の受験生等も見ていて、運不運の要素が一般の試験より遥かに強いこと、④1年に1回だけの試験であること、ですね。

ですから…これはもう、働きながら謙虚な気持ちで(気楽な気持ちで)1科目ずつ勉強していくのが良いのかなと、去年あたりから内心思っていました。


この年になって勉強に専念するというのは、正直、めちゃくちゃプレッシャーがあってしんどかったですし、周りの人の意識とのギャップもすごかったです。
たいていの人は、「1、2年やれば受かるんでしょ?」って思ってますからね…。
昔の友人にそういうふうに言われたり(だからこそ、徹底的に人付き合いを避けてきましたが)、親戚に「1科目とか2科目とかもう受かってるんでしょ?」などと言われると、すごく苦しかった…。


そんなわけで、少しの間夏休みを満喫した後、なんらかの形で働こうかなと考えています。
大学院は、昼間の授業がある日もありますし、残り1年半しっかり勉強して修了したいという気持ちが強いので、最大週3くらいでしか働けませんが…そういった条件に見合うようなアルバイト等を探してみたいと思っています。


それから、大学院と両立できるお仕事が見つかればですが、再び一人暮らしをしたいと思います。
親にはいろいろ世話になったので当然感謝していますが、(ここでは書けませんが)家庭環境の面で実はいろいろとあって、残念ながら、実家は居心地の良い環境ではないのです。
一応、「ここらへんに住みたい」という土地はありますので、良さそうな部屋があれば、というかんじですね。


大学院、アルバイト、一人暮らし、その上で税理士試験を少しずつでも勉強して…

今後はこのスタンスでいきたいと思っています。かえって、それくらいの方が良いのかなという気がしていますので。


この3年の総括として、最後に大事なことを付け加えたいと思います。


3年間、無事に生活・勉強することが出来、何のトラブルもなく試験を最後まで受け続けられたこと…
これは簡単なようで、とても難しいことですから、本当に有難く思っています。

競馬でもそうですが、「無事にゲートインすること」は本当に難しい…。


また、この1年は勉強仲間との交流をほとんど避けていたのですが、試験前に応援メールをくださった方、終わった後に試験会場で話しかけてくださった方、それから、自分が仕事を辞めて税理士試験の勉強をしていることを知っている数少ない友人からのメール、大切な人からのメール…

本当に、本当に感激しました。

純粋に嬉しかったですし、この1年間は常に迷いと自問自答の日々だったので、「なんだかんだ、これはこれで良かったのか」と感じさせてくれるメールでした。
ここにはその方たちはいらっしゃいませんが…この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。


試験については以上です。後編に続きます。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。